トップの会見から学ぶ報道と広報

この方の会見が高く評価されているようです

大規模な通信障害を起こした
KDDIの高橋誠社長

評価の理由は何故起こったかの原因説明がわかりやすいということで、KDDIの企業評価までを上げる結果にも

これだけ大きな通信障害をおこし、そのことの重大さを充分に理解し、謝罪の意と誠意をもって伝えた結果を多くの人が理解したからでしょう

一方 よくありがちな会見

やぶへびになるような火に油を注ぎかねない会見もあったようです

陸上の10種競技の日本チャンピオンの経歴をもちタレントの武井壮氏

自らが会長を務める日本フェンシング協会の代表合宿

レジャー優先だったという報道に対しコメントしたようですがこちらは評価を下げてます

企業で在れスポーツ団体であれトップの発言は時に組織の評価自体に影響を及ぼします

本日は報道と似たような広報についてお伝えいたします

1.報道は中立でなければいけない

当たり前のことですが、メディアの立ち位置は事実を正しく伝えることです

企業側にも利用者側にも、また特定の団体に偏(かた)よってはいけません

TVニュースでの会見はダイジェストとして報道されるので良し悪しです

報道で煽(あお)ったり、かたよったことがないとは思いますが、最近はYouTubeなど会見全てを流してますのでそれを見るのもいいでしょう

2.広報はメディアに向けての情報発信

報道が商品サービスを取材し、様々なメディアを通じて伝えることに対し、広報は様々なメディアに向けて個人や企業団体の取り組み、商品サービスを伝えることです

広報は社内や組織内にむけてたものもあれば、世間一般に向けメディアを通じて報道してもらう広報があります

その為、報道機関にむけプレスリリースといって商品サービスの取り組みを情報を提供します

メディアに情報提供すれば必ず取りあげてくれるのではなく、やはり前提は世の為、人の為に役立つような内容であることが大切です

3.相手の立場にたつ大切さ

今回のKDDIの社長の会見と武井壮氏の会見

どちらもメディアを通じてお茶の間に届いたわけですが、この2つ何が違ったのでしょうか?

ここにはこれから広報、またプレスリリースをしようという方におさえておいてもらいたいポイントがあります

それは

話の内容が自分向きなのか?お客さん(利用者)向きなのか?の違いです

広報は言うまでもなく売り込みを嫌います

取材

「私、見て下さい!」や「これってすごいでしょう」は✖

「私ならこんなお役立ちができます」や「このサービスで外出時の負担が軽くなります」などお客さん(利用者)が関わったり使ったりするとどうなるか?を伝えることです

会見をみてるとついついTVの前でイイだの悪いだの言いがちです

私自身もその良し悪しを自分事に置き換え、評論家の1人にならないよう気をつけたいものです

ポスティングに何故こだわるのか!?

