人のカラダで適度な刺激が必要な場所

父親、ようやく退院

しかし、入院する前よりは
悪くなったような感じです

自宅に戻り環境が変われば少しは
良くなるのか?様子を見ている段階です

院内のように変化なく刺激のない環境だといけないのか?と考えてみるわけです

本日は適度な刺激がカラダのどの部分に必要であるか?をお伝えさせて頂きます

1.過度なストレス プレッシャーがあると?

ストレスと一言に言っても
その内容は複雑な場合が多いです

様々な負担が精神的にも肉体的にも
かかり過ぎ

さらに過食や偏食
運動不足や睡眠不足など加われば

糖尿や高脂血症
さらにはガンのリスクも

適度な息抜き OFFは必要なのです

2.まったくストレスがない状態が続くと

こちらもまたしかり

ストレスなく、不自由なくの
至れり尽くせり状態

このようなゆるすぎる生活環境も
問題です

アレルギー性疾患などの
リスクが考えられます

3.何事も程ほど

過度の緊張状態も
またゆるすぎる状態も考えようです

適度なストレス 適度な休養
このメリハリ いわゆるONとOFFが必要です

ポイントは中途半端にならないこと

仕事をする時はしかりと集中し
抜くときは抜く

仕事100% 休みも100%です

4.刺激を入れれれば年齢に抗えるもの

よく「年をとった・・・」で
かたずけてしまう場合があります

ホントにそうでしょうか?

私が知る限りでは年齢に抗う

いわゆるアンチエイジング効果が
のぞめる部位があります

それが「頭(脳)」と「筋肉」です

ただし老化しないのではなく
刺激なく

いわゆる前述のストレスもない状態では
衰えます

大切なのは適度な刺激なのです

5.脳と筋肉、どれくらいの頻度で刺激をいれれば?

〇まず筋肉の場合
・一週間に2~3回
・トレーニングとトレーニングとの間は
(24時間以上)はあけましょう

〇脳の場合
・一週間に1~2回
・一回当たり目安60分まで

おおよそですが参考にしてみて下さい

筋トレは筋疲労が感じられますが

脳トレの場合は頭の中がムズイ感じを
目安にして下さい

老化にストップ!やって行きましょう

言えば聞く、書けば読むのでなく惹きつける

毎週金曜日は短い時間ですが
小学校5年生の男の子に運動指導

運動といっても
ゼェゼェハァハァするようなものでなく

私の得意とする運動による
脳トレです

山口⇌東京間をZoomでセッション
言葉にすると決まりますが

なかなかオンラインで教えるのは
難しさもあります

ちなみに私が教えているのが
ライフキネティックといいます

サッカーの世界では多くのチームが
取り入れる

ドイツ発祥の運動することによる脳トレ

ここで大切にしているのは
チャレンジする事です

できることが目的ではなく
挑戦することを大切にします

しかしながら

失敗は✖ 成功は◎という
すり込みがある自分が教えてるせいか?

なかなか子供もできなくなると
テンションが下がり

そしてその表情がオンラインでも
伝わります・・・

そうすると、ついついできる内容を
やってしまう

これでは脳に刺激が入りません

子供一人を教えるにも思考錯誤

これも私が温泉宿泊施設を離れての
新しいチャレンジなのですが

いろころと学びや気づきがあります

惹(ひ)きつける

このブログもしかりです

書けば読んでくれると
思うべからずです

私もちょうどブログを書くことに
変な意味で慣れてきました

ついつい惰性で書いてしまう
場合もあります

イケません!

貴重な読み手の時間を頂いていることを
再認識する必要があります

環境が変わった今だからこそ
もう一度、初心に戻り

2020年6月29日(月)の「書こう!」と
思ったあの時の気持ちを忘れず

惹きつける文章を目指し
お伝えして行きますので

これからもどうぞよろしく
お願いします

改めて体感した脳に与える運動の効果

忙しい日中の仕事が
ようやく一区切り

本日は午前中の運動指導と
午後は記者会見

(岩国市運動公園内の体育館にて実施)

