三現主義の教えに気づく

一人でいると今月はじめに他界した
父親のことを考えてしまいます

直接、私には言わなかったものの

「パソコンばっかり見てて現場を見ていない」

そのように母親には言ってたみたいです

一方、私としてはパソコンなしに
今の仕事は進まないとの思いもあり

また多くの答えやヒントがネット上に
あるという認識もあってか

やはり手放せないツールでした

現場を軽視していた訳ではありませんが
父親のおもいの半分程度しか思ってなかった

今にして思うと
そのように感じるのです

そんなことを思いながら、車の移動中に
所属する「A4」1枚販促アンケート
広告作成アドバイザー協会

こちらを主宰し、会長でもある
岡本達彦先生

ラジオの対談で「三現主義」について
語られてました

先生はHONDAディーラーの100億を超える販促展開に関わり

それをベースとして「A4」1枚アンケート手法は生まれました

この核となっている部分が本田宗一郎氏が唱えた三現主義と言って

・現場
・現実
・現物

問題解決の答えはこの3つのうちの
どれかにあるという事で

いわゆる現場第一主義を
貫かれた方です

その現場を大事にする先生がある日
大手学習塾の販促展開を依頼されたそうです

ところが、この大手学習塾チェーンは全国に200店舗ほどあり

とても一人で現場に足を運べる状況にはありません

そこで、自身がいけないかわりに
アンケートをとるという手法で対応し

現場に行くのと、ほぼ同等の成果をあげれたのがキッカケで自身が行く代わりにアンケートでお客さんの声を拾う

ここに「A4」1枚アンケート手法が
生まれたわけです

私は宿泊時代、集客に一番力を入れてました

店舗経営での生命線でも、主客さえできれば何とかなるとの思いがありました

しかしながら、私の父を思い出すと
朝、コーヒーを淹れたり、送迎でお客さんと会話を交えたりと

常に現場を大切にしていた姿を思い出すのです

集客も大事、営業も大事
もちろん販売促進も大事です

ですが、一番見落としていけないのは
現場であり、お客さんの声なのです

父は直接、私に現場の大切さを諭したことは、ありませんでしたが

もしかしたら自分の死をもって
私に気づかせたのかもしれません

ほんと今となっては感謝の言葉「ありがとう」しか浮かびません

これからも、この三現主義を常に頭に入れ、店舗経営をされる方の集客と販促に関わっていきます

私の2つ目の進む道

昨日は2度のZoomミーティング

ともに私が所属している

「A4」1枚販促アンケート広告作成
アドバイザー協会
のミーティングでした

この組織に入っているおかげで

特に先輩(といっても年齢は私の方が上)のアドバイザーの方々と交わり

不安がまぎれることも多々あります

それだけ、のめり込めるというか?
集中できるというか?

あらためてこの協会に所属できて
ホントよかったと実感しているのです

私の目的としているのは

コロナで傷んだ不要不急と言われた
店舗来店型の業種を「A4」1枚アンケートという手法を用い集客や販促のサポートをするということです

特に心理学を学んだり、
中小企業診断士の資格をもっていたり、コンサル経験がある訳ではありません

しかしながら過去33年間

スイミングやフィットネスクラブ
そして飲食・宿泊業と店舗来店型の仕事一途です

この業界の大変さもわかるし、その喜び
酸いも甘いもわかっています

だからこそ、何とかしたいという思いと
「A4」1枚アンケートという販促手法を持ってして

他のコンサルや診断士に負けないよう
やっていこうというなのです

やる以上、勝ち負けではないにしても
負けたくない

つまり、店舗来店型の仕事に、かかわっておられる方の成果にこだわりたい

いわゆる結果にコミットするわけですが

思いだけでも、また手法だけでも
いけないと考えるのです

お店の課題は集客です

リピーターであれ、新規であれ
お店にお客さんが来てくれさえすれば

お店は存続できます

お客さんが枯渇しなければ
お店は続けられ

また、お客さんがいればそのお店は
選ばれる理由があり存続すべきなのです

そのために新たな道を選んだわけなのです


当たり前を当たり前に思わず

先週の金曜日からネット環境が整わず
スマフォでのデザリングで対応

あまりにも通信量がかかるし
山間部にいるので速度も遅い・・・

Zoomでの打ち合わせは今や当たり前に
なってきましたが

どうもこちらの通信速度が遅いせいか?

