受験生必見~頭が良くなる食べ物

お正月も過ぎ、今日から仕事始めのところも多かったようです。

我々大人と違って、受験生にはこれからが勝負の時期となります。

私も受験生の頃は大学ラグビーや箱根駅伝を見て、ほとんど勉強もせず、母親に怒られたものです。

そんな私が言うのも説得力なさそうですが、ここは健康運動指導士の立場から、カラダだけではなく頭も健康であることが大事な訳です。

本日は、頭の良くなる食べ物をご紹介致します。
これからの時期、サプリなんかに頼らず、頑張れ「受験生」!

1.頭に良い食べ物

まずは、ベースつまり土台が大事です。

どんないい家も土地がしっかりしてないと基礎が狂います。

頭も同じように、まずは脳をつくる脂肪酸、とりわけ『オメガ3』を摂取しましょう。

さらに、できましたクルクミンも!


脳をエンジンに例えるなら、エンジンという機械自体が『オメガ3』という脂肪酸。

そして、そのエンジンにカーボン(ゴミ)が溜るのを防ぐ、オイルの役割をするのがクルクミンです。

○オメガ3 / アマニ油 エゴマ油
○クルクミン / カレー

2.やる気を促すホルモン分泌の為に必要な食べ物

同じように頭をエンジンに例えるなら、そのエンジンの回転数を上げ、スピードアップを図る為には、どうすればいいのでしょうか?

その指示(信号)を出し伝える役割がホルモンです。


ちなみに、代表的なのは『セロトニン(幸せホルモン)、ドーパミン(やる気ホルモン)・ノルアドレナリン(信号伝達をスムーズにするホルモン)』の3つです。

いくら高性能エンジンでも、指示・命令がないとそのポテンシャルは引き出せませんからね。

○トリプトファン(セロトニン) / バナナ 乳製品 大豆
○チロシン(ドーパミン・ノルアドレナリン) / バナナ 乳製品 大豆

※ちなみにトリプトファンやチロシンをセロトニンやドーパミンに変換するためにVB6(ビタミン6)が必要になってきます。

○VB6 / バナナ レバー 

バナナは万能のようですね!

3.ポジティブシンキングに必要な食べ物

さて、ここからは高性能エンジンのポテンシャルを最大限に引き出すドライバーに例えを変えます。

コーナーを攻めるか? 一気にまくるか? 不安があってはいけません。前向きでポジティブに!!です。

その為に必要な、ブドウ糖をエネルギー変換する為のビタミン、VB1(ビタミンB1)や気持ちの落ち込みを食い止めるZN(亜鉛)は大事です。

○VB1 / 豚肉 大豆製品
○亜鉛 / レバー アーモンド ゴマ

4.記憶力を高める為の食事

レースでは、コースがどのようになっているのか?あらじめ頭に叩き込んでおく必要もあります。

受験も同じです。

記憶を高めるにはビタミン3が豊富な食べ物がお勧めです

○ナイアシン(VB3) / きのこ アーモンド レバー

5.本番であがらないよう、冷静沈着な気持ちを保てる食べ物とは

レースでもプレッシャーが、そして受験も平常心で臨めば本来の力が発揮できるのですが、会場の雰囲気や周りの受験生を見ると浮足立ってしまいます。

そうならない為におすすめな食べ物です。

○GABA / トマト キムチ 納豆
○カルシウム・マグネシウム / アーモンド うなぎ

6.バランスを意識し、仕上げはコンデショニング

記憶力を上げたいからといってアーモンドばかり食べたり、またやる気が大事といってバナナや牛乳ばっかり飲んだりはお勧めしません。

これらの製品を少しずつでもいいので、バランスよく一週間の中で少しずつ摂るようにしましょう。

もちろん、摂らない、摂れない日もあるでしょうが、一週間の中が目安です。

そして、大事なことは、どんなにバランスよく食事を気を付けても勉強の質と量が伴わないと合格は難しいでしょうし、またその逆にどんなに勉強しても、食事がおろそかだったら厳しい結果となるでしょう。

健康な脳を意識し、ぜひ本番では充分な結果を出してください~応援してます!!