昨日は暑い日の過ごし方をお伝えさせて頂きました

日中を避け早朝か 日没後に外出することです

いつもこの時期になると思い出すのが、飲食宿泊時代の2019年の事

前年である2018年に西日本豪雨災害にみまわれ、道路は各箇所で土砂崩れにより寸断

大きく売上を落とした為、2019年は挽回しようと必死でした

駅前でビラ配りや一軒一軒ピンポ~ンとチャイムをおしての訪問営業

そんな中、一番効果があったのがポスティング

本日はポスティングについてのお話です

1.ただ数多く撒(ま)けばいいのではない

「下手な鉄砲も数打てば当たる」

どうしても反応率を気にするあまり数多く撒くことを意識します

その為、集合ポストなどで数をさばきがちです

必要としている人に届けるためには、ある程度建物の外観から必要とする人に向けポスティング(投函)する必要があります

ですが、ついつい欲がでてあれこれと配ってしまいがちでした

2.クレームが気になります

ポスティングは新聞などの折り込みよりは反応はとれます

しかしながら、新聞折込はクレームにはなりませんが、ポスティングは時としてその対象となる場合もあります

まず大前提は「チラシお断り」には間違っても入れないことです

万が一間違って入れてしまった場合は、即丁寧な対応です

人のやることなので間違いは起こるものです

言い訳なしで誠意をもって相手方へお伝えすることです

3.ポスティングの作法

ただ数を撒けばという意識で私も最初の頃はやってました

問い合わせの件数よりも撒いた数の方にこだわってたのです

ですが「撒く」から「届けよう」と意識が変わると

・服装に気を使う
・首から名刺を下げる
・ポストが敷地内にあれば一礼し入る

当たり前のことですがこれらは大切な事です

今時、チラシ配布/ポスティングなどはちょっと古いやり方のように感じ、それよりは新聞折り込みの方が効率がイイと感じるかもしれません

しかし、実際に一軒一軒足を運べば、その街の様子もわかり、いろんな発見があるものです

私が大切にしているのは「3現主義」

現場・現実・現物のこの3つに課題解決の答えがある

そのこと実践する為にもポスティングは大切なことなのです

暑い日の過ごし方はサマータイムで

全国的な猛暑

電気需要のひっ迫が日々報道されます

こう暑ければ、せっかくの休みも外に出ることも控えてしまいます

しかし、せっかくの休日

家の中だけですごすのも、ちょっともったいない

できれば外出をしてみたい・・・・

そんな時こそ、休みの日もサマータイムを導入してみましょう

1.朝7時まではすごしやすいです

いくら暑いといっても朝の時間帯、それも7時まで

(場所によれば7時半ぐらいまで)

この時間までなら外でも過ごしやすいです

サマータイムは朝型
それも超朝型です

「早起きは三文の徳」といいますが、特にこの時期

中途半端な早起きは三文の価値ぐらいしかないと思ってください

超早起き、例えば4時ぐらいに起きて暑くならない時間を有効に使てみましょう

2.日が落ちてからもおススメ

とはいっても誰にでも早起きをすすめるわけにもいきません

日没後も朝の時間程ではありませんが、日中の様な暑さは和らぎます

近くの公園や家の近所を軽く散歩などはいかがでしょうか

終日、家の中にいるよりはちょっとした気分転換になります

3.日中は家や図書館ですごす

日中の外出はこの時期あまりおススメしません

だから暑くない時間帯に外出して欲しいのですが、どうしてもという方は公共の涼しい場所

例えば図書館やショッピングモールなど

涼しい場所でカラダを休めながらすごしたり

一方ではスポーツクラブなどで、しっかり運動し発汗を促しカラダの機能を高めたりもあります

どちらを選んでもいいのですが、くれぐれも熱中症にはご注意の程

本日もいい休日をお過ごしください

あきらめなければ失敗なし

7月もスタート
2022年も後半戦です

プロ野球でも開幕ダッシュといいますが、私自身も仕切り直して残り半年をのぞむところ

でしたが、いきなり何やかんやでつまづき、歯車がかみ合わず・・・

みなさんは如何でしょうか?

何かしっくりこない、思うようにいかない時、いわゆるツイてない時はあるものです

私自身も「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザーとなって半年、ここからが変な意味でも慣れがでて事故や失敗にもつながりかねない、そんな時期でもあります

