男は黙って… 黙ることの必要性

だいぶ涼しくなり
朝晩少し肌寒さを感じます

お酒で言えば少し熱燗
そんな時期も間近でしょう

とはいってもまだまだ
ビールの季節です

こんな歌があります♬

サッポロばかりじゃ
ないけれど

キリンもアサヒも
あるけれど

だけど私が欲しいのは
好きなあなたの

口び~る(^^♪

酒の余興での歌ですが
なかなか面白いです

さてそのビールメーカの
サッポロ

都市伝説のような
面接時の対応が有名ですネ

面接官に対し一言も
しゃべらない志願者

あきれた面接官が
退出を申し伝えると

その志願者が一言

「男は黙って
サッポロビール」

一発で採用になったとのこと

サッポロビールの知名度を
高めた話ですね

「黙る」ってことは
どちらかというと

いいようには
解釈されませんけど

その「黙」について
語ってみましょう

1.黙想

武道などで事を始め時
必ず行うのが

黙想(もくそう)

気持ちを静める意味でも

この黙想と礼を
大事にします

武道とは「道」
この何か極めていくには

気持ちを落ち着かせる
雑念を取り払う

このことが大事
なのでしょう

2.黙浴

当館が推奨してる
黙浴(もくよく)

黙って入浴をすること

これは新型コロナの
飛沫感染防止もありますが

当館が大切にしている
静寂を保つ意味が一つ

そして静かなお風呂で得る
一人の時間

~自分と向き合う~

本来は一人での入浴が
理想ですが

公衆浴場では難しいので
静かに入浴してもらう

その為の黙浴です


(※ コロナが終息しても当館は黙浴を続けていきます)

3.黙食って?

黙浴と同じように
出てきました

黙食(もくしょく)

黙浴と同じ意味で
しょうけど

ちょっと違う気がします

確かに飛沫感染防止の
意味はわかります

親しい間でも
黙って食べる

会話がはずまない
食事の席とは殺風景です

黙食はちょっと行き過ぎ

「会話の際はマスクの
着用にご協力の程」

これぐらいでいいのでは
ないでしょうか

4.黙るという行為

黙すると陰陽で言えば「陰」

人間の生活に
オンとオフが必要なように

やはり静かに黙する時も
必要です

黙ってばかりでも
しゃべってばかりでも

偏り過ぎはよく
ありませんね

当館周辺では黙想するのに
最適な場所があります

季節もよく自分と
向き合うには

おススメな場所

泊まらなくても
体感できますので

お近くにお立ち寄りの際は
ぜひどうぞ

温めるべきか?冷やすべきか?

私事、右足甲の内側を
打撲

今週の水曜日の事ですけど
大分痛みも和らぎました

骨にヒビがはいっているか?
わかりませんけど

何とかなりそうです

と、常日頃みなさんに
健康を啓蒙しながら

ケガの初期対応を
間違ってしまいました

自身への戒めも含めての
内容です

1.まずは冷やせ

打撲や捻挫 骨折でも
基本は冷やしましょう

この度の私はこの
基本中の基本を忘れ

大したことないと初日に
ほったらかし

半日もたたないうちに
あっという間に歩行困難

なめてました

まずは冷やして様子を
見ましょう

2 RICE処置

R(レスト/休める)
I (アイシング)
C(コンプレッション/圧迫)
E(エレベーション/高挙)

応急処置の基本ですが
私はこれさえもなめており

一日たって痛みが引かず
ようやく実行

ケガをしたらまずは動かさず
様子を観察

基本は冷やして患部を
アイスバックなどで抑え

そして今回のように
足なら寝て

患部を心臓より高い位置に
挙げる

まずはこのRICE処置が
基本です

(全日本剣道連盟HPよ)

3.温めるのか?冷やすのか?

ケガ後の2~3日たてば
温めて血行促進など

いろいろと言われますが
本人が気持ちがいいほうを
選択する

これが正解です

温めたほうがいい場合
冷やしたほうがいい場合

基本ケガの直後は冷やす
ですけど

2~3日経過後は
本人の感覚と相談です

4.ケガの功名もあり

まぁ~正直、この度は
なめてました

今年は7月にぎっくり腰
そして9月に中足骨の打撲

となと次回は11月?
と考えてしまいます

しかしケガをして改めて
普段の状態の有難さを実感

健康が当たり前だった自分に
気づきを与えてくれました

皆さんもケガの場合の
初期対応 ぬかることなく!


