これからの健康運動指導士のあるべき姿

久々の外食
行く場所はきまって寿司屋

一人で食べていると
いきなり

「お食事中、スミマセン
もしかしたら吉本先生?」

お会いした方とは
わかるものの

名前が出てこない

「市の健康づくり教室で
おせわになった者です」

やっぱり!

嬉しいです
おぼえていてくれて

たった一回の講習ながら
ホント感謝です

私は年に3回
岩国市の特定保健指導の
運動分野を担当してます

1.特定保健指導とは

特定検診で生活習慣病の
発症リスクが高い場合
(腹囲男性85㎝ 女性90㎝目安)

それらの方の食事・栄養面の
サポートは管理栄養士

そして運動面に関しては
我々、健康運動指導士が
担当します

2.運動指導、依頼の経緯

前職はスポーツクラブ産業
ですが

今は飲食・宿泊業

いわば現役で運動指導を
しているわけではありません

3年前に岩国市より
依頼があった時



「今は現役ではないし
県内にも140人以上の方が
いますょ」

「岩国でも何人かいらっしゃる
のでその方達は?」

市担当者いわく

「登録はされてても活動
されてない場合が多いです」

つまり

資格は取っていても
それを生かして活動してない

そんな感じなのだそうです

当時、私は山代健康大学と
いって市民運動サロンを実施

その経緯もあり
運動指導の依頼が来たのです

3.これからの健康運動指導士の姿

私が資格取得をしたのは
平成20年5月

この年は前期・後期高齢者
そしてメタボリックという

この2つの言葉が世に出た
年でもあります

太っている人がメタボでは
なく

代謝(カラダの脂肪を燃やす)が
上手くできない人を言います

あの当時から今に至るまで
メタボからフレイルなど
(運動機能の低下)

言葉の変化だけでなく
個人から集団へと

アプローチの仕方も
変わりました

さらに今後
糖尿病予備群1,000万人

しかし
認知症予備群400万人

どちらも生活習慣病の
延長ながら

認知症予備群の数が
気になります

つまりメンタルヘルスへの
関わり方も求められます

4.認知症予防の為の運動

筋力トレーニングや
心肺機能を高めたりなど

運動の種類もいろいろと
ありますが

こと認知症予防となれば
私が一押しするのが

外でのウォーキングもしくは
ジョギングです

スポーツクラブなどでの
マシンをつかってではなく

あくまでも「屋外」であることが
大事

何故かといえば
目から入ってくる情報の
遠近感を処理するのが

脳の中の海馬

認知症の場合はこの
海馬をやられます

なので、ここを使うことが
大事なわけです

5.運動指導で大切にしてること

私が運動指導でいつも
お伝えするのは

楽しくなけば継続なし

アスリートを目指し
1/100秒を競うのでもなく

健康維持と向上が目的です

となると継続するためには
楽しくないと続きません

また、運動の成果はすぐに
あらわれません

だからこそ一人で続けるのは
難しい

数年前から国も個人から
集団へアプローチを変え

地域のサロン活動が盛んに
なるよう仕向けてます

私はこれからも
運動指導に関わり続けます

それは少数でも
私の指導を喜んでくれる方が
いらっしゃるからです

温泉に入って気持ちスッキリ

運動して気持ちよく汗をかき
気分爽快

とちらもメンタルヘルスに
寄与できるから

だから関わり続けるのです



莫煩悩(まくぼんのう) モヤモヤを吹き飛ばす方法

新聞のスポーツ欄を
見ると

カープ森下、暗雲払えず
6失点の見出し

負けたのか・・・

久しくプロ野球は
見ておらず

カープが何位ぐらいか?
と見てビックリ

最下位

サッカーのような入れ替えは
なくても

悪夢というか

リーグ優勝の頃が
遠い昔のようです

でも、どん尻というか
後がないというのは

実は最強

加えて悪夢の振り払い方など
触れてみたいと思います

1.後がないのは上がるしかない

当たり前ですが今以上
下がらないのですから

ある意味「強い」です

しかし
ここで2つに分かれます

・開き直って奮起するか

・過去のネガティブの経験から
 先を案じてズルズル行くか

このどちらかです?
つまり、選べるわけです

一念奮起したいですよね☆彡

2.今こそ莫煩悩(まくぼんのう)

