お正月の食べ過ぎ解消に

おせち料理やお雑煮、数の子にイクラと炭水化物やプリン体が多い、あまり健康にはよろしくない食事がこの3が日は続きます。

年に一回だから良しとするか?

イヤ、せっかく留意してきた健康な状態を崩してしまうので、少量で我慢するのか?

選択が迫られます

ほとんどの方が食べ過ぎてしまい、その結果は体重増となってしまう・・・残念な結果に。

体重計に乗ってガッカリする前に、食べ過ぎた後の簡単な対処法をお伝え致します。

1.食事のバランスを変えてみましょう

朝・昼・夜の食事バランスで、ありがちなのが朝3・昼3・夜4のパターンです。

理想は、朝3・昼5・夜2 がダイエットに効果の高い食事バランス

そして食べ過ぎた場合は、夜を思い切って2から1へもしくは0でも構いません。

2.夕食、夜の食事はどうすれば?

欲しくない時は無理して食べないでください。

カラダは正直なので、自分のカラダの声を聞いてあげましょう。

しかし
どうしても、飲まず食わずは不安という方は、軽く白湯(さゆ)を飲むかして消化を助けるようにしてあげましょう。

3.夕食にお酒を飲んで食が進んでしまいました・・・

夕食を食べ過ぎたら、翌日の朝食を抜くか、軽く抑えるか?ですが、飲み過ぎ食べ過ぎは睡眠の質をも悪くします。

お酒と一緒だった場合は、食後にウーロン茶(約1リットル)を飲みましょう。

4.軽い運動もお勧めです

朝のテレビ体操や軽いウォーキングなど、飛んだり跳ねたりで地面から衝撃を拾うようなものは避ければ、適度な運動は胃腸を刺激し消化を助けます。

5.消化を助ける魔法の水

答えを言えば、温泉水です。

つまり「飲泉」

飲泉にも、食前に飲んだ方がいい泉質もあれば、食後に飲めば消化を助ける泉質もあります。

【食前】塩化物泉 炭酸水素塩泉

【食後】含鉄泉 放射能泉

もちろん湯船のお湯ではなく、きちんと飲泉許可がとってある温泉水を飲むようにしましょう。

当館と姉妹館である、そうづ峡温泉「元湯・憩の家」では、飲泉所があります。

ぜひ飲泉をされてお正月で疲れた胃腸をいたわってあげることをお勧め致します。


家庭用のお風呂にチョットした工夫を!

例年より暖冬の感じもありますが、やはり12月、寒さは身にしみます。

冬は寒さだけでなく、お肌も乾燥しやすい時期です。
温泉でしっとり美肌の湯に入れば、お肌も心も満足がいくところですが、なかなか温泉へ行けないあなたへ

家のお風呂でもお肌のケアにひと工夫できますょ

1.水道水の塩素が肌荒れの原因をつくります。

水道水は、安全衛生上「塩素」が入ってます。

漂白剤やスポーツクラブのプールなどにも入ってます。

入ってない方が好ましいのですが、安全衛生上は入れざるをえません。

実は、この塩素が肌荒れの原因の一つです。

2.簡単なのは入浴剤で塩素を緩和しましょう!

です!!

塩素を中和すれば、肌荒れも防げます。

よく入浴剤は温泉程の効果はない!と言われますが、効果効能は劣っても塩素を中和する効果はあるのです。

値段は安い、高いはあっても医薬部外品の表示があれば大丈夫です。

お気に入りの入浴剤で、この年末に温泉気分を楽しんでみるももお勧めです。


12月24日(火)の中国新聞・地域面に当館の新湯治が掲載されました。

当館支配人で、県内唯一の温泉利用指導者でもある吉本が始めた現代版湯治スタイル(通称:新湯治)が、中国新聞に掲載されました。

中国新聞12月24日掲載

昔ながらの湯治の良き部分を残しながら、忙しい現代人にあった自然の恩恵でもある温泉を生かした健康増進の新提案です。

この新湯治で、一人でも多くの方のストレスが軽減でき、温泉地に2泊3泊することで、心もカラダも完全にリフレッシュできる新しい湯治の在り方を提案します。

新湯治にかける想い(表)
新湯治にかける私の想い(裏)

健康温泉・健康旅行は如何でしょうか?

