婚活 就活 ラジオで脳活 

いよいよ明日はラジオ出演
今年2度目

普段はほとんど
聞きませんが

出るからには聞いておこう
と局の方には失礼ながら

流れや内容をザっと
頭に入れながらの

斜め読みならぬ
流し聞き・・・

でも、ラジオはこの
○○しながらできる
メリットがあります

例えば

掃除をしながら
仕事をしながら
運動しながら など

さらに4大メディアと
言われる

インターネット
テレビ
ラジオ
新聞

インターネットが近年
利用者を伸ばしながら

新聞の購読者は減り
TV離れも言われ

そんな中、ラジオはその
利用者数にほぼ変動はなく

ある意味根強い
メディアと言えます

しかし
そうづ峡温泉界隈は山の中

携帯電話の電波状況は
改善されましたが

ラジオの電波状況は未だ
思わしくありません

ですが、そこは
やはりインターネット

ご存じの方も
いらっしゃるでしょうが

ネットでラジオが聴けます

その名も「ラジコ」

電波状況の悪い山間部や

電波の届かない遠方の
地域でも聞けます


このラジコのHPを見てると
面白い見出しを発見

それは

ラジオを聞き続けると
脳が成長することを実証

なるほど
少しわかる気がします

映像を通しての情報で
ないので音や文字で想像する

本を読んだりするのと同じ
言葉・音➩映像へ

加えて聞く力が強化される
とのこと

(詳しくはラジコのHP参照)

まさにラジオを聞くのは
本を読むのと同様

脳活(脳を活性化させる)と
言ってもイイでしょう

結婚活動を婚活
就職活動を就活

さらに人生の終わりの為の
準備や活動を終活と

様々な○○活が目立ち
始まましたが

ラジオでの脳活

わたしも注目です

で、明日の話は
運度がカラダにイイだけで
なく

実は頭にもよく

そして外出自粛による
健康2次被害など

これらについて
お話します

コロナによる3密回避や
集会や宴会の自粛

不要不急のサービスと
言われながらも

もうかれこれ1年以上
となると、そろそろ限界

押さえつけるとその反動は
見えないところに
出るモノです

ラジオや読書や
そして運動が

これらがコロナ過の
制限のかかる日常において

ストレス緩和の一役

いや大きな役割を果たすと
言えるのです


蛍(ホタル) まだまだ見れます

当初、蛍観賞会は本日
6月22日(火)の大安吉日で
終了の予定でしたが

まだまだ見れます

穴場中の穴場
谷全体に蛍が乱舞する

山にイルミネーションを
灯したような

そんなおススメスポットで
まだまだ見れます

なので期間を延長して
6月27日(日)の夜まで
蛍観賞会を行います

今年も雨の日

特に先週の金曜日は
かなりの雨

しかし雨の中を見に行った
お客様は大満足

こちらも嬉しかったです

ホント今まで日中降ってても
夜になると小雨になったり

不思議と過去14年間
雨で中止はありません

今年もおかげさまで
この記録?も更新です

このブログでホタルの
案内は宣伝もありますが

先日来られたお客さんで
過去のブログを読み返され

いつが一番良いのか?を
かなり調べられたとのこと

その話を伺い
毎日書き続けはじめて
もうじき丸一年

なにかしらの役に立ち
情報提供ができてるなら

書く側としてこれもまた
嬉しいものです

また内容も健康や温泉
移住定住など

様々な内容を
書いてますが

今回のように四季の情報を
お伝えすることも又大事

そう考えると
このブログ

WEB+LOG

オンライン上の記録としての
役割を果たしているようです

蛍の時期が終盤となる中

当館駐車場に夏の花
槿(ムクゲ)が咲き始めました

この花早朝に開き夕方にしぼむ
世の短いはかないこのたとえで

槿花(きんか)とも言われます

蛍も短ければ
ムクゲの花も又短い

短いから残念なのでなく
短いから有り難く感じる

蛍の時期から
盛夏に向けて

季節が移っていくのを
感じます

ホタルの時期が終わっても
ムクゲの見頃が過ぎても

変わることなく
このブログ

四季の情報も
お届けしながら
続きますので

引き続きよろしく
お願い致します

サンフレッチェ、広島の逆襲なるか?