歴史をたどれば
鎌倉時代

元寇が攻めてくる脅威に
国がされたとき

時の執権、北条時宗は
若干23歳

その彼に高僧、無学祖元が
贈った言葉

莫煩悩(まくぼんのう)

煩悩することなかれ

煩悩とは迷いや苦しみと
なる心のけがれとあります

つまり、勝手に自分の
頭の中でつくる幻想です

人は未来をズバリ予測など
できません

又、悪い不安の9割は
現実には起きない

そのように精神科医も
言ってます

3.悪夢・・・夢なら覚めます

野球なら5点差リードで
迎えた9回裏

満塁ホームランと
さよならヒットで

まさかの大逆転

悪夢を見たようだ

悪夢でも野球人生は
終わるわけでもなく

故・野村監督に言わせれば

「負けに不思議な負けは
なし」です

必ず原因あっての
結果なわけです

カープの最下位も
会社の不調も

そして自身の健康の
不具合も

悪夢でも不思議でもなく
原因あっての結果です

そして夢ならすぐ覚めます

4.側坐核のスイッチを入れよ!

莫煩悩、頭のモヤモヤを
断ち切るには

頭の中では
断ち切れません

つまり頭の中では
モヤモヤは解決しません

朝起きるとき
「もう10分寝てようか」
「睡眠不足なのでもう少し」

いろいろと考えます
これがいわゆる煩悩

解決するには動くのです
動くしかありません

動けば脳のやる気スイッチ
側坐核(そくざかく)が動き

苦にならなくなります

5.リセットには温泉もあり

例えばプロ野球

シーズンが終わり次を
目指す場合

キャンプや山籠もり
温泉やプールで水泳など

野球を離れてリセットする
場合があります

環境変われば考え方も
変わる

そんな意味でも
家庭のお風呂

もっと言えば自然に囲まれた
温泉こそ

リセットするにはふさわしい
場所なのです

最後は手前味噌で締めましたが
日々のリセットは

シャワーでなく
湯船にゆったりつかりましょう

自分にあった温泉の選び方

夏の暑さが忘れられ
外は秋雨模様

今週末に連休を
控えるものの

どうなることやら

そうは言っても宿や温泉地側の
不安をよそに

やはり秋は温泉の
メイン・シーズン



日帰りやお泊り問わず
出かけられるはずです

そこで本日は私、吉本が
温泉利用指導者として

温泉の選び方を
わかりやすくお伝えします

1.ロケーションで選ぶ

海または山に大きく
別れます

どちらがいい、悪いという
こともなく

どちらを選ばれても
いいでしょう

むしろ気にして欲しいのは
周囲の環境

例えば
・遊歩道がある
・展望台がある

解放感があり温泉浴以外に
日光浴や森林浴ができる

温泉地の周囲環境は
転地療法の面でも大切です

2.設備や規模で選ぶ

料理で言えば品数

お風呂で言えば内風呂や
露天風呂の数で選ぶ

そんな方も多いはずです

特に露天風呂は
家庭風呂<銭湯<露天風呂

このようにリラックス時の
脳のα波が増幅
(カラダにプラス)