3という数字の力

みずほ銀行のシステム障害
もう何回目なのでしょう

金融に詳しいわけでは
ありませんが

この原因は合併前の3行
第一勧銀・富士・日本興銀

それぞれのシステムを
ひとつにせず

富士通・IBM・日立と別々に
運用した結果のトラブル

一本化しておけばいいものを
未だできずにシステム障害

3という数字はよい場合も
あれば、そうでない場合も

そのことに少し触れてみます

1.3と言えば3本の矢

戦国武将の毛利元就
彼が3人の子供に伝えた話

有名です

同じように3人集まれば
文殊の知恵もあります

3という数字は何かをやるのに
結束のとれる数字と言えます

2.日本三景 日本三奇矯

日本三景と言えば
宮島 天橋立 松島

日本三奇矯こちらはあまり
聞かないでしょうが

地元岩国の有名建築物
錦帯橋が入っています

錦帯橋(山口県岩国市)
猿橋(山梨県甲府市) 
刎橋(はねばし/富山県)

また近年では日光の神橋や
徳島のかずら橋を入れたりなど

諸説あるようですが
錦帯橋は不動のようなので
3奇矯の一つ言えます

また地元ネタでは
日本3大美竹林に
岩国市も入ってますが

こちらも同様
諸説あるようですけど

竹林が美しいことは
確かです

3.日本三大名湯

これは我々温泉業界では
有馬(兵庫県)
草津(群馬県)
下呂(岐阜県)



そして日本3古泉は

道後(愛媛県)712年
南紀白浜(和歌山県)
そして有馬が720年後頃と

古事記・日本書紀に
記されてます

ちなみに広島の湯来温泉

今から1500年前にシラサギが
傷をいやしのを見て開湯

単純計算からすれば
521年となりますが

証拠となる文献が
なかったのでしょうか?

ちなみに
雙津峡(そうづきょう)温泉は

49年目(1972年開湯)
来年で50周年 

ようやく半世紀です

4.三権分立

学校の授業で出てきた
三権分立

立法・司法・行政
権力が集中しないよう
分散する

ここでも3が出てきます

この度のみずほ銀行の場合は
裏目に出たようですが

投資でも分散投資
銀行でも複数口座の開設など

リスク分散だったり

また3C分析など
顧客と競合と自社など

見方を変えたりなど
別々にすることも良いようです

5.三大栄養素 健康の3要素

今更ですが
健康についても

3という数字で語られます

3大栄養素が
脂質・糖質・タンパク質

健康の3要素が
運動・栄養・休養

どちらもどれか一つが
充分に満たされているから
いいのではなく

ここもバランスが大事なわけです

6まとめ

使い方を間違えるとトラブルに

大事なのはバランス
そして協調や独立など

そしてやっぱり
私が好きなのは

三方良し
です




寝る前には やめておきたい事

健康の3要素は
運動 栄養 休養(睡眠)

どれが一番大事か?

そう言われればですが
私はズバリ 睡眠

当たり前ですが人生の1/3を
占めるわけです

この1/3の質を高めれば
残りの2/3の生産性があがる

そりゃそうですよね

寝不足で仕事をすれば
効率が上がらないどころか

ケガや事故にも
つながりかねない

本日、仲間とオンラインで
話す中

自分をより良い状態に
する為に日々やること

これについて意見を
出し合ったのですが

この中で多かったのが

寝る前のスマフォや
動画視聴

ついついやってしまいますが
睡眠の質を悪くしますね

1.ブルーライトが交感神経を高める

今更ながらですけど
スマフォの光はよくありません

波長が短く目の奥まで
届くのと

寝る前の
副交感神経(リラックス)優位を

交感神経(日中の活動時)優位に
変えてしまいます

活動モードにスイッチが
入ってしまいます

2.人の悪口・愚痴・ホラー映画

ブルーライト同様
気持ちを高ぶらせるもの

悪口・愚痴・ホラー映画や
バイオレンスもの

これらも控えたいです

そしてできれば睡眠の質を
あげる為

寝る前のコンディションを
整えるのはおススメです

マインドフルネスや瞑想で
気持ちを静める

そこまでしなくても
布団の中で深呼吸を繰り返す

これだけでも睡眠の質は
確実にあがります

3.TVや音楽

直接、目から情報が
入らなくても

五感(目・耳・鼻・舌・肌)