カープの調子が悪いと

ついついサッカーに
目がいきます

地元山口にも
レノファ山口という
J2チームがありますが

岩国は広島に近いことと

当館はサンフレッチェ広島の
PRサポートショップを
やってます

その関係か?レノファ山口
そう思いながらも

やはりサンフレッチェが
気になります

先日の天皇杯2回戦には
格下の「おこしやす京都」に

1-5の大敗

ショックをひきづるかと
危惧しましたが

そこはさすがのJ1チーム
柏レイソル相手に

1-0の勝利

安心したと同時に
さぁ~これからです!

広島の活気は我々にも
影響は大きいのです

特にカープ

広島から来られる
お客さんが多い当館

カープの野球中継が
気になって
しょうがないようです

なのでチェックインされると
即「BS映るの?」と
聞かれます

「申し訳ないのですが当館は
BSが映りません」

そう答えると少し
がっかりされますが

今年は全くそのような
声もいいのか?
わるいのか?

全く聞きません

カープが優勝争いに絡むと
広島のお客さんは動かず

また今のような状態でも
応援のしがいがありません

もう少し頑張ってほしい
これが今の本音です

もうすぐオリンピック

スポーツのシーンが
感動の明かる話題を
届けて欲しいですし

また、身近のプロ球団の
活躍も期待したいです

そして昨日で長かった
緊急事態宣言も

ようやく解除

サンフレッチェ同様
逆襲

そう言ったら
大げさですが

広島からのお客さんが
半分以上を占める当館

隣県の来館が増えることを
期待しながら

ここはコロナ対策を
しっかり講じながら

広島からのお客さんが
戻ってこられ

カープが
サンフレッチェがと

スポーツの話題で盛り上がる
そんな日が心待ち遠しいです


紫陽花の開花 今年は遅い?

蛍は例年より早いと
思われましたが

今のところは例年並み

そしてちょうど今が
一番の見頃です

お客さんにとっては
一年に一度のこと

どの時期
そしていつが見頃か

非常に気になる
ところです

そして6月の花
紫陽花

桜ははやく
梅雨入りも早く

蛍は例年並み

ですが
今年の紫陽花は
例年より遅いようです

6月を代表する花が
もう下旬となりますが

あまり咲いてる様子は
見られません

ここ、そうづ峡温泉界隈
だけがそうなのか

車で走っていても
あまり気づきません

早いモノもあれば
遅いモノもある

自然は皆同じように
思えても

与える影響はそれぞれ
違うようです

よく日本は四季の変化が
ハッキリしてると
言われます

海外在住の経験がないから
わかりませんけど

初夏がすぎれば
夏がきて
秋がくる

終わりがあれば
始まりがくると

「終り」はあまり
良いイメージで捉えられて
ませんけど

例えばホタル

年中通して見れれば
その有り難さは
感じません

夏のセミの声
秋の虫の音

何かが終われば
次が始まり

多少の早かれ遅くかれが
あっても

一年は何度も始まりと
終わりを繰返す


今年の紫陽花が遅くても
確実にその見事な姿を
見せてくれる

蛍の時期が終われば
紫陽花が見れる

紫陽花が終わっても
7月から清流では
カジカが鳴きはじめる

季節の変化を当たり前の
ように感じてましたが

少し立ち止まってみると

いろいろと気づく事が
あるものです

少し年寄りぽい
内容になりましたが

それだけ年を取っているのは
確かです

只今56歳
秋には57歳

季節もめぐれば
歳も重ねます

イイ年の取り方をして
人生楽しみたいものですね



県内初 国の重要文化的景観に錦帯橋と城下町

我々観光業に携わるものに
嬉しい知らせ

岩国市の錦帯橋と
城下町が文化的景観に選定

錦帯橋に行かれた方は
多いです

橋を渡って
アイスクリームを食べ
ロープウェイでお城へ

これがよくありがちな
錦帯橋観光

しかし当館にお泊りの
お客さんにご案内する

おススメスポットは
下記の3つ

本家松がね
(岩国地酒の飲み比べできる)

