基礎知識

うつ病等の病気の時こそ退職代行を利用するべき理由は何?

SEIYA
SEIYA
皆さんお仕事お疲れ様です!
その仕事、ヤメない?”運営者のSEIYAと申します!

現在退職代行の利用を検討している方の中には勤務中に強いストレスを受け続けた結果、うつ病等の病気を発症してしまった方もいらっしゃるかと思います。

本当に辛い状況にあるかと思いますが、そんな時こそ退職代行の出番と言っても過言ではありません!

今回は”うつ病等の病気でも退職代行は利用できるのかどうか”等についてご説明していきますので、是非最後までご覧になっていってください。

\頼れるプロが必ず見つかる!/

うつ病等の病気でも退職代行は利用できる?

結論としては、うつ病等の病気でも退職代行は全く問題なく利用できますし、むしろ利用すべきとも言えます。

勤務中に受けた強いストレスによってうつ病になった方がご自身で退職を申し出ることはかなり難しいことだと思いますから、そんな時にこそ退職代行を利用して少しでも気持ちを楽にしてほしいなと思います

SEIYA
SEIYA
その後の生活に影響してしまう可能性もありますからね。

十分頑張られた方ばかりだと思いますので、これ以上の無理はせずにここは他者に頼ってご自身を苦しい状況から脱却させてあげてください

以下からは少しでもお役に立てそうな情報をお伝えしていきます。

診断書は必要?

うつ病で退職代行を利用する際に診断書は必要になるのでしょうか。

実は診断書の提出は必須ではないのですが、発行してもらうことで───

  1. うつ病であることの証拠となり、スムーズに退職しやすい
  2. 特定理由離職者や会社都合退職になる可能性が高くなる 

…等のメリットがあるんです。

① 証拠があることでスムーズに退職しやすい

まず①についてですが、診断書がうつ病であることの証拠となり、スムーズに退職しやすくなります

そもそも”証拠がないからといって疑うのはどうなのか”という話ではありますが、強いストレスを与えてくるような人がどう考えるかは分かりませんので、あって損はないものです。

基本的に退職代行を利用すれば辞めることができますが、スムーズに退職できるに越したことはないので、発行しておくといいと思いますよ。

退職代行のおすすめランキング!金額の相場はいくらくらい?知恵袋ではどの退職代行がおすすめされているのか、また運営元ごとの金額の相場はどれくらいなのかも記載しています。...

② 特定理由離職者や会社都合退職になる可能性が高くなる

また②の特定理由離職者についてですが、こちらは一般離職者とは色々と受け取れるものが違い、条件が緩和されていたり期間が長くなっていたりします

会社都合退職になることでサポートの質も良くなりますから、受け取れるものは全て受け取っておきましょう。

上記画像を参考にすると、ある程度の金額が予想できるかなと思いますが、特定理由離職者かどうかの認定は公共職業安定所が行うので、そこだけは注意してくださいね。

※病院に行かなくてはいけない

上記のようにメリットはありますが、診断書を発行してもらうにはご自身の足で病院へ行かなくてはいけません

少なからず人に会わなくてはいけませんし、診察料もかかりますので、この辺りは頭に入れておいた方がいいかなと思います。

また診断書の発行日数は病院によって変わりまして、すぐに発行してくれるところもありますが、平均2週間はかかると思っておいた方がいいそうです。

SEIYA
SEIYA
診断書の発行を待つ場合はその分退職日が遅くなる可能性がありますね。

早めに病院に行くに越したことはないですが、無理はなさらないようにしてください。

うつ病と診断されたらすぐに退職するべきなのか

うつ病と診断されたらすぐに退職するべきかどうかと言われると決してそうではありません

うつ病になると普段よりも判断能力が落ち、冷静に物事を考えることが難しくなってしまいますから、その状態で色々と判断するのは少し危険です

落ち着いて考えられるようになるまでは療養するのが1番ですから、休職制度がある場合はそちらを利用し、冷静に考えられるようになってから決断するのがいいと思います。

しかし、休職制度がない会社もあると思いますので、その場合は───

  • 有給休暇を利用する
  • 異動を申し出る
  • 欠勤する 

…といった方法がありはしますが、異動を自分で申し出るのはかなり勇気が必要だと思いますし、欠勤も長期間となると解雇されてしまう可能性も0ではありません。

休職制度がない場合は有給を使うのが1番ですが、日数にも限りがあると思いますし、その間に落ち着くとも限らないので判断が難しいところです。

病院に行ける場合はお医者さんに相談してみるのもすごく効果的ですので、1人で抱え込まずに周りの人のサポートを受けることも大切ですよ!

弁護士に相談して会社と戦ってもらう手もありますが、そこまでしないと休ませてくれない会社に居続ける必要があるのかどうかというのは考えものです。

休職後に退職しても問題はない

運よく休職制度があって利用した後、必ずしも復職しなければいけないわけではなく、そのまま退職しても全く問題はありません

その際に退職代行を利用したっていいわけですから、できるだけご自身が楽な選択をするようにしてください

もちろん休職中に気持ちが楽になり、お医者さんやご家族とお話してみて「復職してもいいかな」と思えば、復職という選択も全然ありなわけですからね。

退職代行のおすすめランキング!金額の相場はいくらくらい?知恵袋ではどの退職代行がおすすめされているのか、また運営元ごとの金額の相場はどれくらいなのかも記載しています。...

自然退職という形もある

実は休職期間が満了するとそのまま自然退職という形になる場合があります

自然退職は本人からの直接的な退職の申し出はないものの、「本人の病気という都合により働けなくなった」ということで自己都合退職と扱うことが通常です。

引用元:https://www.matsuzawa-roumu.jp

上記が自然退職についてのご説明になりますが、こちらは主に休職期間中に療養が終わらなかった時になるもので、そもそも休職制度がない場合には適用されないことが多いです。

SEIYA
SEIYA
休職制度がない場合には”解雇雇止め”となるのが一般的とされていますので、こちらはご注意ください。

メンタル面で不安があるなら利用しても平気

最後になりますが、今現在の職場において少しでもメンタル面で不安があるのならば、退職代行の利用を検討してもいいんです

なってしまったらそこはもう仕方ないですが、うつ病になるまで自分を追い込まないことも大事で、事前に防止できればここまでご説明してきたようなことを考える必要もなくなりますし、新しい環境にいち早く身を置くこともできますよね。

とにかくご自身のことを1番に考えて、自分自身を追い込み過ぎないようにするのが最も大切ですよ!

\頼れるプロが必ず見つかる!/

まとめ

いかがでしたでしょうか!

うつ病等の病気の時こそ退職代行を利用するべき理由は何?と題しまして、”うつ病等の病気でも退職代行は利用できるのかどうか”等についてご説明してきましたが、まとめると以下のようになります。

うつ病等の病気でも退職代行は利用できる。むしろそういった状況でこそ利用すベきと言ってもいい。

診断書は必須ではないがあると便利。直接病院に行かなくてはいけないという手間はあるが、発行しておいて損はないもの。

うつ病と診断されたらすぐに退職すべきかと言われるとそうでもない。冷静に判断できるようになるまで療養するのも1つの手である。

・休職後に必ず復職しなければいけないわけでもないし、そのまま自然退職となる場合もある。

メンタル面で少しでも不安があるなら退職代行の利用を検討してもいい。なってしまった以上は仕方がないが、うつ病になるほどまで自分を追い込まないように早めに手を打つことも大事

最後までご覧いただきありがとうございました!