日本最後の清流でわかる言葉の力

車で川沿いを走ると、他県ナンバーの車が目立ちます

そうです
明日よりアユ釣りが解禁となります

山口県内で一番長い錦川
その最大の支流は宇佐川です(写真上)

河川環境類型AAを取得するまさに
清流中の清流です

(宇佐川の透明度)

よく四国土佐の四万十川が日本最後の清流と言われますが、日本全国を探せばまだまだ知られてない清流はあるハズです

しかし、清流といえば四万十川を思い浮かべるのは何故でしょうか?

全国には四万十川に匹敵する、もしくは上回る清流があるにもかかわらずです

それはやはり「日本最後の」この言葉が大きいです

(清流・四万十川)

「日本最後の」でTVで放送され、全国にその名が知れ渡ったようです

さらには沈下橋もおおく、流域では川漁をしたりと生業も行われているなど見どころも多いのです。

それに比べれば、宇佐川は距離も四万十の10分の1以下です

川の透明度、美しさは四万十を上回る宇佐川

それは全国利き鮎コンテストで2度のグランプリが証明してます

なのに何故、清流=四万十川なのでしょうか?

そこには、やはり「伝える力」が大きいのです「日本最後の清流」

これが日本最大でもなく日本最長でもなく、最後という言葉にインパクトがある訳です。

例えば、もう閉店するというデパートの最終日
多くの人が思い出を惜しんで店をしめるシーンを思い浮かべて下さい

最後だから人はその言葉に特別な感情を抱くのでしょう

宇佐川と四万十川を比べた時、写真で見ただけなら宇佐川の方が清流としての美しさは勝ります

しかし現実は、清流といえば四万十川

ほんと言葉の力伝える力を実感します

私が書くブログもやはり、言葉の力に頼ることは多いのです

しかしながら煽りすぎても、また過大評価をし過ぎてもいけない

そんな意味でも四万十川を最後の清流と呼んだ方には敬服するだけです

言葉の力は奥が深い、どのような言葉が人の琴線をならすのか⁉

読書とこのブログを書き続けることで、日々是学びとなるわけです

晦日詣で(みそかもうで)行かずに感じることと伝えたいこと

5月も残すところあと一日

月末になると何かと慌ただしくなるものです

そんな中、今までは仕事の忙しさに流され何度か?忘れたことがあった晦日詣でですが、本日はその日でした

ですが行くのをやめました
正確に言えば見送ったというか見送らざるを得なかった

それは忌中(きちゅう)だったからです

あんまり気にしないようにとは思って見たのですが、ダメでした
49日が過ぎるまでは神様へのお詣りは控えるようにとのこと

今まで、新年の挨拶で「喪中により」とかいうと、そんなに気にする必要ないのにと思っていました

しかし、いざ自身が当事者になるとその気持ちがわかるものです

一般的には忌中や喪中に避けることとして当然ながらお祝い事がありますが、その中で「神社に参拝しないこと」があります

晦日詣でに関し、あれこれと自分なりに考えましたが、やはり通例に従って今月は取りやめです

しかしながら、そもそものお詣り、晦日詣では感謝の意を神様に告げるものです

なので、本日行けずに告げることができなかった分は、ご霊前でしっかりと伝えます

と、なんかスピリチュアルで読む人に不快感を与えてもいけませんが、ホント亡くなった父親には感謝の意しかありません

よく「安らかに眠ってください」とか言われますが、自分はこの度、そのような言葉をかけた記憶はなく

口をついて出てくる言葉と言えば「ありがとう」ただこの言葉だけです

今でも充分、充分すぎる程、亡き父親には感謝してます