漬物処うまもん
(錦川の伏流水で漬け込んだ
無着色無添加の手作り漬物)

桜工房
(手作り料理と古民家風
建物が魅力/要予約)

上記3つはどちらも
城下町側

つまり昔で言えば
商人の街

今もその当時の面影が
残る魅力的な場所

ここが注目されるのは
嬉しいながらも

賑やかになりすぎるのも
懸念するところです

うまもん正面入り口

さて同じ県内で
お隣の周南市鹿野

ここの漢陽寺庭園が
国の天然記念物に

こちらも又嬉しい

もともと岩国の北部は
周防(すおう)山代庄

鹿野が含まれた時もあり
無縁の地域でもありません

個人的には漢陽寺の
潮音洞(ちょうおんどう)

こここが一押し

漢陽寺の枯山水も
見事ながら

建物内に水路が巡る
その風情がなんともいい

新日本名水百選にも
選ばれる清流通りも
おススメです

また周南市鹿野地区は
錦川の源流

つまり上流域です

そして錦帯橋は錦川の
下流域

奇しくも同時期に
国の選定を受ける

これも見えない何かの
縁かもしれません

個人的な好みですが
やはり賑やかなところより

静かなところが
好きなようです

なのでお客さんにも
自分が好きな場所をご案内

趣味の押しつけのような
感じですけど

当館を選ばれる方も
静かな環境を選ばれる方

穴場の観光スポットが
賑やかになることに

一抹の寂しさと不安を
覚えますが

これから観光業で
人の動きがでてくることに

当館も一役かえるよう
やってまいります


引退 この2文字に隠されたもう一つの言葉

早すぎる引退

ひねり王子とも呼ばれ

自らの名前シライが
高難度の技につけられる

内村航平選手と同じく
国民誰もが知る

美しい体操ニッポンを
支えてきた人物

本人の晴れ晴れした
表情を見れば

「悔いなし」に
一応は理解しますが

ケガで思うような練習
そして成績が出せない時の
辛さは計り知れません

涙なくのスッキリした
彼の引退会見

「何か」があるのです

そしてもう一人
こちらはスポーツ界では
ありませんけど

国民民主党 山尾志桜里議員

政治家
山尾志桜里議員

彼女の政策やこれまでの
細かな活動は知りません

マスコミの論調をみれば
いろいろと揶揄されてます

ほんと日本人はイイだの
悪いダノ

人を裁くことが好きなのか
どうなのか?

それはさておき女性の
国会議員数が少ない日本

残念なことではあります

政界の引退と言えば
多いのが引責や失脚

クリーンなイメージでの
引退はすくないようですが

やはり「何か」はあるのです

その「何か」は何か?