十年はひと昔(前職時代の大先輩の退職に思う)

もう、前職(セントラルスポーツ株式会社)を離れて、14年も経ちます。

十年はひと昔といいますが、思い起こせばいろんな事がありました。

その大好きなセントラルで、尊敬する大先輩が退職されました。

思い出せば、自分が今の職について、7年目の初夏。
わざわざ東京から訪ねて来てくれて、嬉しかったと同時に周りに対しても鼻が高かったのを思い出します。

辞めても、前の職場の人が訪ねてきてくれる
当時は当たり前のように思っていました。

1.出向時代に経験したこと

前職時代に一時期、出向でオリエンタルランドへ行ったこともあります。
その時、スポーツクラブの会員さんが母娘でわざわざ訪ねてきてくれました。

自分としては出向の肩身の狭い立場でした。
なので、訪ねてきてくれたことはわかっていながらも、挨拶だけしてさっさとポジションに戻ろうと思ってました。

そして、私が戻った後も、その会員さんは帰らず、ディズニー側のスタッフにドリンクをサービスしてもらったりするのを見てホント申し訳なく「あぁ~ジュースなんて飲んでないで早く帰ってくれないかなぁ・・」と思いながら、さらに一段と肩身が狭くなったことがあります。

しかしその時、ディズニー側のスタッフが言った言葉が、実は驚きでした。

私「スミマセン ご迷惑お掛けして・・・」

ディズニースタッフ
「吉本さん、何を言ってるんですか、素晴らしいじゃないですか! 社内報にものせたいぐらいの感動すべきことなんですよ」

「しかし、私のあのサービスで良かったでしょうか? できる限りの事はしたのですけど」と。

さすがディズニー 感動させる人は見方、考え方が違うことに驚きをおぼえた訳でした。

2.人との出会いこそ大切な瞬間

あの時のディズニー時代が2003年

そして大先輩が訪ねてきてくれたのが、2014年

わざわざ時間とお金を使って、訪ねてくれることの意味をあの当時は、わかったようでよくわかってませんでした。

しかしながら、人との縁
簡単に言葉にできますが、今改めてその意味を考えます。

そして、今年一月、私の大切な人が訪ねてこられます。

今度こそは、自分の為に、わざわざお金と時間を使ってきてくれることに深く感謝し、当たり前を当たり前と思わず、大切な時間を過ごしたいと思っております。

3.自由の中の不自由さ

そして話は戻りますが、昨年の12月にセントラルを退職された大先輩、Nさんが言われた言葉に深く考えさせられることがありました。

それは
「今、辞めて改めて思うことは行く会社があるということ、そしてやることがあるということは安心感がありました。」

「そして今は自由の中の不自由さを実感してます」と

とても深い言葉だと思います。

我々仕事があれば、忙しい、思うようにならない、面倒くさい、せんない(山口弁で面倒のようなニュアンス)、全く・・など愚痴や不平不満が無意識に口をついて出ます。

しかし
大先輩の言葉を聞き、改めて仕事があることの有り難さ、従業員が頑張ってくれることの有り難さ、そして自身が健康で働けることの有り難さなど様々な当たり前に感謝しなければいけないことを痛感します。

私と年はちょうど10歳違いですが、人一倍、いや2倍から3倍以上は相手に気を使い、明るくちょっと天然が入っていて、それでいて優しいN大先輩。

ほんとセントラルに入て、そしてこうやって辞めた今でも関わり合いが持てること、そしてこのことを決して当たり前と思わず、感謝の気持ちを持って明日からの仕事へ全力で臨みます。


令和初のNHK紅白歌合戦を見て思う

久々に実家で年末を過ごすこととなり、ゆっくりとTVで紅白歌合戦を見て、その後に「行く年くる年」を見る予定でした。

しかし、紅白歌合戦があまりにもつまらなかったので、さっさと寝てしまいました。

1.記念すべき節目の70回に過去最低の視聴率

過去最低といっても視聴率37.3%は凄い数字です。

しかしながら、かつては70%を誇っていたお化け番組も、その当時から比べれば半分近くに落ちてしまった訳です。

NHKだから視聴率は関係はないものの、そこまで客離れが進むと民間ではアウト!ですよね。

では、なぜ過去最低の視聴率となったのでしょう?