今週は週始めから
睡眠不足気味だったので

今朝も現地に向かう車の中
不安は何度もよぎりました

「この重たい頭の状態で
指導や対応はできるのか?」

しかし

あることがキッカケで
無事終了できたのです

1.運動の効果は痩せるよりも脳トレ

午前中の運動指導
始まる前

そして開始直後

頭がボーとしスッキリしない
何となく重たい感じでした

それが開始して30分ぐらい
スクワットやウォーキング

自分でいろいろと参加者の前で
やって見せていると

自分の頭の中が徐々にスッキリ

説明も伝わっている感が
つかめてきて

本日、自己採点ながら
85点以上(^^♪

内容は伝えれた感があります

これは運動のおかげで
頭がスッキリしたおかげです

何度もこのブログで
お伝えしてます

この本  ☟

まさに、この本の内容を
久々に体感

脳を鍛えるにはというより

脳をスッキリさせるには
運動と睡眠しかありません

2.思い出す前職時代のころ

前職時代のことです

週末でヘトヘトとなり
追い打ちをかけるクレーム

さらに上司から
嫌なことを言われたり

ストレスでいっぱい状態の
金曜の退社時

あぁ~早く帰って寝たい


やけ食いでもして
気を紛らわせたい

そう思いながらも

車の中にはトレーニングの
準備は常にあったのです

「行こうか?どうしようか?」

とても運動する気力も体力も
ない状態でしたが

迷いながらもエアロビクスや
水泳など2時間ぐらいこなす

すると不思議な事に
カラダは軽くなり

嫌~なこともスッカリ忘れ

気分爽快でスポーツクラブを
でたことを思い出します

そうなんです

ストレス解消にはお酒や
何よりも

運動なんです

そのことを改めて本日
体感できた次第です

3.脳の為の運動指導

年齢に抗えるのは
筋力と脳です

これはハッキリしてます

また、2030年

一番増えるであろう病気は
うつ病です

これからメンタル疾患は
今後、増える傾向にあり

医療・薬・カウンセリングなど
ではカバーしきれません

もうそうなると
運動しかない!

そう言い切るのです

薬と違って運動は
副作用がありません

また、軽いうつ病には
薬の効果は薄く

圧倒的に運動の方が効果が
あると言います

本日感じたのは

改めて自分は運動を通じて
人に接するのが好きである

このことを実感しました

もう年齢も57歳

最新のトレーニングを
知っているわけでもなく

現役のトレーナーには
かないません

しかし

脳を鍛える運動に関しては
知識を積んできました

もし今後、自分ができる
こととすれば

運動を通じて
健康な脳を育むこと

社会の課題ともいえる
2030年のうつ病問題

これに対し自分ができる
ことがまだまだある

そのように強く感じた
一日だったのです


毎日が初演 日々スタート

本日は祝日、天皇誕生日

休業中もほとんど
職場に出ており

ますます曜日や気がつけば
2月も後半 早いものです

このブログで休むことの
大切さを伝えているものの

ここ2日

深夜にいきなり目が覚める

トイレが近くなったわけでは
ありませんけど

これは一種の過緊張状態
黄色信号でもあります

人には休めといいながら
自分が休んでいない

過緊張状態とはONとOFFが
ハッキリしてない

振返れば、メリハリなく
続けてきてた感はあります

そのつけがたまってか?
朝なかなか起きれず・・・

ここ2日、大きく生活が
崩れてます

体調も悪いわけでもなく
睡眠も充分

となるとあとはONとOFF

そして気持ちをどのように
保つか?