引退は一つの終わりであり
節目

つまり次へのスタートが
始まる
ということです

まさに第二の人生の
スタート
こそ

引退の2文字に隠された
言葉なのです

白井選手は指導者へ

山尾議員は政治家じゃない
人が政治に関わる環境づくり

次のやるべきこと
進む方向ができています

私も振り返るに人生で
一番充実した時期は2つ

それは
1987年10月
~1988年3月

この時期は大学4年の時
内定から就職するまで

そして
2006年12月
~2007年4月

前職を辞め
今の仕事に就くまで

仕事はしてない
期間ですが

今思い出しても
日々充実してました

次なる環境へ進むにも

やはりいきなりと言う
訳には行きません

それなりの準備期間
助走期間が必要です

私は資格取得や
セミナー参加

そして旅行など

退職金すべて
使い切りました

人に言わせれば散財
でも私はそれでよかったと
考えてます

特に旅先の温泉地で
一人露天風呂でこれからを
考えるのが至極の時間

図書館でもなく
カフェでもなく

自宅でもなければ
いつも旅先でした

当館が掲げる
セカンドライフ

次なる環境へ進む方に
静かな場所で清流傍の
マイナスイオンを浴びながら

これからの事を考える

その最適な環境は
当館にはあるのです

清流宇佐川




梅雨入り早く でもホタルの見頃は変わらず

当館周囲の桜の開花は
例年3月末から4月初旬

3月29日~4月3日が
毎年の見頃なのですが

今年は3月23日から
早くも満開でした

また
梅雨も異例の5月から

関東は遅かったようですが
こちらは早すぎる梅雨入り
でした

となるとこの時期の
ホタル

例年より早いと
予想しましたが

ふたを開けてみれば
例年通り

当館の前を流れる
宇佐川に見頃が訪れました

私も帰りがけ、駐車所でも
蛍の飛ぶ様子がみれます

建物の中に蛍が
入ってきたりすると

見頃が訪れたのを感じます

世の中
オリンピックの開催の是非や
インド変異株がどうとか

蔓延防止やポストコロナ
ワクチン接種など

例年とは違い慌ただしく
ニュースが流れます

桜の開花が早まっても
梅雨入りが異例の5月でも

蛍の自然のサイクルは
変わらないようです

それもそうです

今飛んでいる蛍は
一年前の2020年の5月頃に
卵からふ化

夏場の幼虫期感は
カワニナを食べて過ごし

年がかわり2021年の
4月中旬頃の雨の日

蛍の幼虫は光を発しながら
陸に上がると砂地に潜る

それから一ヶ月後の
5月中旬にサナギとなり

10日から2週間で
成虫になり飛び始める

ご存じのように成虫になり
光を発し飛び始めて

約一週間

その一生を終える訳です

一年も前から
我々がすむ世の中に
どんな変化があっても

自然の流れに逆らわず
生きてゆく

まさに自然体です

周囲や世の中がどうであれ
足さず引かずの状態

車で言えばニュートラル状態

つまり「中庸」

慌ただしい時にこそ
常にニュートラルな状態で

感じること
そして気づく事

偏った考えや自分の価値観を
一旦手放してみえてくるもの

自然は
そしてこの時期の蛍は

やはり何かを教えて
くれるのです


20兆円の強制貯蓄、ポストコロナ時代に選ばれる宿とは?

今朝のニュースをみれば
あらたな言葉

20兆円の強制貯蓄

これはコロナ過で外出や
旅行、飲み会が減り

洋服も買わなくなったりで
消費が低迷

行きどころのなくなった
お金が貯蓄にまわり

その結果
2019年は6.8兆円
2020年は36兆円

この差額が
20兆円というのです

これがどこへ回るかと
言えば

まず飲食(専門家の意見)

一年以上も飲み会などを
やってないなど

我々、飲食・宿泊業界に
追い風が吹く予感

さらに関連する酒販業者
食材元やリネン業者など

当館との取引業者にも
その効果は波及します


嬉しいことが続けばいいの
ですが

手放しでは喜べません

どの飲食・宿泊業に
同じように均等にお客さんが
行くのでなく

人気のあるお店は
賑わいが戻り

そうでないところは
コロナ過とあまりかわらず

そのような状況が浮びます

何故、そのようなことが
起こるか?と言えば

選ぶのは
お客さん側だからです

当たり前のように
インターネットを使って

お店や宿を探す今のご時世

ついて回るのは
「比較」されるということ

値段だけではなく
サービス内容など様々

どこでも受けられるような
サービスでは

料金 立地 建物の新旧
ポイント(特典)の付与などで
選ばれる

我々宿泊業もコロナを経て
変化を求められているのは
確かです

ではどのように選ばれるのか?
といえば

飲食店でいえば
オーナーシェフや有名料理人の
お店のような

人が看板となるお店

商品でもサービスでも
その人が見えてこないと
選ばれません

その為にも自分自身
まず明るく前向きに

そして静かな環境で自分と
向き合い気付が得られる

その為のお手伝いをするのが
私の仕事

茨城の水戸で生まれ、埼玉へ
その後小中高と山口で過ごし

大学社会人の22年間を
首都圏で過ごした後

また山口へ

素人農業で酒米づくりに
チャレンジしたり


健康サロンを8年間と
延べ1,687人を指導

飲食・宿泊と常に
2足のワラジでやってきた

その経験を生かし
選ばれる宿になる

その為の一つが
日々書き続ける

このブログなのです




週末の人出 観光地などで大幅増 ?

まだ緊急事態宣言下に
あっても

人はそろそろ我慢の限界?
観光地など大幅に人が増えた

そんなニュースが
耳に入りました


えぇぇ???