人々の最大の悩みでもあり関心事が「健康」です。

ならば!といって、ただ単に健康を謳えば注目を集めることができるのでしょうか?

健康の間違った使い方などを本日はお伝えさせて頂きます。

1.健康温泉や健康旅行の参加は、なんとなく遠慮したい・・・

人々の最大の悩みでもあり関心事を集客にうたえば、それで人は集まるのか?

・・・

・・・

・・・

答えは「否」です。

イメージすればわかりますが、健康には運動するや管理するのような感じがあり、楽しいはずの温泉や旅行が、なんとなく誰かの指示・指導を受けるようで窮屈感が連想されます。

2.ヘルスツーリズムならどうでしょうか?

こちらも、未だ成功事例がほぼ聞かれません。

やはり、旅先や温泉地では自由で思うがままに過ごしたいという気持ち、それでいて体調が改善されたりや疲れがとれたという結果がついてくればいう事ありません。

3.日帰りでも温泉は健康増進の効果あり

もちろん、2泊以上の湯治(温泉地に滞在)することが、健康増進やリフレッシュの効果が高いのですが、日帰りでも疲労が少なくなったとい調査結果が出ています。【環境省自然環境局・自然環境整備課温泉地保護利用推進室】

これは、いわゆる転地効果(環境の変化が刺激となり、心やカラダの調子が整うこと)であり、場所ニューロンが活性化されることで記憶力やひらめき力がアップするわけです。

4.年6回が疲労改善の割合が高い

日帰り、宿泊を含めて年6回以上、長期間の滞在でなくても疲労改善につながるというデータが先の環境省の温泉地保護利用推進課からも発表されてます。

仕事で疲れると「温泉にでも行きたい・・・」でも現実は「行けない・・・」となってしまいます。

日帰りでもいい、そうづ峡温泉でなくてもぜひ来年こそは2ヶ月に一回は、温泉地へ訪れ、心とカラダをリフレッシュしましょう。


冬場の入浴時の注意事項(特に高齢者)

寒くなると温泉が有り難い存在となります。

源泉掛け流しの元湯・憩の家

また、温泉でなくても家庭のお風呂も冷えたカラダを芯からほぐしくれます。

しかし
せっかくの楽しみが悲しみにならない様、特に高齢者の入浴事故を防ぐための注意事項を本日はお伝えいたします。

1.年齢が上がるほど、熱い温度帯のお湯を好む

高齢者になる程、熱いお湯を好みます。

逆に子供や赤ちゃんは熱いお湯は苦手です。

また、日本人と欧米人を比べると日本人は熱いのが好きですが、シャワー文化の白人は苦手なのです。

2.熱いお湯ほど、入浴事故のリスクは高まります。

特に高齢者は、基本高血圧で血管自体は、もろくなっています。

なので、急激な温度変化は心臓に負担をかけるだけでなく、血管にも負担をかけるのです。

脳血管疾患や心臓疾患など、血管が梗塞(こうそく/詰まる)状態になる事が、事故の一番の原因となります。

【対策】しっかりとかかり湯をして、お湯の温度に慣れてから入浴をしましょう。

3.やはり入浴前後は水分補給です

よくアルコールを飲んで水分補給と言われるがいます。

また、風呂上がりのビールが美味しくなくなるので、入浴前は水分をとらない方がいらっしゃいます。

言語道断!!!

事故が起こってからでは遅いし、本人だけの問題ではなく家族や関係する者に過大な負担をかけることとなります。

入浴の前後、コップ一杯、いや半分、さらにゆずってひと含みでもいいので、必ず水分補給の習慣を特にこの冬場は持ってもらいたいです。


刺青(いれずみ)やタトゥーをした方の温泉地での受入れ事情

2020年の東京オリンピックを控え、訪日外国人の方が増えることが予測されます。

文化の違いが風習の違いとなり、なかなか越えられない言葉以上の壁もあるようです。

そして代表的なのが、温泉地でタトゥーや入れ墨をした方の入浴をどうするか?なのです。

圧倒的に禁止している温泉地や温浴施設が多い現状の中、当館ではどのようになっているのか?をお伝えさせて頂きます。

1.錦パレスは、刺青(いれずみ)やタトゥーをしている場合でもお断りは致しません。

例えば、寒い中せっかく温泉に来て「さぁ~温まろう!」と思って玄関の前に立つと「当館は刺青やタトゥーの入った方のご入館をお断りしています」との表示があったとします。

