一旦途絶えても、また2022年は再スタートです

箱根駅伝の熱
まだ冷めず…

昨日、夜のスポーツ番組で
箱根の総集編を見て
また一人熱くなりました

トップ争い
シード権をとれるかどうか

襷(たすき)を繋げるか
くり上げスタートになるのか

走り終わった後の表情
監督・選手のコメントなど

ほんと見どころ満載です

でも、一番の見どころは
襷(たすき)がつなげるか
どうか?でしょう

ここにハラハラ・ドキドキ
感情移入をしてしまいます

襷ではありませんが
当館冬の恒例行事

神楽公演も今年は中止…

過去、何度か大雪に
見舞われながら

それでも11年間
毎冬の1月2月の毎週土曜日
実施してきました

しかし寒さは克服できても
この度の新型コロナには
大雪以上のものがありました

12年目にして苦渋の中止

毎年楽しみにしていた方も
このような状況だから
ご理解頂けるとは思います

ただ、この神楽公演
冬の華という
目的だけでなく

地元の優れた伝統芸能を
知ってもらい

地元神楽団がこの先も
継続してもらうよう

少しでも何か
お役立ちできればという
思いでやってました

注)チラシは2020年の昨年のものです

振返れば、2006年秋
サラリーマンだった私は
どうしても神楽が見たく
有給をとり

東京から山口へ神楽を
見る為だけに戻りました

ところが子供の頃は
あれだけ頻繁に
どこの神社でもやっていた
秋の夜神楽が今は
全くやってない…

唖然とする中 たまたま
JR のDCキャンペーンで
広島城の夜神楽があり
一人見に行きました

そして思ったのは
子供の頃当たり前のように
見ていた神楽

30年以上も経てば
ここまで見る機会が
減ったのかということです

私は11年間いつも公演前の
挨拶で言い続けてきました

「広島の人がカープを
応援するように地元の人が
地元神楽を応援して欲しい」

無料だからとか
いつでもみれるからとか

何度も耳にし
耳に入ってきました

しかし無くなって
気づくのでは
遅いのです

優れた地元の伝統芸能は
守り繋いでいくことが
地元観光施設でもある
我々の役目です

地元の2つある神楽団のうち
上沼田(うえぬだ)神楽

一度途絶えながらも地元を思う
若者が中心となって
再び復活したという
稀に見る経緯を持っています

襷(たすき)同様
優れた地元の伝統芸能を
途絶えさせてはいけません

その為にも地元の応援は
欠かせないのです

また新しい年2022年の新春
錦の神楽は復活します

向峠(むかたお)神楽

上沼田(うえぬだ)神楽

この2つの神楽の良さを
私はブログをはじめ
様々な手段で
伝え続けます


雪道が教えてくれた「立ち止まること」への危険

天気が回復し
出社する途中で
いきなり車が立ち往生

トラック2台に乗用車1台
目の前のタクシーも
止まり、引き返しました

天気は晴れてても気温が
上がらなければ路面は凍結

昨年が暖冬だっただけに
今年の冬とのギャップに
驚きます

昨日のブログでも
書きました

雪道の登り坂で走行中に
一旦止まってしまうと

再スタートする場合
滑って全く動かなくなる

いわゆるスタックする
恐れがあります

あの時の私も前の車が止まり
こちらも止まったら

今まで雪の上り坂を
上っていたことが
ウソのように
全く動かなく

進まなければ下がれで
車を平地の駐車スペースへ
下げ

チェーンをまいて
上がった経験があります

もちろん、当時は雪道タイヤ
(スタッドレス)でしたが

標高1,000Mを越える
万座温泉でのこと

温暖な山口
それも海抜100M以下の
ところでは大丈夫だと
本日もなめていました

でもあの時も本日も
一旦止まると動かない…

雪道での急発進
急ハンドル
そして急ブレーキを避け

そしてスキーに行くとき
よく云っていた

四駆・オートマ
スタッドレスタイヤ

いわゆる雪道3種の神器の
大切さ

さらには
冬用タイヤも2年目は
前後ではき替えても
滑りやすいということを
知らされました

本日、あの坂をのぼれてたのは
たまたまで

ホント紙一重のグリップで
上れていたことを痛感です

立ち止まることのリスクは
車以外にも言われますが

ある方が綱渡りを例に
話をされていたことを
思い出します

それは人生は綱渡りと同じ
立止りしゃがみ込むことが
バランスを崩して一番危険

もちろん後戻りもできない

なるほど
わかる気がします

では雪道や綱渡りなどは
どうすれば
いいのでしょうか?