2.お客さんの求めている紅白と提供側の内容のミスマッチ

一家に一台の時代から各家庭にテレビは複数の時代。
テレビ離れでネット依存大。

いろいろ言われてますが、私が紅白を見てわずか5分足らず「何やってるの??」が最初の感想です。

歌番組か?バラエティーか? ラグビーの日本代表はゲストでいるわ・・提供側のNHKは、幅広い世代人々へ届けなければいけない訳で、ここが難しいところです。

我々は平均視聴率70%の昭和の頃の紅白歌合戦を見たいのであって、何でもかんでもテンコ盛りの番組を見たいのではないのです。

3.紅白の視聴率に迫る箱根駅伝

迷走感のある紅白に対し、余分な演出は一切なしの箱根駅伝。
優勝をかけ、シード権をかけ必死に走る選手たちの素の表情。

掛け値なしの全力を出し走り切る駅伝は、まさに筋書きのないドラマです。

視聴率という呪縛に縛られ迷走するNHK紅白と、その一方選手たちの全力で走るドラマを毎年中継する箱根駅伝。

時代とともに変化すべきものと変化してはならない不変のもの。

ここに人が共感する、求めているものがあると思います。

4.古豪復活、明大ラグビー

子供の頃から好きだった紫紺の横じまジャージの明大ラグビー。

かつての明治は重戦車と言われる重いフォワードが主力でした。

華麗なパスワークは早稲田のお家芸で、明治はひたらすハイパント(高くボールをけって前進する)を蹴っては前に突入するスタイルです。

それが今の明治は、バックスのパスワークも早稲田なみにきれいに展開するようになり、そしてハイパントと前進だった重戦車フォワードもパスを繋ぐようになってました。

名勝・北島監督が去って昨年の大学選手権を制するまで、22年間の歳月がかかったわけです。

従来の強力フォワードに、早稲田なみのバックスの展開力という古きよきスタイルに新しい力が加わる。

NHK紅白歌合戦も、大事な部分(歌が主体)を変えすぎてしまったのかもしれません。

筋書きのないスポーツの世界が、迷走から抜け出すヒントを与えてくれるようです。


お正月の食べ過ぎ解消に

おせち料理やお雑煮、数の子にイクラと炭水化物やプリン体が多い、あまり健康にはよろしくない食事がこの3が日は続きます。

年に一回だから良しとするか?

イヤ、せっかく留意してきた健康な状態を崩してしまうので、少量で我慢するのか?

選択が迫られます

ほとんどの方が食べ過ぎてしまい、その結果は体重増となってしまう・・・残念な結果に。

体重計に乗ってガッカリする前に、食べ過ぎた後の簡単な対処法をお伝え致します。

1.食事のバランスを変えてみましょう

朝・昼・夜の食事バランスで、ありがちなのが朝3・昼3・夜4のパターンです。

理想は、朝3・昼5・夜2 がダイエットに効果の高い食事バランス

そして食べ過ぎた場合は、夜を思い切って2から1へもしくは0でも構いません。

2.夕食、夜の食事はどうすれば?

欲しくない時は無理して食べないでください。

カラダは正直なので、自分のカラダの声を聞いてあげましょう。

しかし
どうしても、飲まず食わずは不安という方は、軽く白湯(さゆ)を飲むかして消化を助けるようにしてあげましょう。

3.夕食にお酒を飲んで食が進んでしまいました・・・

夕食を食べ過ぎたら、翌日の朝食を抜くか、軽く抑えるか?ですが、飲み過ぎ食べ過ぎは睡眠の質をも悪くします。

お酒と一緒だった場合は、食後にウーロン茶(約1リットル)を飲みましょう。

4.軽い運動もお勧めです

朝のテレビ体操や軽いウォーキングなど、飛んだり跳ねたりで地面から衝撃を拾うようなものは避ければ、適度な運動は胃腸を刺激し消化を助けます。

5.消化を助ける魔法の水

答えを言えば、温泉水です。

つまり「飲泉」

飲泉にも、食前に飲んだ方がいい泉質もあれば、食後に飲めば消化を助ける泉質もあります。

【食前】塩化物泉 炭酸水素塩泉

【食後】含鉄泉 放射能泉

もちろん湯船のお湯ではなく、きちんと飲泉許可がとってある温泉水を飲むようにしましょう。

当館と姉妹館である、そうづ峡温泉「元湯・憩の家」では、飲泉所があります。

ぜひ飲泉をされてお正月で疲れた胃腸をいたわってあげることをお勧め致します。


新年の抱負

明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞこのブログをご愛読頂けますよう、宜しくお願い致します。