まさに「生兵法はケガの元」

2022年の後半戦に向けて気おつけるべきこと
自身への戒めも含めてお伝えします

1.中途半端な知識や経験が一番危険

いろんなこともネットで調べれば答えや方法がわかります

それでついつい知ったつもり、わかったつもり、できたつもりになりがちです

私自身のもう一つの専門分野
「健康増進」

しかしながら専門と言いながらも自身の健康の知識がもっともっと深ければ、身内の死を防げることができたと今でも悔やまれます

中途半端な知識なら持たない方が専門家の意見を素直に聞けます

またその知識を手放したくなく、人に伝え役に立ちたいならトコトン学び、磨き上げる気持ちが必要です

2.ケガで済めばしめたもの

人のケガや病気はいつか治るものです

仕事上のケガ(失敗)や人間関係の事故も修復は可能です

ただ、同じことを繰り返さない為にも
「何故そうなったのか?」とその原因を探る必要はあります

原因と結果 いわゆる因果

他人のせいや世の中を恨んだりするよりは自分を振り返ってみることが大切

私もかつては、ここで書いているようなことはできませんでした

しかし言い訳をすることをやめ原因と結果を考えるようになり、なんとかできるようになり、こうやって伝えられるようになりました

3.PDCAを回す

当たり前のようなことばかりをお伝えしていますが、私自身、この年齢(57歳)で販促・集客のコンサルとしてやっていけます

その理由が所属している協会(「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会)のおかげです

WEBコンサルティングシステムやアンケートに基づくチラシやLP(ランディングページ)の作成法など、特許を取得した手法やツールがあるからです

例えば

チラシをつくり(P)⇒チラシを配布(D)⇒反応率を確かめる(C)⇒再配布(A)と協会の手法とツールを使ってPDCAを回す

難しい顧客購買心理を学んだり、コピーライティングのスキルがなくても大丈夫というのはPDCAを回すからです

なので私はうまくいかなくても一発勝負で終わりません

何度も何度も現場に足を運び、問題を見つけ、改善を繰り返して成果につなげる

このやり方です

「あきらめなければ失敗はない」というのはそういったことなのです

価格勝負から脱するためには

昨日からマイナンバーカードの新規受付が始まりました

もちろん、今までも登録は随時大丈夫だったわけですが、この度は第2弾のキャンペーンとして始まってます

内容は

・新規で5,000円相当のポイント付与
・健康保険証としての機能追加なら
 7,500円ポイント
・公的受取口座なら7,500円ポイント

(詳しくはマイナンバーポイントのサイトへ)

最大2万円のポイント付与が打ち出されてます

なかなか進まないマイナンバーの登録状況に公金を使って促進をもくろむ訳です

「安さ」や「ポイント」というものに多くの人は敏感です

本日は販売促進のために値引きや価格勝負におちいらない為の具体的な方法をお伝えします

1.価格競争は大手の戦略

私も以前に大手スポーツクラブチェーン店で働いてました

あの当時は価格競争というか入会金0円

しかも他のスポーツクラブも同じようなキャンペーンをおこなってたので差別化のために、次は0円+ショップで使える金券プレゼント

値段を下げるか?(引き算)
何かをプレゼントするか?(たし算)

この傾向は今も変わらないようです

2.価格競争は当たり前ですが疲弊します

値段を下げて又再来店をしてもらう為にはさらに値段を下げなければいけません

プレゼンをするにも前回と同じものでは難しいです

となるとさらに下げる、プレゼントする為に持ち出しするお金が増えるなどで手元の利益は減っていきます

薄利多売は「人モノ金」のある大手の戦略と我々売り手側はわかっていても

消費者の多くはまだまだ価格で動くのです

3.価格競争におちいらない為に

我々、中小零細 個人事業主は価格ではなく価値と言われますが、その価値とは何でしょうか?

それは「強み」ではあるのですが、その強みで気をつけたいことがあります

それが何かといえば自社、自分のお店、自分自身が思っている強みと選ばれている強みは必ずしも同じでないという事です

つまり、チラシやホームページや名刺に打ち出している強みは自分が言っている、もしくは思っている強みです

それが本当の強みか?どうか?はお客さんしか知らないのです

自分のことは自分が一番知っているようで実は一番知らない

だからこそ「顧客に聞く」このことが大切になります

そのために我々「A4」1枚アンケートの5つの質問は有効なのです

①商品を買う前にどんなことに悩んでいたか?

②何で知りましたか?

③すぐ購入しましたか?購入に迷ったならどんなことが不安でしたか?

④購入の決め手となったことは何ですか?

⑤使ってみてどうでしたか?

