ソーシャル・ディスタンスとコミュニケーションの距離

本日は雨も上がり
ウォーキング教室を
盛況のうちに終えることが
できました

しかしながら、今回は
新型コロナ感染予防の為

とにかく、密になるのを
避け、距離をとっての実施

広いアリーナで
マイクを持って話すものの

後ろの人と私の距離は
約20メートルの遠距離

通常のグループレッスンは
だいたい半径2~3㍍以内

はるかに越えてます(・´ω`・)

さらに、たまに上空を飛ぶ
戦闘機の騒音

マイクを使っても
声が届かなかい・・・

だだ、これらの感想は
充実したドーム・アリーナや
ロケーションに富む遊歩道など

恵まれた環境があるがゆえ
私の中での「よりイイものを」と
思う気持ちからの贅沢なのです

それにしても貴重な経験を
させてもらいました

そして運動指導は楽しい

多分、本日は参加者よりも
私の方が楽しかったかもです

さて、後半の屋外実技ですが
片道約1.5㌔を歩きました

往路はきちんと
ソーシャルディスタンスが
保てても

帰りの復路は、会話のしやすい
距離となってしまいます

皆さんマスクは
しているのですが・・・

コミュニケーションに1.8㍍の
ソーシャルディスタンスは厳しい

人と話すには
それなりの距離間が
大事です

離れすぎず、そして近すぎず
なのです

新しい生活様式ならぬ
運動時の対人距離も変化が
ありそうです

そしてさらに
春先のような外出を控え
家にこもる状況になると

今後、ますます
コミュニケーション不足が
危惧されます

リモートが発達し
オンラインでの
コミュニケーションも
とれますが

やはり、運動指導は
フェイスtoフェイス

相手の表情を見て感じ
こちらの引き出しの内容を
変えていく

これは、サービス業での
接客接遇も同じ

相手から感じるモノが
なければ、こちらは間違った
サービスをしてしまう

それでは押しつけです

コミュニケーションは
双方向

よく言う互いの会話の
キャッチボール

新型コロナ下のこのご時世

オフラインの新しい
コミュニケーションが
求められます

あぁ~ それにしても
本日は楽しかった!

今夜はぐっすり寝れそうです

健康運動指導士
吉本辰夫
齢56にして
初のウォーキング教室でした



脳を鍛えるには運動しかない

いよいよ、20日(金)に
岩国市由宇町で
ウォーキング教室です

やはり、運動指導は
ワクワクします

まっ、一ヶ月に一回
あるかないかの運動指導
ですけど

やっぱり健康増進に
携わりたいのでしょう

ところが今週の
金曜日の天気

な、なんと「雨」の予報

残念、中止か・・・・
と思いきや

そこは岩国市が誇る
大型ドームアリーナなので
雨天でも心配なしです

とはいっても
やはりウォーキングは屋外で!

この時期ならではの爽快感も
味わっていただきたいとも
思う訳です

そんなこんなで
天候に関わらず

様々な人に参加して頂く
以上は、それなりに何かを
得て頂きたいのです

私が運動指導で大切に
していること

それは「楽しさ」です

楽しくなければ運動で
ありません

例えば1/100秒を競ったり
結果にこだわる
プロの世界ならまだしも

市民レベルなら
「結果」よりも「継続」

継続する為には楽しさが
必要です

結果がでるまでに挫折する人が
どれほど多いことか?

