休日を温泉地で過すのをお勧めする理由

毎週日曜日は休日の
過ごし方をテーマに書いてます

本日は手前味噌ながら
温泉の話題

温泉の知られざる力が
わかるハズです

1.湯治(とうじ)という日本の文化

農繁期を過ぎたら温泉へ行き
労をねぎらう

古くから日本には自然に
囲まれた温泉地において

健康を維持回復する
湯治という療法があります

忙しい現代人には

昔のように1週間~1ヶ月など
長い期間は難しいですが

1日でも半日でも効果はあります

しかしできれば
2泊以上をおススメしたいです

2.温泉の効果効能とプラスα

温泉の泉質は
気になるところです

硫黄泉 鉄泉 炭酸性
酸性泉 ラジウム泉など

しかし一番の温泉の効果は
温泉地へ行き

その環境に触れる
転地効果が一番大きいです

(当館対岸にある四季の広場)

加えて

温泉に入れば泉質問わず

・心がほっと休まり
・カラダが癒される

心身ともにいいことは
誰もが認めるところです

私が注目するのは
温泉のα波効果

普段の人の脳波の波形は

緊張や不安で生じる
β波が多く

この状態が長く続くと
カラダに悪影響を及ぼします

一方

好きな事をしたり
リラックス時の脳波はα波

その効果として

・想像力UP
・直観力UP
・集中力UP
・記憶力UP

つまり脳がα波の状態になれば
分泌されるホルモンにより

◎ストレス解消
◎脳の活性化

これらの働きがあります

その為、頭がスッキリし
やる気が出てくるのです

3.頭のコンディションを整えるには温泉

何度も何度も
しつこいぐらいお伝えする

脳を鍛えるには運動しかない

ジョン・レイティ博士の名著

しかしながら昔より

文豪が温泉地に滞在し
文筆活動を行ったように


頭を使うことには
いい影響があるようです

つまり

運動が脳を鍛え

温泉や自然は脳の状態を
よくするのです

私自身、4月より
温泉からは離れますが

これから多様化する
社会にあって

温泉の役割はますます
注目されるハズです

なので、休日を温泉地で
過ごすことは正解であり

週明けからいい状態で
スタートできる為にも

温泉はおススメなのです

(下関市豊田町 一ノ俣温泉グランドホテル)


私の温泉の好きな温泉 そして想い

本日のお題は温泉

日本人は
大の温泉好きです

全国の温泉地は
約3,000箇所

これはあくまで天然温泉

人工温泉(健康ランドなど)を
含めればさらに増えます

これだけ多くの温泉が
あるのは需要があるという事

本日は私の好きな温泉

そして温泉への想いを
お伝えします

1.群馬県万座温泉 

群馬と言えば東の横綱
草津温泉があります

(草津温泉の湯畑)