Amazonが日本に来て15年
日本で一番売れている広告作成本

くわしい「A4」1枚アンケートのつくり方が詳しく書かれてます

チラシといっても侮ことなかれ

タリーズジャパンの創業者 松田公太氏の対談記事を読ませてもらいました

(ログミーBizより)

幼い頃を海外で過ごし、学生時代に起業にあこがれる

そしてタリーズをではなく新卒で経営者と交われるといった目的で大手銀行に入り、6年間で頭取賞を2度も頂く輝かしい経歴

ボストンに行った時にスペシャリティコーヒーの味に驚き日本ではシアトル系コーヒーを広めていこうと決意が固まる

輝かしい実績とともにタリーズを創業したのか?と思いきや始めた当初は鳴かず飛ばず

そしてその彼の転機となったツールが
「チラシ」

安易に捨てられてしまうチラシ、されど人生の転機となったツール

本日はそのチラシについてお伝えします

1.語源はまき散らすのでチラシ

どうしても安い、必要ない、又入ってるといったあまり有難いものではないイメージです

その語源は周囲に大量にまき散らす 
つまり散らし⇒チラシです

ビラやフライヤーなどほぼ同類のものですが、チラシの方が一般的です

2.ネットやSNS隆盛の時代にチラシ??

これもよく聞かれることですし、私もそう思っていました

チラシは印刷するにも費用がかかるし、間違って刷ってしまうと修正ができない

ところがSNSで情報発信すれば費用もかからず、更新することで常に新しい情報を発信できる

確かにそうなんですけど、ネットは検索しなければその商品サービスにはたどり着きません

またSNSは基本売り込みを嫌います

3.チラシって自分でつくるは大変なんです?

確かにゼロからつくるとそうです

例えば料理

ビーフストロガノフって料理、つくれますか?

私はできます

何故って料理が得意だからではなくレシピを見てつくるからです

つまり、チラシを作るのが難しいというのは、レシピを見ずに料理をつくるようなものです

私たち「A4」1枚アンケート広告制作アドバイザーはこのチラシ制作のレシピとなる教本に沿ってつくるわけです

既存の商品サービスならアンケートをもとにつくります

(「A4」1枚アンケート広告作成法)

そして新しい商品サービスで既存客がいない場合はマンダラ広告作成法です

(マンダラ広告作成法)

チラシ制作にはおススメの2冊です

4.チラシはプッシュ型の広告です

どんなにいい商品サービスを持っていてもお客さんを待っていては埒(らち)があきません

チラシという販促ツールは新聞に折り込まれていれば、またポストに入ってれば必ず目を通します

チラ見でも目に触れるのです

一方、SNSやネットでの広告はまずインターネットにアクセスしないと接点はありません

今こうやって読んで頂いているブログもネット環境がなければ知ってもらうキッカケがないのです

ですがチラシは違います

冒頭のタリーズジャパン創業者の松田氏も三越の地下や様々な場所でチラシを配りました

日本人にシアトル系のコーヒーの良さを知ってもらいたい 

その想いを伝えるツールとしてチラシを使ったのです

それも手書きですょ

思いを伝えるにはメールよりも手紙であるように、お店の思いを伝えるにはネットよりもチラシをおススメします

仮説を立てるには紙にマンダラ

オンラインで読書会に参加してみました

夜の10時過ぎから開催にもかかわらず40名以上の方が参加

それなりに内容の濃いものでしたが、その中で習ったのがアンサーリーディング

あらかじめ「〇〇ではないだろうか?」とか「〇〇ということを伝えたいのではないか」と予測を立ます

そして自分でその答えを持って読み進めていくといったものです

この仮説を立てるといったことは読書だけではなく、様々なシーンで試せるということを本日はお伝えします

1.アンサーリーディングとは

多分、検索しても出てこないと思います

速読でもなく、どちらかとえば熟読する為の方法といっていいでしょう

そのやり方ですが

①読む前に本の表紙や帯、裏表紙からどんな内容が書いてあるのかを考える

②自分なり、もしくは筆者の問いかけなどを3つ~5つの質問にして紙に書く

③その質問に対し、自分なりの答えをキーワードやワンフレーズで用意し読書にのぞむ

こんなやり方ですが、問題意識をもって読んだり、どのようなことを著者は伝えたいのか?など考えながら読む

それだけで同じ一冊を読むだけでも本の価値は変わってくるという事です

2.様々なシーンで応用の効く「仮説を立てる」という実践編

読書に限らず、例えば商談や打ち合わせなど、あらゆるシーンでいくつかの答えを用意してのぞむ場合があります

丸腰で当たって砕けろ!よりはある程度のいくつかの状況を想定することは大切です

そうは言っても具体的には浮かばないんだけど・・・

これにはまず「紙に書く」という前提が必要です

そして私がやっている自問自答(仮説の立て方)が「ちょっとまてよ⇒ということは⇒〇〇では!?」「いや、ちょっとまてよ⇒もしかしたら〇〇かも!?」こんなことを繰り返し紙に書いていくのです

