ワクチン副反応とフラシーボ効果

新型コロナ感染者数の増加
第4波とも言われます

それに伴いワクチン接種も
徐々に各自治体で開始

ワクチンが万能のように
思われがちですけど

ちょっと待った!ですよ

ワクチン接種は年齢問わず
カラダの健康状態が良好

このことが大前提です

(以前もワクチンの功罪に
ついて書いてます)

ただ人のカラダと頭は
面白い関係です

例えば
この医者は名医だと思って
受診し薬を処方されれば

そう思って飲む薬と

その一方
「こんな医者の薬、飲んだ
ところで治りはしない」

そう思って飲む薬

同じ薬であっても効果は
どうでしょう?

これはモチロン効くと思って
飲んだ方が効果があります

同じ薬ですょ

さらに
「ありがとうございます」

感謝の言葉を加えると
また違う(そうです)

私は薬嫌いなので
感謝の言葉の実践は

食事の時

忙しい時のお腹を満たす
だけの食事と

「この糧は私を守り
育てます」

そう言ってから食べる
家での食事

食べてから2時間~3時間で
カラダの変化を感じます

なので薬でも同じでしょう

私はケミカル(化学)薬品は
一切飲みません

全く信用もせずカラダも
受け入れないハズです

と、ちょっと本筋から
外れ掛けましたが

ワクチンも効くと思って
摂取するのと

副反応のような不安を
抱いて摂取するのでは

薬同様、同じワクチンでも
効果は違うはずです

あまり不安を抱き過ぎず

かと言ってワクチンを
過度に過信せずが大事です

この信じる力は
他の事にも応用できます

よく言うフラシーボ効果
(偽薬効果)です

効くと思って飲めば効く
疑って飲むと効かない

これを私はほんの少し
応用して

若くあり続ける為に
使ってます

今現在は56歳
今年の秋で57

ですが私は45歳ぐらいの
気持ちでいます

まっ カラダは正直な
ところもありますけど

実年齢より気持ちが
若いことは

大事じゃないでしょうか

私の尊敬するというか
憧れる飲食グループの会長

この方の健康法の一つは
オシャレをするころ

つまり気持ちが若い
ということです

ピンクのシャツを着こなし
ユーノスロードスターに乗る

そして御年 90歳
かっこよすぎます

私の憧れ

(フジマグループの会長 藤麻功氏)



英国系ファンドによる東芝買収のてんまつ「会社は誰のモノ」

最初にお断りしておきます

私は経済評論家では
ないので悪しからずの程

(ライブドアニュースより)

英国系投資ファンド会社
による買収問題

東芝が社長(写真:車谷氏)を
交代をさせた後

手のひらを返したような
態度があり破談
(CVCキャピタルF談)

東芝側が社長交代で問題を
手打ちにした感じです

これは企業を買収から守る
ありがちなやり方です

今朝、このニュースを見てて

会社は社長のものなのか?
株主のモノなのか?