なので露天の数が多い方が
いいようですが

数が多ければ人も多い

芋を洗うような状況は
無いとは思いますが

やはり人が少なく静かな
場所が落ち着けます

3.泉質で選ぶ

よ~く聞かれます

しかし温泉の効果効能では
ある意味あまり重要でなく

むしろ成分が強かったり
強酸性(PH2未満)や
強アルカリ(PH10以上)は

カラダに疲れを残すので
連泊がおススメです

それぞれの泉質は特徴が
あるのですが

薬のように即効性があり
副作用もありませんので

ご安心の程

4.日帰りから宿泊か

自宅から30分以内でしたら
銭湯感覚

車で1時間30分以上なら
泊りをお勧めします

せっかく時間と
お金を使うなら

できれば泊り
それも2泊以上がおススメ

なぜなら一泊よりは
2泊以上の方が

・痛み
・睡眠の質
・食欲
・疲れ

これらが改善された

つまりQOL(生活の質)が
改善されます

温泉を泉質で選ぶより
立地やロケーションで
選ぶことをお勧めします

昔は慢性疾患の治療など

医学が発達してないころの
温泉の目的と今は違い

どちらかと言えば

ストレス解消と
リフレッシュ

そしてメンタルケアにも
最適だと

いつもながら
お伝えするのです

そうづきょう温泉・元湯憩の家

免疫ケアする飲み物とメンタルケア

キリンのイミューズが
売れてます

なぜ注目されるのかは
一目瞭然

免疫機能の維持を
サポート

特に今の時期
気になる言葉です

キリンは免疫ケア
呼んでますが

なるほど
いいネーミングです!

免疫力アップとか
免疫力向上だと

薬事法に
抵触しかねません

加えて今の時期

ワクチン接種がいろいろ
言われますが

ワクチンも言ってしまえば
抗体をカラダに作ること

免疫細胞活性化も
同じようなものです

キリンビバレッジHPより

免疫でよく知らるのが
笑うことで活性化される

NK細胞

がん細胞や
ウイルス感染細胞など

見つけ次第攻撃する
リンパ球です

このNK細胞を含め
あらゆる免疫細胞の
働きをサポートするのが

プラズマ乳酸菌です

キリンビバレッジHPより

これだけ免疫細胞が
活性化すれば充分のようです

で、ここまではキリンの
イミューズの解説ですが

私が注目したのは

この免疫ケアの
プラズマ乳酸菌

これを自社だけでなく
森永のチョコレートや

オリヒロの
こんにゃくゼリーにも配合

他社と手を組むことで
市場拡大を狙うという

マーケティング戦略

そのことも
さることながら

こういう時だからこそ
飲料・食品業界の為となる

その技術・商品力を
提供すること

この想いに共感するのです

我々も温泉施設を
預かる身

ただ、温泉に入って
帰ってもらうだけでなく

健康増進や
メンタルヘルスに寄与し

免疫ケアだけでなく

メンタルケアが
できるのが温泉

豊かな自然環境の中にある
天然温泉こそ

人工温泉にない
効果効能だけでなく

心を癒すことが
できるのです

そうづきょう温泉・四季の広場

いつもながらお伝えする

理由なく行きたくなって
しまう温泉

カラダのケアはサプリや
薬でも可能でしょうけど

心のケアはやはり
温泉

私はだからこそこのブログで
発信し続けます

それは温泉地に行くことが
不要不急の外出でなく

「あぁ~温泉に行きたい」

この声は待ったなしの
ある意味ギリギリ状態

心が欲している
状態なのです

そうづきょう温泉へとは
言いません

ご自宅から近くの温泉

それも天然温泉に
浸って下さい

気分一新

湯上りには
カラダだけでなく

心も軽くなっているのを
体感できるはずです

群馬県・草津温泉の湯畑



頭を休める清流そばのパワースポット

本日は日曜日
サービス業は休みでなくても

世間一般はお休みの日

ですので固苦しい内容を
避け

わかりやすくお伝えします

テレビを見なくても

ネットには様々な情報が
あります

ビックデータで個人の嗜好に
合うような内容を表示して

するとついつい見て
しまう・・・

もちろん私もその一人です

時間を無駄にし
その後に後悔すること多々

どうしても情報過多の波は
防ぎきれません

しない
やらない
できない

この否定言葉に人間の頭は
認識しにくいといいます

なので無理して情報を
遮断するのは

ネット環境に接している
限り難しいのです

(と、いつもの調子で
ちょっと固くなりました)