ポイントの人は紙に書くこと Think on paper です

3.仮説を立てるためにマンダラを使う

何度かお伝えしたマンダラ広告作成法(詳しくは下記の本、もしくは以前のブログで触れてます)

これは広告を作成するための本であり、その方法ですが他にも応用が利きます

最近ではプレスリリースのネタ出しと文章をつくるために使いました

車の運転でもセンターラインがないとスピードが出せないように、本棚も仕切ってないと読もうと思った時に本が取り出しにくく、思考も又おなじです

ある程度のフレームにあてはめていく方がまっさらの紙に書いていくよりはアイディアが生まれやすいのです

原点回帰 道を踏み外さない為にも

東京電力管内が猛暑の為、電気の供給がひっ迫しているとのこと

電気は生活に必要なインフラなので一日もはやい安定供給をのぞむところです

そして電気ではありませんが、外食でも似たような現象が起きてます

本日はその需要過多になり、供給とのバランスがくずれるとどうなるか?

急な変化を起こそうとするとリバウンドがおこる、ではどうすればいいのか?

これらについてお伝えします

1.ピザLサイズを注文につきMサイズ1枚無料

誰もが知るドミノピザ

ここで始まったキャンペーンがLサイズ注文につき、Mサイズ1枚無料
(現在このキャンペーンは休止状態)

ドミノと言えば30分以内に配達とか様々なクーポンを実施しデリバリーピザをリードしてきた業界です

しかしそんな会社でさえ需要と供給を見誤ることもあるようです

2.急はよくない

急げば事故につながったりするものです

ドミノピザも以前は30分以内に届けようと急ぐあまりに事故が多発し社会問題になった経緯があります

東京電力も急激な暑さにより電力需要の過多に対し供給がむずかしくなる状況

急な変化は何かしらの「ひずみ」を生むものです

わかりやすいのがダイエット

急は反作用を産みますし、急にやるのであれば、ある程度のリスクは想定して実施すべきです

3.何故今の仕事をはじめたのか?

そもそも論にはなりますが、仕事にしろ何にしろはじめるには動機があります

「自分が今の仕事を始めたのは」もしくは「今の会社に勤めるようになったのは⁉」

たとえ人に勧められたからといっても自分が最終的に意思決定したはずです

その何故を忘れないことです

ドミノピザも差別化という目的はあったにしろ「アツアツのピザを家庭に届けたい」その思いが30分以上かかったら700円引きにつながったのです

何故自分は今の仕事をするのか?日々自問することも大事でしょう

私の場合、いい商品サービスをもちながら、一方ではその商品サービスを探している人を広告という手段を持って結びつけることであり、コロナで傷んだ飲食宿泊業の集客サポートが目的です

何故なら、その辛さがわかるからこそ、人ごとではなく何とかしたいという思いが自然とわくからです

楽しみな広島市立沼田高校の体育コース

新聞で見つけた久々の明るい話題

レッズの秋山翔吾のカープ入団決定!ではなく、広島市立沼田高校の体育コースが再編されるとのこと

体育専門大学やそれに関する学科が大学にあるのは知ってましたが、高校にそのような専門コースがあることは知りませんでした

私自身も小中高と体育の授業が一番好きでした

もし近くに沼田高校のようなスポーツ専門コースの学校があったならば迷わず進んでいたと思います

広島と言えばスポーツの強豪校が多い中、高校スポーツで勝つ事だけでなく長い目で世界に通用するアスリートと指導者を育てていこうという沼田高校の取り組みには注目です

本日は私のもう一つの専門分野「健康」について久々にお伝えしようと思います。

1.沼田高校で思い出す徳本一善選手

今は選手というより、駅伝監督

学生駅伝では注目の選手でしたが、大学箱根駅伝に出場時、期待されながら各校のエースランナーが集う花の2区であえなく棄権

その後実業団から弱小大学チーム(駿河台大)を箱根駅伝に出場するまで育て上げた彼の手腕

素晴らし先輩がいることから、ぜひ母校に登壇してもらいたいものです。

(numberより)