相手の方から

「パソコンの処理速度が
遅いんじゃないんですか?」との指摘

パソコンはそこそこの性能のイイのを
使ってはいるんですけど・・・

どんなにいいPCでも通信環境と
そして電源がなければ用をなしません

当たり前ですが使えなくなってはじめてその有難みがわかります

そして、これからの私自身
店舗を持たず、人を雇わずでやっていく

いわゆるノマドワークです

PC一台でどこにいても仕事ができると
いったスタイルを目指すにしても

・通信環境
・電源
・筆記用具
・移動の為の車
・名刺 など

最低限必要なものはある訳です

そしてこれからは一人ビジネス
いわゆるワンビズこそ

カラダが資本であり、健康面により
細心の注意が必要です

ネットにつながるのが当たり前
健康であることも当たり前

しかしながら、いつ何がどうなるか?
誰にも予想はできません

そうなると、この度のネット環境にしろ
自分自身の健康管理にしろ

二の手、三の手が必要になります。

一人起業はリスキーな事かもしれません

しかし

人に雇われて与えらえた仕事をやるより
私はこれからの道が性に合ってます

いい商品、サービスを持ちながら、上手く伝えれない人を正しいやり方で救う

何度かお伝えしてますが、目指しているのは見えないとことでのお役立ち

縁の下の力持ち的な存在です

より多くの店舗様へのお役立ちこそ
私がこれからの目指すところです

しかしながら

そこで生まれる商品やサービスに
関わるのは

生身の人間であることを忘れてはいけません

その人たちの健康だけでなく

より高い生産性を生むための
コンディションづくり

これらのことを手掛けられると考えると
今の状況がどうであれ

なんとなくワクワク感が生まれます

加えて本当の意味での
無いもの探しからから

今あるモノや自身のおかれた環境にさえも有難さを感じられるのです


休みの日の過ごし方は自然体で

沖縄本土復帰50周年や
1993年のサッカーJリーグ開幕など

5月15日

本日は日本の歴史上においても
そしてスポーツシーンでも

記念すべき日です

そんな日の日曜日
如何お過ごしですか?

昨日の山口県は久しぶりの晴天

本日は少し曇りですが
雨の心配はなさそうです

毎週日曜日は休みの過ごし方を
お伝えしてますが、まずは結論から

外へ出ましょう!

これです

家の中にいて何かする前に
10分~15分でもいいのです

外の空気に触れてみて下さい
気持ちが切り替わります

また、家の中であれこれと考えるより
外を歩きながら考えをまとめる

運動する効果が脳にイイことは
何度もお伝えしてきました

そしてポイントを一つ

外に出るのは「よし!行こう」と
気張らないで自然体で

肩ひじ張る必要はありませんし

「気が付いたら外に出てた」
これぐらいが理想です

休日のOFFは明日からのONタイムの為にあると言っても過言ではありません

あれこれ考える前に
まずは外に出てみましょう

いい休日、日曜日になることを
期待しております

時代の変化に対応する為にも

芸能人の訃報が続く中
驚きのニュースが目に入りました

えぇ!あのメーカーが・・・
ONKYO(オンキョー)自己破産申請

私が中学生の頃といえば
錦パレスが開業した1980年頃です

当時のオーディオ御三家といって

ONKYO
TRIO(現 Kenwood)
PIONEER

どのメーカーのステレオを買いたいか?
よく話していました

時代とともにレコードがCDへ
さらにネットからのダウンロードへ

いくら、いい音を提供できても
音楽を聴く機器が変わってしまい

ONKYOも時代の変化についていけず
やもなくといったところでしょう

いい音を提供できても
いい写真を仕上げても

時代の変化についていけなくては
行き詰ってしまう

わかってはいても、何故か寂しく感じる

そんなオーディオメーカーの節目に
思いをはせるのです

人にも寿命があるように
組織や企業にも寿命がある

そう思いたくはなくても
統計上では厳しい数字が表れます

国税庁の調査によれば
・10年続く確率は 6.3% 
 16社中1社の割合

・20年続く確率は 0.4%
 250社中1社

・30年続く確率は 0.021%
 4,762社中1社

ほとんどの会社が人の寿命より
短いことがわかります

企業が存続するには
理念が必要だとか

売上や集客、人材でなく人財など
様々な要因があります

そんな中、私ができることと言えば

・働く人の心身の健康をサポート

・店舗集客のサポート

この2つです

人はいつしか寿命をむかえ
その一生をおえます

できれば充分にやり切って
思い残すことなく終えたいはずです

会社や組織も又、同じ

・病弱なまま生きながらえる

・いつもギリギリ、ハラハラ
 不安を抱えながら生きる

できれば、このような状況は避けたいし
そのような境遇になっても乗り切りたい

その為のキッカケとして私自身がお手伝いできることがあります

店舗経営の厳しさもわかりますし
また、楽しさや喜びも味わってきました

今までは『健康経営』だけでしたが
これからは『店舗集客』もやります

店舗集客の肝(キモ)はお客さんの声
答えを持っているのは来店者の方です


 

私の二刀流、もとい2足のワラジ

外は雨模様

気がつけば5月も中旬
新緑の一番美しい季節です

そして一年前の2021年の本日と言えば
すでに梅雨入り

今年の梅雨入りも早そうですが
6月もあと少しです

そんなこんなしていると
今年も半分が過ぎてしまう・・・

月日が経つのは早いものです

ところで2022年の目標って何でした?