となるとカラダだけでなく
頭(脳)にも休息が必要です

以前のブログで
ボーとしている必要性

デフォルトモード
ネットワーク

車で言えばギアが入ってない
ニュートラルの状態

この必要性について
述べました

情報が入らず
雑踏もなく

聞こえるのは自然の音のみ

そんな脳の休息日に
ふさわしい場所

それが当館裏手にある

清流そばの
パワースポットです

この場所
さやの神といって

道祖神が祀られてあった
国境の場所です

子供のころから私たちも
「さやんと」と呼んでおり

さやの神がなまったものと
聞いてます

また強い岩盤の為
長年の川の流れでも削れず

大きく川の流れがヘアピン上に
蛇行してます

また昔は
医徳庵(いとくあん)という
禅寺があったとのこと

土地自体、かなりのパワーが
あったこともわかります

静かな川の流れ
風の音

そして鳥の声など

今ならまだ蝉の声が
聞こえます

頭を空っぽに
ボーとして休めるには

最適な場所

もちろん宿泊しなくても
体感できますので

ぜひお近くにお越しの際は
お立ち寄りください

社長こそリモートワークをするべし

温泉地でテレワーク

モニタープランなので
いろんな声が聴けます

やってみたいという
人が多いながらも

自宅以外での仕事が
認められてる組織は

まだまだ少ないようです

コロナ過で急速に進んだ
テレワーク

導入にはまだまだ壁がある

そんな印象を受けます

もちろんWi-Fi環境が
あることは必須ですが

当館はロビーや館内は
フリーWi-Fiですけど

各部屋には電波が
届きませんん

なので

希望者にはルーターを
貸し出しての対応

「田舎にいてもネット環境が
あるのはいい」

そのようなお声を頂きながら
一方

ご自身次第ですが

・デジタルデトックスもでき
・ネット環境で仕事もできる

この選べるのがいいとも
言われ、なるほど

かっこよく言えば
二刀流です

また
部屋は和室が主体なので
長く仕事をするには不向き

ですがロビーや
さらにこの度から

テーブル席の仕事部屋も
解放

ルーターを貸し出してるので
もちろんアウトドアでも可能

あらゆるところで仕事が
できます

そんな中
社長が社外で仕事をすれば

任せっきりして
圏外の場所にいることで

現場は社長に頼らず自分達で
考えるようになるので

社員の自立を促進できる

そんな声もありました

私自身が考える
ひとつの理想形は

時間に縛られず
自然に自由に考えられる

その為の時間を持って欲しい

これが想いなのです



私の知ってる方ですが
その方は海が好きですが

考え事をする為だけに

箱根の山中にある
高級旅館に泊まります

海が好きなのに
山を選ぶ??

それも一泊7万~8万

最初その話を聞いた時
???でした

でも理由は深く
うなずけます

それは考え事をする為に
泊まるからです

その方いわく

お風呂に入り遠くの
山並みを見ていると

その山が自分に
話しかけてくる

そんな感覚になるそうです

すると

普段では考えつかないような
大きなアイディアが生まれる

だから一泊当たりが
高額であろうとも

そこで生まれるアイディアは
100万、場合によればそれ以上

つまり金額換算できないような
ひらめきが得られる!