そのことを改めて考えさせ
られました

そしてこの「会社は誰の」
のこの言葉

私が前職時代
辞める前によく耳にした言葉

その時を思い出しました

私が勤めていた
セントラルスポーツ株式会社

入社時(1988年)はほとんど
体育会系人間が主体の会社

それが上場にあたり

「会社は株主のモノ」という
仲間が増えはじめ

私は「オイ、オイ何を
言ってるんだ!」

「俺たちの会社だろう」

「少なくとも株主でなく
会員さんの為の会社だろう」

そうは言ってはみるものの

「会社は株主のもの」
そう言っているモノが
出世していく

自分は会社が
好きだっただけに

会社は株主のモノが
受け入れられませんでした

辞めた理由はそれだけでは
ありませんけど

今でも馴染めない考え方です

その後に村上世彰さんの
生涯投資家などを読んで

あの当時の考え方は
薄れましたが

まだまだ欧米の資本主義を
完全に受け入れられない

そんな感じです

頭ではわかろうとしても

そう思えないもう一人の
自分もいる・・・

会社って一体誰のモノだろう

そう思っていた時に
ありました☆彡

しっくりくる考え方が

渋沢栄一氏が唱える
合本(がっぽん)主義

資本主義という人・モノ
カネという資本を元に
対価を得る

その考え方に対し人・モノ
カネ・知恵を元に得た
利益は公益に還元する

独り占めではなく広く
分かち合う考え方です

すると合本主義で言えば

会社は株主のものであり

また社長や従業員のもの
でもあり

さらに言えば地域社会の
公財ともとれます

一見すればきれいごとの
ようですが

私の前職時代のモヤモヤを
スッキリさせてくれました

会社の成長と自身の成長が
リンクするよう

合本主義 和を大切する
日本人にはピッタリですね


大手と中小の違いの一つが転勤

今年は桜も早かったせいか
新緑も見頃を迎えてます

よくお客さんに紅葉の頃が
きれいなんでしょうね

そのように聞かれますが

私はハッキリ言います

おススメは5月の新緑の季節
紅葉時より目に鮮やかです

ホント過ごしやすい
イイ季節となりました

そしてこの新緑の時期

前職時代の初めての転勤を
思い出します

私のサラリーマン時代

はじめての勤務地は
埼玉県川越市でした

通常3年、長くても5年で
転勤のところ

私は異例の8年と3ケ月

部下が辞めたり
上司が出社しなかったり

そんなこんなで
私を転勤させるにも

現場は人がいない状況

なのでタイミングを逸し
8年の長期になったのです

また、転勤命令を
受けたのが一週間前

身を粉にし働いた時期が
あってもこんなものか

何ともやりきれない気持ちで
一週間を過ごしてました

しかし転勤までの短い期間
会員さんや取引担当者の方

皆と気持ちよく挨拶を済ませ

見送り時にいつも目に入る
新緑の若葉

複雑な気持ちと束の間の
気持ち良さが入り混じり

加えて人生最初の転勤

今でも記憶に深く残ってます

その後、何度も転勤を
繰り返し

そのたびに自分の中の
引き出しが増えていった

その経験は自分にとっては
成長のキッカケでした

中小零細となった今

つくづく感じる大手との差は
転勤があるかないかの違い

大手はいや応がなしにも
働く環境が変化すれば

それについて行かねば
なりません

しかし中小社長の場合
いわゆる4大疾病

怠慢・傲慢・自堕落・無知

これらは少なからずあります

そして私が長く居過ぎた
埼玉川越時代

当時の自分にもあった
自覚症状のない疾病でした

人は誰しも成長したい

でも慣れ親しんだ職場環境は
離れたくない

大手という大きな傘の
下にいた自分

中小零細、個人事業主から
見れば

当時の自分は
温室のハウス育ち

しかしその育て方にしろ

温室のトマトに海水を
まいて糖度をあげたり

人も野菜も適度な刺激は
必要なのデス

ついつい居場所がよくなり
がちな中小零細

大手のような転勤による
環境の変化

この変化を自ら創らなければ
いけないのでしょう

現状に満足せず今の居場所で
新たな挑戦を繰返す

