人口流出現象の本当の原因とは?

本日たまたま「人口流出」について話す機会がありました。

あまり気にしたことは有りませんでしたが、地方創生と同様に「人口流出現象に歯止めをかける」と自治体は言いますが、具体的な施策は見えてきません。

その歯止めがかからない真の理由を私なりに考えてみます。

1.言葉が躍り具体的な施策がない

地方創生、働き方改革、スーパーフライデー、そして私が関わってきたメタボ(特定健診・特定保健指導)など言葉は残っていても成果が出たとは言い難いです。

言葉が先行し、では具体的に? となると言葉に詰まってしまう・・・・。

旗を立てたその後の具体的な2の手、3の手が見えませんでした。

2.モノでは人の気持ちは動かない

当たり前のことです。

自治体によっては、転入してくるとお祝い金を出したり、また医療費や給食費など無償にしたりとあります。

お金の魅力は一時的なモノ。

金の切れ目が縁の切れ目、人口流出が地方から都会、さらに東京への一極集中は変わっておりません。

3.海外への人口流出

ごくわずかですが、資産家の中には税金の高い日本を離れ、海外に生活拠点をおく日本人も少なからずいます。

日本の人口も2015年(平成27年)を境に減少傾向です。

地方から都会へ、そして日本から海外へと人口流出の傾向は、今後も続くでしょう。

4.人はモノで動かず、感じて動く

住めば都、そうは言っても目に見える部分、目に見えない部分があることは確かです。

「感動」という言葉があります。

モノで動いたりする物動や理屈で動く理動とう言葉はなく、人は感じれば動くのです。

結婚などがわかりやすく、何か感じる惹かれるものがあるから一緒になるのです。

つまり、その土地に魅力が無かったり、惹かれるもの、感じるものが無くなると人は離れて行きます。

一概に仕事がある無しだけではないと思います。

5.人を惹きつけ続ける企業

たくさんあると思いますが、私の知る一時期出向していた(株)オリエンタルランドがそうでした。

言わずと知れた東京ディズニーランドとディズニーシーを運営している会社です。

この会社、私の経験上で言うなら、入ってきた時よりも去っていく時の方が凄いのです。

よくわからないかもしれませんが、歓迎会よりも送別会の方が盛大だと言えばわかるでしょう。

このことを地域に置き換えれば、転入してくるまでは手厚いが、いったん転籍(流出)する時は、当たり前ですが事務的なはずです。

もし 役所の窓口 の人間が転籍届を出しに来た人に、きちんとヒアリングし手厚く対応し、そして深々と「今までホントに長い間、ありがとうございました。」と言えるような市区町村なら、人口流出なんて案外簡単に防げると考えます。

なぜなら、目に見えることよりも目に見えないことの方が大切なことですから。


本日の学び「普及こそ倫理」松永秀夫氏

山口県内の倫理法人会は、12の単会(支部のようなもの)があります。

その中でも元気があり、女性パワーが炸裂する防府へ参加してきました。

防府市倫理法人会

そして、講和者は松永秀夫氏 

山口県倫理法人会の副会長であり、そして萩市倫理法人会と山陽小野田倫理法人会と県内2つの単会(支部)を設立された方です。

その原動力となった倫理経営というものを普及していく活動が何故必要で、どのようにして仲間を増やしていったかについて講和を頂きました。

1.経営者モーニングセミナーとは、自己革新をはかる実践の場

もう、この言葉に集約されます。

通常のセミナーは聞いて満足、そしてできたつもりになりますが、倫理法人会の経営者モーニングセミナーは「明朗・愛和・喜働(きどう)」の実践の場です。

つまり毎週朝6時から7時のモーニングセミナーで明るく、和を持って喜んで働くことができない人間が、職場や家庭で明るく和を持って云々などとはできない!と言い切っておられましたが同感です。

2.神の筋書きとは何か?