これについて本日は
お伝えします

1.及ばざるは過ぎたるよりまされり

覆水(ふくすい)盆に返らず

お盆からこぼした水は
戻しようがないように

昨日、そして一昨日の事を
悔やんでもしょうがないです

しかし人間

言うは易し

気持ちを切り替えるのは
難しです

人物的には好きでは
ありませんが

歴史上の偉人の訓示は
家に飾ってあります

過ぎてしまったことは
どうしようもならないが

及ばないということは
その気になれば何とでもなる

たった一日や二日
長い人生の中では

ほんのちょっと

小さなことにこだわっては
前に進めません

2.3日坊主も一年繰り返せば120日

好きな言葉です

継続は確かに力になり

それはそうですけど
途絶え途絶えでも継続すれば

そこそこの成果につながる

つまり途絶えても
また再開することが大事

私のようなA型は
完ぺき主義が多く

ちょっとでも思うように
行かないとあきらめがち

毎日がリスタートの日でも
あります

3.毎日が初演

これはディズニー語録というか
園内のキャストの中で言われる

その言葉です

はじめてステージに立つときの
気持ちを忘れずに

そして心地よい緊張感を
日々持ち続ける

そのような意味があります

過度の緊張はいけませんし
ゆるみすぎてもまたしかり

ほどよい緊張感を日々
持つためには、毎日が初演

そして毎日がスタート

過去の延長に今はありますが

今を生きる大切さ
その為にも毎日が初演であり

日々、気持ち新たに
スタートしましょう

金メダルに相当する4位

また、やってくれました

感動以上の勇気を
あたえてくれる

挑戦

女子スノーボード
ビッグエアー

岩渕 麗楽(いわぶち れいら)
選手 二十歳

今回は4位とメダルには
なりませんでしたが

決勝では大技に挑む

惜しくも成功するには
あとわずかでしたが

このチャレンジ精神は圧巻

羽生選手の4回転半への
チャレンジも立派

本日はこの「挑戦」について
お伝えします

1.挑戦の繰り返しの結果

できなことにチャレンジし続け
その結果、オリンピック出場

そして決勝 メダルへ

すべての出場選手が
挑戦の連続で

結果を手にします

チャレンジしなけば
違った結果は望めません

失敗を恐れず
リスクを背負って挑戦する

当たり前のことでしょうけど
改めて気づかされました

2.挑戦することの大きなメリット

そうは言っても自分は
オリンピック、関係ないし

この年齢で競技をする
でもないし・・・

もし、そのように思っているなら

ちょっと待った!!!です

ハッキリ言いますが
ボケますょ

何故なら、毎日できることを
繰り返していたら

脳の刺激にはなりません

もう少し言えば

できることを毎日
繰り返していたら

認知症はなくなりません

挑戦することは頭に
すっごくイイのです

これはどうでしょう

毎日の生活の中での
いろんなシーンで可能です

3.そうは言っても失敗したくない

それは私も同じです

いくら頭にイイと言っても
やはり失敗したくない

ほとんどの方がそうです

では、どうすればいいのか?

これは簡単

考える前に挑戦する
つまり動くということです

思い立ったら即行動
まずは試みてみましょう

4.挑戦することに年齢は関係ない

体力的にオリンピックは
難しくても

気持ちはそうありたいものです

「わしゃ もう年だから・・・」

いえいえ、違いますょ

頭も筋力も年齢には
抗(あらが)うことはできます

さらに
老化は病気だ

そう言い切っている本も
世界でベストセラー

ここまでお伝えしても
まだ年齢のせいにして

挑戦をしませんか??

では誰もが知る
ケンタッキーFCの創業者

カーネル・サンダース

彼の65歳で始めました

つまり

何歳になっても
遅いということはありません

人生100歳時代

まだまだ挑戦し

いつまでも若々しく
ありたい

その為の挑戦でもあるのです

何も足さない 何も引かない

期待されたスキージャンプ団体

期待しただけに
残念な結果です

しかし世界の5位
誇るべき結果です

今大会既に金メダル2個
銀4個、動5個の計11個

(2月14日時点)

2006年の冬のトリノ五輪
メダルは荒川選手の金1個

それに比べればかなりの
大躍進です

ですが、どうしてもメダル
しかもその色にこだわります

充分なハズなのに
何故か欲が出る

本日は私の目指す境地

そういったら大げさですが

でも何かしら役に立つ
心の在り方をお伝えします

1.あの時あの選手が

スキージャンプの団体は
途中からの観戦でしたが

2回目の小林(潤)選手が
もう少し飛んでくれれば

弟の小林陵侑選手は
兄と違ってビッグジャンプ

同じ兄弟なのに何で??

彼らの努力も知らず
責任を押し付ける

そして責める
気持ちまでも

見てる側は勝手なものです

でも何故、全力で戦っている
そんな選手を知らず知らず

責めてしまうのか?

2.期待するから責めてしまう

知らず知らずの間に

メダル目指して
がんばって欲しいが

メダルに届かないと
落胆どころか

責任を押し付ける

その理由はそうです

期待するから

期待は外れると
落胆から他責に転じます

私も振り返れば
過去も今も人を責めます

知っている人
知らない人

ちょっとしたことで
責めてしまい、結局は後悔

自分の中で
一喜一憂(いっきいちゆう)

ある意味自分の中の
永遠のテーマです

3.何も足さず何も引かずの中庸

期待しすぎず

かといっても
全く無関心でもいけません

この塩梅(あんばい)が
大事なのです

車で言えば
ニュートラルな状態

前にも後ろにもどちらにも
進める状態をキープ

自然体という言葉に
置き換えられるでしょうし

ちょっと難しく言うなら

中庸(ちゅうよう)

※片寄らず、過不足なく
調和がとれている状態

儒教の言葉だそうですが
大切な言葉です

そしてかなり昔のCMですが
サントリーの山崎


時代が変わっても
大事なものは伝わります

私の永遠のテーマ

これが少しでもできれば
人間関係楽になりますね


自然体の笑顔が一番

また本日もオリンピックの話

今日注目したのは
カーリング女子

ロコソラーレの面々

(ゲッティー)

いまさら私が語るまでも
ありませんが

彼女たちから学ぶ

大舞台でいかに緊張せず
実力を充分発揮できるか?