運動指導は結果よりも継続する
キッカケづくりが大事

これが私の持論でしたが

今回の運動指導
雨天の場合は実技30分で
とのこと

この短い時間で
運動の楽しさを伝えるのは
結構、至難・・・

運動というのは継続して
その効果が得られるというモノ

たった一回、30分程度では
如何なものか

ダイエットにしろ短期間では
結果どころか
リバウンドというおつりまで

運動っていうのは継続しないと
結果がでないのだが・・・

しかし、ご安心下さい
最近は運動こそが脳を
鍛えるには最適とのこと

精神科医も薬と同等か
それ以上の効果もあると
言ってます

運動に楽しさは大前提

加えて、たとえ一回の
短時間でも

やれば効果があると
記されてました

①集中力が高まる
②メンタルが整う
③ストレスに強くなる

運動する事で筋力だけでなく
脳も年齢に抗(あらが)う
事ができるのです

ただ、人って欲張りなもので
より効果が得られる
効率的な方法を望むものです

・無理なく
・楽して
・簡単に

誰もが思うところです

ネットにしろ雑誌にしろ
様々な情報が溢れてます

もし、正しい運動指導を
受けたいなら

お近くに専門家はいるはずです

忙しい毎日を送っている方こそ
我流のトレーニングよりは
専門の方のトレーニング指導を
受けてみる事をおススメします


温泉ホテルの支配人と運動指導の2足のわらじ

11月20日にカープの
2軍球場のある由宇町で

ウォーキング教室が
開催されます

日頃は温泉ホテルの
支配人ですが

前職は
スポーツクラブ産業に従事

温泉宿泊業 15年
運動指導歴 18年

まだまだ前職の方が長く
運動指導に声がかかるのは
嬉しいことです

昨年度も講師の依頼を
受けてましたが

新型コロナの影響で
ことごとく中止

しかしながら、こうやって
声がかかるということは

嬉しくもあり
少しずつ以前のように
戻っているような気がします

というわけで、本日は下見を兼ねて
岩国市由宇町のドームアリーナ

由宇文化スポーツセンターへ
行ってきました

前々から車で傍を通ったり
飛行機からでもよく見える建物

施設の中も広々としたアリーナ
そしてトレーニング室や会議室

スポーツと文化が交わるには
充分な施設でした

そして、この恵まれた環境で
運動指導ができるのは
やはり嬉しい

日頃、山間の温泉にいるせいか
海を間近くに見ると気持ちがイイ

充分すぎる条件を頂き、岩国市の
保健センターの方には感謝デス

繰返しますけど
本業は温泉の支配人

今回の運動指導は副業のように
捉われるでしょうけど

運動指導も本業の一つ

知識やスキルは第一線で
活躍している人には
勝りませんけど

長年多くの人と交わってきた
何て言ったらいいのか

間合いのようなモノは
まだまだ健在
落ちぶれてません(ヨッシ!)