このように書くと宗教か???と思われますが、倫理法人会は一般社団法人であり宗教法人ではありません。

しかし、その深い内容は宗教レベルのことでもあります。

倫理では実践すれば誰もが幸せになれる筋道を書いた「万人(ばんにん)幸福の栞(しおり)」といって17か条から構成される教本のようなものがあります。

その中で松永さんがよく言われている「神の筋書き」が今回の講和でよぉ~くわかりました。

それは「明朗・愛和・喜働(きどう)」です。
つまり実践項目です。

この筋書きに、自分自身が外れていないか?の気づきを毎週朝6時~7時の経営者モーニングセミナー時に得る訳なのです。

3.運営についてもプロ意識

我々は、お金をもらってモーニングセミナーを運営している訳ではありません。

全くの無報酬です。

しかし、報酬が発生するからやる、朝起きるのが辛いからやらないとうわけではなく、すべてが自己革新をはかる経営者の集いな訳なのです。

ですから、初めてきて方が「おぉ~ 凄い!」「こんなに元気な経営者の集まりなら自分も参加してみたい」と思うような運営でなくてはならないということです。

今がどうあれ、倫理法人会の経営者モーニングセミナーに集う人は自己成長を求める「上がり目」(※1)の経営者の会なのです。

4.すべてのことに理由がある「朝食の前日注文について」

経営者モーニングセミナーでは、終了後に約30分程の朝食会があります。

我々の周南倫理法人会では、当日に朝食がいる人は〇印、要らない人は×として当日注文を受けております。

しかし、防府市倫理法人会では前日までの注文となってます。

この注文方法、ちょっと違和感があったのですが理由を聞いて納得でした。

つまり、朝起きれたから参加したので朝食はいるとか、今日は欲しくないから要らないなどとでは注文する側は大変です。

前日注文であれば、ロスもなく、また発注する側の負担もへります。
自分の気分でいる、要らないと言っている経営者が自己成長をはかる、周囲に気を配れる者とは言い難い訳なのです。

また
前日注文した人が、朝起きれなくてセミナーに参加できなかった時、そのお弁当代は頂くのか?頂かないのか?ということも話して頂きました。

答えは頂かないです。

ここで注意してもらいたいのは、思いやりとか会にお金があるからということでなく「お金を払えばいいんでしょう」的な考え方に気づいてもらいたいが為に敢えて頂かないということです。

自分で行こう!と決めた事ができない、守れない、計画性のない人ではいけないのです。

ホント松永さんの講和は、倫理法人会のすべてのことに理由があることを毎回、毎回気づかせて頂きます。

松永秀夫氏 山口県倫理法人会副会長

5.来月の2月4日(火曜)、松永さんの講和が周南市で聴けます

さぁ~ 倫理の全てのことには理由があり、自己革新を目指す経営者の集い「経営者モーニングセミナー」の講和者とし松永さんが登壇されます。

日時:令和2年2月4日(火)朝6時~7時

場所:みの幸( 周南市飯島町2丁目37 )
   ☎ 0834-21-1970

費用:無料(朝食希望の方は500円)

その他:お車でお越しの方は、ピピ510の駐車場をご利用ください。

※1:上がり目、下がり目
一時凄かったけどその後ダメになった経営者を下がり目、今はまだ全然だけど確実に一歩一歩成長していっている経営者を上がり目の経営者と呼びます。
そのポイントは「永続性」です。


清流畔(ほとり)のパワースポット

只今、リニューアル中の対岸広場ですが、昔はお寺があったり 塞神(さやのかみ) という道祖神が祭られてあったりした場所なのです。

12年前に気孔の有名な先生が当館へ泊られた時、夜中に建物の外に「氣」を感じ外に出てみると対岸に渡る橋の袂(たもと)に凄いものを感じたそうです。

その気孔の先生が言うには、「長野県の分杭(ぶんくい)峠に匹敵するパワー」がある、まさにゼロ地場地帯が対岸広場に渡る手前にあるということを地元で気孔を受けられている方に伝えたのでした。