なので、もしこのブログをここまで読まれ、お父さんがご健在なら、どうかしっかりと会話をして欲しいと心から思うのです

自分が父親と充分に話せなかっただけに、この思いはいつまでも残ります

もし私から皆さんにお願い事があるとすれば話せるときにしっかりと話し、そして聞いてあげて欲しいという事なのです

ボトルネックは何か?に気づける休日

社会人になって30年以上
ず~とサービス業に従事してきました

なので、あまり日曜日は休みという感覚はなかったのですが、それでも当時を思い出すと街の雰囲気や客層、さらに人の歩く速度まで

やはり平日と休日とでは違っていたのを肌感覚で感じてました

平日がONタイム 休日はOFFタイムであるわけですが、平日にできないことを休日に少し考えてみては?という本日のご提案です

私も以前に手帳を日々書いているお話をさせて頂きました

一度は書こう!とこのブログでも宣言しながら、書いたり書かなかったりで今に至ってます

改めて継続できないその原因を考えてみました

すると何となくわかってきたことがあります

それはToDoリストといって、やるべきことを書き出しそして終了したらチェックしていくとう項目があります

私の使っている手帳はチェックというより計画を立てて、それに沿ってやって行く感じです

さらに

・日々のToDo
・週ごとのToDo
・月ごとのToDo
・年間のToDo

このように分かれてます

うまくいかない原因は、以前の飲食宿泊時代のToDoのままであったということです

仕事における環境、生活環境、時間の在り方や使い方など以前とは違っている状況なので、こちらのToDo(≒ルーティン)も見直さないとイケなかったわけです

皆さんも時間があれば、本日の休日

なにかうまくいってない事やボトルネックとなっていることがあれば、少し考えてみると意外な部分に気づくことがあるかもしれません

それも、忙しい平日とは違って、少し時間がゆっくり流れる休日だからこそ気づけることなのかもしれません

仕事のある平日なら深く考えすぎてしまうかもしれませんが、本日は休日
肩の力をぬいて考えれるのがメリットです

いい日曜日をお過ごしください

寂びれる中山間地域の対策として

3月末で錦パレスは閉館

そして昨日の新聞には、私の母校でもある県立広瀬高校(現分校)が2023年度

つまり来年度より募集しないとのこと

ということは、今の一年生が卒業したら、そこでおしまい

人口が減るのはどこの中山間地域も同じです

人で賑わっていれば宿泊施設にしろ学校にしろ、閉館する理由はない訳ですけど

しかし現実は好むと好まざるに関わらず、その地域全体の人口が減れば生徒が減るということなのです

では、どうやって地域に人を呼び込むのか?移住していじゅうしてもらうか?ということなわけです

よくありがちなイベントや移住してきたら金銭支給などありますが、一過性のモノではうまくいきません

(コロナ禍で中止となったイベント)

その地域の選ばれる理由を、やはり住んでいるというか、移住してきた人に聞くべきです

そのような声を集めずして、机上で考えたアイディアや他の自治体がやっているようなことを模倣しても2番煎じどころか?かすりもせず、経費の無駄遣いに終わるのがセキの山

厳しい言い方ですが、ほんとのことです

しかし地域を何とかしようという思いは皆が持つものの

それを具体的に推し進める計画と実行段階におけるその手法が大切です

私もこの度、販促・集客における手法としてお客さんの声をとり、共感できるメッセージをチラシやホームページで展開していく「A4」1枚アンケート広告作成法のアドバイザーとしてスタートしました