今年一年の目標は何だったのか?
ここで思い返してみるのもいいでしょう

また

思い出せなくても心配なしです
また新たに目標を立てればいいだけです

私の場合の一つ目の小さい目標は
思い立ったら即、行動です

そして、2つ目の大きな目標と言えば
日本の健康寿命の10歳延伸

その結果、私の頭の中ではクスリや医療に頼り過ぎない社会が見えてきます

この15年間の飲食・宿泊業について考えた場合

自分は本当に好きだったか?どうか?
今でも自問自答します

以前に、ごく数名の方から同じようなことを聞かれたことがあります

その時には「好きなので続けてます」と
言ってました

ですが、今振り返ると山口に帰るキッカケをつくってくれた父の為に続けていた

そのようにも言い換えられます

私は「2足のワラジといって
飲食・宿泊業+健康増進

そう言ってきたのも

ある意味、建前であり表向言っていたのか?どうなのか?答えは出ません

でも本当は健康増進に携わりたい

この思いは間違いなく強いというのを
ここ数日、実感してます

好きなことで食べていければ
それが一番幸せなことです

もちろん

人様から喜んでいただき、社会的に認められ、自分自身も経済的にも満たされる

これが理想的であって、今はまさにその方向へ進める段階にあります

年齢的にも今年で58歳

人生100年時代と言っても
やりたいことをやれるのは今です

これまでの
2007年~2022年の15年間

苦い経験もしてきました

ですがそれも今では、いい思い出です

亡き父が自分に与えてくれた多くの時間

そのおかげで多くの人と交わり
そして学ぶことができたのです

これまでの15年間の経験を生かす為にも今は整え、準備中の段階

そして次もやはり二刀流
イヤ、二足のワラジ

心身の健康組織の健全な財務体質と
集客力をサポートする

この両輪で2022年の後半戦を
やって行きます

これから増えるであろう病気に対して

俳優の渡辺裕之さんの死因について
奥さんの原日出子さんのコメント

「何事にもストイックで、一生懸命で
手を抜くことをしない人でした。」

「『眠れない』と体調の変化を
訴えるようになり、

自律神経失調症と診断され、
一時はお薬を服用していましたが、

またお仕事が忙しくなって
元気を取り戻したようでもありました」

(東京中日スポーツより一部抜粋)

自律神経失調症とは多くの人が
聞いたことがある病名です

わかりやすく言えば「心の病気」

精神的なストレスや生活習慣の乱れが
原因となり自律神経に乱れが生じる

それが自律神経失調症です

では、自律神経とは?なんでしょうか

それは活動時の交感神経と
リラックス時の副交感神経

緊張しすぎて常時、交感神経優位や
ゆるみすぎてたえず副交感神経優位など

これら2つの神経は適度にONとOFFが必要なのです

それぞれの神経がうまく切り替わる必要があります

上手くいかないとカラダに不具合が生じるのです

で、ここからがお伝えしたいことです

私は今まで(2022年の3月末)
このバランスを整える方法の一つとして

温泉地での保養

自然の恩恵にあやかり、心身のバランスを整えるのには最適

できれば1泊よりも2泊以上の連泊を!
今でもその気持ちは変わらないのですが

これからは温泉ありきではなく
運動、できれば運動療法です

例えば散歩(できれば朝)
ヨガなどの瞑想もイイでしょう

私も「脳を鍛えるには運動しかない」は
確かにその通りだと言い切ります

しかしながら、メンタルヘルスというか
心のコンディションを運動で整えるのは

まさにこれからの私自身の課題です

2030年、脳血管疾患やガン、糖尿病などを上回る病気

それが「うつ病」です

これからは心の病気とどう対処していくか?