そんな話をされていて
私は大きくうなずきました

わかる人にはわかる
そんな話ではないでしょうか

会社の方向性や
今後を決める

さらに従業員の自立も
促せる

いろいろな声を聞いていくと

まさにトップ・リーダーこそ
温泉でテレワークをすべき

この結論に至りました

でないと社内のテレワークや
リモートワーク

従業員を外に出し社内で
社長が管理する形ならば

従業員の生産性が上がって

クリエイティブな
アイディアなんて

まず生まれてくることなんて
ほぼ無いでしょうから




自粛疲れに「うんざり」のあなたへ

旅行するにも
何となく気が引ける

お酒を飲むにも
時間を気にして飲む

人混みが不安など

マスクをしなければ
いけない

蜜を避けなければ
いけない

外で夜遅くまでお酒を
飲んではいけない

県をまたいでの移動は
控えなければいけない

これだけ「いけない」が
続くとホント精神的にも

困ります

また正直、まいります…

宿側では
コロナ対策をうたい

そして最近気になることが
あります

それはお客さん側から

電話予約時や
チェックイン時

「ワクチンは2度
ちゃんと打ってます」

聞いてもいないのに
そんな声を耳にし

思わず、こちら側が
少し驚くぐらいです

もしかしたら今後
この言葉が

マスクや三密と同じように
使われるとなると

ちょっと複雑です

早く、マスクを外し
密も気にならず

そして予約や
チェックインの時

「ワクチンうってます」と
言わなくて済むような

そんな日が早く来ることを
願うばかりです

当館は鉄筋4階建構造ながら

1階から4階までは吹き抜けと
なっており密の心配は少なく

またお酒の入る夕食は
各部屋だしにて対応

他のお客様とは非接触

さらにお部屋の
アルコール消毒はもとより

各部屋毎日、きちんと
オゾン殺菌を実施

お風呂の時間制限を設けて
密を避けるのではなく

「黙浴」といって
入浴中の会話は控えてもらう
ように協力をお願いしてます

これは自慢でもなく
「〇〇してはいけません」

でもなく

安心安全を保ちながら

少しでも自粛、禁止の
固苦しい

息がつまりそうな
コロナ過の日常から

解放される

そんな宿泊滞在スタイルで
ありたいと考えるのです

日頃は制限ばかり

宿にきても

控えてください
出せませんでは

旅の楽しみなんて
あったものではありません

ですが、ここに生きたら
自然の空気と清流で

しっかり浄化して
カラダの細胞が蘇る

そんなような体感をして
帰ってください

これができるのが当館

そうづきょう温泉
錦パレスです

やってますので、泊まりに来てください

1年365日
いろんな記念日があります

9月9日は言わずと知れた
99 つまり救急の日

しかしながら
温泉県と呼ばれる大分県

数多くの名湯を有して
いますが

その中の九重町に
九重九湯
(ここのえきゅうとう)