当館近くにパワースポットがあるということは我々も知っていましたが「その場所がどこなのか?」地元のその方に聞いても、なかなか教えてもらえなかったのですが、今から5年前にようやくその場所を教えてもらいました。

そして個人情報もあり誰とは言えないまでも、プロのピアニストで全国リサイタルツアーに出られるような方が当館に泊ってしっかりと氣を養い充電され、それからツアーに行かれいらっしゃいます。

また一般の人でも、清流畔(ほとり)のパワースポットでゆっくり深呼吸を繰返していれば、風邪が1時間で治ったりということもあります。

清流の畔に立って目上にそびえ立つ山の岩肌に手のひらを向け、静かに深呼吸を繰返すと指先から肘(ひじ)、感じる人は方ぐらいまでピリピリ、ピリピリをくるようです。

体調のイイ人はあまりというか、ほとんど感じないみたいですが、体調の悪い人や、男性よりも女性の方が感じやすいようです。

まぁ、このように書くと「どうせ、人集めで書いているだけでしょう」と言われる場合もあると思います。

でもイイんです。

私の想いは、ほんとに病や精神的に困っている、そしてありとあらゆるものを試したが万策尽き、良いか?悪かい?わからないようなものに藁(わら)をもすがる思いで頼るぐらいなら、ぜひ当館近くの「清流畔のパワースポット」を体感し、少しでも良い方向に向かうきっかけになって頂ければ、ただそれだけを思うだけなのです。


対岸広場、只今リニューアル中です。

当館の対岸に広場があります。

写真右上の赤丸で囲んだ部分

ここは、もともと「医徳(いとく)庵」と呼ばれる禅宗のお寺があったと聞いてます。

国境(くにざかい)でもあり、私たちも子供の頃は「サヤント」と呼んでましたが、塞神(さやのかみ)つまり今で言う道祖神が祭られていました。

そして、上から見ればわかりますが、この広場は強い岩盤の上にあり、川の流れでも削ることができず、ぐるっとヘアピン状に広場を取り囲むよう川が流れています。

また、この時期は都会の公園でも、冬場に整備・清掃などよく行われてます。

錦パレスの対岸広場、通称「ときの広場」も、しばらく手入れをしていなかったので、2020年2月4日(火)の大安吉日の日を目途に只今、リニューアル整備中です。

新緑の頃のときの広場


「定活」という言葉をご存知ですか?

就職活動のことを「就活」と言い、最近は婚活や終活などと言う言葉を耳にします。

○婚活…合コンやお見合いパティ―など結婚相手を見つける為の活動

○終活…自らの人生の終わりに向けた為の活動

そして本日のお題の「定活」。
この言葉の意味とどのように捉えるべきなのか?お伝えさせて頂きます。

1.定活とは、定年前の活動のこと

大手企業や公務員など、60歳定年のところは多いです。

60歳を迎えて会社に行かなくなってから「さぁ~どうしよう・・・?」ではなく、定年を迎えるまでに第2の人生に向けキャリア・アップや情報収集をしておきましょうということです。

2.退職金2億でも不安

ある一流企業を60歳で退職された方が口にされた言葉です。

我々からすれば充分すぎる金額と思えます。
そして例えば60歳で定年を迎え90歳までの残り30年間を2億でくらすとすれば

(60歳定年の90歳まで)30年⇒30年×12ヶ月=360ヶ月

一ヶ月いくらで生活できるか?
200,000,000円(2億)÷360ヶ月 =555,555円(約55万)