医者でない私は医療でも薬でもなく
運動で対応できるよう取り組みます

少しでも薬に頼らない社会をつくる

そして日本の健康寿命10歳延伸
私の目指すところです



今後の方向性、そして私の進む道

当初は5月のGW明けから
新たな仕事をはじめようと思ってました

しかし

身内の不幸などあって
さらに1ヶ月以上は遅れそうです

それまでに何もせずにという訳にも
いきません

何度もお伝えしますが、こんな時こそ
斧(おの)を研ぐ時間

そう捉えています

よく言われることですが
段取り8分の仕事が2分

それだけ準備期間は大事という事に
なります

それまでに、しっかりと自分のスキルを
磨いておくことが斧を研ぐ時間なのです

今までは
温泉 保養 観光 健康増進などでした

しかし、これからは
自分が歩んできた業界をしっかりとサポートする

つまり

スポーツクラブや店舗経営の
縁の下の力持ち的な役回りです

目立たたないところで目立つのが
自分の美学

ド派手な生き方よりも地味でも着実に

昔のレコードで言えば
A面よりもB面的な生き方です

しかしながらあらゆる分野で
オールマイティーにはできません

自分の今までの経験は
〇1988年~2006年スポーツクラブ産業
〇2007年~2022年は飲食・宿泊業

2006年と2007年の間に実は6ヶ月ほど
ブランクがあります

この時期は旅行したり研修に参加したりなど

時間とお金を使っていろんな経験をしてました

今もまさに16年前と同じ時期です

大学のゼミの先生が言われた
言葉が今、改めて脳裏に浮かびます

それが人生で一番充実している時期が
2つあるということです

1つが就職前で
2つめが結婚前です

2つ目の結婚は何度も繰り返したりと
人によりそれぞれですが

1つ目の新たな仕事に就くというのも
結婚同様、2回3回?複数回あっていい

かつての終身雇用とは時代が違います

これからも新たな働き方や
仕事のスタイルが出てきます

なので私は今までと違い
人を雇わず、店舗を持たず

このスタイルで仕事をしていきます

ブログも錦パレスの営業の終わった店舗のHP内で
書いているので読まれれている方も違和感があるでしょう

ですが、吉本辰夫という人間に興味関心がある方が読まれているはずですので

今後の方向性を徐々にブログで
具体的にお伝えして行きます

片付けでつくる休日の有意義な過ごし方

毎週日曜日はお休みの日の過ごし方
久々にお伝えします

4月は整理、整理でそれ以外の記憶が
あまりありません

5月はいよいよ!と行きたいですが
まだまだ整理整頓が続きそうです

掃除にしろ、片付けにしろ
「やらなければいけない」

もしくは
「必要に迫られてやらざるを得ない」

そんなところでしょうけど

ある程度片付いて、いらないものを
捨てていくのは気持ちのイイものです

なので、休日におススメしたいのが
片づけ 整理整頓です

もちろん、丸一日や半日も使う必要は
ありません

一時間以内で充分です

ただし、時間を決めないとすぐに
半日つぶしてしまいがちです

大切なのは片付いた部屋や
そして整った気持ちで休日を過すことです

いらないものが占領していた
部屋や机の上や引き出し、物置き

これらが片付くと気持ちにも
余裕が出てきます

これで週明けからの準備もできますね

休日の過ごし方で週明けのスタートも
かわってきます

いい週末
そしてGWの最終日をお過ごしください


子孫の為に 美田を買わず思想を残す

偶感(ぐうかん)という言葉があります

ふと思い浮かんだ感想のことを言うそうです

私もこの度、特に3月からの数か月
いろんなことがありました。

そしてふと思い浮かぶ、いわゆる
私の偶感が

「子孫の為に美田を買わず」です

これは歴史上の偉人、西郷隆盛の残した
偶感です

【本文】
幾たびか辛酸を歴(へ)て 志始めて堅し
丈夫(じょうぶ)は玉砕するも 甎全(せんぜん)を愧(は)ず

吾が家の遺法 人知るや否や
児孫の為に 美田を買わず

☞幾たびかのつらい経験で志はかたまる
 立派な人というのは、玉となり
 砕け散っても

 瓦のように敷かれて生きるのを
 恥とすべき

 我が家の家訓は人が知っているか
 どうかは定かでないが、子孫の為に
 田畑など残さないという事である

この「子孫ために美田を」という言葉は
聞いたことがありました。

しかしながら前半部分は知らず
調べてみてなるほどだと感じるのです

一方、下記は吉田松陰先生の言葉

死して不朽の見込みあれば
いつでも死せよ

生きて大望の見込みあらば
いつまでも生きよ

これと相交わることと感じてます

西郷隆盛(南洲)の言葉は
詩吟をやられている経営者から
聞きました

その時は
子孫に美田を残さず、思想を残せ

このように記憶してます

言葉の違いは重要ではなく

その思い、何を言わんとしてるか?
その方が大事なわけです

思えば父も
「人の知恵だけは誰も持って行けない」

そんなことを聞いたことがあります

父は思想というよりも、多くの時間を
私に残してくれました

そのおかげで今の私があります

高杉晋作を敬愛する私には
西郷隆盛の存在は薄かったのですが

やはり偉人の言葉は刺さる
こういう時だけに心にしみわたります