これについてお伝えします

1.ありのままの飾らない自分

カーリングという競技

スキル同様、メンタル面も
重要になります

彼女らをみてると
感じるのは自然体

りきみすぎず
抜きすぎず

まさにいい塩梅(あんばい)

大舞台のプレッシャーから
逃れようと

「楽しみます」と無理して
言ってなく自然な言葉

彼女たちの試合に臨む姿こそ
次世代の在り方かもしれません

2.最強の笑顔

笑うことの効果は
数限りないのですが

ここでも言動同様
自然な笑顔なわけです

よ~く作り笑いで
わかるのですが

表情は笑っているようで
実は目は笑ってない

心の底から浮かび上がる
笑顔こそ

あの舞台での
最強の力となる

そう解釈します

3.無理しない 人目を気にせず

ここまでは新聞でも
似たようなことが書かれてます

しかし本日は日曜日

いつも休息について
お伝えしてますが

ここでもお伝えしたいのは

決して背伸びすることなく
自然体であること

そして月曜から金曜まで
面白くないことがあっても

できれば休みの日は
笑顔で過ごす


大舞台ではないので
作り笑いでも充分

すると不思議なもので
何となくいい気分になる

これは事実なのです

面白きこともなき日曜日を
おもしろく

コンディションをつくるのも
また日々のトレーニングです

自然体で笑顔でいれば

間違いなく良い休日が
過ごせるはずです

周りにとっても
プラスなハズです

2人のアスリートに学ぶ いつまでも現役であり続ける為に

惜しくも3大会連続
金メダルを逃した

羽生結弦選手

彼の今後の去就が
注目されてます

個人的には、まだまだ
続けて欲しいと思いながら

彼の背負っていた精神的
そして肉体的な負担は

本人しかわからないですし
それを続けてくれというのも

また複雑な思いが
するものです

さて

アスリートのだれしも
ピークがあり引退がきます

これはスポーツの世界だけで
なく、働く人も誰もそうです

しかし引退など我知らず
未だ現役の2人のアスリート

この2人からの何が必要か?

こちらに触れてみます

1.偉大なるレジェンド

この2人にはもやや
引退の2文字は関係ない

そう誰しも認める
レジェンドの一人が

葛西紀明選手(ゲッティー)

「還暦まで飛び続けたい」

この葛西選手の発言を
どうとるか?

それは人それぞれ

ですが私は心から応援したい
いつもそう思うのです

そしてもう一人は
サッカー界のレジェンド

キングKAZUこと三浦選手

この2人の共通することは
いくつかありますが

三浦選手なら
ワールドカップ出場

葛西選手なら
オリンピック出場

年齢的にといわれても
夢を追い続け

自身のカラダは現役時代と
変わらないベストシェイプ

日々の努力が見られるのですが
何故、彼らは夢を追うのか?

2.屈辱が心のバネに

忘れもしない1988年サッカー
W-CUPのフランス大会

最終選考で発表された
「外れるのはカズ、三浦カズ」

誰しも耳を疑い
社会現象にまでなった事です

一方の葛西選手も
長野五輪で選ばれず

日本は金メダルをとっても
本人にはメダルはなし

自分の所属するチームが
世界の切符を手にし

そしてオリンピックで
最高の栄誉を手にしても

そこには自分がいない

2選手にもしこの
選ばれない屈辱がなければ

今のように現役を続行する
ことはなかったでしょう

(朝日新聞デジタル)

