朝、20分の窓ふきで頭もカラダもスッキリ!

わが社では、出社したら30分は掃除をするように義務づけました。

今日のような夏日であれば、屋内でも掃き掃除、窓ふきなどはそれなりに額に汗してやるようです。

汗をかくということは、体温があがりそれを下げようとする無意識の反応(ホメオスタシス/本来の状態に戻すこと)なのです。

つまり運動同等のたとえ清掃でもエネルギー消費があるわけです。

さらに最近は運動の効果が精神医学の分野で注目されてます。
運動と同等の日常活動で頭もカラダもスッキリできるならばやらなきゃ損ですね。

本日は特におススメの生活活動をお伝えします。

1.テレビ体操や清掃も広い意味での身体活動です

ジョギング、水泳、テニス、ウォーキングなどを運動と一般的には読んでます。

そして清掃や農作業、子供と遊んだりなどは生活活動と定義されます。

そして運動と生活活動を併せて広義では身体活動と呼んでます。

2.窓ふきは歩行とは同じ身体活動です

簡単に言えば、15分歩くのと15分の窓ふきは同等の運動強度であり、消費カロリーもほぼ同じです。

男女や年齢で差はあるものの、おおよそ窓ふきは15分で45㌔カロリーほど消費します。

消費カロリーはわずかなものですのでダイエットでのウォーキングや窓ふきは減量を目指すには期待薄ですが、それ以外の効果が注目するところです。

3.頭への血流促進による効果

頭、つまり脳への血流が促進されるということは血液を通じて大量の酸素が運搬されるということです。

頭のエネルギーの代表的なものは、糖質です。
その糖質を脳の活動エネルギーに変換する為には酸素が必要です。

ウォーキングでも全身の筋肉の3分の2を占める下半身の筋肉を使うので血流促進にもなります。

しかしながら下半身から上半身の最上部である脳に血液を送るにはポンプである心臓に負担もかかります。

そこでより頭(脳)に近い窓ふきがおススメな訳です。

4.肩より上の動きが脳への血流促進を高めます。

デスクワークの主となるPC作業をはじめ、一日のほとんどを職場で過ごす我々はどうしも脳への血流促進が思うようにいってません。

また、肩から首すじにかけては、筋肉が凝り固まり血液の流れが阻害されがちです。

窓ふき以外にも、野球で言うスローイング動作に近い動きが同じ効果をもたらします。

4.目安は一日20分です

皆さんもご存知のWHO(世界保健機関)が定める「運動習慣がある」という定義は週150分です。

なので、だいたい一日あたり20分強なので、窓ふきとなれば一日20分を毎日やっていれば運動習慣があると言えます。

えっ! 一日20分も窓ふきを・・・

ご安心下さい。
下記のような組み合わせ(運動+生活活動)で大丈夫です。

・テレビ体操10分 + 窓ふき10分
・ウォーキング15分 + 窓ふき5分
・野球のスローイング5分 +ウォーキング15分 など

組合せの身体活動を行うことで、単一種目ではカバーできない部分を動かしたり、伸ばしたりできるのできるのでおススメです。

ポイント ➡ 下半身の運動 + 肩より上の生活活動 です。

5.眠気覚ましにも効果的です

頭に酸素が供給不足となると眠くなったり、ボーとしたりと本来のパフォーマンスが発揮できません。

また仕事中や運転中にも眠気に襲われる時があります。

そんな時は、脳への酸素供給不足が考えられます。

仕事中ならデスクを離れて軽く肩を回したり、深呼吸。

運転中なら、車を止めて行って下さい。

運動にしろ、生活活動にしろ、カラダを動かすことは心身のリフレッシュにもつながるのです。

どうなる?自粛が解除された後の観光産業、アフターコロナは如何に

今朝、ニュースを見ていたら湯田温泉の有名旅館の社長が取材に答えていました。

VTRの中で、この度のゴールデンウィークは早くから予約をされていたお客さんのみで営業したとのことです。

見ている人は賛否両論はあるでしょうが、同業者として思ったのは「苦渋の選択だっだ」ということです。

もしかしたら「そんなちょっとばかりの売上目的で営業し、クラスターでも起こったらどうするんだ!」という方がいてもおかしくありません。

しかしながら、あの規模でごく少数のお客さんのみの営業ということは、同業だからわかるのですが「かなりの赤字」だったはずです。

さて、我々観光産業にお客さんが戻ってくるのはいつの日でしょうか?
そして最近多く聞かれるようになったアフターコロナといわれる終息後には、どのような世界があるのでしょうか?