さて
一年の計は元旦にあり

そして
本日、一月一日は一年の目標を宣言する日でもあります。

私自身の目標

1.今年一年、訪れる方に「元気」に接し、日々喜んで働きます

もう一度、一期一会(いちごういちえ)の意味を思い出しながら、訪れた方に出会いの意味を感じて、気持ちのイイ感謝の挨拶で接します。

また
別れ際には、次回会えることが有り難いことであると認識し、深いお礼の意を込めて一礼致します。

ただ頭を下げるだけでなく、自分自身でその出会いの意味を感じながらの一礼です。

2.明るく元気に

子供の事のようですが、これができなければ職場の雰囲気は沈滞します。

良い時、悪い時といろいろあるでしょうが、気持ちの在り方が大事です。

自分の得意分野でもある健康についてもフィジカル(肉体的)よりもメンタル(精神面)を重視しているので、自分自身がたえず明るく元気に過ごすことを気を付けます。

3.人生はドラマ、その主人公は自分自身

当たり前のことですが、自分劇場の主人公は自分ですし、自分の会社で起こるイイこと悪いことはすべてドラマのワンシーンなわけです。

凹んだ浮かない顔をしていても、運は逃げていくばかり。

今までの人生55年間の中で、一番明るく、そして多くの人に元気を配れるよう2020年を過ごしていきます。



新年おめでとうございます

明けましておめでとうございます。

昨年はラグビーワールドカップに日本中が沸きましたが、本年はいよいよ4年に一度のオリンピックが開催されます。
また数々のドラマと感動が生まれる年となるでしょう。

そして
皆様方も 新しい年を迎え「今年は良い年に」と思われている事と存じます。

我々も2020年が皆様方にとって健康で充実し感動に満ちた年となるよう、全力で出し惜しみのない接客・サービスを心掛けてまいります。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

令和2年元旦
有限会社 そうづ峡開発
代表取締役 吉本辰夫


家庭用のお風呂にチョットした工夫を!

例年より暖冬の感じもありますが、やはり12月、寒さは身にしみます。

冬は寒さだけでなく、お肌も乾燥しやすい時期です。
温泉でしっとり美肌の湯に入れば、お肌も心も満足がいくところですが、なかなか温泉へ行けないあなたへ

家のお風呂でもお肌のケアにひと工夫できますょ

1.水道水の塩素が肌荒れの原因をつくります。

水道水は、安全衛生上「塩素」が入ってます。

漂白剤やスポーツクラブのプールなどにも入ってます。

入ってない方が好ましいのですが、安全衛生上は入れざるをえません。

実は、この塩素が肌荒れの原因の一つです。

2.簡単なのは入浴剤で塩素を緩和しましょう!

です!!

塩素を中和すれば、肌荒れも防げます。

よく入浴剤は温泉程の効果はない!と言われますが、効果効能は劣っても塩素を中和する効果はあるのです。

値段は安い、高いはあっても医薬部外品の表示があれば大丈夫です。

お気に入りの入浴剤で、この年末に温泉気分を楽しんでみるももお勧めです。


冬の朝、スッキリと目が覚める為の大切な事

だんだん寒くなると朝起きるのが辛くなる時期です。

朝、目が覚めたらカーテンを開け朝日を入れ、窓を開けて外気を入れ、そして軽くカラダを動かしながら徐々に起こしていく・・。

しかし、しかし睡眠時間が一日7時間あっても、日中に眠くなったりなどありませんか?

また、この時期は特にコタツに入って、ついついうたた寝・・・気持ちがイイのはわかりますが、お勧めできません。

気持ちよくスッキリと目覚めることができるよう、入眠前に気おつけるべきことをお伝えします。

1.寝る前には、やり残したことや心配事を抱えたまま寝ないこと

心配事や不安を抱えたまま、寝るとカラダは寝ていても頭は動いた状態になってしまいます。

例えば、寝巻きに着替えず、仕事から帰った状態でそのままベッドの上で寝てしまったり、またその逆に今度は休日に家の中でズゥ―とパジャマのままで過ごしたり・・・。

いけませんね!

