ないもの探しより、あるもの探し

連日報道される
ウクライナの状況

戦争を否定し平和を
訴える

国内でも反戦の動きは
高まり、様々な動きも

あらためて戦争放棄

平和の尊さを
感じるわけです

私の関係する健康に
ついても同じように

ケガや病気をして、はじめて
その大切さを知るわけです

大事と分かっていながらも
その時にならないと感じない

ある時は当たり前で
失ってはじめてわかる

戦争と離れた内容で
本日はお伝えします

1.当たり前で薄れるありがたさ

水が出る

電気がつく

家でも職場でも
当たり前のこと

平和に慣れているだけでなく
当たり前にも慣れている

水が出るのが当たり前

電気がつくのが当たり前

断水や停電ではじめてわかる
その有難さ

やはりネガティブは
想像したくないというか

当たり前に慣れ過ぎて
大事な事を忘れています

2.探しものをする時、何というか?

私もよくありますが
探しもの

人は平均して探しものに

一ヶ月で76分
一年で912分(約15時間)

そして探すとき
「ない、ない」と言って

あちらこちらを見回します

何故「あるはずだ」と言って
探さないのでしょうか?

あるのは当たり前
ないのがおかしい

だから「ない ない」と

無意識に言ってしまうので
しょうか?

ここでも当たり前で
見過ごしている

あることに対し感謝の思いを
忘れてしまってます

3.当たり前に感謝をする

水が出る、電気がつく

こういうと変でしょうけど
当たり前に慣れ過ぎてます

コロナ禍でわかったことや
気づいたことも

またいつしか、時間が経てば
忘れてしまうでしょう

ただ、大切なの

平和でも、健康でも

もっと言えば、電気がつく
水が出る

当たり前に感謝しなければ
いけません

(岩国市錦町深川 河内神社)

本日28日ですが
2月の晦日詣で

どれだけ感謝の気持ちを
手を合わせ伝えれらるか

たった月に一回だけの
ことですが

当たり前に感謝できるよう
これからも行きたいものです


休みの日には何をする~感謝する

先週の肌寒い日曜日とは
うって変わり

少し春らしさも感じる
穏やかな本日です

休みとなるとどうしても
「今日は何をしようか?」とか

「やらなければいけない事が
いっぱいある・・・」

どうしても、モノ・コトを
休みの予定に入れがちです

時間を気にせず
何もせず

こんな日だからこそ
おススメしたい過ごし方

簡単で大切なことを
お伝えします

1.一日3つの感謝

最近、ブログ同様
続けてることがあります

それは寝る前ですが
手帳に感謝の出来事を3つ

これを書き留めてから
寝るようにしてます

これを始めるキッカケは
こちらの本の著者

湯澤剛さん

彼がやり続けてるので
私も真似して始めました

しかし、たった3つでも

あるようでない日も
あるものです

2.身近に感謝すべきことは多くある

そうなのです

当たり前に感謝

例えば

寒さが緩んで
暖かさを感じる

空は快晴

風邪もひかず体調も良好

朝一杯のコーヒーを
おいしく感じる幸せ

事故なく通勤できたこと

など

ホント探せばいくつでも
出てきます

3つ出すのが
難しいといっても

当たり前すぎて
忘れている事というのが

意外とあるものなのです

3.歩きながら自然を感じる

寒さも緩めば
これからの季節

外を歩くと自然の変化が
感じられます

桜は早くても梅が見頃

刺すような寒さが緩み
その様子が風でわかる

休みだから何かをしよう!

そう自分に課せず
自然体で過ごしましょう

そしておススメは

感謝することを
見つけてみるのは

どうでしょうか⁉

意外とあるものです

さぁ~明日で2月は終わり

一年以上続いている
私の晦日詣(みそかもうで)

通常は30日ですが
2月だけ28日

つまり明日です

感謝の気持ちをしっかり
伝えられるよう

きょう一日を大事にして
明日に備えます

そして

私のブログを読んで
いただける皆さんにも

もちろん感謝

これからも引き続き
よろしくお願い致します



情報格差社会

ニュースを見ると
ロシアのウクライナ侵攻

オリンピックが終わった
タイミングを見計らったのか?どうか?