それは前に進むしかなく
また時には引き返すことも
必要でしょう

どちらにしろ
立ち止まることが
一番リスクが高いと
言えます

少しずつでも
歩みを止めない

時にピッチを上げ
またある時はスローダウン
場合によっては
撤退もありです

立ち止まってしまうリスクは
一番避けなければ
いけないことです

そうづ峡温泉の恵まれた
自然環境の中にいなくても

身近な自然から学ぶことも
あることをあらためて
感じた次第です

雪の降る日に思い出す あの日の事

久々の大雪
路面も白ければ
山々も真っ白

たまたま本日、出社時に
家の近くの登り坂で
スリップ

冬用タイヤをはいていても
ちょっと過信してました

皆様も充分に
お気おつけ下さい

これだけ雪が降ると
私には思い出があります

楽しい思い出は記憶に
残れば
その逆もまたしかり

少し苦く
そして辛かった頃の
思い出が3つ程あります

それも場所は3つとも同じ
群馬県は万座温泉での
ことです

一つ目はスキーに行った時
万座高原ホテル前の坂で
車が登らなくなったこと

二つ目も同じくスキーで
一緒に行った職場の仲間が
スノーボーダーと接触事故

三つ目は年度末の3月下旬
仕事を抱え一人万座へ

新年度を迎えるにあたり
どう考えても埋まらない
シフトを必死に考えたこと

この3つが頭の中にある
雪の日の記憶です

その他、スキー場の駐車場で
車の燃料(軽油)を凍結させ
自分だけ延泊したことなど

スキー場は万座以外にも
いろいろいったはずなのに

思い出せば万座温泉の
それもほろ苦いことばかり

しかし、ケガの功名では
ありませんが

一つ目の坂を上がらなく
なったこと

そのことがキッカケで
四駆の車を購入

二つ目の接触事故により
ゲレンデの安全を守る
パトロールを目指そう

そう思うキッカケとなり
(実際は海の
ライフセイバーに)

そして三つ目は
これが何度も話す湯治を
知るキッカケが万座温泉

仕事で煮詰まり一人で
湯の花旅館に泊めてもらい
今でいうワーケーション

そこではじめて温泉地に
長期間滞在する湯治という
ものがあることを知った

そのキッカケをくれたのが
万座温泉でした

思い出せば苦い思い出が
今思い起こすと
何かのキッカケとなってます

改めて万座温泉という場所は
ターニングポイントになった
場所だなぁ~と感じます

まだあの当時は20代後半から
30代前半の時

今は56歳

当時の苦い思い出が
20年以上たった今も
鮮明に残り

多分、これからも頭から
離れず

万座のように雪がふれば
あの当時を
思い出すのでしょう

万座温泉が好きだったから

湯の花旅館で
親切にしてもらったから

それも含め苦い思い出が
苦いだけで終わらず
転機となったのだと感じます

今の厳しい状況も
過ぎてしまえば
イイ思い出になるでしょう

そう思ってますし
そう想像してます

正しいか?間違ってるか?
あの時、何で…と
後悔よりも

あの当時は
わからなかったけど

イヤ~な事も何かを
教えてくれています

ですので
我々飲食に携わる者も
新型コロナの終息を
願いながら

終息後にどうあるべきか?を
今から実行に移す時と
感じるのです


足るを知る大切さ

新型コロナ感染者数
過去最多

GoToトラベル1月12日の
再開も見送り…

寒波により大雪の怖れ

暗くなるような話題が
続きます

明るい話題がありません

わかっていても気持ちは
打ち沈みがちです

これで今年、オリンピックも
延期となった日にはと

どうしても不安な気持ちが
先立ちます

身の回りの入ってくる情報が
ネガティブだと

目に入ってくるものや
考え方までも
悪い方に流されがち

しかしながら
新しい年2021年は
始まったばかり

暗~い情報は
シャットアウトし

明るい情報を
探したいものです

本日たまたま
知ってる方が配信されてる
ユーチューブを見ていたら

「足るを知る」について
触れてました

💻ビジネスマナー
野関(のぜき)由美子

(❣クリックすると
音が出ます)