つまり、2億もあれば年金を除いて、毎月55万円を自由に使えるということです。

本来なら充分すぎることだと思いますが、その方曰く
「自分は、こんなことの為に働いてきたのではない・・・」

つまり、自分が会社に費やしてきた時間と価値というものは、この2億という金額を越えていたと伺えました。

3.仕事がなくなった時の不安

先日、私の前職時代の先輩が65歳で退職されました。

60歳を過ぎてからは、嘱託を更新し続け、このたびようやく会社を離れられたそうです。

しかし、本人曰く
「会社に行くこと、仕事があることが、3食を摂るように当たり前だった。」

「今は時間が充分にありながら、当たり前のように行っていた会社に行かなくなるとある意味不自由さも感じる」

なるほど
もしかしたら、私の大先輩も定年後の第二の人生の準備が充分でなかったのかもしれません。

4.定活こそ「健康・経済・コミュニケーション」の3つが大事

本日、還暦を迎える方を数多く取材されている方とお話できる機会がありました。

そして定年を迎える方の不安の代表的なものです

○カラダが元気な内は働きたい      (健康)

○収入減が年金だけとなり、生活面が不安 (経済)

○組織や何かに属してないと不安     (コミュニケーション)

これは、人の悩みベスト3と全く同じです。

なので、定活とは、この不安を無くす為に、現役時代から準備しておくことが大事な訳です。

5.そうづ峡温泉が提案する「定活プラン」をさらにブラッシュ・アップ

例えば、現役時代に無理をし過ぎて、張り詰めていた緊張が切れた定年後に認知症が始まったり、会社だけの付き合いで定年後は人づきあいが無くなり鬱(うつ)になったりなど実際にある話です。

我々も、昨年6月に定活プランを出しました。

定活プラン・表面
定活プラン・裏面

当時は私もあまり深く定活というものに深く踏み込んでおらず、チラシの反応がないことから「まだまだなのかなぁ・・・」と思ってました。

しかしこの度、還暦を取材される記者との情報交換や私の大先輩のリタイヤなどを含め、今一度「定活」について考えるようになりました。

2月以降を目途に、もう一度ブラッシュ・アップした「新定活プラン」をリメイクしご提案させて頂きます。



向峠(むかたお)神楽保存会の安村会長に聞いた「神楽に関わった半世紀」

本日は、向峠(むかたお)神楽保存会の公演でした。

過疎高齢化が進む中、地元の若者を中心に、未だその伝統芸能の継承が続いている向峠神楽保存会の安村勝利会長にインタビューし、その魅力と歴史など伺いました。

1.神楽団に入ったころの思い出。

安村会長は今年で76歳、しかしながら神楽に対する情熱は、50年以上も前に入った頃の24歳当時と全く変わらないとのことです。

入った当初は団員が少なく大変だったようです。
そして伝統芸能の継承は、先輩たちが舞う姿を幕の後ろで見て覚え、セリフもどんどん自身で書きおこしながら記録し、先輩方から教わった記憶は、ほとんどないそうです。

稽古場になれべられる面の数々

2.人も少なく、お金も少なく

神楽の衣装というは、一着100万円~200万円もする高価なものです。

入ったころは衣装も少なく、みんなで着回しをしていたようで、幕の後の舞台裏はかなり忙しかったのが想像できます。

3.徐々に寄付も集まり始める

そうです。
昔は大家族、地元の伝統芸能を継承する若者にスポットライトが当たらない訳はありません。

練習をするといえば、家族はもちろん親戚までも見学にこられ、次第に寄付は集まり、高価な衣装も買うお金は徐々に貯まっていきます。

4.お金はできても、衣装は注文してから5年後に納品。

石見神楽の系譜を踏む向峠(むかたお)神楽団ですが、衣装は島根の浜田市に注文します。

しかしながら衣装をつくる製造元は地元の浜田市や島根県内の神楽団の注文が多く、一番遠くに位置する向峠神楽は順番的に後回しとなり、発注してから納品に約5年近くもかかったようです。