それはさておき
ウクライナという国名

聞いたことはあっても
地図上ではどこなのか?

それがこの度の件で
ようやくわかりました

改めて感じるのは

知ってるようで
知らないことは多いもの

確かにグーグルで調べれば
ほとんどのことはわかります

が、しかし

それにしてもこれからの
情報量はどんどん増えます

良しにつけ悪しきにつけです


なので、自分の専門分野でも
ある温泉や健康

この2つについて、そして国の本音
これらを本日はお伝えします

1.心とカラダを癒す、天然の恵み

リモートワークといった
新しい働き方が進み

それと同時に新たな課題も
出てきてます

仕事とプライベートの線引きが
難しく

つまりONとOFFがつきにくい

先日もお伝えしましたが
休むでもなく

仕事をするにも全力が出せず
集中力がスグ切れる・・・

このストレスは徐々に
心とカラダをむしばみます

いくら寝ても頭が冴えず
何となく体調がすぐれない

とこうなれば

薬に頼るより「温泉♨」
これが一番

心もカラダも温まる温泉こそ
メンタルを癒す

副作用のない特効薬

そう言ってもイイでしょう

2.健康格差の拡大

TVやネット上では
様々な健康情報があります

ただ

それがすべて正しいとは
言い切れません

と同時に、自分に合っているか?
どうか?

ここが大事です

最近では新三大栄養素と
言われたり

ビタミンD,マグネシウム、亜鉛

また、運動は痩せる為に
やるというよりは

これからは頭の為

いわゆる「健脳」であるには
運動が一番ですし

メンタル疾患の予防や改善にも
有効と言えます

3.健康に投資する時代に

散歩や睡眠

バランスよく食べたり
適度な運動

これらはほとんどお金はかからず

同時に日々、意識しないだけに
軽視しがちです

悪くなってから医者に行く

これではいつまでたっても
医療費の高騰はさけられません

これからは

①医療費のかからないように
 してもらう

②70歳過ぎても働いてもらう

国はこの2つを

もしくは最低でも一つは
やってもらいたい

これが国の本音です

自分のカラダは自分で守る

その為にも健康中心の内容を
しっかりお伝えしていきます

 

3点固定で生活リズムをつくる

久々の宿直

この仕事をやっていると
週に一回はホテルに泊まる

といっても仕事で泊るので
カラダは結構キツイです

何が辛いかって言えば
宿直明けの翌日

ほとんど仕事になりません

いわゆる頭がボ~とする
酩酊(めいてい)状態

大事な時間を
無駄にしないよう

宿直あけでもカラダが
ベストな状態であるよう

その為の生活習慣で
大事な事をお伝えします

1.朝起きの習慣

早起きと似てますが
気がついたら即起きる

別に4時や5時に
起きるのでなく

気がついたら一旦
布団から出る

寒い時期にはつらいでしょうけど
思い立ったら即動く

ぜひ、実践してみて下さい

(睡眠が足りてなかったら
2度寝もOKです)

2.早起きは早寝とセットで

よく言われることですが
その通りです

ガッツや根性で2~3日
早く起きれても継続しません

早く起きる為には
早く寝る

できれば7時間とりたいと
ところですが

足りなければ「お昼寝」で
補ってみて下さい

頭がぼ~としている
酩酊状態がミスにもつながる

仕事の生産性も上がらず
トラブルの火種にも

睡眠時間は大事ですが
生活のリズムも大切です

3.三点固定で生活のリズムをつくる

これは私が予備校時代に
しょっちゅう言われたこと

三点とは

①朝起きる時間
②夕食後の勉強する時間
③寝る時間

この3つを固定することで
勉強の効率も上がるし

なにより生活のリズムが
きちんとすれば

カラダや心にもいい
影響があります

逆にこれが崩れると
不安になったり

なかなか勉強が手に
つかなかったりなど

その影響は顕著でした

朝起きる時間と寝る時間

そしてあと一つ
皆さんは何を固定しますか?