1.アフターコロナでも徐々にお客さんの数は戻ってきます。

というか、戻ってきて欲しいというのが本音です。

確かにインフルエンザのようなワクチンが世に出回るまでは、今回の新型コロナはなかなか手ごわいウィルスなので旅行や県を越えての移動をするには、まだまだ時間がかかりそうです。

そして今回の新型コロナは、我々観光産業や経済にも大打撃を与えただけではありません。

それは自粛や制限の続いたこの一ヶ月半で、多くの人々の心はかなり「すさんできている」と予測します。

この部分を解消してくれるのは、医者でもなく薬でもなく、温泉であり旅であると考えます。

2.旅の楽しさ、思い出が人々を旅にいざなう

旅情と言う言葉があります。

旅行が旅+行動なら、旅情は旅+感情です。

そして感動と言う言葉があるように人は感じるから動くのです。

美味しいものを食べたい、温泉に入りたいのなら、今ならウーバーイーツや「温泉の元」などの入浴剤で充分でしょう。

人は旅先で得られる感情、そして人との出会いと言った非日常を求めてお金と時間を使うのです。

3.再び観光に人が戻ってくる理由(マクドナルドの事例)

外食産業のビック・ブランドである日本マクドナルドを例に挙げさせて頂きます。

過去10年の間、数回のトラブルがありました。

・使用していた中国産の鶏肉が使用期限切れ
・チキンナゲットに異物混入
・針が混入、男性がケガ

日本全国で3,000店舗を越える規模であれば、様々な問題は起こり、ニュースや報道でマクドナルド側に非がなくてもあるあような報道で客足はかなり落ち込んだと聞きました。

ではその後、人々はマクドナルドに行かなくなったでしょうか?

答えはNOです。

変わらず賑わってました。

何故なら、マクドナルドの味、サービス、雰囲気など人は忘れてないからです。

同じように、人は旅先での食、ちょっと方言が混じった親切な対応、自然が手に取るように感じられる新緑の中のロケーションなど、人は誰しも旅の思い出は記憶の中にあるものです。

私の知り合いのある人が言ってました「旅は心の栄養」だと。

例えば、家の中に閉じこもり、食べるモノも宅配のピザや寿司などが中心であれば、栄養不足や栄養過多で健康に不調をきたします。

旅は心の栄養

今回の新型コロナで心身ともにすり減った状態から回復させてくれるのは、音楽であり、観劇であり、水族館や動物園などです。

今回、不要不急と呼ばれたものは、実は心に栄養を与える大事なシーンを演出している、世の中に必要なものなのです。

2月19日(水)柳井と周南で、当館支配人の吉本が「健康経営」について話しました

来る2月19日(水)、山口県内の東部地域で、当館支配人の吉本が健康経営の講和とパネラーとして登壇致します。

〇柳井市倫理法人会・経営者モーニングセミナー (6:00~7:00)
 場所:アニバーサリーステージ「ベルゼ」
    〒742-1352 山口県柳井市伊保庄田布路木 ☎0820-23-7777
 参加費:無料(経営者以外の方でもご参加頂けます)

〇周南地区 健康経営セミナー(15:00~17:30/受付は14:30)
 場所:周南市役所2F シビック交流センター 交流室1
 参加費:無料

第一部の講演1でパネラーとして登壇致します。

お時間のある方、これから健康経営を始めてみようと思われている企業の方、また今現在、健康経営に取り組んでいるけど思ったような成果が出ていないなどありましたら、何かのキッカケが掴めるはずです。

尚、周南地区健康経営セミナーの内容は、山口放送の夕方の番組「ニュースLIVE」で放送されました。

通常営業再開のお知らせ

長い間、大浴場の配管工事でご迷惑をお掛けしました

当初の予定より、工事も早まり、2月5日(日)より
日帰り入浴、宿泊を通常通り再開いたします

皆様方の、ご来来館をお待ちしております