練習風景を熱心に説明する安村会長

5.台詞もすべて自身で書き直す

神楽にかける想いは、昔の口語体の長い台詞(せりふ)を、すべて5、7、5の俳句形式になおしリズムよく耳に響くよう書き直したとのこと。

そして、昭和57年よりは、地元の小学校で神楽が授業として始まり、その伝統はわかりやすい台詞となり、学校の授業としても継承されていきます。

6.健康長寿の秘訣

安村会長は、今年で76歳。

人生100歳時代と言われる中で、アメリカで100歳以上の人にインタビューすると共通点が見えてきたそうです。

それは、100歳過ぎても今だ働いているか、つい最近まで働いていたということです。

思うに安村会長にとって神楽とは仕事以上の天職。

会長が神楽と関わっている限りは、間違いなく80歳、90歳、そして100歳と生涯現役の神楽人生を送られることと思います。

向峠神楽保存会・安村勝利会長


少しずつ地域に浸透するサロン活動

以前、平成30年の3月まで実施していた山代健康大学(地域の良さを知り、人々が一番関心の高い健康をテーマに、学ぶ気持ちがあれば年齢にこだわらない市民サロン)の受講生の方が来られました。

1.ぜひサロンの講師をお願いしたい

その方たちは、月2回サロン活動をされていて、いろいろ参加者を楽しませたりの世話役をやられ一年以上も結構頑張られています。

そして、何をやるか?日々考え頭を悩まし、年明けの一回目に私、吉本に講師を依頼する為に来館されました。

もちろん、かつて山代健康大学にも熱心に参加された方なので一つ返事で了解しました。

2.サロン活動の課題とは?

国もメタボという言葉にひっかけ、肥満防止=生活習慣病予防⇒医療費の削減を目指しましたがうまくいかずトーンダウン。

そして個人から、集団へということでサロン活動を推奨するようになった訳です。
(詳しくは、2020年1月9日投稿の「どこへ行ったかメタボ、その原因と今後はどのように?」をご参照下さい)

しかし、参加する人は楽しいのですが、世話をされる方は、ホント頭を悩ませていることと思います。

3.サロンのリーダー育成の為の「やましろワクワク市場」開催中

私もそうでしたが、楽しませようとすると思い高まり、時にプレッシャーに感じた事もありました。

国が勧める「個人から集団へ」の健康アプローチには大賛成ですが、その為のリーダーの育成が必要です。

2019年(平成30年)に115回実施した山代健康大学をいったん休講にして、地域サロンのリーダーの為にレクリエーションや運動のネタを提供する「やましろワクワク市場」を始めています。

やましろワクワク市場のチラシです
サロン運営者の為のワンデー講座

以前の山代健康大学は、健康に学ぶが主でしたが、現在の「やましろワクワク市場」は、市場という名のごとく、レクや運動のネタ(やり方)を仕入れるのが主です。

今まで、10回以上実施してきましたが、欠かさず伝えていることがあります。

それは、皆さんに
「今日は新鮮なレクや運動のネタを錦パレスで仕入れて頂きました。 ネタなので聞いて満足したら終わってしまいます。」

「ネタですので、帰ったらいつまでも大事にとっておかないで、ぜひ地域やサロンで使ってくださいね」

使ってはじめて、健康の輪が広がる
※楽しくなければ、健康づくりは続きませんから。


古きを温め、新しきを知る(旧友との5年ぶりの再会)