楽しませてこそ
参加の意義を感じて頂ける

楽しいから運動を継続できる

小難しい理論よりも
楽しさが運動の醍醐味

この「楽しさ」が市民スポーツの
ツボとコツなのです

「おい、本業は大丈夫なのか?」
そんな感じで言われそうですが

大丈夫です

2足のわらじは
二兎追うものに在らず

わらじというモノは2足履いて
始めてその役をなすのです

運動指導が自分から無くなれば
片手落ちの支配人です

やはり、人の健康づくりに
携わっていることが
自身の天職なのでしょう

トラブル発生 そんな時の対処法

当館も40年目

人のカラダも40歳過ぎると
どこかしらに不都合がちらほら

施設も前触れもなく
トラブルが発生します

さて、本日は施設の
故障個所の対応に
早朝から職場へ

いざ、現場に着くと案の定
水浸し・・・・

水漏れの処置が済んだら
あれやこれやと試します

復旧のきざしがないので
気持ちを入れ替える為
作業服へ着替え、再チャレンジ

思い当たる箇所をいろいろと
開けたり締めたりと
約2時間

結果から言うと
なんとかなりました

押してもダメなら、引いてみなと
いう言葉があります

今回は、開けても締めてもダメで
少し待ってみました

その様子を見た間が良かったのか?
専門ではないのでわかりません

しかし
直らないモノはないと思えば
何とかなる

何とかなると思えば
本当になんとかなる

同じように、字は違えども
治るもの 治らないもの

例えば、病気、ケガ、心労など

私は医者ではありませんけど
温泉利用指導者

いわゆる
温泉地のトレーナーです

温熱療法や運動療法
そして自然療法など

いわゆる代替療法は
当館で試せることです

運動がダメなら、温泉で
温泉がダメなら自然にゆだねる

何かのキッカケで
健康を損ねた方

そして
これからの高齢化社会や
人生100歳時代に向け

何か当館でもできることが
あると感じてます

しかしながら
我々は治すが本業ではなく

その先の喜びを感じてもらう事が
私たちが目指すところ

おいしい料理を食べ幸せを
感じる人もいれば

おいしい空気と澄んだ清流をみて
幸せを感じる人もいます

当館は間違いなく後者

多くの観光旅館にある
着物を着て三つ指ついての

「いらっしゃいませ」の
おもてなしはありません

しかし、困ったことには
本気で向き合います

私自身
機械のトラブルよりも
カラダのトラブルの方が
得意なのですから

場所が変われば宝物

もうすぐ10月 秋本番です

読書の秋
食欲の秋、味覚の秋

過ごしやすい季節となり
一年を通じていい時期です

当館から車で20分程
観光農園で有名な場所

須金(すがね)フルーツランド
あります

梨やブドウ狩りに訪れる人で
週末は賑わいます

台湾や香港では
果物は一番高価な
お土産のようです

言葉は大げさですが
宝物のようなモノです

大事なモノを親しい人に
差し上げる

思えば自分にとって
大切なもの

大事なものとは?何か?と
考えてみると

どうしてもモノ(物質)を
考えてしまいます


家族など

又、時間やお金と言う人も
いるでしょう

私も同じです

では、一番といえば何か
それはやっぱり「健康」です

今まで、当たり前に
思っていただけに

この度、風邪をこじらし
(現在は全快です)
改めてその有り難さを実感

自身の健康が一番の宝物です

これがあれば人の健康も
守ってあげられる

温泉を通じて
豊かな自然環境を通じ

さらに前職も含めれば
31年間で延べ1301人の
健康づくりに関わってきた事実

これからも自分の宝に
感謝し、そして磨き

温泉を通じた健康づくりを
もっともっと形にして行きます



体調の変化がわかる数字

おかげさまで風邪も
大分回復です

失ってわかる健康

忘れていたものを思い出す
いいキッカケとなりました

さて本題

皆さんで毎日継続していることって
ありますか?

例えば
・歯磨き
・入浴
・一日3食 などでしょうけど

毎日、意識している数字って
ありますか

どうでしょう?

・体重
・血圧
・フェイスブックの「イイネ」の数

人によりいろいろですね

この度、私自身忘れていた数字が
ありました

それは風邪を引く前に
必ず数値が上る

血糖値×

ではなくて
脈拍数です

だいたい平均して
一分間に60~80拍と
言われてます

運動をしている人は
スポーツ心臓と言って
普通の人より低い場合が多いです

私も平均すると一分間に53~55拍

それが体調を崩したり
風邪を引く前触れとして

脈拍はプラス10~20拍
ぐらい上がります

(過去に風邪を引いた時は
90拍/分もありました)