日本初の国民温泉保養地に
選ばれた四万(しま)温泉も

その他

宝川温泉や老神温泉
法師温泉や水上温泉など

あげればキリがありませんが

私がおススメするのは
万座温泉

そしてその中でも
湯の花旅館さん

以前のブログでも
書いております

ほんとあの時は厳しい時
お世話になっただけに

やはりもう一度行きたい

できれば一ヶ月ぐらいは
滞在したい温泉です

そしてその温泉の効果効能
だけでなく思い出が宿る

苦しかった時だけに

より一層記憶に深く残るのです

2.これからのアフターコロナに必要な温泉

温泉がカラダにいいのは
誰もが知るとところです

そしてコロナ終息が見え始め

生活様式も
変わりつつあります

大きな変化の時には
その反動もあるもので

負の部分はカラダにも
心にも影響を及ぼします

2030年に一番増える病気は

ガン、認知症、糖尿病などを
抜いて

うつ病と言われてます

新しい生活様式のもと
メンタル疾患は増えます

AIに仕事を奪われたり
業種業態変更が行わるなど

社会や環境の変化が続く限り

その影響はメンタルに
及びます

もうこうなると医療や薬では
カバーしきれません

となると温泉は今以上に
注目されるべきでしょう

心もカラダも癒すのは
温泉だからです

3.今ある温泉は残るべき

例えば連日、残業続き

終わらない山積みの仕事を
抱えた時

ふと出る言葉は
「あぁ~温泉にでも行きたい」

心身とも疲労困憊すれば
人は無意識に温泉を求めます

スタンダード2食付プラン

先ほどもお伝えしたように
ますます社会は多様化します

そうなると温泉の需要は
高まるハズです

施設が古いから
お客さんが少ないから

いえいえ、違います

これからは増々温泉が
注目される

注目されなければ
いけない状況にあって

今ある温泉は存続すべき

それがアフターコロナの
メンタルケアには

重要な役割を果たすものと
考えるからです

温泉利用指導者


泡のチカラ あなどるなかれ

日本初の場所を取らない
洗剤を使わない

携帯可能な食洗器
The Washer Pro

(価格 99,600円)

洗い物が楽になる
だけでなく

洗剤を使わない
携帯型ということで

キャンプ時にも活躍が
期待されます

また

食器を洗うだけでなく

野菜についた泥や
魚のぬめりも除去

一石二鳥どころか
一台4役

あらためて感じる
超音波のチカラ

本日は久々の温泉を話題に

お風呂でも超音波効果を
体感できるお話です

1.ジャグジーバス 気泡浴

カラダを洗い

そしてこの時期なら温まる

温泉にしろ家庭のお風呂でも
生活にはなくてはなりません

特に日本人は温泉が好きです

そしてお風呂にも

・寝湯
・箱蒸し風呂
・うたせ湯
・サウナ
・圧注浴

様々あります

そんな中でも気泡浴

ジャグジーバスといったら
わかりやすかもしれません

これがいわゆる
超音波でカラダを温めるのです

2.気泡浴の効果

背中やモモの裏に泡が
あたりマッサージ効果がある

その通りだと思います

しかし、この気泡浴
効果は実は超音波

背中やモモの裏にあたった
泡がはじけて

超音波を発します

その音波はカラダの深部へ
とどき、温めまるのです

よく、泡のあたりが弱いと
言われる方もいます

マッサージ効果は
どちらかと言えば圧注浴

気泡浴は超音波のチカラで
カラダが芯まで温まります

3.注意したい気泡浴

いいことばかりではなく
注意したいこともあります

通常のお湯に比べて
低温でも刺激はあります

つまり、高温の気泡浴は
刺激が高く

特に旅先で、せっかく温泉に
来たのだからといって

何度も何度も入ると
湯あたり(疲れ)がでます

適度に休息と水分補給を
しながらカラダに負担なく

温泉を楽しみましょう

「えっ!」いった温泉に
気泡浴がなかった・・・

ご安心ください

温泉の最大の効果は
転地効果

場所が変わることで
気持ちが変わる

カラダ以上に心や気持ちに
いいことは確かなのです

温泉地へ行くだけで
精神的にプラス効果があります

なので気泡浴がなくても

宿泊の場合は同じ泡

・・・
・・・

ビール🍺の泡でも楽しんでは
如何でしょうか?

情報格差社会

ニュースを見ると
ロシアのウクライナ侵攻

オリンピックが終わった
タイミングを見計らったのか?どうか?

それはさておき
ウクライナという国名

聞いたことはあっても
地図上ではどこなのか?

それがこの度の件で
ようやくわかりました

改めて感じるのは

知ってるようで
知らないことは多いもの

確かにグーグルで調べれば
ほとんどのことはわかります

が、しかし

それにしてもこれからの
情報量はどんどん増えます

良しにつけ悪しきにつけです


なので、自分の専門分野でも
ある温泉や健康

この2つについて、そして国の本音
これらを本日はお伝えします

1.心とカラダを癒す、天然の恵み

リモートワークといった
新しい働き方が進み

それと同時に新たな課題も
出てきてます

仕事とプライベートの線引きが
難しく

つまりONとOFFがつきにくい

先日もお伝えしましたが
休むでもなく

仕事をするにも全力が出せず
集中力がスグ切れる・・・

このストレスは徐々に
心とカラダをむしばみます

いくら寝ても頭が冴えず
何となく体調がすぐれない

とこうなれば

薬に頼るより「温泉♨」
これが一番

心もカラダも温まる温泉こそ
メンタルを癒す

副作用のない特効薬

そう言ってもイイでしょう

2.健康格差の拡大

TVやネット上では
様々な健康情報があります

ただ

それがすべて正しいとは
言い切れません

と同時に、自分に合っているか?
どうか?