コロナ禍で厳しい状況にある飲食・宿泊業をサポートする仕事なわけですが、私の使う「A4」1枚アンケートの手法はありとあらゆる業界でその効果は実証されてます

しかしながら、観光とかまたは過疎地における人の動きに影響をあたえるような事例はまだ存在していません

だからこそ、試してみたいわけです

まずは観光で、そして過疎高齢化の問題など

少しワクワクしてきます

灯台下暗しにならず

選ばれる答えは必ずお客さんが持っている

この言葉をこれからも初心として持ち続け、母校の為に何かお役立ちができると考えるのです

人の気持ちを察する大切さ

久々に腹が立ったというか?
無神経はなはだしい一件がありました

本当は担当者と社名を出したいぐらいですが

まっ このブログはそんな目的の為ではないので差し控えます

3月末ごろの閉館するころから今に至るまで、改めてわかるのが「終えるべき人間関係と続けるべき人間関係」

人は立場が悪くなったときや苦しい時にそれがハッキリわかるものです

大手といったらすべて含むので語弊があるかもしれませんが、往々にしてその傾向が強いと捉えて下さい

私もかつて、在京時代は大手にいたので、いわゆる縦割り、コンプライアンス、組織を守ることが優先されてました

それが大企業を離れ、中小零細に
首都圏を離れ、地方の田舎へ

環境や組織が変わって感じることができた訳です

もちろん、大手には大手のいいところがあり、中小にも又、改善しなければいけない課題もある訳です

そんな中

私はこれから人を雇うでもなく雇われるのでもなし

店舗と在庫を持たずして店舗経営のお手伝いをするとうスタイルを掲げてます

本日の大手の電話の相手は、そこそこ親しくしてきた担当者からでした

電話に出てみると

「最近どうですか?しばらく連絡もしてなかったので」と、まずは軽い社交辞令

ですが、この時点ですでに何か求めてくるとは感じてました

話をしていると近況の話から仕事の話へ

内容は「在庫が残っていて、それも名入れしてあるから買い取って欲しい」ということでした

言ってることは、わからなくもないし向こうには向こうの言い分、さらに上席にも報告しなければいけない義務もわかります

しかし、こちらが「身内の不幸があって」と伝え、相手は故人のことを知っていてるにもかかわらず「買い取って欲しい」の一点張り

話は決裂

相手の状況を察するよりも、自分のことや自社のことを優先する大手にありがちな対応です

いつもながら思うのが、イイか?悪いか?ではなく「人対人」としてどうなのか?

また自身が今後、同じような立場に遭遇した時

組織人としてでなく人としての対応ができるか?どうか?を考えさせられた次第です

人を傷つけるのも、また人を癒すのも人とは言いますが、気づきを与えてくれるのも又「人」からです

観光世界一を維持していく為に私のできること

かつて、この業界に関わっていた者としては、嬉しいニュースです

観光地としての魅力
日本が初の世界1位

暗いニュースの中での明るい話題です

関係者には嬉しい、またコロナ過で厳しい状況にある業界だけに、ホントありがたい世界一の称号です

しかしながら、上がった株はいつしか落ちるではありませんが、このまま日本が世界一を続けていくには、まだまだ見えないだけで課題もあるハズです

この度の評価を受けたのは、交通インフラの利便性や、自然や文化など観光資源の豊かさ、それに治安のよさなどが高く評価されてのこと

どちらかといえば既存の資源やハード(インフラ面)での評価であり、日本がよく言う「おもてなし」の表記は見当たりません

交通インフラの充実、そして自然や四季の魅力に加え、今後はソフト面でも世界をリードすれば、よりNO.1の座は続くであろうと予想します

では、その為に必要なのは、やはり「おもてなし」なのか?どうか?といえば私は他にあると言い切ります

その一つが多くの観光地や温泉地が打ち出しているPRポイントに大差がないことがあげられます

美味しい料理とおもてなし 美人の湯などいろんな観光地で目にし聞く言葉です

私が15年前に観光業界に入った時、体験型観光が盛んに言われてましたが、でも今だ主流なのは物見雄山的な見て・食べての観光が主流です

体験型をより進める以上に、それぞれのお宿やお店が独自の強みを打ち出していくことが大切なのです

自分のことは自分が一番よくわかっているようで、実は一番わかってない

これは人の性格だけでなく、観光業界にも言えます

金太郎飴的ではいけないのです

自分たちの強みを知るにはどうすべきか?

悪いところを改善するより、自分たちがお客さんから支持される、選ばれる理由をとことん尖(とがら)せるべきです

その手法をもっているのが、私の所属する協会(「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会)であり、「A4」1枚アンケートによるお客さんの声を生かす方法で15年間お世話になった観光業界のお役立ちができると考えるのです

日本人にあった 日本発の集客方法

昨日は私が所属する
「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会(以下「A4」協会)の毎月2回のレベルアップ研修の日でした。

この会は強制参加ではないもののオンラインでもあり参加が容易です

また先輩アドバイザーとの意見交換の場でもあります

又、何よりも協会の主たる岡本達彦先生も参加されます。

なので直接アドバイスを頂けるのですが、その一方では岡本先生の存在は時にプレッシャーにもなります・・・

しかし、リアルで会ったことのない全国のアドバイザーの方と面識がもて距離が縮まり、親近感もわきます。

そして我々アドバイザーの特権ともいえるのが忙しい岡本先生と直接やり取りできるという場でもあるのです。

1.アンチクライマックス・レイアウトとは?