さすがに
今回は見落としてました

日々、自分のカラダの具合は
自身の感覚でもわかります

例えば
・食事が美味しくない
・朝、起きられない
・疲れが抜けきらない
・コーヒーが美味しくない など

しかし今回はこれらの
感覚がなかっただけに

やはり、日々の数字は大切です

自分の脈拍の変異はカラダがどれだけ
ストレスにさらされているかが
わかります

ストレス耐性とも言えます
平常より高い場合は要注意です

そして数字と言えば
○家計
○会社の売上収支 など

これらの数字も家庭や会社の健康状態を
示す数値

忘れず日々、チェックをしなければいけませんね

ローマは一日して成らず
健全な心身も一日でならずです
もちろん薬でも ですね

デジタルデトックスのできる場所

スマフォを見れば
いきなり目に入る

女優 竹内結子さんの訃報

朝、スマートフォンで着信を
確認しようと思いきや

やはり気になって竹内さんの
ニュースを見てしまいます

芸能や政治経済
社会情勢やスポーツ

ホント様々な情報が
日々あふれかえってます

好むと好まざるをかかわらず

便利さと引き換えに私たちに
様々な情報が送りつけられます

普段の隙間時間に何げなく
手にするスマフォ

便利ですが
その弊害もあるようです

さて
デジタルデトックスと
いう言葉があります

必要なもの以外の情報も
一方的に受けるデジタル端末

そのスマフォやPCなどを手放し
情報の断捨離をしてみませんか
という内容です

例えば情報化の波に
もまれながら生きる我々と

アフリカの大草原に生きる
原住民

両者を比べた場合どちらが
悩みが多いでしょうか

これは都会に住む人と
田舎に住む人とでも
ほぼ、同じことが言えます

私たちは便利さと引き換えに
様々な情報を刷り込まれ

その影響で不安になったり
悩んだりするのです

だったら
その根源の情報を一旦手放し

頭と心のリセットをする

その場所は、都市部より田舎
できれば静かな場所が
おススメです

スマフォを手放させば
時間が経つのも忘れ

時間に縛られた生き方からも
解放されます

さて、そんなぴったりな場所が
当館周辺にいくつかあります

しかし、近くても遠くても
なかなか行くキッカケが
少ないのが現状でしょう

行きたい
だけれども行けない

デジタルデトックスは
わかっていてもできない

そんなあなたにおススメの場所

それは自宅のお風呂です

独りになれるし
静かな環境

一日のたまった悩みや不安を
洗い流す場所

日本人ならシャワーでなく
やはりお風呂文化

デジタルデトックスのできる
場所として一押です


良いと言っても、何事もほどほどが肝心

この度、自身が体調を崩して
改めてわかったこと

昨日の続編のようですけど
お付き合い下さい

そして
本日は結論から言います

それは

いい環境にず~といると
どうなるか?

それは精神的ストレスを
受ける場合があるのです

以外かもしれませんが
私は経験があります

以前、とあるテーマパークへ
出向してました

そこは、安くて大人数収容できる
従業員食堂「Sカフェ」や

日本で一番売れるコンビニがあり

従業員の宿泊場所は
カプセルホテル並みの機能が完備

週に一回の泊りでしたが
とても満足がいくものでした

しかし
満足ではあるのですが、
一泊して帰路につく時

敷地内から出ると
解放されたような
ホッとした感があったのです

至れり尽くせりなのにです

なぜでしょうか?