ここが大事です

最近では新三大栄養素と
言われたり

ビタミンD,マグネシウム、亜鉛

また、運動は痩せる為に
やるというよりは

これからは頭の為

いわゆる「健脳」であるには
運動が一番ですし

メンタル疾患の予防や改善にも
有効と言えます

3.健康に投資する時代に

散歩や睡眠

バランスよく食べたり
適度な運動

これらはほとんどお金はかからず

同時に日々、意識しないだけに
軽視しがちです

悪くなってから医者に行く

これではいつまでたっても
医療費の高騰はさけられません

これからは

①医療費のかからないように
 してもらう

②70歳過ぎても働いてもらう

国はこの2つを

もしくは最低でも一つは
やってもらいたい

これが国の本音です

自分のカラダは自分で守る

その為にも健康中心の内容を
しっかりお伝えしていきます

 

営業再開~温泉の原点に戻る

オリンピックが終了と
同時に

当館、そうづきょう温泉
錦パレスは営業開始

本日21日(月)より
再開してます

外は積もってはないものの
雪がちらつきます

しかしながら

日帰り温泉にも
お客さんがこれらる様子は

ほんと温泉を待ちわびていた
特に寒い今時分はありがたい

そんな様子が伺えます

本日は温泉の持つ意味
そしてこれからの在り方など

日頃私が思っていることを
お伝えします

1.起源は施浴(せよく)

聞きなれない言葉かも
しれません

元々の温泉というか
施浴(せよく)が起源となります

お寺で仏像をお湯で洗い

その湯を門徒に
施(ほどこ)していた

これが温泉の
そもそもなのです

そして忙しい農繁期が
終われば温泉に行く

いわゆる湯治(とうじ)文化も
はじまりました

温泉がカラダに良いという
ことも伝わり

温泉療法も江戸時代後半から
盛んになりましたが

明治時代になり西洋医学が入り
急速に衰えた歴史があります

もともとは仏像を
洗っていたように

カラダを洗うという
行為だけでなく

洗う+浄(きよ)める

そんな意味があったことが
うかがい知れます

2.これからの温泉の役割り

忙しい現代人

ウィンドウズ95が出たころ

PCやインターネットが
普及すれば

業務の効率化がはかられ
仕事量は減る

しかし現実は違いました

情報が増えすぎて

仕事量も増えてる
そんな感じさえあります

心身ともにストレスに
さらされます

そしてこれらを解消するには

癒し系のサロンやサプリ
瞑想やヨガ、時に自己啓発

様々ある中でも
私はやはり「温泉」を勧めます

理由は簡単です

残業続きで仕事も終わらず
積みあがった書類の山

うんざりするはずです

こんなとき人は
何というでしょうか?

「瞑想がしたい・・」
「サロンに行きたい・・」

イイエ

ほとんどの方が
「温泉に行きたい」なハズ

つまり、心もカラダも
疲労がピークに近づけば

自然と人は温泉が
恋しくなる

心からの偽ざる声だと
言えるのです

3.身も心も浄める

先ほどの施浴(せよく)

そして心身をいやす

これには温泉が最適だと
お伝えしました

しかし、私も含め
多くの温泉従事者は

ついつい温泉
そしてその歴史を軽視し

安易に入浴料金を
値引きします

「何人入っても燃料代は
同じ」

施設側がそんな感じだから

割引したところで、あまり
ありがたみが感じられない

本来なら施浴
身を浄めるいみもある温泉

それこそ神社にお賽銭では
なくても

お金を払ってでも入りたい
そんな尊いものと言えます

私も原点に返り
健康面だけでなく

無病息災と心の平安

自然からの恵みの
意味を深くとらえ

本日より又気持ち新たに
やって行きます

高木美帆選手の気になる咳(せき) 他人ごとではない

圧巻の金メダル

短距離もこなせば
長距離も

まさにオールラウンダー

彼女を見て思い出すのが
エリック・ハイデン(米国)

レークプラシッド五輪で
500M~10,000M

すべての種目で金メダル
5冠

高木選手もまさに
この域でしょう

しかし一つ気になる
インタビュー時の咳(せき)