片道1時間以上もかけて温泉に来ても、入れず仕舞いで帰るとしたら、何の為にわざわざ時間をかけて来たのか?ということになります。

最近はファッションで入れている方もいるので、刺青=暴力団と胆略的に結び付ける訳には行きません。

2.刺青やタトゥーが入っていても誰もが温泉に入りたいのです。

私も前職時代、プール監視をやっていた時によくこの問題にでくわしました。

露出しないようにテーピングやラッシュガードを着用してプール利用をしてもらう訳ですが、その都度「こんな面倒なことになるのだから、タトゥーなんてしなければいいのに」と思ったものです。

しかしながら、あれから20年以上も経つと自分の考え方も変わりました。

『過去と他人は変えられない』

どういう理由で刺青やタトゥーをされたのか?よりも温泉に入りたいという思いを優先したいのです。

わざわざ遠くから、そうづ峡温泉に入りたいという方を外見だけで判断するのは如何なものか?
逆に刺青やタトゥーをしてない反社会的勢力の方は入浴は問題ないのか?

我々が優先すべきことは、温泉に入りたいという人を気持ちよく受け入れることだと思います。

3.大切なのは「受け入れる」ことと「信じること」

刺青やタトゥーは昭和の任侠映画の影響により、反社会的勢力やヤクザのイメージがそもそもの先入観として刷り込まれています。

確かに、刺青・タトゥーの方歓迎などという表示は見たこともありませんし、実際にその筋の方の利用が増え一般の人の利用が激減し閉店に至った温浴施設も知っています。

なので我々も「お断りはしてません」という表現になってしまいます。

しかし、外見で人を判断しお断りするのでなく、その方の目的をしっかりと受け入れることが大事だと考えます。

信成万事(しんせいばんじ)という言葉の中に、下記のような一文があります。

『悪人を善人にするただ一つの道は、信ずるにある。悪人だから信じられないというのが常識であるが、悪人だから信じる。
信じるから悪をしないのである。』

悪人とは言い過ぎかもしれませんが、人を見かけで判断すれば、その思いは声のトーンや雰囲気で伝わっていき、こちらの疑いの気持ちは言葉に出さずとも伝わってしまうので、気持ちよく温泉に入ることはできないでしょう。

4.ほとんどの方が問合せをされます

全ての方とは言い難いのですが、ほとんどの方が電話で問合せをされます。

なので、こちらとしては利用されるお客さんが少ない時間帯をご案内をしています。

もし刺青やタトゥーされている方は、電話でお問合せ下されば空いている時間帯や曜日などをご案内させて頂きます。

この寒い時期、一人でも多くの方に温まってもらい、温泉の良さをこの時期だからこそ体感して頂きたいと思っております。


湯治のイメージ 「自炊」について考える

少し寒さも増すと温泉の温かさが、カラダにも心にも浸みわたります。

今年の9月に「男の温泉一人旅」という温泉に入り、トコトン自分とむき合う時間を持ってほしいという想いで、新湯治プランをつくりました。

それから、チラシの内容を変えながら、少しずつでも受け入れてもらえるよう工夫してきましたが、まだまだのようです。

それと同時に、湯治(とうじ)=自炊というイメージもまだ根深く残っているようです。

しかし考えてみるなら、一週間以上の温泉地での滞在を想定するなら、今のホテルのサービスは、至れり尽くせりで、場合によっては必要無いサービスも宿泊料金に含まれてしまいます。

食事も非日常の会席料理を毎日食べていれば、即「生活習慣病予備軍」となってしまいます。

なので、自炊で食べたいものを必要なだけ作るというスタイルが定着したのだと思います。

日頃、溜まりにたまったストレスや疲労を軽減し、カラダのストレスを軽減し、経済的にも負担がないようにと考え、当館の新湯治の素泊り料金は下記のようになります。

○通常の素泊り  6,000円(税込み)

○新湯治の素泊り 3,980円(税込み)

余分なモノを極力減らし、シーツや枕カバーなどリネン類と浴衣の交換は1日おきにおこないます。

自炊場はありませんが、食事も長期に対応できるような内容です。

まだまだ温泉の良さを体感していだけるよう、今後さらにブラッシュアップさせていきますし、温泉に入るという提案から、温泉地に滞在し心とカラダを整えるという新提案の現代版湯治スタイルを忙しく現役で働く人世代に利用して頂きたいと願ってます。


露天風呂にこだわる理由とその効果とは?