これが我々中小の経営者には
求められているハズです

幸せって何だ~っけ!?何だっけ🎶 ウェルビーングとハピネスの違い

夢と魔法の国
東京ディズニーランド

ここではゲストにハピネスを
提供することを掲げてます

そのハピネスとは幸せです

お金が欲しいのも
幸せになる為の手段として

家が欲しい
美味しいものを食べたい

それもその時、人は感情
として幸せを感じるのです

先日

ウェルビーングの話を
聞きました

ハピネスの進化形である
そんな風に言われてました

どちらがイイ悪いという
解釈ではなく

ハピネスもウェルビーングも
同じ幸せ

私の解釈ならハピネスの場合

ディズニーにいる時は
幸せ感につつまれます

しかし家に帰るにつれ
さらに翌日出社する

すると徐々にハピネスは
薄れていきます

また私と同世代で
ミッキーのペンを持つ女性

そんな彼女を見てると

「あぁ~ 魔法が
とけてないんだなぁ」

そう思ってしまいます

なのでハピネスは何かの
キッカケで感じるモノで

ある意味 持続しない方が
いい

たまに感じるから有り難い
そんなふうに解釈します

その一方、ウェルビーング

こちらも同じ幸せながら
その幸せ感を持ち続ける

そのことで心身ともに満た
された状態だといえます

やはり心身の健康に繋がる
ウェルビーングが注目される

そのことはわかる気がします

なるほど
そう言うことなのね!

ならば錦パレスは日頃
健康を謳っているから

提供しているのは
ウェルビーングなんだ

そう思われそうですし
そうありたいのですが

我々が提供しているモノは

「静けさ」

風の音や川のせせらぎ
鳥の声

自然を感じられる静けさ

このことで少しの幸せが
感じられるのです

組織のトップはピッチャー型かキャッチャー型か

昨日のブログ

プロ野球の内容を書いたら
思いの他、反響があり

例えば

阪神も独走して欲しいが
そうもいかないだろうや

S監督の采配の仕方が
マジでわからん など

いろんな意見を
もらいながらも

やはり女性のコメントは無し

改めて男ってプロ野球が
好きなんだなぁ~を実感です

勝ち負けも興味がある
ところでしょうけど

戦国時代の武将同様に
国の在り方、組織の在り方

これらに繋がるから
ではないでしょうか?

それでちょっと考えてみれば
プロ野球の監督の選手時代

どのポジションに
ついてたか?により

特徴が大きく分かれる
ようです

その代表がピッチャー型と
キャッチャー型です

(共同通信)€

(野手出身の監督はこの度
割愛させてもらいます)

さてピッチャー型の代表は

カネやんこと金田正一
燃える男 星野仙一

その他、東尾修や堀内恒夫

今なら
工藤(ソフトバンク)
三浦(横浜ベイスターズ)
高津(ヤクルト) など

往年の個性的な監督に
比べ現代はややおとなし目

言うなれば自己顕示欲が
強く(負けん気が強い)

そして俺が俺がで
目立ちたがる

そんな傾向が見受けられます

一方、キャッチャー型

ノムさんこと野村克也や
常勝西武の森祇晶(まさき)

その他、梨田昌孝や伊藤勤
今なら矢野燿大など

派手さはなく地味ではあるが
読みが鋭く着実性がある

ピッチャー型を陽とするなら
キャッチャー型は陰

戦国武将に例えるなら

織田信長はピッチャー
徳川家康はキャッチャー

そんな感じです

また組織のトップは大きく
そのどちらかに分けられます

ちなみに菅総理

あの方は間違いなく
キャッチャー型です

どちらがイイか?という
話でなく

バッテリーと呼ばれる様に
2人ではじめて力を発揮

夫婦もまたしかりでしょう

一人だけでは成り立た
ないのです

ピッチャー型のトップには
縁の下の力持ち的な人が必要

またキャッチャー的なトップは
自由奔放に動けるNO2が必要

お互いがピッチャー型でも
キャッチャー型でも

うまくいかないでしょう

なら一人社長はどうすれば?と
質問されそうですが

それはケースバイケース

つまり一人二役
時に表に、時に裏にです

じゃぁ~次に私自身は
???