これらから入れば
睡眠に影響はあります

注意したいのは直接、自身が
受け取らなくても

寝室やリビングを寝る状態に
しておくことも大事

一見、関係ないようですが
住んでいる場所は大切です

寝る前には部屋も
睡眠モードへ
持って行きましょう

4.甘いもの 消化しずらいもの

寝る前の誘惑

これは誰しも
経験ありでしょう

確かに日中、満腹状態や
甘いものを食べる

血糖値が上がり眠くなることは
ありますが

睡眠の質を高めるのとは
別物です

また、お腹いっぱい食べて
寝ると

カラダは寝てても
内臓は活動しています

カラダも頭も、そして臓器も
休ませてあげましょう

5.まとめ

睡眠の質を高めるには
寝る前の

・スマフォ
・悪口 愚痴
・TV・音楽
・甘いもの 満腹状態

こられをさければ
睡眠の質向上

当たり前のことでしょうけど

この機会に少し気を付けて
みては如何でしょうか

ここまでお付き合い
頂いた方

どれか一つでも試して
見てください


静かな場所を求めるならおススメです

秋の虫の音が
心地いいです

行楽の秋、少しずつ
人の動きも出てきました

本日、GoToトラベルの
現地調査があり

施設面での改善指摘も
なく

昨年の秋のように人が動き
活気がでることを望みます

その一方で、まだまだ
人ごみは不安だ

そう思われる方も
いらっしゃるはず

そんな方に当館が
おススメできる

手前味噌ながらの
ポイントをお伝えします

1.静けさが一番の売り

「本当の静寂はこれぐらい
山深く入らないと得られない」

当館がこの地に建てられた
そもそもの理由です

静寂という言葉は
確かに当てはまります

2.しっかりした壁構造

建築には壁構造と
ラーメン構造があるそうです

私はその専門ではないので
詳しくは説明できませんが

〇壁構造
躯体が頑強なため地震には
強い反面

壁をぶち抜いての部屋数を
広げたり工作はできにくい

〇ラーメン構造
柱や梁を使って建てる構造

壁構造と違って躯体の
リフォームがしやすい

確かに各部屋
部屋だけでなくベランダも

大きな壁60㎝厚で
仕切られてます

3.設計者の思いが込められる

ディズニーランドもそうですが
アトラクションであり

芸術作品とも取れます

当館も多分、設計者が自身の
作品が後々まで残るように

そんな思いで建てられたのだと
感じます

4.震度6強にも耐えられる構造

設計者の想いを表す一つの
数字で耐震強度があります

震度6にも耐えられる壁構造の
当館

1年前に耐震検査を行って
頂きました

壁構造の一番弱いところで
31ニュートン

ニュートンとは強度の
基準です

学校でも20ニュートン
だそうです

そして隣の部屋や
上下の音が部屋に響かない

必要以上に高い強度

そのおかげでこの環境を
維持でてきているのです

5.静かな環境を維持するために

ちょうど今はコロナ過

大声での会話は控えましょう
そんな啓発を目にします

もちろん当館でも
飛沫感染対策として

大声での会話を控えて頂く
こちらはお願いしてますが

加えて一番の売りである

静かな環境

これを生かす為

設計者の想いも併せ

これからも訪れた方に
「静かな環境」

変わらず提供し続けます

酷使した後の頭のケアに

来年の話をすれば
鬼が笑う

9月も下旬にさしかかり
今年もあと3か月とちょっと

こうなるとそろそろ
来年の話もありです

本日早速、Jリーグ
サンフレッチェ広島2022

カレンダーの
申し込みがはじまりました

ホント月日が経つのは
早いものです

夢中になっていると
時間を経つのも忘れる

また締め切りに追われる
場合もしかり

残された時間が刻々と
減っていく時というのは

あっという間です

1.時間が経つのを忘れられる場所

集中してるとき
何かに追われている時

確かに時間が経つのは
早いですけど

自然の中にいると何故か
時が経つのはゆっくりです

自然に触れれば、ゆっくり
贅沢な時間を体感できます

清流・宇佐川(当館より徒歩1分)

