現代人の腸をいたわる乳酸菌

本日、七草がゆ

年末年始の食べ過ぎを
いたわる意味で

胃腸を休める

とくに腸は第二の脳と
言われる程の大事な臓器

休めるだけでなく
本日は腸について考える

そんな内容でお伝えします

1.何故、腸は第二の脳か?

緊張しすぎてお腹が
痛くなったり

そんな経験はありませんか?

腸は脳の次に神経細胞が多く
集まり

それゆえ脳で感じたストレスが
お腹(腸)に反映され

また腸の不調は脳にも反映され
密接な関係にあります
(腸脳相関)

お腹の調子を整えることが

脳のコンディションを
よくすることに繋がります

2.腸の悪玉菌が増えると

腸内フローラと言って
腸の中が花畑のように

いろんな菌が
生息してます

その中にはカラダにとって
好都合な菌もいれば

逆に悪さをする菌
いわゆる悪玉菌もいます

これらが増えると

・便秘
・花粉症
・風邪をひきやすい
・アレルギー疾患
・肌荒れ
・疲れやすい

どれか該当することは
ないでしょうか?

ではどうすれば??

3.善玉菌を増やしましょう

腸の中の善玉菌が増えれば
便秘や肌荒れ、花粉症など

解消に向かうはずです

では、どうやって??

乳酸菌やビフィズス菌を
意識して摂りましょう

そうすることで
悪玉菌<善玉菌

消化吸収がよくなるばかりか
元気はつらつ

そして何よりも
免疫力が高まります

4.どんな乳酸菌がいいか

これは覚えて下さい

・EF-2001

・エンテロコッカス
 フェリカス

この名前が入った
例えばヨーグルトなど

これらを選びましょう

5.最高品質の乳酸菌を飲んでみて(体験談)

ハッキリ言います

腸が大事なのは
わかってましたが

何をどうしていいのか
わからず、そのまま

しかしこの度

世界最高品質の乳酸菌を
3日間、朝晩と飲み続け

その結果

・疲れにくい
・快便
・日中、眠くならない

このような感じです

私が愛飲する
完全無欠の乳酸菌

商品名
H&JIN(エイチジン)

世の中にはホント凄い
サプリがあるもんです

購入は下記のサイトから
できます

オプティマルサプリ

健康な人って何色?

今日は一月六日で
1・6つまり色の日

365日、ホントいろんな日が
あります

なので本日は色と健康

この2つをかけ合わせた
話題をお伝えします

1.運動強度はピンク、赤、青

信号に似た感じですが

運動強度は
ピンクです

心拍数などで強度を
測るのが一般的ですが

気を付けなければ
いけないのが

降圧剤服用者
(血圧を下げる薬)

なかなか心拍数(脈拍)には
反映されにくく

そうなると顔の色が
頼りです

ピンク;ちょうどいい強度

赤;強度が高い(強度を下げる)

青;危険(即、中止)

但し、一人で運動するときは
鏡を見ながらはできないので

会話ができるか?どうか?

ここを目安にしましょう

2.ビタミンB2はオシッコが黄色に

2022年になって栄養や
サプリの話に触れてます

新3大栄養素として

ビタミンD、マグネシウム
そして亜鉛はお伝えしました

また、疲れにくい体質や
疲労回復には

ビタミンB1やB2が大事

特にB1は糖質の代謝に必須

又、B2は脂肪の代謝です

で、摂りすぎるというか
充分な量がたりてると

オシッコが鮮やかな黄色に

これは取り過ぎというよりか
充分であることの証

とかくB1やB2は足りない
場合が多いです

意識して摂るように
トイレでその判定がでます

3.心模様ばかりは人それぞれ

心模様という言葉が
あるように

心(気持ち)にも色があると
言えます

例えばバラの花

赤い色ですが、同じ赤でも
その濃淡は人それぞれ

大恋愛をしたり
情熱的な人は

燃えるような真っ赤に見え

また落ち込んだりしてる場合は
淡くうすい赤に見えるはずです

その色具合もまさに人それぞれ

それだけ人の心というものは
数値化できません

4.色をうまく使う

よく商談や大事な会議の席に
赤のネクタイをしめる

パワー オブ レッド

赤い色は情熱に
もつながります

一方、冷静さを保つには
青 ブルーです

そのほか黄色などは
アドレナリンの分泌を促すので

ダイエットや食欲を抑えたり
するには好ましい色です

色を味方につけましょう

そして色に溺れないよう
しっかりと色をコントロール

色気で散財したりする話は
たまに耳にすることです

ピンクは頬(ほお)の色が
健康な証拠

ピンク(風俗系)には
理性でブレーキですね(^^;


