GoToトラベル 便乗値上げは是か非か

7月22日のスタート時から
紆余曲折のGoToトラベル

今月に入って大手旅行サイトの
割引き額の問題など

まだまだ続きそうです

さて
我々、宿泊業者にとっては
ありがたい国の施策

しかしながら、安ければ
旅行する現状を見ると

まるで消費増税前の
駆け込み需要を感じます

さらに
35%の割引分は
国が負担してくれる

ならばと、ここに来て
チラホラ聞かれる

「便乗値上げ」

是か非かと問われれば
世間的には間違いなく非

しかしながら、一概に悪いとは
言い切れない事情もわかります

例えば、宿泊料金を見た場合

土曜や祝前日は
割増料金が目立ちます

それは、人が多く動く週末に
平日の閑散期を埋めたい
宿側の思いがあります

それと同じように
今回のGoToトラベル

人が動くときにこそ
少しでも売上を上げたい

その思いなのでしょう

経営や従業員の雇用など
宿側の苦しい胸のうちは
私には痛い程、わかります

その一方
当館では便乗と言ったら
語弊がありますが

このコロナ期において
料金の値下げを実施しました

便乗値下げ?

・・・?
・・・?

そこには、私の想いがあります

それは
あれを見て、これを食べての
忙しい一泊詰込み旅行を卒業し

時間を気にしない贅沢ができる
連泊保養型へ移行して頂きたい

このために、少しでも経済的負担を
減らすことが第一

つまり一泊の値段で
2泊が可能になります

ただ、その想いで値下げを
断行しました

価格を下げてもサービスの質を
落とさないことはもちろん

時間を気にせず
心とカラダを休めて欲しい

温泉の効果も2泊なら充分

欧米並みの長期滞在と
言わないまでも

一泊より連泊で
旅の
保養の
本質を体感して頂きたい

それが為の値下げです

錦パレスの発信する
メッセージ

一泊から連泊へ
観光から保養へなのです


コメントは受け付けていません。