「健康経営」かくありき

先日、日本健康経営の
事業説明会に
参加してきました

尊敬する社長が
これから山口県東部に
健康経営を広めて行かれる
ということで

私も一つ返事で
「ぜひ、協力させて下さい」
ということとなりました

心あるトップやリーダーが

「従業員の健康管理を
経営的な視点で考え
戦略的に取り組む」という

健康経営の主旨に大賛成です

しかしながら
まだ国内で広がり始めて

3年目

毎年、倍々で増え続ける
この健康経営優良法人
認定制度に問題はないのか?

このことを
本日はお伝えします

1.健康経営が注目される背景

これは、間違いなく
「人手不足」です

人一人が一人前の仕事を
すればいいのですが

会社に出社しても
ボーっとしてミスを
繰返したり

体調が悪いといって
早退したりと

会社の生産性に悪影響を
及ぼす 場合があります

しかしながら生活習慣を
改善し運動や食事を見直し
健康に配慮すれば

一人が1.25倍、1.5倍と
生産性をあげる可能性が
見えてきます

つまり従業員の健康に
配慮することで

最終的には会社の
財務諸表の健全化を
目指す訳なのです

2.優良法人認定数の推移

この健康経営は、健康宣言という
健康経営に取り組むことを
公に謳うことから始まります

(中小企業の場合は
協会けんぽが窓口)

そして、その取り組みを
所定のフォーマットに基づき

10月末までに日本健康会議に
提出し

その翌年の2月に優良法人が
決定されます

優良法人の認定数も
年々増えています

中小企業の優良法人の
推移は下記の通りです

2017年  318社 (3社)
2018年  776社 (5社)
2019年 2,503社 (17社)

( )内は山口県内の優良法人数

3.健康経営に取り組む法人が増え続ける理由

働き方改革と親和性が
よかったり

また企業のイメージアップに
つながったりとメリットは
あります

その中でも企業に与えられる
インセンティブが大きいです

・求人票に健康経営優良法人を
受けていることを謳える

・入札に関する評価点があがる

・政府系金融機関から低利で
融資を受けやすい

以上のようなインセンティブ
(やる気を引き起こす為の
外的要因としての報奨制度)が
あるわけです

4.増え続ける優良法人に課題はないのか?

健康経営の
最終ゴールは

財務諸表の健全化に
あります

では、その売上や利益を
上げる為に優良法人の
認定を受ければ

業績はあがるのでしょうか?

6年前に尊敬する方から
言われた言葉があります

「経営とは、数値化できない
ものの影響でつくられている」


数値化できないものとは
人情、わびさび、心の色

笑顔・愛嬌・愛想
そして慮り(おもんばかり)
などです

つまり、目に見えるものばかり
重きがおかれ

目に見えない部分が
ないがしろにされてないか?

危惧するところです。

5.忘れらない経産省 江崎禎英(えさき・よしひで) 氏の言葉

2018年、東京有楽町の
朝日ホールで優良法人の
受賞セレモニーがありました

その中で、経済産業省の
江崎さんからの言葉

このことは、これからの
健康経営の本質を
言い得ていると感じました

それは
「この健康経営が好景気の
贅沢品としあるのか?」

「それとも不景気になった時
企業の精神的な底支えと
なるかどうか?」

「このどちらかである」

答えはおっしゃらずとも
どちらか?は明確です

精神的な底支えとなるには
やはり目に見えない

数値化できない
人情・愛情・友情など

人と人との
コミュニケーションが大切で
あることは間違いありません

目に見える部分
(売上、従業員数など)ばかり
求めるのでなく

目に見えない部分
(雰囲気、元気・やる気・根気)を
整え

そして目に見える部分を
改善していくことこそが

これから求められる
健康経営だと言い切れます

喜びを感じる時~健康経営の輪が広がる

支配人の吉本です。

昨日、嬉しいことが
ありましたので
報告させて下さい

実は、わが社では2年前より「健康経営」
取り組んでおります

2018年と2019年に
日本健康会議より
健康経営優良企業に
選ばれました

確かに選ばれましたが、
社内は理想とする健康経営が
行われているか?と言えば
まだまだの状態です

1.レジの女性から声を掛けられました

そんなわが社でありますが、
昨日に地元の大手スーパー
立ち寄った時

レジの女性が
カウンター内から出てこられ

「スゴイですねぇ~ 見ましたよ
健康経営に取り組まれてるんですね」と
私に言われました。

ここまでだと自慢に
聞こえるかもしれませんが

人は褒められれば素直に
嬉しいものです

2.ただ自社で取り組むだけでなく、その取り組みの広がりをサポートをされる企業様も!