一流のスタッフ陣が
サポートするので

大丈夫だとは思いますが

体力あるアスリートが
必ずしも抵抗力が強い

そんなわけではなく
気おつけておきたいこと

本日はそのことを
お伝えします

1.彼女のカラダは極限状態

あれだけの種目に
出場するのだから

レース前には常にピークに
もっていく

レース後にケアして、また
次のレースで全力を出す

レース後の咳で感じたのは

「気管をやられてるな」

そんな気がしました

どれだけのエネルギーを
体の中で燃焼させ

その為に激しく呼吸が
行われてきたことか

もう彼女のカラダは
極度のストレスにさらされた状態

ゆっくり休んで
今までの疲労を解消して欲しい

これは高木選手だけでなく
全選手、全スタッフに言えます

それだけみなさん
4年に一度の大舞台で

心も体もピークにもっていき
臨んだことは間違いないです

2.アスリートだけでなく抵抗力が落ちた状態

マラソン選手が42.195㌔を
走った後に風邪をひく

よく聞く話です

それだけ体力を使い切ると
抵抗力が落ちるのです

これは競技の世界だけでなく
我々にも該当します

・無理して徹夜

・残業続きで睡眠不足

・大事なプロジェクトの為
 お昼も取らずに仕事をする

やっている過程では
問題ないのですが

気が抜けると不思議と
カラダに不具合が起きます

また見方を変えれば
夢中になりすぎて

カラダの不具合さえ
見落としてる

そんな気もします

アスリートも我々も
生身の人間

ONとOFFの大切さは
何度もお伝えしてます

極度のONの後は
最大限のOFF

徹底して休むには
手前みそながら

やはり温泉

それも最低2泊以上

間違いなく心も体も
蘇(よみがえ)るはずです

そうづ峡温泉は2月21日(月)より
営業再開します

入浴剤は効果を求めるより〇〇重視

明日は立春

暦も上では春といいながら
まだまだ寒い日が続きます

そうなると温泉
イヤ温泉でなくともお風呂

毎日入る家庭のお風呂は
楽しみです

そして私はほぼ入浴剤を
使います

その一番の大きい理由とは?

1.入浴剤で塩素の緩和

入浴剤をつかう一番の理由は
水道水の塩素の緩和です

昨日は入浴剤を切らし

ビジネスホテルでもらった
ものを利用

で、よくみると
通常は医薬部外品なのが

化粧品??

そうです
入浴剤にも種類があります

2.入浴剤の種類は3種類

一般的なのは
バスクリンやバスロマン

これらは医薬部外品
肩こり、疲労回復など

効果が期待できるものも
あれが

一方、化粧品のように
肌荒れを防ぐなど

うたっていい56項目内の
表現が可能なモノ

この2つに大きく
分類されます

もっといえば

そのどちらにも該当しない
雑貨

この3つに分類されます

イメージとしては温泉のような
効能をもとめるなら

医薬部外品となるでしょうが

温泉にしろ
家庭のお風呂にしろ

その目的は効果効能だけでは
ないようです

3.効果効能よりも気分重視

温泉で言えば情緒とも
言えるでしょう

温泉の効果と言えば

1.転地効果
2.温熱効果
3.浮力・静水圧
4.薬理効果

細かい説明は割愛しますが
〇〇泉 〇〇泉質と

とかく気になる効果の
重要度、優先順位は下位

となると求められるのは
気分 気持ちの部分です

ニュースをみれば暗い話題

人と会うことも減り
お酒のにぎやかな席も無く

行き場のないストレスを
どこで解消すれば??

これに温泉や家庭の風呂は
大きな役割を果たせるはずです

コロナはいつか終息します

しかし
人が抱える心のストレス

これは今後、増える傾向に
あることは間違いありません

そしてこれをケアできるのが

自然であり

温浴(温泉やお風呂)

そして運動

この3つであることは疑わず

しつこいかもしれませんが

このブログを通して
言い続けるのです

家庭でも温泉気分と効能を楽しむ

一日数件、コンスタントに
ある問い合わせ

「温泉 やってますか?」

多分、まん延防止措置で
休業とわかっていても

もしかしたら
やっているのでは?