疲れ知らずのカラダをつくるには

仕事が始まったものの
やたら週末までを長く感じる

特に年末年始の休み明け

なかなか仕事モードに
スイッチが入らない

そんな方もいらっしゃるのでは
とお察しします

疲れた時にはエナジードリンク
(リポビタンDやレッドブル)

また温泉やマッサージなど

疲れ(疲労)回復の手段は
いくつかあります

しかし

これはどちらかと言えば
対処療法的なもの

できれば予防的というか
疲れないカラダを手に入れたい

少しでもストレスフリーな
身体を手に入れましょう

1.ビタミンB群の中でも大事なモノ

疲れてからエナジードリンクを
飲むのではなく

日ごろからいい状態にカラダを
保っておきましょう

ちなみに欠乏すると
疲れやすくなるビタミンは

ビタミンB1が代表的

ちなみにそれらを
多く含む食べ物といえば

豚肉 赤身肉 ナッツ 大豆
ほうれん草 カリフラワー


これらが挙げられます

2.単体ビタミンではなくバランスよく

ビタミンB1だけをとれば
疲れにくいカラダ!?

そんな簡単に人間のカラダは
できてません

ビタミンB1+B6+B12
そして葉酸

これらをセットで摂ることが
大事です

となると頭の中で覚えるより
サプリで補う

そのようになってしまいます

3.薬とサプリは別物です

サプリでも同じように
カプセルに入ってたりだと

薬のように効くのか?
そう思いがちです

前回もお伝えしましたが
栄養補助食品

野菜や魚、肉や卵などから
必要な栄養を摂る

まず、これが大前提で
そのうえでサプリで補う

薬は症状を緩和したり
抑え込んだりなど

薬を飲んで治すと
言いますが

正しくは薬で痛みや症状を
緩和し

時間とともに回復をみる

これが正解です

4.サプリも薬も頼り過ぎない

過信しすぎないことです

まずは、生活習慣を見直し

・適度な運動
・バランスのいい食事
・充分な睡眠

当たり前のことが大事です

ですが、驚かすようなことや
へぇ~といった新常識

こちらを伝えた方が
モノは売れます

なので、疲れないカラダ

そして医者いらずのカラダを
手に入れるのは

もう一度言いますが

・適度な運動 
・バランスのいい食事
・充分な睡眠

この3つがベースです

つまり

つまんない当たり前のことを
日々コツコツと行う

この日々のブログ同様

健康や理想の姿は
一日や短期間で

手に入るものでは
ないのです

飽食の時代に必要な2つのこと

お正月の貯金

といっても充分に食べたので
いまだお腹が空かないという

つまり

腹持ちをしているといった
食べ物でお腹が満たされてる

決してお金で満たされた
ましてやお年玉と言った

そのようなたぐいでは
ありませんので

あしからずです

お金もそうだし、年末年始で
身体に貯め込んだのもですが

使っていけば減って行きます

しかし本日は
いくらとっても増えないもの

とるを摂るにすれば
わかりやすいですけど

その話についてお伝えします

1.野菜をいくらとっても栄養は??

野菜をたくさん
食べたからと言って

たくさん栄養を摂取でき
健康とは言い切れません

野菜を摂ってもムダという
わけではありません

我々が生まれる前
つまり50年以上も前に比べ

野菜の栄養価が落ちてます

ちなみに

にんじんのビタミンA
 4,050㎍⇒720㎍
 (83%減少)

ほうれん草のビタミンC
 150mg⇒35㎎
 (77%減少)

なので野菜をたくさん
食べてるから大丈夫

そうは言い難いのです

2.栄養価の減少は野菜のつくり方が原因

スーパーには形のいい
野菜が並びます

品種改良やかけ合わせにより
大量生産を目的とした

いわゆるF1種

その一方昔ながらの
固定種と呼ばれる

不揃いな野菜

もともとの種も違えば
土も有機肥料から化学肥料へ

土の栄養も少なければ
野菜の栄養も下がるわけです

3.必要となる栄養補助食品

サプリメント
(栄養補助食品)が必要です

しっかり野菜を摂っても

ビタミンやミネラル類の
どれかが不足しがちです

そこはサプリで
補いましょうということで

もちろん、野菜・魚・肉は
しっかり食べて

栄養の専門家でないならば
バランスよく

ビタミンとミネラルを
補充しましょう

4.心にも栄養が必要

カラダにも栄養が
必要なように

心にも栄養が必要なのでは
ないでしょうか?