2.頭もカラダも切り替えが大事

頭も詰め込みすぎて考えると
スイッチが入りっぱなし状態

この場合は交感神経優位が
つづきカラダには

よくありません

オンとオフが大事です


スイッチが入りっぱなしの
状態をオフにしてあげる

何も頭に情報を入れず
ぼ~としてる状態こそ

実は人には必要なのです

3.詰め込み過ぎにも限度があります

知識という荷物は
いくら頭に詰め込んでも
邪魔になることはない

常勝・西武ライオンズを
率いた森監督の言葉

わかる気がする一方
無理やりはよくありません

なんでもそうですが

無理すればその反動は
確実にきます

私もここ4~5日は
睡眠不足でかなり頭を
酷使しました

多分、その反動が今
出てるのかもしれません

睡眠・運動・栄養

やはり人生の1/3を占める
睡眠は侮るなかれです

頭をいいコンディションに
持っていくには

質のいい睡眠は必須です

過ごしやすい時期です

たまには心もカラダも
ゆるゆる状態に

解放してあげましょう



リモートワーク どうせやるならこんな場所で

長雨で川が増水後

見慣れた我々でも目を
みはる清流が見れます

なぜなら川底の石についた
コケがきれいに洗い流される

そのおかげでいつもより数段
きれいな様子が見れます

連休の最終日
コロナ過にあっても

道の駅や観光地に人が
戻ってきた様子があります

その一方
県をまたぐ移動や

会社に出社せずに
自宅で仕事

そんな方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか?

人は同じ場所にいると
場所ニューロンと言って

場所を変えたり歩いたり
移動することで

脳が活性化し記憶力が
高まります

その向上率は40%!

同じするなら仕事が
サクサク進み

生産性が上がり

そして気持ちもいい

こんな場所があったら
どうでしょうか?

本日、そのような場所を
即席でつくってみました

名付けて
「清流リモートワーク」

私も体験してみましたが
場所が変われば発想も変わる

まさに川の流れのように
フロー状態

様々な考えが浮かびます

思わず仕事を忘れて
ぼ~としていたい

そんな清流でのリモートワーク

ここで日々、ブログを書けば

もっといい文章が
書けそうですネ

☆彡

SNSに疲れてませんか?

ユーチューブを見てると
やたらでてくる広告

「Zoomを使って売上UP」や

「動画を使っても
成功しないそんなあなたへ」

いろんな広告がながれて
来ます

便利になった反面
課題もあるようです

1.アナログからデジタルへ

個人、組織問わず
売上をあげたいのは同じ

かつてはチラシや捨て看板
名刺やのぼりなど

そしてホームページを
持つのがあたり前となり

次にフェイスブックや
Twitter、LINEにインスタ

そしてユーチューブなど

様々なSNSが登場し
これからも又増えるでしょう

2.コミュニケーションツールからビジネスへ

今はSNSを集客に使っている
そんな方も多いです

もともとコミュニケーションの
ツールが

ビジネスのツールへ

関係性を深めるのが
知らない間に商品提案を受ける

様々なSNSがあるだけに
その入り口も多様化です

いいか?わるいか?では
ありません

無料のツールなら
使わない手はないでしょう

3.SNSは仕事のツールなのか

仕事とプライベートの
連絡や出欠確認など

私の場合はLINEでの
やり取りは多いです

「50過ぎてLINEをやるな」

かつて、このように公言
していましたが

周囲はほとんどLINEでの
やり取り

仕方なくやってますが
見落とすことも多々

仕事より優先しなければ
いけない状況になったり

本末転倒

正直、疲れます

4.SNSに疲れませんか?