そう思って電話をかけて
こられるような

そんな感じも伝わります

やはり温泉は

何となくであったり

ストレスが溜まっていくと
無意識に行きたくなる

そんなものだと思います

しかしながらコロナ過で
多くの温泉が休業する中

本日は家庭でも温泉気分を
楽しめ

そして効果も得られる

そんなことをお伝えします

1.入浴剤なら天然温泉濃縮タイプ

まず最初に思い浮かぶのが
入浴剤

代表的なのは
バスクリン

まぁ~ いろんなシリーズが
でてますけど

医薬部外品でもあり
効果もそれなりにありそうな

そんな感じもします

(医薬部外品は医薬品と
化粧品の間に位置します)

ですが、私がおススメは
本格天然温泉の濃縮タイプ

バスクリンが582円に対し

村上商会さんの湯の素は
1,650円

ともに30回分ぐらいは
使用できるので

金額で言えば一回あたり

バスクリン@19.4円
湯の素  @55.0円 

値段は2倍ちょっと
違いますけど

あの東の名湯というか
東の温泉横綱

草津温泉

あの温泉に家庭で
60円そこそこで入れるなら

悪くはないハズです

もちろん、濃縮タイプなので
効果も期待してよさそうです

(硫黄の匂いが苦手な方は
お勧めできません)

2.足し湯で自分最適温度に

ケガをした場合を例に
あげると

冷やすべきか?
温めるべきか?

判断が難しい場合があります

これに対する答えは
決まっていて

ケガをされた方がどちらが
気持ちよいのか?なのです

それと、ほぼ同じように

お風呂の一番心地よい
温度とは

年齢や人種別などにより
かなり変わってきます

幼児・乳児は
熱いのが苦手

逆に高齢者は熱い風呂を
好む傾向があります

また
白人は熱いのが苦手など

人種によっても
変わってきます

だから

自分の一番気持ちイイ
温度帯へ足し湯をします

熱すぎても、ぬる過ぎても
いけません

軽くひたいにうっすら
汗ばむ程度の温度がおススメ

これでカラダの芯まで
温まりましょう

3.ストレス解消の温泉

そうは言ってもなかなか

温泉と家庭の風呂では
埋まらない溝もあります

その一番が場所の効果
いわゆる転地効果です

温泉地の魅力でもある
その土地の風土や環境

これはさすがに家庭では
再現できません

やはり、年に何回かは
温泉地でストレス解消

いや
命の洗濯です

心もカラダもストレスが
解放される温泉こそ

これからの時代には不可欠

しかしながらコロナ過にあって

まずは家庭で温泉気分を
楽しみ

ストレスや不安をためず

少しずつ
解放していきましょう

そうづきょう温泉・元湯憩の家



知る人ぞ知る本物温泉の選び方

寒い日が多いと
温泉が恋しい・・・

ですが、当館および
源泉かけ流しの元湯憩の家

元湯憩の家(女湯)

1月末まで休館日です

当館はさておき
元湯憩の家は源泉かけ流し

どう違うのか?といえば
同じ泉源からお湯を引いても

かけ流し方式(元湯憩の家)と
循環方式(当館)

泉質自体が変わっています

どちらがおススメかと言えば
もちろん源泉かけ流し

塩素などの薬剤を
一切使用せず

温泉本来のお湯の良さが
体感できます

さらに元湯憩の家
シャワーやカランも天然温泉

これだけ贅沢な使い方は
稀(まれ)

希少価値高い温泉です

なので若い人でもファンは
多いのです

しかし、その貴重な温泉が
休館なら、どこを選べばいいか?

本日は温泉通の方にお勧めな
温泉の選び方をお伝えします

元湯憩の家(男湯)

1.成分よりも源泉かけ流しか循環式か?

まず、このかけ流しか循環式か
ここにこだわってください

硫黄泉か炭酸泉か?
酸性泉かラジウム泉か?

結構、話を聞くと
泉質にこだわる人は多いです

ですが

天然温泉も薬剤を入れて管理する
施設が多いのです

温泉も生きた自然の恵み

そう考えれば浴槽とろ過機を
循環し薬剤が入ってる温泉を

本当の意味で天然温泉と
呼ぶのか?どうか?

