GoToトラベルに異変あり

来年の一月まで実施される
GoToトラベル

昨日、一枚のFAXが
送られてきました

つまり
高い宿に泊まっても
10月10日(土)以降の予約は

上限が一人3,500円まで
ということです

今までは一泊15,000円なら
5,250円引きの
9,750円で泊れました

しかし
今回の改定で
一泊15,000円なら
3,500円引きの11,500円です

どんなに高い宿でも
最大割引幅が一人3,500円まで
ということです
(じゃらんの場合)

10月1日の東京在住の方の
GoTo適用が思いのほか
多かったのか?

それとも
高額宿にばかり人が流れ
その緩和策としてなのか

原因はわかりません

突然の変更に我々も
正直、困惑します

もちろん旅行者にとってもです

しかしながら変更は
あるものだと言いながら

それも前日にいきなりFAX一枚

まだまだGoToのドタバタは
続きそうです

我々現場にしても
GoToが始まった
7月下旬から8月のお客さんは

「大変でしたねぇ~」の
ねぎらいの言葉が多かったです

しかし、ここ最近ちらほらと
「こっちは金払ってるのに
ちっとは考えろょ」的な
お叱りも受けます

安すさと引き換えに
受けるクレーム

改めて考えさせられるのは
ホントに来てほしいお客さんは

誰なのか?
ということです

今回の新型コロナも
そしてGoToトラベルも

我々に考える大きなきっかけを
与えてくれました

当館の一泊二日は
以前は 11,500円でした

そして現在は7,980円
金額からいうと3,520円の
プライスダウン

料理も会席をやめました

金額を下げると、薄利多売か?と
思われます

しかし、安かろう悪かろうでは
いけません

こちらの真意は、値段を下げ
経済的な負担を少なくし

一泊よりも連泊して頂きたい
からなのです

保養には最適2泊

もちろん一泊でも温泉効果は
体感できます

しかし、しかし
カラダの隅々まで浄化して
英気を養うには

やっぱり一泊では
物足りないのです

あれを見て、これを食べての
忙しい一泊旅行より

静かな場所に、しっかり足をつけ
自然の音、自分のカラダの声を
聞いてみるのは如何でしょうか

自分と向き合う時間はあるようで、
意識してつくらなければできません

過ごしやすいいい季節と
なってきました

ぜひ そうづ峡温泉で
自分と、そして自然と向き合って
みる事をおススメします




コメントは受け付けていません。