アドバイザーと言ってもコンサルタントの方やデザイナー、広告代理店をやられたりとそれぞれのプロの方の集団です。

なので時に専門的な用語も耳にします

見出しのアンチクライマックスレイアウトとは「A4」の協会が推奨しているチラシのつくり方です。

それは起承転結ではなく、要点を最初にうたう

つまりクライマックス(話のヤマ)が文章やチラシの後半にでてくるのでなく、最初に出てくると言えばわかりやすいでしょう。

この詳細は、我々「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザーであり、協会の主要メンバーである沖縄支部の豊平さんがわかりやすくブログで書かれてますのでおススメします。

広告・販促物の反応を上げるための構成・流れ・順番とは?(豊平尚哉アドバイザー)

2.メイドインJAPANの集客方法

「A4」1枚販促アンケートの手法は、海外から入ってきたものでなく

岡本先生が考案された、まさにメイドIN JAPANの方法です。

たまに聞く「断られないオファー」とか「強烈なキャッチコピー」など

私はゴリゴリ押す系のマーケティングは好きではありません。

「好き嫌いよりも効果だろう!」という声も聞こえてきそうですけど

例えばお店に入った時、店員さんが知らない間にそばに来て「何か お探しでしょうか?」と寄って来られるのってどうでしょうか?

なんとなくゴリ押し系のマーケティングは似たような感じがするのです。

お客さんをターゲットと呼んでみたり、ちょっと???のような気がします。

(中国・台湾でも出版された「A4」1枚アンケートの本)

そこにいけば、手前味噌のように聞こえるかもしれませんが、この「A4」1枚アンケートの手法は、日本で生まれた日本人に合った集客・販促手段です。

もちろん我々アドバイザーもゴリゴリと行く場合もゼロではありません

それは、良い商品やサービスを持ちながら上手く伝えられない人がいれば「何とかしよう」という熱い思いとともに押しも自然と強くなる場合もあるわけなのです。

事故を防ぐ為のその後の在り方、考え方

気温が上がるとビールの消費量も上がるのは知っての事でしょうけど

早速、水難事故のニュースが新聞に載っていました

どうしても夏に向かうこの時期から起こりはじめる

事故とは思わぬ時に起こるものです

私もこのブログで県内最年長のライフセーバーを目指すと宣言しましたが、ほんとうに水難事故から人を守りたいのか?

ただ自己満足の為に資格取得を目指すのか?いろいろと自問自答してみました

まだ、その答えは出てませんが、やはり事故を防ぐには

①危険な場所に近寄らない
②万が一の場合の対処法を学ぶ

この2つ、ともに大切な事です

私が目指すライフセーバーは通常は海難救助です

海での離岸流で沖に流されたり、溺者を発見して救助するサーフ・ライフセーバーを指しています

しかしながら、海と違い川も又、水辺の安全は大事となります

危険な場所を避け、万が一の対処法を知ることは海も川も同じです

そして、これらは事故と呼ばれるものには共通する重要項目と言っていいでしょう

例えば交通事故

危険な場所と言えば交通量の多く見通しの悪い交差点など

危険な場所は避けることが無難でしょうが、そうもいかない場合もあります

細心の注意をしてても事故に遭遇することもあるわけです

水難事故や交通事故ならある程度、危険を想定ができますが、これが対人関係における事故や経営に関する事故ならどうでしょうか?

