オリンピック無観客開催に思う

ようやくオリンピックが
はじまります

それにしても無観客

選手はどのように思うか

確かに安全を優先する

わからなくもありません

ですが、プロ野球にしろ
居酒屋にしろ商業施設にしろ

極論すれば人の出入りは
全くあってはいけない

それと同じことなのです

緊急事態宣言下といえど
どうも納得できません

選手の4年間
1年延期になったことを
考えると5年間です

誰の為のオリンピックなのか?

だれが主役なのか?

観客の安全
感染症対策も大事

でも、それ以上に選手の
晴れ舞台であることを
忘れていませんか?

観衆の声援をバックに
自己新記録更新や

ドラマが生まれる

そしてそれを見ている
我々も感動し励まされる

そういうものでしょう

TVで観戦でも感動は
あります

しかし
ライブで見るのと

リアルタイムで
映像配信でみるのと

この違いは思っている以上に
大きいのです


話は変わりますが
以前といっても30年前

東京浅草の演芸ホールに
落語を見に行きました

落語や漫才なんて
全く興味がなかったのですが

生で見る落語

思い切りハマりました

しかし
そうはいってもレンタル
してまで

落語を見るかといえば
そうではありません

ライブで思いっきり
笑ったりすること

自分の内なるものを
発散するような

あの解放感

オリンピックで言えば
感動と興奮

これが今回のオリンピックは
半減

抑え込まれるということです


今は安全優先で
様々なものが
抑え込まれます

どこかで開放しないと
内にこもれば

その本来発散すべきものは
暗躍します

それは体調の不具合
自律神経の不調

そして場合によっては
メンタル疾患へ

内なるものを
解放する場は必要です

同じように
今はリモートワーク

巣ごもり需要が
言われますが

こちらもずっと家に
こもるのは

精神衛生上おススメ
できません

やはり何かを
内なる何かを解放する場は
必要なのです

それが今はというか
ここ一年以上

我々飲食宿泊業

不要不急のサービスと
言われて久しく

そろそろ声を大にして
必要とされていることを

宣言する時なのです

「はめを外す」という
言葉があります

毎回、外しては
いけませんが

自分を思いっきり
開放する

そして心も頭も
空っぽにする

そんな時が必要なのです

当館対岸のパワースポット・大岩にて

無観客の中、世界新記録を樹立する為の想像力

観客を入れるか?いれないか?
その論議ばかり目立つ

オリンピック

一年も待たされ翻弄される
選手達は全くカヤの外

選ばれしアスリートの
4年に一度の晴れ舞台

そのことを有識者の方々には
もっと考えて欲しいです

ここで異論を唱えても
しょうがないのですが

選手は無観客で
世界新記録を

だせるのか?どうか?
非常に気になります

確かに記録よりメダルをとる
ことの方が優先されますが

どんな心境で臨むのか?

オリンピック出場経験のない
私が言うのも変なな話ですが

非常にモチベーションを
高めるのが大変

それは確かだと思います

人って掛け声、例えば
「よいっしょ」とか

「そりゃー」など

声を発することで「力」が
30%増になる

これは確かなことです

ですが
呼べど叫べど観客はなし

音楽に例えるなら
誰もいない会場で演奏する

これと同じことです

つまり
張り合いがない

そういうことなのです

私自身の場合も
一人で仕事をしてれば

自分に甘くなる
そしてダレる

ですが、周囲がいることで
いい意味で緊張が保てます

スポーツも仕事も
環境って大事なのです

では、この度のオリンピック
力を充分に発するのは難しい

その選手たちから大会新
世界新は出るのでしょうか?

答えはどうかといえば

これは出ます

間違いなく

トレーニングにしろ食事や
メンタルのサポート

これらが確実に進歩している
からです

ですが選手の為には
ぜひ観客を入れて欲しい

やはりそう思うのです

この度の様な状況で新記録を
樹立する選手

モチベーションや集中力が
非常に高いといえます

そのノウハウを知りたい
ところですが

それに近い方法というか
ヒントを

誰もが知るあの方が
言われてました

ジャパネットたかたの
創業者

高田明氏

あの独特の口調は誰もが
知るところですが

彼はいつもカメラの先の
お茶の間の方に向け
話しかける

ときに固有名詞で呼んだり

その方の反応を感じながら
話を進めるとのこと

凄まじい想像力です

これは無観客の会場で
競技をする選手

そして我々、読んでるのか?
読まれてないのか?

日々ブログを書き続ける者に
大いに参考になります

どこまでリアルに想像できるか?

アスリートでは
ありませんが

ビジネスブログの
アスリート目指し

高田明氏のメソッド
さっそく本日から実践です



農ケーションより脳ケーション

先日ホカンスについて
お伝えしました

本日は農ケーション

もうお分かりですね

農業+バケーション

新たなビジネスやサービスが
目立ち始めています

長野県須坂市での実証実験

朝の1時間農作業をしたら
あとの時間はリモートワーク

あれ?
農業+リモートワークでは??

そう思いますが
バケーションは地元の宿泊施設

そこで仕事と温泉です

参考になる取り組みです

私も以前に素人農業で
酒米を作った経験があり

農業ってホント大変だなぁ~
いろんな意味で感じました

特に収穫時は猫の手も
借りたい

その猫の手でなく
人の手をちょっと借りる

なかなか面白い
アイディアですが

私は今は農業はやってません

でも農ケーションには
興味はあります

そして私が提案する
農ケーションは

農→脳

つまり脳ケーション

頭を休めるということです

詳しくは茂木健一郎さんの
「脳をつかった休息術」

この著書の中で
「ぼ~」としていることの
大切さを述べられてます

仕事中に、ぼ~とするのは
おススメできませんが

休みの日に、ぼ~とするのは
おススメです

人間の脳は5~10%しか
使ってないといわれても

年々増え続ける情報で
いつも働き続けてる状態

金属でも疲労するので
脳はなおさら

ですから積極的に
頭のスイッチをオフにする

その必要があるのです

それもできれば
一人で何も考えず

人と交わらずに「ぼ~」っと

今まで私の健康啓蒙は
どちらかといえば

フィジカルの方でした

筋力アップや持久力向上

腰痛・ひざ痛改善や
テーピング
セルフマッサージなど

でもこれからは
フィジカル(肉体)よりも

ブレーン(頭脳)

ここにフォーカスします
まさに脳活です

能力開発もそうですが
それ以上に脳を休めること

これが脳の活性化に
つながります

頭の中を常にベストな状態に
保つためにも

質のいい睡眠

そしてスマフォを手放し
情報をいったん遮断

30分でもいいので
「ぼ~」としてみる

完全に頭のスイッチを
切った状態

これが脳の休息術

それにふさわしい環境が
当館にはあるのです


せっかくの休日ですが
頭も完全OFFにして

明日からに備えましょう!