また私自身
健康経営についての講和を
6月と10月に行った事があります

その時に、講和を聞いて下さった
建設リフォーム会社の社長さんが

自社として健康経営に取り組む決意を
されただけでなく、その取り組みに対し
自社が主体となって
山口県東部に広げていきたいと
おっしゃられてました

直接、私が話をさせて
頂いた訳でもなく

かといって私が影響力と
なったわけでもありません

しかしその「きっかけ」と
なれただけでも
これまた嬉しいです

3.喜んでばかりいられない現実も又あり

このように少しずつでも
健康経営の輪が広がって

トップ自ら従業員が健康で
長く勤めてくれるような
取り組みは大事なことです

しかしながら
まだまだ浸透し始めて
数年の話ですので
課題もあります

いつも言っていますが
目に見える健康状態と
見えない健康

つまりカラダと心の健康状態を
指した時にカラダの健康ばかりに
着目が集まります

人が会社を辞める
本当の理由は何なのでしょうか?

メンタルヘルスは
ストレスチェックのような
制度だけでは
まかないきれません

トップ自ら、明るく活力のある
職場にしていく為にも

自らが明るくそして楽しんで
イキイキと働くことを
率先垂範することが
大事と思っております

本日の講和「わが社が目指す、これからの健康経営」

毎週木曜日は、倫理法人会の経営者モーニングセミナーに参加してます。
いつもは、講和頂いた内容をアウトプットしてますが、本日は自らが登壇しましたので、その内容をお伝えさせて頂きます。

1.なぜ今、健康経営が注目されるのか?

一番の課題は、深刻な人手不足です。

限られた人数で、売上を最大限に高めるには一人一人が持っている力を出し切っていく必要があります。

ところが、生活習慣が乱れからくる昼夜逆転のような生活では家ではイキイキ、会社ではダラダラなどとなってしまい生産性の向上は難しいのです。

ですから、少ない人数、限られたチカラでより高い仕事のパフォーマンスを高めるには、スポーツの世界同様に競技力向上させるには、選手のコンディションが大事となります。

会社においても同じです。従業員の仕事のパフォーマンスと高めるには従業員の健康管理が大事だという訳なのです。

今まで個人任せだった健康管理に会社が旗を振って会社の経営戦略としてとらえ従業員の健康意識の向上と健康づくりに対し積極的にサポートしていくというのが健康経営の主旨なのです。

併せて国も、働き方改革と親和性のいい健康経営に注目し、今までは環境に配慮する企業は当たり前、しかしこれからは従業員の健康に配慮していく企業を評価していこうという流れになっています。

2.いまの健康経営に課題はないのか?

否!! 私からみると大ありです。

それは、健康経営の一つの目指すところが優良企業法人というものがあります。
その認定を受けるには必須4項目、そして基準に適合しているか?どうか?の説明を伴う適合基準15項目を点数評価して決められます。

つまり、目に見えるものや数値化できるものが必要となり、取組み自体がどうしても、トレーニング施設を造ったとか、社内でコミュニケーションを深める為に運動会を行ったりだとか、分煙施設を設置したりといったような写真や数字や文章で表現・説明できるものに、どうしても重きが置かれ従業員の健康というよりも優良法人を認定してもらう為の取り組み、つまり目に見える部分にウェートがかけられてしまいます。

今の健康経営はフィジカルの健康にばかり重きが置かれすぎ、メンタルヘルスにはあまり重きが置かれてないと言えます。

3.目に見える部分(身体)を整えれば、目に見えない部分(気持ちや心)は整えられるのか?