自分の事は自分が一番
わかってるようでわからない

でもキャッチャー型を
目指してます

目立たないところで目立つが
自分の美学

なのでこれからも地味~に
コツコツと

日々ブログを書き続けます


好調🐅阪神タイガースを支えるメンタルトレーナー

プロ野球ペナントレース

好調を維持するのは
阪神タイガース

ドラフト1位の大物スラッガー
佐藤輝明選手や

昨日は藤浪投手の復活など

ディリースポーツ

「やっぱり阪神出て来たな」
これが個人的な感想です

私が応援するのはカープと
西武ライオンズですが

今シーズンは阪神の優勝を
予測します

理由は活躍する選手もですが
裏方を支えるトレーナー陣

その中に北京オリンピックの
女子ソフトボールを金メダルへ

さらに高校野球でかかわった
80校中22校が甲子園出場と

圧倒的な結果に導く人が
メンタルトレーナーで
阪神にはいるからです

その人は講演家であり
居酒屋「てっぺん」の代表

大嶋啓介氏です

彼は前祝いの法則
予祝(よしゅく)など

望んでいる結果に対し
事前にお祝いをするという

例えば日本の風物詩である
お花見も秋の豊作の前祝い

つまりそれは予祝という
昔から日本に伝わるしきたり

そのように言ってます

で、阪神には何の前祝いを
したのか気になるところですが

ネットで調べると予祝レターを
矢野監督へ出したことがヒット

なるほど大嶋さんらしい
前祝いです

加えてネット上では
触れられませんが

彼曰く高校野球の場合なら
甲子園出場を決めた時

誰が一番喜んでくれるか?

また、プロ野球の場合
日本一になったその瞬間

誰が一番涙を流して喜んで
くれるか?

その「誰」を想像しながら
日々練習し試合にのぞむ

これこそが大嶋流メンタル
トレーニングなのです

この前祝いや予祝
何もスポーツの分野だけでなく

様々な業種業態で使えます

例えば会社において
過去最高益を達成した場合

誰が一番喜んでくれ

従業員と手を取り合い
ハイタッチをして

そして地域の人がお祝いに
足を運んでくれる

そんなシーンのイメージし

日々、明るい気持ちで
いるということです

そしてこのブログ 

きれいごとのように
聞こえても

気持ちが落ちこんだ人が
読んで前向きになり

「よっし やってみるか」と
いうような気持ちになる

そんなシーンを想像しながら
今日のブログは書いてます

最近は何を書くか?に
こだわり過ぎ

ブログを書くにあたって
読み手を想像しての予祝

忘れかけていました

なので本日は少しニヤニヤ
しながら書いてみました

書き手も幸せ
そして読み手も幸せです



コロナ対策で注目される広島県モデル

山口県は西と東で経済圏が
わかれます

ちょっと固い感じですが

私の職場は岩国市
住んでいるのは周南市

職場と家は同じ県内でも
映るTV局は違います

そして📺

岩国と広島の地方局では
TV東京系が映りません

ご存知でしょうがTV東京は
日経新聞と関係が深く

経済番組が充実してます

そしてたまたま見ていた

WBS(ワールドビジネス
サテライト)

番組内で放映エリア外の
広島のコロナ対策が紹介

興味を持って見て
おりました

注目されるコロナ対策

広島県モデルとは?

それは無料でPCR検査を
受けられる場所を増設

1人当たりの費用を
全額広島県が負担

総額10億円ですが
時短の協力金は100億

費用面もそうですが
早期発見で手が打てる

広島の感染者は人口規模に
対して少ないとのこと

ただし、この広島モデルも
大阪や東京のように

「人が増えすぎてからでは
効果がない」
(湯崎県知事談)