寝る時は、頭の中をきちんと完結させ、そして寝る環境をつくって入眠しましょう。

2.不安や心配事がなかなか頭から離れません・・・

わかります。

ノルマが達成できない
資金繰りが間に合わない
職場での上司との折り合いが明日はどうだろう

いろいろあります。

しかし、いつまでもネガティブに考えて寝に入ってはいけません。

よく言わるのは、不安な事は紙に書きだすと、「意外とこんなものか」と気持ちが軽くなると言われます。

しかし
私はあまりこちらはお勧めできません。

ではどうすれば
笑うのです!!

笑顔の効果は抜群です。
「明日は良い日になる」と微笑みながら想像し気持ちよく寝て下さい。

3.寝る前だけでなく日中の過ごし方も大切

これは、あまり言われてませんが、あまり根を詰めて頑張りすぎると、いくら休んでも寝たりないという状態です。

例えば徹夜明けや長時間のドライブの後など、その日しっかり寝たつもりでも翌朝スッキリと起きれない場合があります。

私も週1回は宿直があります。
日頃寝ている時間に、週一回は起きているので、次の日はなかなか疲れが抜けず、日中に仮眠をとっても、すぐ疲れてしまいます。

日中、こまめに休憩をとることで、疲れを溜めないようにすることが大切です。

無理な頑張りは、ボディーブローのように、じわじわ利いてくるものです。

4.軽い運動がお勧め

睡眠以外に頭をリフレッシュするのが、運動です。

ハードな運動でなくても軽いジョギングやTV体操、ウォーキングなどで充分です。

運動には、昼寝とおなじような脳をスッキリさせる効果があるので、長時間のデスクワークや運転時など適度にカラダを動かせば、頭もスッキリしてきます。

ポイントは日中に1時間~1時間半に一回程度のの休憩を兼ねた軽い運動をすることで、日中の疲れがボディーブローのようにカラダに残ることを防げ気持ちよく睡眠に入れるはずです。

さて
もうすぐ2020年、新年を迎えます。

新しい習慣をつくるには、ちょうど良いタイミングとなります。

ぜひ、気持ちのイイ朝を迎えられるよう、寝る前だけでなく日中の過ごし方にも工夫をしてみましょう。


講和「わが社の目指す健康経営」 

一昨日、下関市中央倫理法人会で講和の機会を頂きました。

年内最後のモーニングセミナーでもあり、また県内でも数多くの歴史の転換期となった場所・下関での講和となり気合も入りました。

内容は、いつもと同じ健康経営ですが、優良法人の認定を受けることがゴールではなく健康な職場の雰囲気が、会社の数値を変化させていくことをお伝えさせて頂きました。

1.前職に見た従業員が辞めていく本当の理由

健康・人間関係・経済(お金)が人の悩みのベスト3ですが、以前の職場の退職理由のダントツ1位は「人間関係」でした。

退職届には一身上の都合によりとありますが、その8割は人間関係こそが見えない理由、ダントツだったのです。

そんな意味でも、社内のコミュニケーションをいかに良好にするか?が健康経営の肝になると考えます。

人が辞めない為にも、人間関係・コミュニケーションは大事になってくるのです。

2.優良法人の数が増えれば、健全な会社は増えるのでしょうか?

健康経営の一つのゴールは、財務諸表の健全化にあります。

会社の売上や利益を上げるには、厳しくノルマを課せたりで上げることもできるのでしょうが、それだとメンタルが折れます。

何故、今健康経営なのか?といえばこれは深刻な人手不足です。


一人が一人分の活躍ではなく、1.2倍、1.5倍できれば2倍の生産性を上げることができれば、従業員が10人から8人に減っても生産性は下がらないこととなります。

〇10人×1人前 =10人分の生産性
〇9人×1.2人前 =11人分の生産性
〇8人×1.5人前 =12人分の生産性

人数が減っても、一人一人が一人前以上の活躍をしてくれれば、人手不足は補えることとなります。

しかしその一方で朝食を摂らない、睡眠不足、風邪をひきやすいなど生活習慣からくるコンディションの悪さは、生産性を下げてしまいます。

そしてさらに、職場の雰囲気が重っ苦しく、どこかで誰かが人の陰口を言っているような陰湿な職場なら間違いなく各々のパフォーマンスは落ちてしまいます。

〇10人×0.9人前 =9人分の生産性
〇10人×0.8人前 =8人分の生産性

生産性が下がる原因としては、今の健康経営で言っている生活習慣の乱れ(食事や運動不足からくる場合)もありますが、その一方で職場の雰囲気、コミュニケーションの気薄さが生産性を下げる場合もあります。