それは

人との会話だったり
笑顔や癒しなどいろいろです

しかしながら
素早く栄養補給するには

旅が最適

私の知り合いがよく口にする
「旅は心のビタミンとなる」

そうです

この心とカラダの両方に
栄養が必要なわけです

サプリにばかりたよっても

旅行で豪華会席料理を
食べてばかりでも

バランスが大切です
そして両輪なのです

おいしいものが栄養が豊富で
カラダにいいとは限りません

私は管理栄養士でもなければ
食育のプロでもありません

しかし
健康運動指導士

人の健康づくりをお手伝いし

一生涯の健康づくりに
貢献する

その為にも正しく、そして
最新の情報もお伝えします

食べ過ぎてしまった・・・

正月3ヶ日も本日で
終わり

天候にも恵まれ、充実した
お正月を過ごせたと思います

ただ、この時期

お正月太りなど
食べ過ぎてしまう場合も多々

食べすぎ注意の腹八分目は
わかっていても

ついつい、気が付けば

オーバーカロリーの
オーバーウェイト

頑張ってダイエットに
励むのも悪くはありません

しかし
健康面やカラダにきたす
影響を考えると

摂取カロリーを抑えて
消費カロリーを増やす

これだけがカラダに
イイわけではありませんので

本日はお正月に
食べ過ぎてしまった

毎年のことながら
注意はしてたが体重が増えた

ベルトの穴が一つ増えたなど

長期的には体重を減らす

短期的には体内の状態を
良好に保つ

この2つの面をお伝えします

1.痩せる為ではなく、内臓を休ませる

人様はお休みながら
カラダの臓器は休みなし

内臓臓器は人と違い
言葉は発しないものの

その代わりに症状として
カラダにあらわれます

それが体重が増えたり
胃もたれや便秘など

それらの症状を薬でなく

食べる量を減らしたり
食べる回数を少なくして

内臓も休ませて
あげましょう

2.簡単なのは食事を抜く

一番簡単なのは
一食分を抜くことです

消化には4~5時間かかると
言われてます

しかし、最大5時間空ければ
いいのではなく

できれば16時間は
空けましょう

でないと5時間だったら
休んだと思えばまた動かす

朝食をとったと思ったら
又すぐ昼食

寝てる時もカラダは寝てても
内臓は働いている

24時間の中で16時間は
何も(固形物)入れず

休ませましょう

3.健脳なら腸も大切

今まで運動と頭(脳)について
何回かお伝えしました

2022年 今年は第二の脳と
言われる「腸」

これについても
触れていきます

運動で腸内環境を
改善するというよりは

栄養、食事というよりは
サプリなどを使って改善

もちろん薬なんて使わず
栄養補助食品です

腸脳相関
(ちょうのうそうかん)