順番が逆です

健康とは「気で気を病む」とか「病は気から」という言葉があるように、カラダを鍛えるから気持ちが整うのではなく、気持ちや心が良好な状態にあればカラダのコンディションが整うということとなります。

いくら目に見える部分を整えても、目に見えない気持ちやコンディションの部分は整はないということで従業員が仕事においてハイパフォーマンスを上げるにはまず心の状態をよくして、次にカラダの状態をよくするということになります。

4.どんな時でも「明るさ」が大切

では、心の状態を整えるにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、明るくさらに明るく、笑えばいいのです。
その雰囲気は必ず伝播します。

倫理では「明朗」「愛和」そして「喜働」の3つを大切にします。

同じように職場でも明るく皆が仲良く、そして喜んで働けば、人間関係で悩んで辞めたり、会社に行っても心ここに在らずというような状況は無くなるハズです。

健康経営とは従業員の健康を経営的な視点で考え戦略的に取り組むことと定義してますが、大切なのは見えない部分の心の在り方だと言えます。

明るく、そして皆が和を持って、喜んで働く職場となれば、目に見えない悩みは即解決できます。

それこそが目指すべき健康な経営といえるでしょう。

私が思う「これからの健康経営」とは

子供の頃から運動が好きで「毎日体育の時間が3時間~4時間あれば、ホント小中高は楽しかっただろうなぁ~」と回想してしまう支配人の吉本です。

カラダを動かすことが好きで、前職はスポーツクラブを全国に200箇所程を展開している会社でした。

また、現職においても「山代健康大学」という健康をテーマにした市民サロンを毎月1回、平成20年の9月~平成30年の3月までで全115回実施してきました。

なので、健康という言葉にはアンテナが立っているせいか、即反応してしまいます。

3年前に健康経営という言葉を知った時、健康も経営も自分が関わる分野なので、他社に先駆けてぜひ認定をとりたいと思いました。

思えば、あの頃は優良法人の認定を受けることにゴールを置いていた、そんな感じでした。

2018年、そして2019年と健康経営優良企業に選ばれました。
特に2018年は、中小企業部門776社の中で、弊社だけが宿泊業で認証を受けたことに驚き、プレゼンテーターの有森裕子さんらと壇上で写真を撮ったこともいい思い出となってます。

さて
年々、健康経営に取り組む企業が多くなる中、何の為の、そして誰の為の健康経営なのか?

そして大手企業にいて自分が感じた大企業の影の部分の解決策の一つとして、健康経営があると感じてます。

前置きが長くなりましたが、まずは大手企業に限らずどの規模の会社でもある問題から触れていきます。

1.退職率の8割近くが人間関係でした

まず、人間の悩みのトップ3の一つになります

第一位 健康
第二位 人間関係
第三位 お金(経済)

ところが前職の会社では、退職理由となると健康を逆転して第一位に躍り出るということなのです。

その数は8割に近いと言われてましたが、人事・総務でないので正しくはわかりませんが、退職理由のトップであることは間違いありません。


まだ、2006年頃のことですから、かなり前かもしれませんが、10年以上たってもそんなに変わっているとは思えません。

ただ、退職理由には「一身上の都合により」なので、本音は見えてきません。

私も今だから言えますが、一身上の都合でと書きましたが、思い返せば人間関係でした。

理由は現場を見ないで、人のうわさ話を聞いて判断・評価する上司を見て「こんな人間とは働きたくない」と思い退職を決めた訳です。
(でもその時の事があったからこそ、絶対に人の話を聞いてその人を判断しないということが、今の自分自身のポリシーとなっています)

ちょっと私個人の話になり、熱くなって脱線しましたが、この原因(人間関係)を減らさない限りは、会社の離職率も変わらず、健康経営優良法人の認定を受けても又辞めていく人の数も大きく変わらないと思います。

2.そもそも健康経営ってなんなの

今年の6月15日のブログで触れているので、よかったら参考にして下さい。

私たちが、社会人になった1988年頃には、会社に来てもボーっとして気の抜けた状態の人を半健康人と呼んでました。

時代は変わってその半健康人に近い意味で使われている言葉がプレゼンティズム、いわゆる出勤していても集中力に欠け、ケアレスミスが多く仕事のパフォーマンスが悪い状態の人が増えているということです。

半健康人と呼んでいた時代も、そしてプレゼンティズムと呼ぶ現代においても、会社の生産性に影響を及ぼし、場合によってはメンタル疾患の原因となり、会社を辞めざるを得ないという残念な結果に至ってしまいます。

ですので、このプレゼンティズムを減らすことが健康経営の最大の課題だととらえる訳なのです。

3.そうは言っても今の健康経営の認定基準を満たせば会社の生産性は上がるのでしょうか?