2013年の夏に知り合った2人が、わざわざ遠方から訪ねてきてくれています。

嬉しい以上に深い思いが、この2人にはあります。

それは本来なら4人で訪ねてきてくれても、おかしくないところなのですが私が知る2人はすでに他界されてます。

一人の母親は、私に「おもてなし」とは何かを気づかせてくれました。

そしてもう一人の大親友は、私のことを経営者として尊敬し50歳の若さで他界されました。

嬉しいと同時に深い思い出話が今晩は続きそうです。

今日この日、どんな話で夜が更けるのか?複雑な心境ながら、新しい自分に出会える期待感も少しだけ沸きます。

さぁ~ 今から現在・過去・未来に向け飲みかわしながら、とことん話込んできます。


どこへ行ったメタボ、その原因と今後はどのように。

お正月も終わり、仕事始めも過ぎ、ふと体重計に乗ると気になる体重・・・・。

10年前までは、ちょっと太ると「私って、ちょっとメタボ気味・・・」か言ったり、また太っている人をメタボと指を差さないまでも言ったものでした。

しかし、10年以上も経った今、そのメタボ(正しくはメタボリック・シンドローム)の言葉は全く巷では聞かれません。

本日はメタボと併せて、その先に国が描いていた青写真とな何か?そして今後はどのようになるのか?をお伝えします。

1.そもそもメタボとは太っている人のことではない

メタボとはメタボリック・シンドロームです。
そしてメタボリックとは、代謝を意味します。

つまり、カラダに取り込んだエネルギーをうまく変換できずに脂肪としてため込んだ状態であり、そのうまく代謝できない人を指して言っていました。

2.何故、うまく代謝できないか?

一番は生活習慣にあります。

・運動習慣がない
・食事が炭水化物や白いもの(米や砂糖)に偏り気味
・間食が多い

そして、当たり前のことですが、摂取カロリー>消費カロリー(生活習慣+基礎代謝)となり、その差分が脂肪として体内や内臓、また血管壁の内側などに蓄えられます。

3.対策は、摂取カロリー<消費カロリー

と理屈はそうなのですが、運動+生活活動を含めた身体活動で、摂取カロリーを上回ることは、難しいです。

なので、食事療法が加わります。

よく深夜・早朝の通販番組のダイエット器具やサプリで4週間で6キロ減量に成功!などの画面に小さく表示される「正しい食事療法と適度な運動を併用した結果です」とあるようにベースは運動と食事にある訳です。

4.国の目論んだメタボリック

平成20年に、国は男性で腹囲85cm、女性で90cm以上の人は、代謝がうまくいかず内臓脂肪が増えやすいので運動と食事を改善し生活習慣病予防に努めましょうと言い出しました。

そして特定健診(通称:メタボ検診)を受け、生活習慣病予備軍の人は、特定保健指導といって保健師や医師、管理栄養士そしてわれわれ健康運動指導士などが生活習慣の改善に努めるというものでした。

しかし
10年以上も経って見てわかったことは、太っていても健康な人は多く、また太っている人は結構明るかったのです。

10年前なんかに私がメタボの話をすると、笑いながら「自分です!」と言わんばかりに手を挙げる人がいました。

つまり、国のネガティブを引き出し(糖尿での失明や腎症で透析をうけたりする映像を見せ、こうなる前に運動と食事を見直しましょう的なやり方)無理やり行動させるというような施策は失敗を見ました。

もっとも、国は個人の健康で幸せな生活よりも、高齢化により吐出する医療費の削減にその狙いがあったことは、今さら言うまでもありません。

5.個人アプローチから集団へ

太っている人をターゲットに「運動しなさい」「食事に気をつけなさい」というやり方から、集団にアプローチするやり方へ変わりました。

そしてネガティブ的な恐怖をあおって行動を促すやり方から、一人では挫折しやすいのでコミュニケーションを重視し、集団での健康づくり(地域サロン活動の推奨)を勧めてます。

また、健康づくりの基本中の基本である楽しさが継続の秘訣であることも少しずつ浸透しつつあるようです。


1月11日(土)の冬の神楽公演は、向峠(むかたお)神楽保存会です

今年で11回目の神楽公演となります。

1月4日(土)の上沼田神楽保存会の公演には、60人近い方が観覧され盛況の中、スタートすることができました。

そして、今週末の1月11日(土)20時からは、いよいよ向峠神楽保存会が舞います。

演目:八岐大蛇

この神楽団は、人口減少の激しい中山間部にあって、全員が地元出身者で構成されています。

地元を愛し、神楽を愛し、そして子供の頃から学校の授業に神楽があるぐらいの土地柄です。

そして最大の特徴は、常に全力投球。

迫力ある渾身の舞を、ぜひ間近でご覧ください。