3.痛みは短期的 喜びは長期的

「見返してやる」
その思いは2選手にはあったはず

その思いが今もあるか?どうか?
それはわかりません

しかし「何くそ!」という
悔しさをバネにするのは

悪いことではなく

むしろ行動への瞬発力には
繋がります

しかし、そのモチベーションは
一般的には長続きしません

一方、夢への憧れ

こちらは持久力があり
モチベーションは続きます

この屈辱をバネにし
栄光を目標にする

このかけ合わせが大事でしょう

いつまでも妬んでばかりでも
いけませんし

栄光ばかりを求めると

どこかでスランプや
壁が待っているものです

山あり谷ありの繰り返し

現役であり続け
夢を求めるには

やはりフィジカルありき

カラダを理想の状態に
キープする

その為の日々のトレーニング
これは必須といえます



寝不足をリセットする簡単な方法

ここ数日

夜のオンラインミーティング

又、フェイスブックに
ライブ参加など

適度な緊張や終わった後も
もろもろのやり取りがあり

やや睡眠不足・・・

パソコンのブルーライトが
入眠の障害になる

これはよく聞くことですが
改めて実感してます

さて

寝不足だと仕事の効率に
影響するわけですが

ズルズルと一日が
終わらない為に

頭の中をリセット

その簡単方法を
お伝えします

1.お昼寝こそリセットに最高

寝不足なので単純に言えば
不足分を補えばいいのです

但し理想の睡眠時間を
7時間半とするなら

昨日は4時間しか
寝てないので

3時間半の昼寝で補う

もちろんこれは
あり得ません

個人差はあるでしょうけど
30分前後でイイでしょう

目的は頭の中を
スッキリさせるとですから

2.寝起きが辛い方へ

寝不足だとついつい
もう少し あと5分・・・

それが30分、1時間となり
カラダのリズムが狂う

そんな経験をお持ちの方は
多いのでは?

寝起きが辛い方におススメは
朝起きの習慣です

早起きとは違います

朝でも昼寝でもですが
気がついたら即、動く

朝なら布団から出る
昼寝ならコーヒー1杯


とにかく動くことです

この習慣がカラダにあると
ないとでは違います

目が覚めたら、即動く

おススメの習慣です

3.頭のリセットには運動も有効

昼寝をする時間や場所が
無ければ

運動も頭の中をスッキリ
させるにはおススメです

軽く10分~15分、寒いですが
外を散歩するとか

また、ベランダに出て
深呼吸 外の空気を吸うなど

外気に触れ、軽く体を
動かすだけでも違います

深呼吸

4.睡眠をあなどるなかれ

睡眠を削り仕事をするのが
美徳のような感もありますが

人生の1/3を占める睡眠

ここをうまく使うのことの
大切さはよ~く言われます

しかし、お昼寝を
重要視する風習はまだまだです

ちょっとした睡眠不足が招く
大事故

これが取り返しのつかない事に
なってからでは遅いのです

たった30分のお昼寝で
カラダと頭がリセットできるなら

こんなに安い保険はありませんょ

大きな損出を生まない為にも
コンディションは常にベストに

ただし、睡眠貯蓄は
ありませんので

必ず昼寝が必要という訳では
ありませんので悪しからず

状況に応じてうまく使ってください

震えを越えた、その先にあるもの

立春といえども
まだまだ寒いです

また、休館日で建物内に
人の出入りが無い状況だけに

なおさら寒さも
身に浸みます

無意識に震える理由は
いくつかありますが

本日はそのことと

又、開催中の選手の表情を
含めてお伝えします

1.寒さで震えるのは熱を生むため

寒いと無意識にブルブルと
震える経験は誰しもあります

無意識なのでカラダが勝手に
行う動作ですけど

これは筋肉を勝手に動かし
熱を生むための動作

運動すればエネルギーが
使われ体温が上がります

つまり、活動量が
減っているわけです

震える前に動けば
イイのですけど

言うは易し、行うは難しです

2.恐怖や緊張で震える

恐怖や緊張で足が震える
そんな場合があります

例えばスキーのジャンプ台

私は間違いなく足が
震えるハズです

経験が無かったり
先が予測できなかったり

わからないものや
想像できないものがあれば

人は恐怖や不安を
連想してしまいます

するとカラダの信号として
自然に体に震えが起きます

逃げるか?立ち向かうか?

まぁ~清水の舞台からでは
ありませんけど

肚(はら)を決める
これも一つの方法です

さらに

最高の結果と最悪の状況
そしてその中間

松竹梅の3パターンで考え
どう転んでも良いように

予め頭の中で想定できれば
違うはずです

恐怖症性不安障害という
病名もついてる場合もあります

しかし

往々にして病名つけて
薬で処方のパターン

私はおススメできません

クスリはリスク

できればお金をかけずに
気持ちの持ち方で

何とかしたいものです

3.自分を信じる表情こそ最高

のるか?そるか?

その大勝負の時は誰しも
あるハズです

その真っ只中にいるのが
オリンピックの選手たち

日本チームもメンタルが
だいぶ強くなってきた

そんな風に見受けられます

このメンタルを強くするのは
スポーツの世界だけに限らず

日々の仕事や様々なシーンで
使えるハズです

自分を信じる

誰よりも練習量をこなした
その自分自身を信じる

多分、そのような
肚がすわり

自分を絶対的に
信じている人は顔が違います

選手の顔が凛として
美しい理由でしょう

がんばれ!日本