難しいです

確かに健康診断を受けなさい、受動喫煙対策をしなさい、運動しなさい、さらにはワークライフバランスやヘルスリテラシーやメンタルヘルス対策などがあります。

確かに、これら認定項目で100点の内容でも、本質はもっと深いところにあるはずです。

それが、退職理由の8割が人間関係でありコミュニケーション不足だからなのです。

さらに、この目に見えない部分は数値化しにくいという問題があります。

よくあるのが飲みニケーションだ、社内運動会だ、慰安旅行や食事会だとなりますが、それですべて解決できるとは言い難いです。

運動は楽しくなければ長続きしない
つまり仕事も楽しくなければ長続きしない
ただ、仕事には対価が発生する
だから、楽しくなくても続けられる

これが本音だと思います

「じゃぁ~あなたの職場はさぞ、素晴らしいのでしょうね」と言われそうですが、正直まだまだです

しかし私の職場は今以上に明日、そして明後日となっていくはずです。

なぜなら、この健康経営の大事な部分は目に見える部分よりも目に見えない部分(メンタルヘルス)が重要であることがわかっているからです。

4.わが社の健康経営は、2018年度は失敗、そして2019年度に気づきました!

確かに2年続けて優良法人の認定は受けましたが、特に私が掲げた3つのスローガン

Y:やめる(タバコ、業務中のエレベーターなど)
S:整理整頓
D:脱却する(脱評論家、他人を裁くことからの脱却)

特に3つ目の脱評論家は、私が一番強く思うところでした。

それは職場内で「絶えず誰かが自分の陰口を言っているのではいか?」というような職場の悪環境は取っ払いたかったのですが、人はどうしても他人の事を評論して自分の立場を正当化し同調する仲間と群れたい、この状況に大きな変化、つまり改革はできませんでした。

2018年度は、この「やめる、捨てる、脱却する」のYSD運動というフレーズが協会けんぽやメディアには面白いニュースソースと映ったようでした。

しかし結果から言えば自分が思い描いていたような効果は出ませんでいた。

そして
2019年に気づきました

それは「人にあれをしなさい、これはダメ」と人を変えようとするのでははく、自分が変わることが大切だったということです。

過去と他人は変えられない
変えられるのは自分と未来だけ

まさにこれです。
見えない部分を整える つまりメンタルヘルスの向上にはトップの心の在り方が最も大切だということでした。

5.では、どうすればいいのでしょうか?

トップの人間が変わればいいのです

これは、トップの人の入れ替わりということではなく、考え方や従業員に対する接し方を変えればいいだけです

人は誰でも良くなろうとしています

そして
人は認められたいのです

だから、褒めて認めてあげれば「良し」ということになります。
ただ、これだけなのです。

6.詳しくは10月10日(木)、これからの健康経営について講和します

日時:周南市倫理法人会 モーニングセミナー
   朝6時~7時

場所:遠石会館(山口県周南市遠石2丁目3-1)
   ☎ 0834-32-2181

内容:わが社のそして、これからの健康経営
(参加費 無料)

講師:吉本 辰夫 ((有)そうづ峡開発代表取締役)

朝の新鮮な空気を突き破るような、熱いテンションで話すことをお約束致します!

健康経営のメリットとデメリット

前職がスポーツクラブ産業にいたせいか?「健康」という言葉には過剰に反応する支配人の吉本です。

本日6月15日は、昨日のブログでも書きましたが、私にとっては節目の日です。
例えば皆さんが新年の1月1日に新たな目標を掲げたり、年度始めの4月1日のように新しい部署、新しい仲間と年度のスタートを切ったりされていると思います。

本日は、自分自身が目指す経営者となっているか?どうか?を顧みる節目の日です。

世の中の素晴らしい経営者にすれば、まだまだですが、ですがいつかは必ず!という思いは人一倍はあります。

さて
前置き長くなりましたが「苦手な事よりも得意な事」をということで、2年前より健康経営に取り組んでおります。


健康経営の定義は「 従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する 」と私も数百回以上は読みましたが、何度読んでも理解しずらい印象です。

つまり、会社の経営計画に従業員の健康管理も含め、そして生産性を高めましょうというように解釈してます。

代表的なのは、Johnson&Johnsonが、従業員の健康に1(例えば100万円としましょう)投資したら、3(300万円)の生産性があがり、注目されてきました。

健康経営優良法人の中小企業部門の認定法人だけでも、2017年は223社、2018年は776社、そして今年度2019年は2,502社と倍々で増え続けてます。

(向かって前列左橋が私、中央の女性は有森裕子さんです)


このようにここ毎年、増え続けている健康経営ですが、増えるには増えるなりの理由、つまりメリットがあると思います。

こちらについては、私が述べるまでもなく、リクルートに有利だったり、低利で政府系金融機関からの融資が可能になったり、入札での評価点が上がったりとつまりインセンティブが与えられる点です。

もちろん、従業員が健康で、アブセンティズム(欠勤)、プレゼンティズム(出勤してもボーっとして生産性が上がってない状態)問題の解決に繋がることもメリットと言われてます。

では、イイことだけの健康経営にデメリットは、無いのでしょうか?