往々にして事が大きくなってから気づく場合がほとんどだと考えます

なので、その予兆というか前段階の部分を知るというよりは、むしろ感じることが大切だと考えるのです

それでも時に取り返しのつかない事故もありえるのです

その最たるものが死亡事故

これは①の危ない場所に立ち寄りないや②の対処法ではあてはまりません

では、どうすればいいのか?といえばその経験を繰り返さない、2度と起こらないように細心の注意が必要なわけです

さらに避けられる事故もあれば、そうでない場合もあります

「起こったことはしょうがない」とよく言われますが、大事なのはその後の在り方、生き方、考え方となるのです

温泉はどうした? 今の私の温泉への想い

月曜日、一週間のスタートをしたものの
整ったような整ってないような

そんな状態が未だ続いてます

まずはいらないものを捨てて、環境と気持ちにスペース(余裕)をつくる

そう思っていろいろと片づけるものの
改めて必要ないモノを多く所持していたことを痛感します

このブログでもお伝えした私の進む道

・働く人の心身をサポート 

・店舗ビジネスの集客サポート

この2つでいくと宣言してますが、まだまだ具体的に動き始めた段階ではありません

また、以前からず~と読まれている方にはある意味???となる部分が「温泉」ではないでしょうか?

確かに、そうづきょう温泉・錦パレスが閉館し、私自身は温泉との縁が切れた訳です

ですが、このままお仕舞いにするのでもなく

いつかは又、かかわってやろう!と虎視眈々とそのチャンスは伺ってます

しかしながら、今は良い商品・サービスを持っていながらも上手く伝えらない人を正しいやり方で救うという「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会の一員として、まずはここをしっかり学び実践することが最優先です

なので2足のワラジや二刀流などと言っている場合ではく、二兎おうものは一兎も得ずです

しっかりと地に足をつけ「販促・集客」をやるべき時なのです

そしてまた話は戻りますが、私がこのまま温泉業界からフェードアウトするわけではありません

自分自身は
健康増進・福祉向上×店舗の販促・集客

この2つでやって行こうと考えてました

しかし、今月のはじめに父が亡くなり、一旦はもうそれで温泉のことは終わろうかとも考えたのです

ですが、父が残してくれた現場の大切さ、いわゆる三現主義(現場・現実・現物)

さらに父は私のような健康増進集客しか考えてこなかったのではなく、本当に温泉へ訪れる方に対し損得なしに接していたことを思い浮かべるのです

やはり、人の心身を癒すのは人であり温泉です

これからの時代はますます生活スタイルも多様化する中、温泉をもっと多目的に利用する必要が生じると考えるのです

その為にも本当に温泉を愛する人が温泉に携わるべきという私の思いは今も根底にあることは変わりありません

何よりも私自身が温泉に救われたこともあり、その恩返しの意味でも、そうづ峡温泉時代よりはさらに一回りも二回りも 知識も人脈も、さらにその想いも太くして捲土重来を期します


休日をうまく過ごせなかった方へ

晴天に恵まれた日曜日

イイ休日はお過ごしできたでしょうか?

毎週日曜日は休みの日の過ごし方についてお伝えしています

しかし、もうこのブログを読まれている時点で、休日はほぼ終了してます

有意義に過ごせた方もそうでない方も、本日お伝えする方法を、ぜひ試してみて下さい

いつもお伝えするように、休日は月曜日からのONタイムに向けての準備するための日でもあります

しかしながら、もうあと数時間で月曜日になろうとしている中、今更あれこれやっても焼け石に水

ではどうしたらいいのか?これをズバリお伝えします

それは、寝具(枕カバーやシーツなど)これを洗いたてのものか、真新しいものに変えて寝ましょう!です

皆さんは毎日、お風呂に入るはずです
そして下着を毎日変えるでしょう

ですが、寝具(枕カバーやシーツ)はどうでしょうか?
意外と毎日変える方は少数なハズです

下着は毎日変えても、同じ肌に接する枕カバーやシーツ、布団カバーも変えないのは何故でしょうか?

人生の1/3を占める睡眠

ここを快適に且つしっかりと疲れをとれるような睡眠時間と睡眠の質を高めるためには、睡眠に必要なアイテムにはこだわりたいものです

さらに睡眠90分前の入浴荒塩を入れての入浴もおススメ

良いものはぜひ試していただき、イイ一週間のスタートを切る準備をしましょう