動画の中で話された
海外の貧困層の少女の話

ゴミ箱から売れそうなモノを
探しそれを売り生計をたてる

そんな内容です

その続きとして
幼い少女にレポーターが
質問を投げかけたそうです

レポーター
「あたなの夢は何ですか?」

少女
「ホットドックを
食べてみたい…」

衝撃というか何というか
どれだけ私は
そして私たちは
恵まれているのだろうか

無いもの探しをやめ
今あるものに感謝する

わかってはいても
忘れていた事に気づかせて
頂きました

今あるモノとは何か

健康であり 家族であり
仲間であり 仕事であり

家がある 車がある
食事がある 時間がある
本がある ネットが使える

書ききれないぐらいの
あることが出てきます

頭で考えると数は
少ないですが

書いていくと
ホントたくさんでてきます

目の前の現実は厳しくても
私より大変な思いを
されている方は

私の想像以上に全世界には
たくさんおられるし

また、その苦難・困難を
乗り越えられた方も
たくさんといらっしゃいます

「ホットドッグを
食べてみたい…」

この言葉が忘れかけてたこと
そのことを思い起こさせて
くれました

私はユーチューバーでは
ありません

しかし
このブログでこれからも
お役立ち情報×

もとい
読まれた方が少しでも
元気がでるような

そんな内容を毎日
上げていきます



レジ袋3円で感じた「チリも積もれば山となる」

昨年の7月より開始された
レジ袋有料化

私は相変わらずマイバックを
持ち歩かず、その都度購入

ちょっとした買物の場合
あるに越したことは
ありませんけど

「どうせ3円なら」と
軽い気持ちでいつも購入

そんなこんなの本日
たまたま数多く買い物を
することがあり

「ちょっと待てよ
この調子でたびたび買って
はたして一年でいくら?」
とふと考えました

ちなみに私の12月の場合

12回購入:3円×14
=42円(1ヶ月)
(1月は既に8枚購入で24円)

この調子で1年間だと
42円/1カ月×12(一年)
=504円

たいした金額ではないかも
しれません

これを人口に置き換えると
504円×1億2千万人(総人口)
=604億8千万円

国の試算の半分です

もちろん、幼児などの
低年齢の子供は
購入しませんし

既にマイバックを
持ち歩いている人の
ことを考えると 

頻繁にレジ袋を
購入している人

もしくは買い物をしている
人がいるということでしょう

何が云いたいのかといえば
チリも積もれば山となると
いうことです

良くなるモノも
悪くなるモノも
積もり積もった結果です

雨だれ石を穿(うが)つの
言葉通り

繰返しくり返し
反復されたモノは
習慣となるのです

どうせつけるなら
良い習慣

良い体形
よいコンディションで
ありたいものです

また、自分でも気づかない
表情も繰り返し反復の賜物

こんな時だからこそ
良い習慣 いい笑顔

身につける機会ですね

私は始めてみます
「笑顔」づくり




旅の目的とは何か?消費型から充足型へ

本日が仕事始め

私も何年ぶり?
いや何十年ぶり?と思う程

ゆっくり年末年始を
過ごせるはず

と 休みの前はそんな風に
思ってました

しかし4日間終わってみた今
ホントあっという間でした

でも実際はゆっくり休養が
でき体調は良好です

寝不足も解消
カラダもこころなしか軽い
ようです

家内も「声のトーンが
こんなに違うのって
何十年ぶりかなぁ~」と
言ってるぐらい

それぐらい自分でも気づかない
変化があったわけです

一日だと疲れがでて終わり

二日だと
回復してきたかなぁ~と
中途半端なところで終わり

そうなると3日以上の
まとまった休みは
必要となります

よく運動で言われることが

週一回だと効果が少ない
最低でも週2回が望ましい

これを休養に例えるなら
週一日でも効果はあるが
週二回がのぞましい

そんなところでしょうか?

例えば旅行でも
一泊二日の場合

現地で滞在するよりは
往復の移動時間の方が
長くなる場合があります

旅の行程を楽しむなら
まだしも

目的地に行くことが主なら
途中で渋滞やトラブルが
発生したら

「あぁ~ついてない…」と
つい思ってしまいがちです

ところが
家を出て戻ってくるまでが
旅だと捉えた場合

途中の渋滞などの
トラブルでさえ

旅というドラマの1シーンに
なり得ます

何が起こるか?わからない
これも旅の魅力であり
醍醐味です

~全てが思い出~

最初から最後まで
ついてないと思うか?

それとも
「これだから旅って面白い!」

どう捉えるか
すべては自分次第です

目の前に起きることを
ついてない、運がないと
思うか?

それとも
「こんな日もあるよね」
と思うか?

どちらを選びますか?

一緒に行くなら
どちらのパートナーと
旅をしたいですか?