よく言われているのが効果がわかりにくい、や担当者任せになったり、健康づくりへの投資はしても、そのリターンの生産性が計りにくい点などがあります。
ま、私としては認定を受ける際の申請書類の作成がストレス・・・と失礼しました。これはデメリットではありませんね

ここまで健康経営のメリットとデメリットに私の私見を含めて述べてきました。
ではわが社の考える健康経営とは何か?
それは投資ではなく無駄を省くこと。つまりお金をかけてトレーニングルームをつくったりでなく、お金をかけずに日常業務の無駄を省き、生産性を妨げている社内の誹謗中傷を無くすことです。
つまり、投資という+ではなく省くこと、無くすことが主です。

そして何よりも、従業員の健康管理はもちろんですが、管理というよりはコンディショニング、お客さんの前に出るにあたっていい状態を保つ、また造っていくか?が大事だと考えます。

以前、水泳の選手を教えていた時、好タイムを出すためには、最後の調整(テーパリング)が大事でした。
同様に、如何に従業員のメンタルとフィジカルを整え、お客さんの前にでてもらうか?に気おつけてます。

とは言いながら何よりも自分自身のコンディショニングを整えることを忘れないようにしないといけませんけどね。

健康経営優良法人2019 中小規模法人部門において認定を受けました

弊社は、昨年に続き、健康経営2019において優良法人(中小規模部門)の認定を受けました
今後も従業員の健康づくりとメンタルヘルスケア
そして地域への健康啓蒙と今以上に健康経営に
積極的に取り組んでまいります

まずはお礼と決意の程、この場を借りて
ご報告させて頂きます


(写真は昨年の健康経営2018の受賞認定式の様子です)

1月15日(火)ニュースLIVE(山口放送)18:15~で弊社の健康経営が紹介されました

昨年末に地元山口放送さんより
健康経営の取組みの取材を受けました

放送日が決まりましたのでご案内致します

2019年1月15日(火)KRY山口放送
18:15ニュースLIVE番組内の特集にて放映されました

(写真は昨年2月20日の健康経営優良法人授賞式の様子です)

尚、動画は下記項目をクリックして頂ければ、視聴できます。 👇

今、注目の健康経営『社長が率先!健康指導」山口放送2019年1月15日放送

山口経済レポート(8月28日号)に当館の取組み「健康経営」が紹介されました

健康管理を従業員まかせにすることなく、会社が積極的に関わることで
経営面においても大きな成果が期待できるという基盤に立ち、
その管理を経営の観点から戦略的に実践する「健康経営」

その取組みが山口経済レポートに紹介されました

弊社の取組みが、このような経済誌に取り上げられることは
嬉しくもあり、ありがたいことです

「健康経営」宣言を行いました

弊社、(有)雙津峡(そうづきょう)開発は、
やまぐち健康経営企業認定制度に沿い6月30日付で
健康宣言を致しました

様々な健康情報があふれるなか、健康運動指導士が
駐在する宿泊施設として全従業員の健康増進と維持は
もとより、職場だけでなく地域に対しても正しい
健康情報を発信し、そして啓蒙してまいります

健康経営とは?
近年「健康経営」という考え方が注目されています。
業績の向上や労働生産性の低下を防ぐという本来の目的に加え、
健康経営の格付けや各種表彰を受けることで企業のイメージが向上し、
優秀な人材の確保につながったという効果も報告されていることから、
大手企業先行で取組みが拡大しています。

一方で中小規模の事業所において、独自に健康経営への取組みを開始するのは
容易ではありません。

そこで、協会けんぽ山口支部と山口県が協働し「健康経営」に取り組む
事業所のサポートを開始するため「やまぐち健康経営企業認定制度」を
スタートさせました。

(協会けんぽホームページより抜粋)