つまり脳と頭は密接な
関係があり

それゆえ腸は第二の脳とも
言われます

人様と同様
大切な臓器「腸」

まずは休ませてあげましょう

そして腸内環境を良くして

気持ちだけでなく
カラダも

そしてカラダの中も

いいコンディションにして
2022年 走り続けましょう



Z世代より気づきを得る

正月の風物詩
箱根駅伝

優勝校争いに注目が
集まるところですが

気になった選手が一人

中央大学 手島駿選手

彼の走りとその言葉に共感です

1.練習はウソをつかない

走った経験のある方なら
わかると思います

タイムと練習量は
ほぼ正比例です

手島選手は大学1年生の頃は
Cチーム、いわゆる3軍

3年生時に結果が出始め

今のCチームの選手に
かける言葉が

練習はウソをつかない

効率や効果といった
結果に目がいきがちですが

その過程を大切にする
Z世代とは思えない言葉です

2.卒業し競技は引退する

箱根駅伝にでる選手の
実力と言えば

実業団でも充分に
活躍できるレベルです

また市民マラソンレベルなら
たとえ補欠選手でも

まず優勝

それぐらい選手の実力は
並外れてます

しかし彼は卒業とともに
競技は引退

今回は2区で大きく順位を
落としましたが

競技に未練なく次の
ステージへ進む彼

結果よりも私は彼の
生き方に共感するのです

3.走る姿にその人の心があらわれる

私も好きな言葉

その言葉を彼が
思い出させてくれました

前職時代

スイミングクラブながら
駅伝によく参加してました

そんな時、いつも写真を撮って
くれる方がいらっしゃいました

その方曰く

「走っているときの表情は
ウソ偽りのない姿だから」

その走る姿が好きで何枚も
写真におさめられてました

苦しい時も、ゴールした
嬉しい時

そして抜かれて悔しい時

すべて、素のままの表情

ほんと勝ち負けでなく
全力を振り絞る姿には

見るものをして
感動を与える

一生懸命ということは
自分だけでなく

周囲にも影響があるのです

4.オールアウト

つまり全力を出し切ると
いったことです

結果や区間新などの記録に
注目されるとこですが

箱根を走る選手で力を
出し切らない選手などいない

タスキをつないだ後に
倒れこむ

そのシーンが
物語ってます

表情をつくったり
修正しているうちは

まだまだ余力を
残してます

なりふり構わずでは
ありませんが

日一日、力を出し切ったか?

最低でも一日一回は
全力を出し切る

自分との

そしてブログを読んで
くれる方との約束です

はじめるから始まる

新年、明けまして
おめでとございます

本年もブログを書き続け

もとい

伝え続けますので
よろしくお願い致します

さて、本日元旦
如何お過ごしでしょうか?

家でゆっくりされてる方が
多いのではないでしょうか

今年の目標は
決まりましたか?

昨年の抱負は
何だったでしょうか?

何はともあれ
はじめましょう

1.運は動より生ず

私の専門分野でもある
運動

中国の古い占いの本
「易経(えききょう)」

この本に書かれている
言葉です

動けば運が
引き寄せられる

考えこんで悩んでいるより
まず動くこと

今年一年の運勢は動いて
引き寄せましょう

2.上を見る 前を見る

悩んで考えている時は
目線は下がります

しかし

やる気に満ちてくれば

目線は斜め30度程
あがってきます

ほとんどの方が無意識
ですが、そうなります

八方ふさがりという言葉

しかし上はあいているのです

目線を変えれば上を見て
前を見ることが開運です

3.はじめるから始まる

当たり前のこと
禅問答のようですが

全くその通りです

以前、朝起きる時
誰と会話するか?に触れました

人は何かをはじめる時
その結果にフォーカスします

さらに過去の経験から
失敗や不安がよぎり

躊躇(ちゅうちょ)します

この考えるのが
前頭葉の部分

いわゆる朝起きる時の
自分との会話と同じです

ならば、人が持つ考える力

これを最大限に使うには
まず動くこと

始めることです

はじめてみなければ
結果なんてわかりません

バッターボックスに
立つのです

三振を怖れるのでなく
特大ホームランを狙いましょう

ちょうど本日は元旦

年明けからネガティブな人は
ほとんどいないはず

何かをはじめましょう

はじめるからはじまるのです

さぁ~ 2022年
前を見て動き始めましょう

新年おめでとうございます

明けましておめでとうございます

2022年のスタートです

今年一年が皆さんにとって
充実した一年となるよう

当館、当スタッフ一丸となり

温泉を通じた健康増進と
幸せに貢献できるよう

精一杯やってまいります

2022年もどうぞ
宜しくお願いします

令和4年元旦
有限会社 そうづ峡開発
代表取締役 吉本辰夫

ほっと一息できる場所

2021年も終わろうと
しています

いろいろあった年ですが

病気やケガなど
なかったことに感謝

こうして無事過ごせ
年を越せることは

ホント
ありがたいことです

当館は本日12月31日と
正月1日~2日は休みです

久々にゆっくりできるのか
どうなのか?