確かに言われてみれば
早期発見、早期対応

この予防の大原則に基づく
広島モデル

これは保健衛生だけでなく
健康増進でも言えることです

悪くなってからの
治療よりも

悪くならない為の予防
その為の自己管理

もう私が30年以上前
健康産業に入った頃から

日本は国の保険制度が
発達しており

それが為、欧米に比べて
自分の健康を自分で守る

この意識の低さは
指摘されてました

健康は国の保険や医者に
守ってもらうものでなく

自らで守る

また、スポーツクラブへ
通ったりで鍛える事は

自己投資です

そしていつもながらの
私の好きな格言

人はお金の為に健康を
害して働き

そしてその健康を取り
戻すためにお金を使う

ケガをしてから医者に
通うのでなく

ケガをしないような
カラダをつくりあげる

トレーニングが自分への
投資という概念が薄い日本

しかしながら、いつかは
欧米の感覚に近づけるよう

私はトレーニング指導の
第一線は離れましたが

日々、現場で頑張られている
トレーナーの方々

私はいつも彼ら彼女らを応援
そして学ぶのです

自身の知識を常に
アップデートをかける為に

やっぱりスポーツや
トレーニングの現場に

戻りたいのでしょうか?
イヤ、多分そうでしょう

(私のもう一つの側面です 👇)


古きに学ぶ健康法

人々の最大の悩みであり
関心事でもある

健康

私もこのことについて
いろいろとお伝えしてますが

基本は人の健康です

私の知合いで住む環境が
人に及ぼす影響を考え

健康に特化した注文住宅を
取り扱っている者がいます

人と自然にやさしい家づくり
🏠🌸さくらホーム🌸🏠

彼のブログを読んでいると
古きに学ぶに触れてました

効率性や価格面から日本の
古きよきものがすたれがち

一見、時代に逆行するような
ことでも実は価値がある

そんな内容でした

彼の関わる健康住宅とは

効率化と価格面の弊害

例えばシックハウス症候群
この現代病でさえ

昔ながらの素材と工法なら
ありえないとのこと

家を人に置き換えるなら

・素材  ▷ 食事
・建築工法▷ 生活習慣

そのように考えられます

例えばどんなにバランスよく
栄養を考慮した食事でも

運動習慣は全くなし
常に睡眠不足ではいけません

又その一方
運動や睡眠もバッチリ

しかし食事は添加物の多い
コンビニ弁当ばかり

これでもいけません

家も人も生き物です

素材(食べ物)がいい加減でも
建て方(生活習慣)が適当でも

のちのち弊害が起こる

それは家自体へもそうだし
人にも及んでしまうのです

彼の長男が幼いころ
住環境からのアトピーに悩み

そのことがキッカケで
健康住宅へ舵を切ります

健康とは失ってはじめて
わかるものですが

とり返しがつかなくなって
からでは元も子もないです

医食同源ではないですけど
医住同源といったところです

古きに学ぶ

例えば食もスローフードなど
和食の醗酵食が注目されたり

最新のサプリよりも
昔の食が見直されます

一日2食が3食となり

食べ過ぎや運動不足が
原因の生活習慣病

そしてこのコロナ過の元
新しい生活様式の中

特に気になるのが
過度の除菌状況

全く菌が無い状況は
身体の抵抗力も弱まります

古きに学べ

過度の除菌やワクチンなど
予防に神経質になりすぎ

マスクや除菌に頼りすぎず

昔ながらの食事や

日の出とともに起床し
日没共に就寝準備へ

昔ながらの規則正しい
生活習慣も又大事なのです

健康に特化した注文住宅と
温泉宿泊施設

業種は違えど同じ
健康がキーワード

やはり気づきと学びが
得られます





ちょうど丸一年 苦しさも人も受け入れる

2020年4月14日

ちょうど一年前のこの日

新型コロナの影響を受け
会社は長期休業となりました

あの時は先もわからず
日々不安を感じたものです

不安というモノは過去の
経験で先を案じてしまう

ネガティブに考えがちです

支払をどうしよう?
雇用をどうしよう?
家族の生活はどうしよう?

先行きへの不安
お金が回らないことの不安

当時の状況は精神衛生上
好ましいものではありません

と こんなふうに書いていると

大変だったんですねと
思われる方もいれば

その一方で
「さも同情を買って」とか

「大変なのは他にもあるぞ」
 などのご意見

ごもっともです

4月14日
ちょうど5年前の2016年

この日は熊本地震の日です

お城は崩れ
名勝地の池の水は無くなる

さらに阿蘇の仲間の宿は
お風呂に亀裂で営業停止

かなり厳しい状況へ一夜
にして追い込まれたのです

もし自分が当事者だったら
どうだっただろうか?