3.本当に配慮しなければいけないのは、カラダの健康以上に心の健康

間違いありません。

HbA1CやɤGDPやコレステロール値など健康診断の数値も大事でしょうが、目に見えない数値化できないモノ、いわゆる職場の雰囲気は大事です。

 例えば「元気 やる気、明るさ」に満ちた職場であれば、間違いなく生産性は上がるでしょう。

4.目に見えるカラダの健康と目に見えない心の健康、どちらが先か?

目に見えない数値化できない職場の雰囲気を改善できれば、生産性は上がり、そして目に見える部分である売上や利益が上がることで財務諸表の健全化へ繋がります。

しかし優良法人認定を先に取ったからといって、また従業員に検診を受けさせたり、運動の機会を与えたりして目に見える部分を整えれば、目に見えない数値化できない職場の雰囲気は改善できるかどうか?といえばできないとは言わないまでも難しいと言えます。

まずは、目に見えない部分(心の健康)への配慮があって、次に目に見える部分となります。

例えば旅行するにも、ハワイと沖縄同時に両方へ行けないように、まずはどちらか先(国内旅行が先でその後海外へ)となるわけです。

5.では、目に見えない部分の改善をする為には?

ミラー現象が分かりやすいです。
鏡の自分は、自分が笑わない限りは鏡に映った自分は笑いません。

人間にはミラーニューロンという細胞があり、赤ちゃんがほほ笑むのも親が笑うからそれに赤ちゃんのミラーニューロンが反応しほほ笑むという訳です。

つまり、職場を雰囲気をよくするにはトップが、リーダーが明るく、元気とやる気で満ちていないと従業員は明るく活気に満ちてこないという訳です。

ウソでもいいのです。最初は「つくり笑顔や空(から)元気」で充分なのです。

6.上がり目と下がり目

これは、私が尊敬する方から教えてもらった言葉です。

この方は、23歳の時からコンサルとしていろんな社長と交わってこられ、経営者には2つのタイプがあるという結論に至ったそうです。(彼は私より1つ下なので、今現在は54歳です)

そしてそのキーワードは「永続的」。

一時凄くっても、その後ダメになった社長を「下がり目」

しかし、今は未だ全然だけど、徐々にだんだんともしくは何かのキッカケでグゥーと上がっていく社長を「上がり目」

この2つのタイプに分かれるそうです。

そして軸が今の下がり目社長は、今どうであるか?今どう見られているか?におもきがあり、すぐ実を取ろうとするそうです。

しかし
軸が未来の上がり目社長は、目に見えないところに価値を置き、根っこを張ることにおもきがおかれるということです。

7.目に見えない心の勉強をする経営者の集まり

それが倫理法人会です。

手前みそのようですが、ホントのことです。

例えばセミナーでも、集客の仕方 売り上げの上げ方、管理会計とは?などほぼ「やり方」ばかり。

一方、そのやり方に対し在り方、つまり心の在り方、気持ちの持ち方を学ぶ会は私の知る限り宗教か倫理法人会しかありません。

なぜなら、どんな立派な家も基礎の弱い場所では立ちませんし、ウニ・ホタテ・イクラなど具が素晴らしい海鮮ラーメンもダシが利いてなければ美味しくないように健康経営もまたしかりです。

それは、 優良法人をとった会社が素晴らしのでなく、従業員の心に配慮し自らの心の在り方を学び、心の健康経営(目に見えない根っこに水をやり育てる)がまず大きな土台になることは間違いありません。

倫理で言う「喜働(きどう)」、喜んで働くことこそが健康経営には大切な訳です。
その為には、トップがどんな時でも「作り笑いとカラ元気」で職場の雰囲気を創っていくべきです。

倫理法人会の素晴らしい諸先輩方に囲まれて