4.繰り返し反復こそが最強

継続は力なり

雨だれ石を穿(うが)つ

単純な事でも繰り返し
繰り返し行うことで

その積み重ねは時に
大きな力となります

チリも積もればですけど
イイ意味に捉えれば同じこと

繰り返し繰り返しやるには
やはり習慣化

いい習慣をつくっても

私の場合
未だこの宿直が鬼門…

それでも生活の中で3点
きちんと固定されてれば

回復も早いものです

一度のつまずきで
一喜一憂せず

自分の中での生活のリズム

ルーティンを大切に
していきましょう


最後は人

本日、ハローワークの方が
訪ねてこられました

行政の方と言えば
どちらかといえば

「出向きなさい」的な
対応が多い中

先日こちら側が
「行きますょ」と言っても

わざわざ足を運んでくれる
だけあり

親身に対応してくれました

行政とか政治とか

個人的に関わることを
敬遠してきましたが

行政を一括(ひとくく)りに
するのでなく

やはり人

改めて感じたことを
お伝えします

1.人を見る目はある

自慢のように聞こえますが
そうなんです

何故か?といえば

今まであった人の数は
他の人に圧倒的に勝ってる

そんな自負があるからです

なので自分の第一印象は
外れません

これも数多くの人と会い
交わってきたからこそ

言えるのです

2.人を見る目のポイント

目は口ほどにものを言う

諺(ことわざ)でもありますが
ほぼその通りです

加えて雰囲気、言葉のトーン
その言葉の真意など

これを洞察するのも
トレーニングです

目は嘘をつきませんし
人も動物

雰囲気はわかります

とっさに合うか合わないか?
好きか嫌いか?

これは誰もが判断する
訳です

3.営業マンの良し悪しの見分け方

今はコロナ禍
あんまりというか?ほとんど

電話でも飛び込みでも
営業の話はありません

言葉巧みに商品を売りつける
営業マンもいれば

本当にその人の為に提案する
自分の仕事にプライドを持った

そんな営業マンもいます

見分け方は
いろいろあるでしょうけど

やはり

売りたい、買ってもらいたい

ノルマを背負った方に
共通することとは

目をよ~く見ると
円マーク、$マークが見える

見えるといったら語弊が
あるでしょうけど

そう感じられるはずです

4.損得で付き合うことなかれ

私も以前はそうでした

ですが今の仕事についてから
大分変わったと感じます

上には強く
部下にやさしい

これが理想の姿でしょうけど

私もまだまだその域では
ありません~残念ながら

この人と付き合えば
先々、いいことがあるとか

この人と付き合っても
自分にとっては

得することがないなど

見返りをのぞんだり

人の品定めをしているようでは
まだまだなのです

人を見る目を養うには
いろんな人と会い

時にいい思い
また時には苦い思いをして

経験で養われるものです

5.人間関係で大切な聞く力

傾聴(けいちょう)という
言葉があります

耳だけを傾けるのでなく
心を傾けて聞く

そう解釈してます

私はお世辞にもできてるとは
言いませんが

最近多くなったZoomでの
オンラインミーティング

話を聞く場合には
大きく深くうなずき

聞くように心がけてます

理由は簡単

私が話すときもうなずいて
聞いてくれる人が多ければ

その方が話しやすいし
いい話もできます

傾聴まではできなくても
うなずき聞くことはできます

それで話し手の引き出しを
引き出せるなら

それに越したことは
ないわけです

6.人との出会いで学ぶ

私も今まで、多くの方との
ご縁を頂き

いろんな人との出会いで
支えらえての今です

これからもイイ人との
出会いは大切に

そして関わりたくない人との
出会いも又何かあってのこと

気づきの機会ととらえ
新たな人との出会いを

学びと成長の場とできればと
感じてます

毎日が初演 日々スタート

本日は祝日、天皇誕生日

休業中もほとんど
職場に出ており

ますます曜日や気がつけば
2月も後半 早いものです

このブログで休むことの
大切さを伝えているものの

ここ2日

深夜にいきなり目が覚める

トイレが近くなったわけでは
ありませんけど

これは一種の過緊張状態
黄色信号でもあります

人には休めといいながら
自分が休んでいない

過緊張状態とはONとOFFが
ハッキリしてない

振返れば、メリハリなく
続けてきてた感はあります

そのつけがたまってか?
朝なかなか起きれず・・・

ここ2日、大きく生活が
崩れてます

体調も悪いわけでもなく
睡眠も充分

となるとあとはONとOFF

そして気持ちをどのように
保つか?