あんまり書くと関係者から
クレームがでそうですけど

温泉ファンが知りたいことを
お伝えしているだけですので

2.循環式でもOKな泉質

ほとんどの泉質は、長~く浴槽と
ろ過機を循環すれば劣化します

これを温泉の「老化」と
言います

しかし、9つに分類される
泉質の中で唯一

循環式でもほぼほぼ大丈夫な
泉質があります

塩化物線(塩泉)
海の近くに多い

県内で思い当たるのは
温泉番付でも西の3役である

湯谷(ゆや)湾温泉
楊貴館

(湯谷湾を望む高台に位置する楊貴館)

寒い時期、お湯のミネラル分で
カラダをラッピングします

保温・保湿効果もあり
塩化物線は循環式でもいけます

3.源泉かけ流しにこだわるなら純温泉

源泉かけ流し > 循環式

では、一つ一つの温泉施設の
成分分析表を見ないと??

各施設のホームページには
かけ流しは謳ってますけど

循環方式は敢えて
表記してません

成分分析表には表示義務は
ありますが

ホームページにはありません

そこで、お待たせしました

本物の温泉を選ぶには
純温泉協会のサイトから選ぶ

これがお湯の良さを
求める方にはおススメです

純温泉協会

この代表である山口さん
(通称:グッチさん)

温泉に対しての敬愛が深く
数多くの温泉に入られ

知っているだけでなく
サイトに載っている温泉はすべて

山口代表が入られた
おススメの温泉ばかりです

もちろん、コロナ過で
休館してるところもありますが

このサイトから本物の
温泉選びをしてみて下さい


石風呂にみる温浴のプラスαの効果

へぇ~知らなかったです
山口県のNO1を

山口と言えば黄色い
ガードレールと維新の地

まっ 他県の人からは

総理大臣いっぱい出したって
威張っているだけの県でしょ

たまに言われますが
間違いではありません

しかし

私から言えば誇れるのは

吉田松陰先生をはじめ
久坂玄瑞や高杉晋作

いわゆる明治維新の
立役者たちを輩出

維新と名の乗れる県は
山口だけとの自負はあります

しかし、そんな過去の功績に
しがみついてばかりではなく

様々な調査において

例えば住んでみたい県や
もう一度行ってみたい場所

これらのランキングでは
まずベスト20に入るのは困難

そんな山口県が全国に誇れる
NO1がありました

それが石風呂

防府市阿弥陀寺の石風呂

今でいうサウナのような
その数が全国1位とのこと

本日は石風呂とその効果など
触れてみたいと思います

1.石風呂とは岩盤浴のようなもの

石でできた浴槽を
連想しますが

イメージするなら雪の
カマクラの雪を石に見立て

カマクラような石室の中で
火を焚き

充分に周囲の壁(石)が
温まったら残り火を出し

そして床に薬草を敷き
熱波で発汗を促す

(産経新聞デジタル版より)

今でいう岩盤浴などと
同じ効果があるようです

2.かつて山口県内には300箇所の石風呂

防府の阿弥陀寺では月に
1回は行われているそうで

あと知る限りでは
周防大島にも

現在、使われているかどうか
定かにはわかりませんが

かつて山口県内には
300箇所も石風呂が点在

これは奈良の東大寺を
再建する際

木を切り出す人の労を
ねぎらう為の設備だった

設備と言えば近代風ですが

慰労だけでなく
病気の治癒も含め

西洋医学が入るまでの
重要な役割を果たしながら

明治になって急速にその
数が減ったことで言えば

温泉と同じ

いつもながら薬のような
副作用のない温浴こそ

もっと見直されてもいいと
切に感じる次第です

3.石風呂や温泉こそ、心とカラダの健康増進

カラダを温めるのが健康に
イイのはご存じでしょう

この石風呂も予防や治癒の
目的もあったそうですが

何より、庶民の社交の場でも
あったとのことです

外出すること
笑うこと
人と話すこと

私はこれを健康の3要素と
言ってますが

まさに石風呂や温泉は
この3つを満たしてます

クスリや医療のように
即効性はないにしろ

副作用というリスクもない

そして何より独居が増えたり

又コミュニケーションが難しい
コロナ過にあり

やはり不要不急のものでなく

温泉や石風呂は人の
健康には必要不可欠なモノ

改めて昔の人の知恵に
学ぶことは大きいのです