旅は心の栄養

新型コロナの感染拡大が
続く中

旅がだんだんと日常と
かけ離れていってます

旅は心の豊かさを得る為の
大事な手段なのです

消費型の一泊豪遊スタイルを
卒業して

心が充足される心とカラダが
満たされる大人旅

消費型から充足型へ

2021年もこんな時だからこそ
提案し続けます

応援されるということ

駅伝三昧の正月も
本日で終了です

新しい年と云っても
いまだコロナの影響が
続くそんな中

駅伝もTVで見ている分は
問題ないのですが

コース周辺やスタート地点
応援を控える様にとの
呼びかけは異例です

走ったことがあれば
わかるのですが

ランナーにとって
応援はまさにチカラとなります

沿道の声援のあるなしを
例えるなら

音楽家が誰もいない
ホールで演奏をする

料理人が料理をつくっても
食べる人がいない

セミナーで話しても
誰も聴く人がいないなど

そんな感じでしょう

昨年も走った箱根のランナーに
とって

状況はわかっていても
辛かったと想像します

また、同じ応援でも知った人と
そうでない人の応援

これも全く違います

当然ながら知っている人からの
応援だと10倍

いやそれ以上違うのでは
ないでしょうか

私も仲間と一緒にブログを
最低1年は毎日書き続けようと
決めました

ブログながら、駅伝やマラソン同様
長~いレースに走り始めた
そんなものです

山あり谷あり
追い風の時もあれば
向かい風(逆風)の時も

ハッキリ言って楽ではありません

そんな中一番嬉しいのが
「ブログ読んでますょ!」の
この言葉

私としては
読んでいるのか?
読まれてないのか?

届いているのか?
伝わっているのか?

手探り状態でかき続けてます

確かに読まれた方が来館され
泊ってくれて
売上に反映される

それが一番望ましいこと
でしょうけど

そんなこと以上に
読んでくれている人には
感謝を忘れたくないのです

それは書き続ける私に
声援を送ってくれる人でも
あるからです

読んでくれた方が少しでも
元気になるキッカケや

「やってみようか」と思えるような
そんな少しでも影響力の持てる
ゴールを目指し書き続けます

書き続けることは
走り続ける事です

2021年あなたの初夢は?

初夢には諸説あるようですが
元旦から2日の朝にかけての
夢を言うことが多いようです

一年の計は元旦にあり
一富士二鷹三茄子など

年の初めは多くの人が
縁起にこだわったり
げんをかつぎます


それだけ、はじまりは
大事なもので
こだわるものです

夢というと
日本語では一字です

しかし英語では2語

ドリーム/dream
ビジョン/visionです

2つの違いはグーグルで
調べればすぐわかりますが

私はこんな風に解釈します

ドリーム
寝ている時に見る夢

ビジョン
起きている時に見る夢

夢なら冷めないで欲しい時は
ドリーム

会社の将来を描くのは
ビジョンでしょう

夢は見続けるモノとするなら
ビジョンは描き続けるモノ

こんな時だからこそ
夢は見続けることが大事

そして想像力は人間に
与えられた最大の能力

これを使わない手は
ありません

2021年は夢(ビジョン)を
見続けましょう

想像力がすべてだ

それは人生でこれから
起こることの予告編である
(アインシュタイン)

良い歳にしましょう
そして想像しましょう


駅伝3が日 襷(たすき)が持つ意味とは

新年あけまして
おめでとうございます

2021年のスタートです

ニュースを見ると
新型コロナという言葉ばかりの
昨年は大変な年でした

大変は苦難困難と
捉える場合もあれば

大きな変化の年との
捉え方もあります

どちらを選ぶかは人それぞれ

Change
そして
Yes We Canです

ニュースは1つ見れば充分と
言うことで

チャンネル・チェンジです

元旦は実業団の
ニューイヤー駅伝

そして明日からは箱根駅伝と

駅伝三昧のお正月

駅伝は海外でもEKIDEN
タスキリレーとは呼びません

駅伝は日本が発祥なのです

それだけ日本人の心に
感動を与えるのです

よく、そんなに長い時間
ず〜と見てて何が楽しいの?
と言われます

やったこと、走ったことが
あればわかります

選手の駆け引きや
精神力

見てると完全に
感情移入してしまいます

駅伝やマラソンは
Liveドラマです

さらにあの襷(たすき)

みてると布地の軽そうな
感じを受けますが

実は思ったより重たいのです

それは選手の汗

また『責任』という名の
見えない重さです

そして経営者やリーダーなら
常に襷を背負っている
そんな感じです

私を含め誰もがいつかは
襷を渡す日が来ます

その時をいつも意識しなければ
なりません

責任というと重たいのですが
私の考える襷は『想い』

想い◎であって 重い☓です

私の想いは関わる人
ご縁があった人は

心身ともに
健康であってほしい

これが私の想いです

そうはいっても私はまだ
レースを走り続けている状態

向かい風、登り坂と
山アリ谷ありですが

前を見てまだまだ2021年
走り続けます

息切れしない程度の
ハイペースで

新年おめでとうございます

明けましておめでとうございます

支配人 吉本

昨年は大変な年でした

そしてまだまだ安心できない
状況が続いてます

しかしながら2021年
気持ち新たに皆さんとともに
新しい年を迎えられること

そのことに改めて
感謝申し上げます

今年、2021年は訪れた方に
元気になってもらいたい

シンプルですが、その事に
こだわってまいります

心とカラダが満たされる
そんな宿泊施設を
目指してまいります

本年もどうぞ変わらぬ
ご愛顧の程


よろしくお願い申し上げます

令和3年元旦
有限会社 そうづ峡開発
代表取締役 吉本辰夫