例えば星野リゾートが運営する

「星のや」

来年の2月以降でないと予約が
取れないと聞きます

では今年の10月~来年の1月まで
ず~と「星のや」で暮らしたら
どうでしょうか

家にも帰らず、仕事も忘れて・・・

憧れるかもしれませんが
多分ストレスはあるハズです

私の知合いで旅行好きの方がいます

「旅は心のビタミン」と言ってます
確かに旅は忙しい日常に
潤いを与えます

しかしたまの潤いとであるから
イイのでしょう

また美味しいフランス料理も
毎日食べても同じこと

栄養過多で不調を来すはずです

いい!と思ったものも
当たり前となって
やがてストレスとなります

これは森林浴や日光浴
そして温泉入浴にもいえます

何ごとも、ほどほどが大事

度が過ぎると不調をきたすのです


旅は心に栄養を与えます

しかしそれはあくまで
ONとOFFの関係

ず~と、スイッチがONの
状態でもいけないし

またず~とOFFでも
いけません

ちなみに
年中仕事モードでONの人は
糖尿やガンや高血圧

逆にOFFが続く人は
花粉症やアレルギー疾患に
なりやすいようです

カラダは正直

忙しすぎてもいけないし
ヒマすぎてもいけません

そして

たまには静かに自分の
カラダの声を聞いてみるも
いいでしょうね

場所は一人の時間が持てる
自宅のお風呂がおススメです

失ってわかるモノ、気づく事 

どうも体調不良
ホント珍しいです

自身の体調をネタにするには
訳があります

まぁ~ 我々世代と
それ以上の方には
御存じの育毛剤カロヤンのCM

今思っても、秀逸なコピーで
記憶から離れることはありません

ただ、このCMは育毛剤ですが
なにも髪に限ったことだとは
思いません

人が大切にするものの一つ

「健康」

これにも
当てはままります

例えば
「抜け始めてわかる
髪は長~い友達」

これを健康や体調に
置き換えるなら

「失ってわかる健康とは
水や空気のような大切な存在」

健康とは
あるのが当たり前のように
捉えがちです

しかし
その当たり前がもしなくなったら
あるはずの水や空気が無くなったら

大げさかもしれませんが
そんなことです

カラダに無理をきたせば
その症状は信号となって
表れます

黄色信号ならまだまし
赤信号なら危険状態でしょう

思うに今回、体調崩した原因は

・食生活の不規則
・睡眠不足

この2つが挙げられます

いい勉強をしました

忙しい時こそ、自分のカラダの声を
しっかりと聞く

忘れがちですが
大切なことです

そして今回は何度か?注意信号は
出ていたハズですなのです

さらに体調不良の原因を
加えるならもう一つ

・部屋や机の上の乱れ

つまり、整理整頓ができて
いなかったのも
大きな原因の一つでしょう

何事も失ってわかる

それと同時に
日頃当たり前であることを
有り難く思える

自らのカラダが気づきを
与えてくれました

崩した健康は、なかなか一日では
取り戻せないものです

皆さんも季節の変わり目
おカラダどうぞお大事に

断捨離(だんしゃり)って見えるモノだけでしょうか?

多分、ご存知でしょうが

「断捨離(だんしゃり)」

今さらながらかもしれませんが

断…入ってくるもの断つ
捨…いらないモノを捨てる
離…モノへの執着から離れられる
      (ウィキペディアより)

なるのど

しかしながらわかっていても
なかなかできない場合が多いです

さらに
断捨離には様々な本が出ています

多分、ご存知の方が多いのは
近藤麻理恵さんの著書でしょうか

モノを手に取った場合
「ときめかないモノ以外は捨てなさい」

あの有名な言葉のベストセラー本です

さて
断捨離と言うとモノを捨てる

例えば
職場のデスクの上や事務所内

家で言えば使ってない雑貨や
衣類などなど

一般的にはモノのことを
言っていると思います

しかしながら私が思うに
断捨離は物質的なものだけでなく

カラダ 心にも当てはまると
思います

カラダ…余分な脂肪を捨てる
心…ネガティブな感情や不安感など

そして今私がもっとも注目するのが
「頭の中の断捨離」です

頭の中の断捨離って心の断捨離と
同じでは??と思われるはずです

いいえ、ちょっと違います

心の断捨離は感情や
価値観を言ってるのに対し

私が思う「頭の断捨離」とは
例えば認知症の原因となる

アミロイドβタンパク質

こちらを除去できれば
どうでしょう

確かに、頭をよくするため

ギンコライドや
セントジョーンズワートなど
聞いたことがあります

これらは、痴呆防止やうつ病に
よいとされてますが
試したことはありません

そんな中、私が注目したのが
ファスティング(断食)です

何故

これは先ほども述べたように
断食により脳の余分な脂肪や
タンパク質が燃えるとのこと

ここまでだったら
「ふぅ~ん」で終わりです

何故、勧めるか
そして自身でも実践するか

それは
有名な経営者である孫正義氏や
スティーブ・ジョブズ氏

彼らも行っていたという
ことなのです

「レベルが違い過ぎるよ」と
言われますがいいんです

私たち経営者は
常に頭を使ってます

以前からもし、この頭が
日々スッキリした状態で

最高のパフォーマンスを
発揮するなら・・・・・

常にそう思ってました

そんな時にカリスマ経営者の
ファスティングの話を聞き

「よっし!」と思ったものです

また
人間の頭はコンピューターの
3万倍の力が眠っていると

いわゆる潜在意識のことです

この3万倍いやそこまででなくとも
今の10倍でも使えれば
ありがたい

しかし問題はありました

それは
「ファスティングのやり方が
わからない・・・」ことでした

しかしこの度
従来のモノとは違った

丸3日間、水と酵素ジュースの
ファスティングでなく

週7日の中で2日間
連続2日でなくて大丈夫

例えば火曜と金曜でも
OKなのです

そして、ファスティング中は
コーヒーもOK



青汁や炭酸(ともに無糖)も
大丈夫なのです

さらに、酵素ジュースの代わりに
専用のスムージーを飲むことで
筋肉量も落ちません

このようなファスティングを
専門の講師や腸活の先生をお招きし
体験イベントを開催します

このブログを書いている8月25日(火)
本日もファスティング中です

今回で3回目

家内は食事の準備がなく楽だとは
口には出しませんがそのようです

そして当人の私ですが
今朝は4時起きですが

眠くなりません

正しいやり方さえおぼえれば
脳のパフォーマンスを最大に
上げるファスティング

頭をつかう職業の方にも
ぜひ、おススメ致します