私は疲れます

というか?
何でもかんでもLINEで
やり取りでなく

必要に応じて使い分ける

それが大事です

また
FBなどでよくある

「いいね」や友達の数が
気になりストレス

単調な文章に
気を使いイラストや絵文字

気を使うことに
気疲れ・・・

5.次のコミュニケーションツールとは

これからもSNSツールは
いろいろと出てくるでしょう

そんな中、見直されるのが
アナログの極みともいえる

手紙やハガキです

それも手書き

手間はかかっても
相手の為に時間を使う

この思いは
伝わるはずです

これからは一対一

マンツーマンの
アナログツールこそ

見直される

デジタルに疲れたら
たまには一枚

頭に浮かんだ大切な人へ
一通書いてみては
如何でしょうか?

彼岸花が見頃です

曼殊沙華とも
いいますが

今(9/18日時点)が見ごろを
迎えてます

今年は桜の開花が早く
梅雨入りも異例の5月

蛍の見頃も
早かったのですが

彼岸花だけは
例年通りでした

1.彼岸花の別名

曼殊沙華との呼び名は
有名ですが

死人花や幽霊花など
ちょっと意味深ですけど

これは土葬文化のころ

遺体をモグラや野ネズミが
掘り返さないよう

球根には毒があることから
その周囲に植えたそうです

どうもそのあたりからの
呼び名となったようです

2.彼岸花の花言葉

いろいろあるようですが

・情熱
・再会
・悲しい思い出
・転生 など

彼岸に咲くことからの
意味合いが感じられます

3.当館の花見スポット

当館と川を挟んだ
山の斜面

ここが見頃です

それ以外にも
いくつかありますが

山の斜面に咲き乱れる
彼岸花は圧巻

ただし、期間は短く
一週間ぐらいですので

お近くにお越しの際は
一度ご覧ください

花などあまり興味も
ありませんでしたが

それだけ歳をとったのかも
しれません

ですが四季の移り変わりを
感じると

今はコロナで大変な
飲食・宿泊業界

厳しい時期ばかりでなく

また人でにぎわう日も
来るはずです

それまで、いつも
「心に花を」

忘れてはいけませんね


これからの地方・中小零細の伝達手段

日々ブログを書きながら

ネタに悩みます

お伝えしたいのは

健康(メンタルヘルス)
温泉


その他

自身の2度のUターンの
経験からの田舎暮らし

趣味として
日本酒

こんな内容で
書いてます

最近、お客さんから
ブログ読んでますょとの

嬉しい声も頂きながら

どうしても「読む」と
いう行為も気になります

読書と同様、自ら
「読もう」と思わない限り

書く方もそれなりに時間を
要しますが

読む方もまた
時間と労力を要します

もちろん
このブログを続けながら

読む人の負担を少なくかつ
わかりやすく伝える

このことについて本日は
お伝えさせて下さい

1.収穫加速の法則

テクノロジーが指数関数的に
発展するという法則です

もっとわかりやすく言えば
過去10年間に起こったことが
今後1年以内に起こる

このように言ってもいいでしょう

2.文字写真から映像へ

ユーチューブや若者を中心の
Tik Tok(ティックトック)

まだまだ今後も新しい
メディアが登場しそうです

文字や写真の伝達技術から
映像・動画に移ってきてる

これは確かな流れでしょう

3.誰でも情報を発信できる時代

私も、もうじき57歳
それでもこうやって

日々情報発信ができる

これはインターネットを
はじめITテクノロジーの発達

これは間違いありません

私よりも30歳も年上で日々
ブログを続ける人もいます

中学生でもユーチューブに
投稿したりなど

見る側も増えてますが
発信する側も増えてます

4.地方や中小零細の課題

誰でも発信できるような
時代

しかし誰でもできるか?と
言えばそうでもありません

情報発信力は

大手  > 中小
都市部 > 地方

この傾向は目立ちます

特に中小や地方はイイものを
持ちながら発信できない

ブログなどで発信はしても
伝わりきらない

これが地方の中小零細の
現状ではないでしょうか

5.価値ある本物の情報を伝える

情報量が多くなり
良しにつけ悪しきにつけ

様々な情報が
発信されます

やはり我々は嘘偽りなく
本物の情報

飾らずありのままを
お伝えする

このブログでも
そして映像を交えながら

地域の良さを少しずつ
発信していきます


(2015年制作)
※ 再生には音がでます

岩国の銘酒 金冠黒松