9つのお湯があり
温泉の日と言ってます

なるほどです

そしてパッと思い浮かぶのが
九重と言えば

日本一高い九重夢吊橋が
あります

さらに私の中では
一度は行ってみたい温泉

九酔渓(きゅうすいけい)温泉
二匹の鬼があります

久々にHPをのぞいてみれば

9月16日までは
休業のお知らせ

残念というか
同業として胸中を察します

不要不急の外出を
控えましょうだけでなく

それ以上に飲食店や温泉に
行くこと自体

少し後ろめたいような
そんな風潮さえ感じます

私が九州では一度は
訪ねてみたい温泉

二匹の鬼蟹御殿

もちろん他にも
私が知らないだけで

いい温泉はたくさんあります

しかし、温泉シーズンを
迎えようとしても

なにかスッキリしない

県を越えての移動に
規制がかかり

先が見えない状況が
不安の影を落とします

スタンダード2食付プラン

しかしながら
何度もこのブログで書きますが

たとえ不要不急と呼ばれても

長い目でみれば
日本全国のあまた多くの温泉

人の心を癒すには必要であり
不要なんて事はありません

だからこそ
私は声を大にして言うのです

「やってますので来てください」

本日のお客様は
一組一名様のみ

でも人が温泉に行くに
理由なんて必要なく

むしろ

理由なく行きたくなって
しまうのが温泉なのです

安いから行くのではありません

理由なく
カラダが、そして心が
温泉を求めるのです

もう一度言います

「ぜひお越しください」

「当館はやってますの」

そして
お一人様こそ大歓迎

静かに川のせせらぎを
聞きながら

お湯に浸る

早く各地の温泉に賑わいが
戻ることを祈ると同時に

そうづきょう温泉は変わらず
静寂を保ち続けていきます


温泉シーズン近づく

夏の暑さが遠ざかれば
行楽の秋

温泉シーズンへ
突入です

よく寒い冬こそ
おススメの時期と思わる

そんな方が
いらっしゃいます

ですが、雪の心配に加え
冬は花や食が豊富ではなく

いくら温まる温泉と
いえども来客は少ないです

本日、オンラインでの
異業種交流会に参加しました

自己紹介で「温泉」と
言っただけで

参加者の関心が違います

嬉しい反面
少し複雑

というのも

温泉 > 吉本辰夫

当たり前と言えば
そうなんですが

私のキャラクターより
ほとんどの方が温泉に興味大

確かに日本人ほど
温泉好きな国民も珍しく

それを反映してると
いえばそうですが

うぅ~ん やはり複雑です

それでも山口

そして
雙津峡(そうづきょう)温泉に
興味を持ってもらえるのは

嬉しいことです

きっかけはどうあれ
興味を持ってもらえれば

それでよし

ここからどう関係性を
深めていくか?

それが私の仕事でもあり

日々書き続ける
このブログなのです

温泉がカラダにイイのは
誰もが知るところ

しかし温泉地の環境が

『心』

つまり内面にイイことは
あまり知られてません

転地療法という言葉
があります

温泉地の気候が刺激となり
カラダのリズムが整うこと

これが温泉の泉質からの
薬効よりも効果大なのです

確かに
きちんとした時間に食事を
とって就寝

翌朝は日の出とともに起床

これだけでも生活リズムが
整います

私たちの仕事は自然からの
恩恵を多分に受けてます

それを一人でも多くの方の
心とカラダの健康づくりに
役立てたい

それが私たちの仕事です



はじまりあれば終わりあり

9月も気が付けば7日
もう一週間もたったのか?

そう思うと早いものです

今年の夏
中旬以降は長雨続き

9月になってハッキリとした
秋晴れとはいかず

季節感も薄れていく

そんな感じです

私も来月で57歳

あと3年で還暦を迎える
歳とはピンときません

いつまでも気持ちを若く
ある為に

県内最高齢の
ライフセーバーに挑戦


そう宣言したものの

実際、カラダづくりを
始めたわけでもなく

花火を打ち上げて
そのまま状態なので

こうやってブログを書きながら
初心にかえるのです

はじまりあれば終わりあり

私も気が付けばこの仕事
14年以上もやったのか?と

振り返ってみればいろいろ
思い出されます

そんな長かったような
あっという間の中で

私はことあるごとに
ミーティングにおいて

終わり方を伝えます

・カラダを壊して辞めるのか
・意見の食い違いで辞めるか
・充分に働ききり
 有終の美を飾るか

どうせ最後は充実感を
持って節目を迎えたい

そのことは事あるごとに
伝えながら

自分自身がまずそうあり
たいと思ってきました

そして終わりがあれば
また始まりもある

そのようにも思ってます

これからも施設は
古くなっていくにせよ

今のコロナ過

試せることは試し

何がどうなるか?
わからない不安を解消すべく

今まで以上に
様々とチャレンジすること

こんな時だからこそ
やれるのです

それは自分の為
家族の為

従業員をはじめ
関わってくれる仲間の為

関係者など

その数が多ければ
多い程

自身のモチベーションに
繋がります

まだまだ知恵も絞れそうです

歳はとっていっても
施設は古くなっても

まだやり残していることを
やり尽くしていきます

ブログの読者にも
できるだけ有益な情報提供

日々行っていくことを
改めてお約束します