そんな風に考えるのです

世の中に上には上がいる

と同時に下には下

つまり自分より大変な人は
知らないだけであって

想像以上に多く
いらっしゃるのです

さらにそのどん底から這い
あがってきた人もまた多数

上を見れば目標に

下を見れば「何で自分が」の
被害者意識がなくなるのです

私は人の苦労話を
聞くのが好きです

それは、その話を
聞いていると

「自分なんてまだまだ」

そんな風に思えて
モチベーションに繋がります

ただ愚痴は遠慮しますょ

苦労話とは似て
非なるものですから

例えそれが今現在続いていも
私はしっかり聞きますょ

何ができるかはわからなくても

もしかしたら、聞くことで
心の痛みを和らげられる

そうづ峡温泉は
お湯と清流、そして人

この3方が癒しというか

本来の健全なあるべき
自分へともって行く

そのことが可能なのです

私はかつて群馬の万座温泉

そこで辛い時を癒され
乗り切れた経験があります

お湯と自然とそして人

3方そろえば何かの
キッカケになるハズです

私が辛い時、一人でも快く受け入れてくれた
群馬県の万座温泉「湯の花旅館」

もし、あの時の自分のような人がいれば当館はよろこんで受け入れたい  
いつもそう思っています

そして湯の花旅館さんには今もかわらず感謝しております                                   

適度な刺激はカラダにも人生にも必要

少し肌寒い日

花冷えといっても
もう桜は散ってるので

この時期の寒さは
何なんでしょうか?

実はこの気温の変化(刺激)
カラダには必要なのです

ちょっと話は変わりますが
適度なストレスは必要です

例えば最近、注目を
集めている「腸」

私はその方の専門家では
ありませんけど

先ほどのカラダに刺激という
意味でのおススメは

おなかを鳴らす
???

あのグルグルとか
ギュルギュルなど

食べ物のカスを
押し出す腸のぜん動運動

これが衰えると宿便です

便秘で悩む人は多いハズ

食物繊維を積極的に
とることも大事ですが

私は適度な空腹感が宿便の
解消を促す

そのことが南雲先生の本を
読み実践しわかったことです

もう3ケ月以上続けてますが
かなり快調です

白米を玄米に変えたり
青汁を飲んだりと

いろいろやりましたが

空腹というストレス(刺激)を
カラダに与える

このやり方が一番自身に
あっていたようです

もし、3食きちんととって
調子が今一つの方

食事と食事の間の間隔を
あけてみては如何でしょうか

そして今日のような肌寒さ

即、暖房を入れるのではなく
ちょっとだけ我慢です

痩せるんですか?
便秘が解消されますか?
空腹感がなくなりますか?

全部ブブー です

汗腺の衰えを防ぎ
体温調節機能を整えます

暑ければ
➪汗でカラダを冷やす

寒ければ
➪汗腺を閉じ体温の
 発散を防ぐ

この体温を保つ仕組みが
衰えます

適度な刺激はカラダ本来の
機能の維持に必要です

生ぬる~い生活よりは
適度に刺激のある生活

その方がカラダに
とってプラスです

さてさて自分のカラダの
調子はイイのですが

本業の宿泊の方は
なかなか厳しいです

ですが見方変えれば

カラダにも刺激が
必要なように

会社にも刺激は
必要だったのです

今だ続く新型コロナの影響

ちょうど昨年の今日

緊急事態宣言で長期の
休業となった、その日です

今振り返るとちょっと
というか

かなり強すぎた刺激

ですが、そのおかげで
いろんな気づきが得られ

そして何よりも数々の人との
出会いに恵まれました

やはり、カラダにもそして
人生にも刺激は必要でした

苦難は福門

わかっていても受け入れ
難かったこの言葉

一年以上経った今

ようやく受け入ることが
できるようになったのです

おかげさまです