それはわかりませんが

今、会社にいても
ほとんど電話もかからず

ある意味ほっとした
年末を過ごしてます

本日は健康や温泉
脳と運動ではなく

くつろげるような内容で
お伝えします

1.ほっと一息 コーヒーブレイク

久々に自分で
コーヒーを淹れてみました

とってもコーヒーサーバー
ですけど

しかし、素人の私でも
おいしくできる秘密は

飲める温泉水を使って
淹れるから

この一点だけなのです

水が違うのです

豆や入れる人は
まったく普通

この地下1,000㍍から
自噴する温泉水は

コーヒーと最高に
相性が良く

ほっと一息つける
時間を演出してくれます

2.ほっと一息 我が家がおちつく

コーヒーで言えば有名な
スターバックス

サードプレイスと言って
ファーストが家庭

セカンドが職場
そしてサードがカフェ(スタバ)

とびっきり落ち着く場所

そんな意味が含まれている
ようです

ならば当館は家庭以外の
もう一つのくつろげる場所

サードプレイスでなくて
アナザプレイスでしょう

しかし

当館がくつろげる理由が
もう一つあるのです

3.自然の中がほっと一息できる場所

以前にAWE体験にふれました

大自然にふれると
その雄大さに対し

自分の小ささを感じ
さらに脳が活性化する

大自然にはこのような
効果があるわけです

しかし、
またこここでしかしですが

当館周囲は自然には
恵まれてますが

大自然と呼べるかどうかは
少し??です

むしろ自然との距離が
近いおかげで

木々にふれたり
川に足を入れたり

大自然なら畏敬の
対象かもしれませんが

当館周囲の自然は
親しみの対象

なので、その場にいれば
安心して

気持ちが安らぐのです

4.忘れてました ほっとできる温泉を

付け足しのように
なりましたが

日本人なら温泉
そして旅館の畳でしょう

ここ数年はコロナで
厳しい業界でしたが

このほっとできる場所を
提供する意味でも

温泉と旅館は
くつろげる場所なのです

いろんなことがあった2021年

みなさんにとっては
如何だったでしょうか?

ONとOFF

年末年始は英気を養い

ワクワクする新年を
迎えましょう

ここまでお付き合い頂き
感謝すると同時に

心身ともに健康であることを
心から願ってます

また2022年も
どうぞよろしくお願いします




今年最後の晦日詣で

いよいよ今年もあとわずか

大みそかや初詣で

年末年始のイベントが
続きます

しかし私にとって
忘れてはいけないのが

毎月30日(2月は28日)の
みそか詣で

大晦日はおおみそか
晦日はみそか、または三十日

月初や毎月15日にお詣りする
人の方が多いかもですが

私はこのブログ同様
なんとか続いています

続ければいいことが
あるというよりは

自分との約束です

自分との約束を破らないよう

こうやってブログに
書くのです

本日は短くまとめますので
お付き合いください

1.晦日詣での作法

神社へは二礼二拍手一礼など
作法はあるようですが

晦日詣では

一つ、鳥居に入る前に一礼

一つ、手を洗い清める

一つ、お賽銭箱に300円(またはそれ以上)
   お賽銭を入れること

一つ、お賽銭を入れたあと
   一礼

一つ、大きく深い深呼吸を3回
   心を鎮める

一つ、合掌

一つ、自分の「名前・住所・干支」を
   言う

一つ、お宮の鏡が見える場所なら
   それに映る自分を見る

一つ、鏡がない場合は目を瞑る

一つ、今月起きた、いいことを
   できるだけたくさん思いだす

一つ、それら1つずつに
   「ありがとうございました
   〇〇が起きてとても
   幸せでした」と唱える

一つ、ここで神からのビジョン
   (ありがたいな~という感覚)
   が湧いてくる

一つ、この「感謝の感覚」に
   意識を集中

   感覚を全身に広げること

一つ、最後に「やわたやわた」と
   声に出してつぶやく

一つ、全てが終わったら 一礼

一つ、この感覚に包まれながら
  神社から出て家まで帰る

    

2.苦しい時の神頼みならぬ、自分頼み

はじめたきっかけが
この一冊の本

スピリチュアルな感じですが
言っていることはわかります

はじめたきっかけは

運勢を変えたいとか
ツキを呼びたいとか

そんなことよりも自身の
コンディションを整えたい

そういう気持ちだったと
記憶してます

月に一回、リセットする

その思いで続けてます

3.明日は大晦日 2021年をリセット

反省よりも改善

そして有難いという
感謝の気持ち

それが1日でも15日でも
イイのです

私の場合は30日

ここでリセットして
スタートしてます

さぁ~2022年も始まります

明日は大晦日
いろんなことがあった2021年

心を整え2022年を
迎えましょう