2.競技力向上にはジュニア選手の育成から

かつてはフジヤマのトビウオとか「前畑がんばれ!」と世界から注目された日本の水泳

しかし今回の世界選手権では女子はメダルが0

ですが心配はないでしょう

水泳(競泳)はジュニア選手からの育成がしっかりしているので、2024年のパリ五輪でのメダル獲得は大丈夫と予想します

選手層のすそのをひろげ、ジュニアの頃から育成することで世界に通用する選手が育つ

そんな意味でも沼田高校の取り組みはスポーツ界には明るい話題です

3.ヘルス産業の市場拡大に対応する為にも

アスリートやスポーツシーンだけでなく、健康というヘルス産業(※1)を考えた場合、その市場は膨らんでいきます

統計では
2020年の26兆円⇒2030年には37兆円に

(事業構想より)

これら市場規模が膨らめば人材が必要です

選手の競技力アップと同様に指導者にも早くから門戸が開かれることはもちろん

健康関連のサービスがボランティア的な状況から経済的にも自立できるような事業化が必要となります

※1 ヘルス産業とは
⇒病院・クリニック・調剤薬局など医療機関や介護事業者、医薬品・医療機器メーカーなどの公的な医療・介護保険と関わる事業者とフィットネスジムや生命保険、健康食品、ドラッグストアなどヘルスケア関連の商品やサービスを提供している事業者を主に言います。

4.目標は日本の健康寿命の10歳延伸

私の目標ですが、迷わずこう答えます

日本人の健康寿命の10歳延伸

今現在、平均寿命と健康寿命の間には約10歳の隔たりがあります。

例えば

男性の平均寿命:81.6歳に対し健康寿命:72.6歳(その差9歳)

女性の平均寿命:87.7歳に対し健康寿命:75.3歳(その差12歳)

つまり人生の晩年10年近く、男女ともに病院や介護の世話になりながら生きると言えます

人生100歳時代を標榜するなら、この健康寿命の延伸は喫緊の課題

早い段階から健康教育が受けられることは大切な事です

そんな意味でも沼田高校のこれからの取り組みは喜ばしいことなのです


気分転換も兼ねて、ちょっとした部屋の模様替え

梅雨時だと天気がハッキリしません

気持ちも天候に左右されかねません…

せっかくの休日も外出しようにも、今にも雨が降り出しそうな曇り空

本日はおうち時間の過ごし方のちょっとしたポイントをお伝えします

1.窓を拭く

整理整頓、いわゆる掃除をすることで気分は変わります

しかしながら、なかなか重い腰はあがらないもの

わかっていてもできない場合が多いものです

そんな時、簡単で5分もあればできるのが「窓ふき」

部屋に日光や月明かりなど
大事なモノが入ってくる場所はきれいにしてみましょう

2.模様替え(+水色のモノを添える)

部屋の入り口である窓が整ったら、今度は部屋の中です

模様替えというと一念発起してやらなければならないぐらいの気が入ってしまう場合もあるでしょうが、そんな必要もまりません

ちょっとした机の上など片づけて、そしてここからがポイント

片づけた後に水色のアクセントを入れることです

例えば
・水色の花
・水色のキャラクターグッズ
・水色の花瓶
・水色のペン立て
 など

どれも100円ショップにいけば売ってますね

近くになければ、パソコンの壁紙を水色系に変えてみるのイイでしょう

3.水色の色彩効果

代表的なのが

・気持ちが落ち着く
・解放感がわく
・集中力が高まる

だそうです

窓を拭いて、ちょこちょこと片付けし水色のアクセントをつけたら、読書にでも没頭してみる休日もおススメです

いい休日をお過ごしください