紅葉も見ごろを迎えました。

そして朝晩冷え込みで、車のフロントガラスが白くなると冬の足音も感じられます。

同時に温泉シーズンも到来となりました。

本日は、秋深まる中、根強い人気の「露天風呂」
何故、こだわる人が多いのか? その効果についてお伝えさせて頂きます。

1.α(アルファ)波が増幅されます

脳がリラックスしている状態は、α波の状態にであり分泌されるホルモンが「ストレスの解消」と「脳の活性化」を促します。

・判断力アップ
・記憶力アップ
・集中力アップ
・想像力アップ
・決断力アップ
・直観力アップ

などで、最近はスポーツ選手のメンタルトレーニングにも取り入れられています。

その他、リラックスすることで血行が良くなり、新陳代謝も盛んになります。

・ストレス軽減
・疲労回復
・細胞の活性化による老化防止
・免疫力を高める

これらの効果が、露天風呂に入ることで得られる効果、まさにイイことづくめなのです。

2.1/fのゆらぎによるリラックス効果

小川のせせらぎ、鳥のさえずり、波がザザァーと寄せて引く音、さらにろうそくの火のゆらぎなど視覚や聴覚で感じられることがあります。

これは、規則正しいものと不規則なものがうまく調和した状態のモノで「1/fのゆらぎ」と呼んでいますが、こちらも癒しやリラックス効果があります。

室内の内風呂では感じられない、まさに露天風呂だからこそ自然と調和できる醍醐味を味わえば、またカラダと頭には良いことづくめという訳です。

3.そうづ峡温泉は、露天風呂があるのでしょうか?

残念ながらありません。

ロケーションは川沿いのそばで立地はいいのですが、露天風呂の効果は体感できませんが、ラジウム温泉の効果効能はたっぷりと体感できます。

ラジウム温泉は、湯船の湯気を吸飲することで免疫力が高まりますので、蒸気が拡散してしまう露天風呂よりも内湯の方がお勧めです。

とはいっても、やはり露天風呂の醍醐味は捨てがたいですし、せっかくの旅行ならばなおさら、その土地ならではのロケーションで楽しみたいものです。

4.露天風呂を利用する場合の注意

浴槽内の水質を保つために、塩素濃度が高めに設定されている場合が多いのです。

以前のブログにも書きましたが、しっかり上り湯をしないと浴槽内の塩素が肌荒れの原因となります。

露天風呂からあがって、脱衣場に直行せず、内湯で温まり、さらに上り湯をされることをお勧め致します。


肌荒れの原因となる入浴時にやってはいけないこと。

秋の深まりとともに、少しずつ寒さも感じつつあります。

温泉や家庭のお風呂が恋しい季節でもあります。

健康や美容や様々な目的を満たせる温泉や家庭のお風呂なのですが、せっかくの入浴もちょっとした間違いで逆効果となる場合もあります。

今回は、乾燥しやすくなるこれからの季節、肌荒れしやすくなり、間違った入浴の仕方でさらに悪化させる場合もありますので、気おつけておきたい事をいくつかお伝えさせて頂きます。

1.温泉で循環方式の場合は塩素が入ってます

まず、温泉で循環式の場合は、塩素での衛生管理が義務付けられてます。
(基準値:0.2~0.4PPM内)

わからない場合は、温泉のスタッフに聞いてもいいのですが、聞きづらい場合ありますので、浴槽入口の成分分析表か?脱衣場内の掲示物に必ず循環式か掛け流し方式かの表示はあります。

この循環式の場合はお湯に塩素が含まれてます。
よく上り湯は、しない方がいいと言われますが、温泉の成分だけでなく、塩素の成分も肌に残してしまい、肌から潤いをうばい乾燥させてしまいます。