これについて本日は
お伝えします

1.及ばざるは過ぎたるよりまされり

覆水(ふくすい)盆に返らず

お盆からこぼした水は
戻しようがないように

昨日、そして一昨日の事を
悔やんでもしょうがないです

しかし人間

言うは易し

気持ちを切り替えるのは
難しです

人物的には好きでは
ありませんが

歴史上の偉人の訓示は
家に飾ってあります

過ぎてしまったことは
どうしようもならないが

及ばないということは
その気になれば何とでもなる

たった一日や二日
長い人生の中では

ほんのちょっと

小さなことにこだわっては
前に進めません

2.3日坊主も一年繰り返せば120日

好きな言葉です

継続は確かに力になり

それはそうですけど
途絶え途絶えでも継続すれば

そこそこの成果につながる

つまり途絶えても
また再開することが大事

私のようなA型は
完ぺき主義が多く

ちょっとでも思うように
行かないとあきらめがち

毎日がリスタートの日でも
あります

3.毎日が初演

これはディズニー語録というか
園内のキャストの中で言われる

その言葉です

はじめてステージに立つときの
気持ちを忘れずに

そして心地よい緊張感を
日々持ち続ける

そのような意味があります

過度の緊張はいけませんし
ゆるみすぎてもまたしかり

ほどよい緊張感を日々
持つためには、毎日が初演

そして毎日がスタート

過去の延長に今はありますが

今を生きる大切さ
その為にも毎日が初演であり

日々、気持ち新たに
スタートしましょう

子供の頃から教えておきたいこと

日本過去最多のメダル
その数、合わせて18個

2006年トリノ五輪の時は
荒川選手の金1個だけ

それを思うと、快挙というか
着実に強くなってきた

その実感はありました

さらに選手たちの活躍も
もちろんですが

ジュニアの頃からの充実した
育成環境も整ったこともあり

今回の結果に
つながっているといえます

世界で通用するために選手は
幼いころから競技に触れます

競技力向上には幼少期から
始めることは正解ですが

まだまだオリンピック熱の
冷めない今だからこそ

幼い時にこそ取り入れて
もらいたいものをお伝えします

1.健康教育 カラダの教育

健康が一番大事

これはよく言われる

そして
よく耳にすること

しかし、このことはある程度
大人になって気づくことです

私も子供の頃保健・体育の
授業はありましたが

健康の重要性については
全く頭に残ってません

カラダの仕組みや食育など

もっと言えば保存料や
添加物の危険性など

(食品添加物の数は
先進国で日本はトップ)

ま、もっともこの分野は
商業ベースの話でもあり

教えたくない部分かも
しれません

学校が難しければ
親が教えるしかありません

2.お金の教育

この教育がもう少し進めば
貯蓄より投資に移行したり

また子供たちに
何になりたいですか?

このように聞いた時
「花屋 公務員 お医者さん」

ほとんどの場合
職業を言います

間違っても
「ビジネスオーナーや投資家」

こんなことを言う子供は
いませんし

また可愛くありません

私もそうですが
「子供のクセに何言ってるの」

そう思うのがせきのやま

「お!すごいね~
将来楽しみだねぇ~」

なんていう大人が増えるには
やはり教育の現場で

お金 経済のことなど
もっと教えべきでしょう

3.必要な方に必要な情報を

お金は私の専門分野では
ありません

しかし、健康に関しては
専門です

これから情報が発達すれば
様々な事を知れます

しかもネットで楽に
そして無料で

ですがそれらは本当に
正しい情報といえますか?

N〇Kが放送してたから
正しいか?どうか?