私たちは全く
そんな実感はありません

気持ち増えているのかなぁ

それぐらいの感じです

確かに旅行にしろ
観光にしろ

病院などのように
緊急性があるわけでなく

食料品のように
日々の生活の必需品でも
ないわけです

緊急性もなければ
必要性もない

ですが短期的にみれば
そうですが

長い目でみれば
観光や旅行は必要なもの

それがこの度の週末に
現れた

そう見ています

何度かこのブログでも
書きましたが

健康二次被害

いわゆる運動不足からくる
筋力や免疫力の低下

さらに移動の制限による
精神的なストレス

長い目で見た場合の
旅行や観光は
必要な事なのでしょう

当館は地方であり
近くに宮島や錦帯橋など

世界遺産クラスの
大型観光地もなく

首都圏に比べれば
人の動きはこれからかも
しれませんけど

それにしもまただま
実感はありません

ただ当館は「静けさ」を
うりにしてます

賑わいを避けてこられる方も
いらっしゃいます

また
誰にも教えたくない

そういうお客さんも
いらっしゃいます

なので週末の首都圏の
観光地とは違って当たり前

そして
旅行よりも旅

観光よりも保養におもきを
おいてます

これからワクチン接種が
すすみ

新型コロナの不安が
少しずつ無くなっていく

オリンピックが始まり
国が歓喜の輪に包まれれば

観光需要もひろがり

そして今までの自粛や
制限状態が解かれると

まさにリバウンド状態が
来る!

そのようなことも
言われてます

人の動きが戻ることは
待ち望んでいることです

ですが、静けさの中で
自分と向き合う為には

賑わいはある意味
必要無いのです

静けさを求めて
何かの気づきを求めて

そういうお客さんに選ばれる
温泉ホテル

ここは変わらず
大切にしていきたい
部分なのです

10年後の子供たちに選ばれる職業となる為に

昨日、初対面ながら
オンラインで話した女性の方

ホテル経営が将来の夢
とのこと

嬉しいというか

むしろ驚きの方が
大きかったです

今まで地元の中学の
職場体験にしても

飲食・宿泊業はなかなか
選ばれない

なので人気がない
仕事なのかなぁ~

そんな風にも思ってた
だけに嬉しかったです

事実、今の中学生の
将来なりたい職業でみると

[中学生男子]
1.ユーチューバー
2.サッカー選手
3.ゲーム・クリエイター

[中学生女子]
1.歌手・俳優・声優
2.イラストレーター アニメーター
3.医師

以下、警察官や公務員

そして我々のホテル業や
サービス業はほとんど
ランクインせず

時代を反映し
安定を求めているのが
わかります

確かに宿泊業のほとんどの
方が口をそろえて言います

拘束時間が長い 

わかる気がします

私自身は雇われてるのでは
ないのでイイですけど

従業員は朝早くから夜遅くまで

最近は宴会がないですけど

朝食やってお昼の宴会準備し
下膳したら夕食の準備

夕食を片付けてかえる頃には
深夜22時過ぎるは当たり前

ホントよくやってくれてたと
思います

このような内情を中学生など
知るわけもなく

でも彼ら彼女らにしてみれば
憧れの対象でもなければ

安定してない職種に
映るのかもしれません

もちろん
これで良しではありません

選ばれるような
憧れるような職業

なければいけないのです

世の中には斜陽産業と
呼ばれる業種があります

しかし、それは
そう思ってるからそうなり

そう見られるのです

なので
選ばれないと思っていれば
やはり選ばれない

禅問答のようですが
そうでしょう

公務員はさておき

ユーチューバーや
ゲームクリエイターは

何故選ばれるのでしょうか?

いろいろと理由はあるでしょう

・稼げる

・時代を先取りしている

・注目される   とか

でも思うに
彼ら彼女らは「楽しい」

もしくは「楽しそう」
そう見えているハズなのです

ならば我々、飲食宿泊業に
関わるモノとして

現実は厳しくても
常に笑顔、明るく楽しく
するべきです

子供達からも選ばれる
職業になる為に

そして業界のこれからも
意識して常に楽しくですね

ブラックサンダー有楽製菓の河合会長と