ですので、循環式の場合は上がり湯をすることをお勧めしますし、できればこれからの季節、お風呂上がりは軽くスキンケアで乳液や尿素配合の保湿効果のあるクリームを塗れば、よりベターです。

2.家庭のお風呂にも塩素が含まれます

家庭の浴槽も水道水をつかっているので、やはり塩素は含まれてます。
(0.1PPM~)

最近は、塩素除去機能がついたシャワーで直接湯船にお湯を貯めたりする場合もありますが、まだまだです。

あまり神経質になりすぎてもいけませんが、とくに乾燥しやすいこれからの季節、塩素を含んだ水道水は気になります。

そこで、この塩素を中和する働きをもっているのが「入浴剤」です。

高い、安いはあまり気にせず「医薬部外品」なら問題ありません。
寒い時期の家庭のお風呂は入浴剤を入れて入ることをお勧めします。

3.洗体時の健康タオルにもご注意の程

カラダを洗う時に、泡立ちがイイからといって健康(ナイロン)タオルを使う場合があります。

カラダをこすって洗った感はありますが、肌の角質を落し、肌荒れの原因となります。

できれば天然素材の綿などを使った方が、肌に優しいのでお勧めします。

寒くなる季節、入浴後の乾燥は、風邪の原因ともなりますので、男性の方でもスキンケアを忘れずに。


長州風呂ってご存知ですか?

山口に帰ってきました。

東京と違って緑も多く、三方を海に囲まれた山口は、やはり落ち着きます。

本日は、歴史と自分の思い出話ですが、ご存の方も多いでしょうが、山口県は江戸末期までは、長州(ちょうしゅう)と呼ばれ明治維新の立役者を多数輩出した件です。

薩長連合や薩長土肥(さっちょうどひ)など幕末は歴史に名を残した県ですが、現在でもプロレスラーとして活躍された長州力さんなど、まだまだ長州という言葉は耳にすることができます。

そんな山口県、長州ですが、その名を冠するお風呂があることお話させて下さい。

1.長州風呂なるモノは、五右衛門風呂とほぼ同じです

まず、皆さんがご存知の五右衛門風呂の名前の由来は、豊臣秀吉の頃の大泥棒、石川五右衛門が釜ゆでの刑に処せられたことに発します。

そしてこの度、取り上げている長州風呂も、今では五右衛門風呂と同じように扱われています。

長州風呂は風呂釜全体が鋳物ですが、五右衛門風呂は底の釜の部分のみ鋳物で浴槽に当たる側面部分は木枠で組んであったようです。

特に長州風呂(五右衛門風呂)は、釜の底で火を焚くことから風呂釜の鋳物が熱を持ち冷めにくいの特徴です。

2.長州風呂の思い出

私が子供の頃、(元々は、関東の茨城県水戸市で生まれ、小学校に上がる前に山口県へ家族全員で引っ越しました。)

今から50年近く前の話で半世紀を遡るわけですが、山口へ移り住んだ時は、約半数以上の家庭が長州風呂(五右衛門風呂)でした。

ところがこのお風呂、温まるのはありがたいのですが、足を延ばして入ることができず、子供でも膝を曲げて入らなければならない・・・結構窮屈感はありました。

さらに、一番困ったのは、釜の下で火を焚くわけですから、風呂釜全体が熱を持っています。

特に底は火傷の怖れも在りますので、木の四角い板を底板として沈めて入る訳です。

ところが、木の底板ですので浮いてしまいます。
なかなか沈められず、また入っていても底の側面あたりは熱かったので、落ち着かなかったのを覚えております。

その後、木の底板は丸いFRPの底板に変わり足で沈めなくても勝手に沈むようになり、そしてやがて各家庭から長州風呂(五右衛門風呂)は無くなっていきます。

あの当時は、藁ぶき屋根の家も珍しくない頃でしたが、50年も経てば世の中変わるものです。

さてさてこれから先の半世紀は、どのように変わるのでしょうか?
温泉は?お風呂は?

ただ言えるのは、お風呂や温泉は、シャワーと違いカラダを洗う為だけのところでなく、心もカラダも温まる日常生活には欠かせないものだと思います。

そして 昔を思い出せば 、便利になった世の中を当たり前と思わず感謝しないといけませんね。