基礎知識

内定を辞退したい時には退職代行を利用しちゃいけないの?

SEIYA
SEIYA
皆さんお仕事お疲れ様です!
その仕事、ヤメない?”運営者のSEIYAと申します!

就活をしていて、いざ内定を貰ったけれども辞退したいなんて時もあるかと思いますが、「せっかく内定をくれた会社に自分で連絡をするのが気まずいなぁ…。」という風に思う方もいらっしゃるかと思います。

ということで今回はそんなお悩みを解決するべく、”内定を辞退したい時に退職代行は利用できるのか等についてご説明していきますので、気になる方は是非ご覧ください!

\頼れるプロが必ず見つかる!/

内定を辞退したい時に退職代行は利用できるの?

まずはシンプルに結論から申し上げますと───

内定を辞退したい時にも退職代行を利用することができます

ただし退職代行を行っている全ての会社が引き受けてくれるというわけではないので、まずは相談してみるべきですし、まずは自分で会社に連絡してみるのがいいので、それでも承諾してくれなかった時に利用を検討するといいですよ。

SEIYA
SEIYA
多少なりとも費用は発生してしまうわけですからね。

内定承諾書記載後や雇用契約をした後だと辞退できない?

これらについて疑問に思う方もいらっしゃると思いますので、1つずつ解説してきますね!

内定承諾書記載後でも辞退は可能

まず、内定承諾書に記載後でも問題なく辞退することができます

実は内定承諾書自体に法的な拘束力は全くなく、提出した後でも辞退や就活の継続が可能になっています。

基本的には入社日の2週間前までに連絡できることが望ましいです。

ですから、依頼する場合はあまり直前になりすぎないように、ある程度の余裕をもっておくと安心です。

入社日の2週間前を切っていても内定を辞退できることはありますが、余裕をもっておくに越したことはありませんよ!

雇用契約をした後でも交渉が可能

内定承諾書を提出した後は会社と雇用契約を交わすことになるかと思いますが、その後でも辞退の交渉は可能です。

こちらも先ほどと同じで基本的には入社日の2週間前までなら交渉が可能になっていますので、雇用契約をしたからといって諦めなくても大丈夫です。

”職業選択の自由”というものが法律で定められているので、会社は入社を強制することができないのです。

退職代行のおすすめランキング!金額の相場はいくらくらい?知恵袋ではどの退職代行がおすすめされているのか、また運営元ごとの金額の相場はどれくらいなのかも記載しています。...

トラブルが起こることはあるのか

内定を辞退するとトラブルじみたことが起こる可能性は0ではありません

これまでに起こった例としては───

  • 執拗な引き留めにあう
  • 質問攻めされる
  • 怒られる

…等があるそうで、必ずしも起こるというわけではありませんが、知っておいて損はないかと思います。

しかし、退職代行を利用して内定を辞退することでこういったトラブルが起こったとしても対処してくれる場合がありますので、その点にメリットを感じる方は利用を検討してもいいのかなと思います。

依頼するなら弁護士がいいのか

一言で退職代行と言ってもいくつかの運営元が存在しますが、内定を辞退したい場合は弁護士が運営している退職代行に依頼するのがいいのでしょうか。

必ずしも弁護士がいいというわけでもありませんが、間違いはないと言い切ることはできます。

先ほど起こりうるトラブルのことをご紹介しましたが、より法的な部分が絡んでくるトラブルが絶対に起こらないとは言い切れないので、そういったことの対処は弁護士にしかできませんから、不安がある場合は弁護士に依頼するのが最も安全です。

SEIYA
SEIYA
そんなことを起こすような会社には入社したくないでしょうから、”辞退して正解”くらいの強い気持ちでいるといいと思いますよ。

代わりに親が電話するのはあり?

自分で連絡したくないからといって親が代わりに電話すること自体はあまりおすすめはしません…。

ただし退職代行にしても親にしても”自分以外の人が連絡する”ということに変わりはありませんから、手段の1つにはなるのかもしれませんが、本当に最終手段だと思っていてください。

仮にトラブルが起こっても親は何も対処できませんし、誰かに頼むならしっかりとした実績のあるところに依頼するのがどう考えても安全ですからね。

退職代行のおすすめランキング!金額の相場はいくらくらい?知恵袋ではどの退職代行がおすすめされているのか、また運営元ごとの金額の相場はどれくらいなのかも記載しています。...

内定辞退代行サービスというものもある

ここまでは退職代行を利用した内定辞退についてお話してきましたが、実はより専門的な内定辞退代行サービスというものもあるんです。

サービス内容は本当にそのままの通りでして、退職代行よりも安く済む場合もありますから、無理して退職代行に依頼せずに内定辞退代行サービスを利用することも手段の1つです。

上記画像は内定辞退代行サービスの料金の一例になりますが、比較的安くなっており最大5社まで同一料金ということですから、このサービスは自分で内定辞退の連絡をしたくない会社が複数ある場合に利用するとかなりお得ということになりますね!

ただし実際に誰が代行してくれるのかの記載はなく、またトラブルが発生したことはないそうですが、発生した際にどう対処してくれるのかも分からないのでその辺りに不安が残りますね。

もし、不安な場合は最初から弁護士に依頼するか、相談・質問は辞退完了まで無制限でできるそうなので聞いてみるといいと思います。

実際に利用した方は───

内定承諾書を記入後に新しくやりたいことが見つかったので内定の辞退をしたいと伝えたのですが、直接会って話がしたいと言われました。
直接会って話はしたくなかったので内定辞退代行を利用したところ、2~3日で辞退することができたので、利用してよかったなと思っています。

…といった旨の口コミも出していますし、しっかり満足できるサービスであるとは思いますので、そこまでネガティブに捉える必要はないと思いますよ。

知恵袋にはどんな投稿があるの?

退職代行と同じでそこまで歴史の長くない内定辞退代行ですから、知恵袋には以下のような疑問系の投稿が多いです。

最近、内定辞退代行サービスというのがありますが使うのはどうなんでしょう。
企業からしたら、失礼におもいますかね。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

こういった投稿になりますが、確かにこう思うのも無理はないかなと思いますし、退職代行に対してもこういった内容のものが多くなっています。

失礼だと捉える人は少なからずいるでしょうが、ご自身のことを最優先にするのが何よりも大事ですので、まずはこういったことはあまり考えすぎずに”自分の幸せとは何か”を考えるところから始めてみてください。

その結果、退職代行を使うべきと判断するならば迷わずご利用いただければと思います!

\頼れるプロが必ず見つかる!/

まとめ

いかがでしたでしょうか!

内定を辞退したい時には退職代行を利用しちゃいけないの?と題しまして、”内定を辞退したい時に退職代行は利用できるのか”等についてご説明してきましたが、まとめると以下のようになります。

内定を辞退したい時にも退職代行を利用することはできる内定承諾書記載後や雇用契約を交わした後でも可能ではあるが、トラブルが絶対に起こらないとは言い切れないため、何にでも対処できる弁護士に依頼すると間違いない。

・より専門的な内定辞退代行サービスというものもあり、場合によってはこちらの方が安く利用できることもあるので検討の余地はあり。口コミはいいものもあるが、少なからず不安も残るのでまずは最初に相談してみるのが賢明

最後までご覧いただきありがとうございました!