なによりも自分に合っているか
どうかが重要なのです

その人にあった健康情報
そして継続できる健康づくり

必要な方に必要な情報が
届くよう

私も引き続きこのブログで
健康情報を伝えていきます

営業再開~温泉の原点に戻る

オリンピックが終了と
同時に

当館、そうづきょう温泉
錦パレスは営業開始

本日21日(月)より
再開してます

外は積もってはないものの
雪がちらつきます

しかしながら

日帰り温泉にも
お客さんがこれらる様子は

ほんと温泉を待ちわびていた
特に寒い今時分はありがたい

そんな様子が伺えます

本日は温泉の持つ意味
そしてこれからの在り方など

日頃私が思っていることを
お伝えします

1.起源は施浴(せよく)

聞きなれない言葉かも
しれません

元々の温泉というか
施浴(せよく)が起源となります

お寺で仏像をお湯で洗い

その湯を門徒に
施(ほどこ)していた

これが温泉の
そもそもなのです

そして忙しい農繁期が
終われば温泉に行く

いわゆる湯治(とうじ)文化も
はじまりました

温泉がカラダに良いという
ことも伝わり

温泉療法も江戸時代後半から
盛んになりましたが

明治時代になり西洋医学が入り
急速に衰えた歴史があります

もともとは仏像を
洗っていたように

カラダを洗うという
行為だけでなく

洗う+浄(きよ)める

そんな意味があったことが
うかがい知れます

2.これからの温泉の役割り

忙しい現代人

ウィンドウズ95が出たころ

PCやインターネットが
普及すれば

業務の効率化がはかられ
仕事量は減る

しかし現実は違いました

情報が増えすぎて

仕事量も増えてる
そんな感じさえあります

心身ともにストレスに
さらされます

そしてこれらを解消するには

癒し系のサロンやサプリ
瞑想やヨガ、時に自己啓発

様々ある中でも
私はやはり「温泉」を勧めます

理由は簡単です

残業続きで仕事も終わらず
積みあがった書類の山

うんざりするはずです

こんなとき人は
何というでしょうか?

「瞑想がしたい・・」
「サロンに行きたい・・」

イイエ

ほとんどの方が
「温泉に行きたい」なハズ

つまり、心もカラダも
疲労がピークに近づけば

自然と人は温泉が
恋しくなる

心からの偽ざる声だと
言えるのです

3.身も心も浄める

先ほどの施浴(せよく)

そして心身をいやす

これには温泉が最適だと
お伝えしました

しかし、私も含め
多くの温泉従事者は

ついつい温泉
そしてその歴史を軽視し

安易に入浴料金を
値引きします

「何人入っても燃料代は
同じ」

施設側がそんな感じだから

割引したところで、あまり
ありがたみが感じられない

本来なら施浴
身を浄めるいみもある温泉

それこそ神社にお賽銭では
なくても

お金を払ってでも入りたい
そんな尊いものと言えます

私も原点に返り
健康面だけでなく

無病息災と心の平安

自然からの恵みの
意味を深くとらえ

本日より又気持ち新たに
やって行きます

大切にしたい一人の時間

2月4日から始まった
北京オリンピック

本日の閉会式をもって
熱い戦いに幕をおろします

数々の感動と勇気を
与えてくれた今大会

コロナ禍にあった状況も含め
見る側の思いも

また少し違ったのか?
振り返るとそんな気もします

私自身
会社がまん延防止のため

長期休業

そのせいもあってか?
かなりの時間TVにくぎ付け

日頃、あまり見ないTVも
この期間中はどっぷりでした

そしてこの期間中に
感じたことを含め

本日の日曜日

毎週お届けしてる
休養や休息

いわゆる休み方も含めた
内容でお伝えします

1.現代人はザワザワ感が好き

ほんと何にもしなかったら

気が付けばスマフォ
気が付けばTVのスイッチON

興味なくてもついつい
TVかスマフォを見てしまう

改めて思うのは
何か音がないと

映像がないと
そしてつながってないと

落ち着かない・・・・

これが私を含めた現代人の
今の実情ではないでしょうか

言うならば
「ザワザワ感が好き」

裏を返せば寂しがり屋

そういってもいいかも
しれません

2.一人時間の大切さ

多くの人がザワザワ感が好きで
その中にいないと落ち着かない

なので、この状況に
ず~といるのは

中途半端にスイッチが
入った状態なのです

ONとOFFの中間のような
感じです

休むでもなく
何か?するでもなく

見えないエネルギーが
無意識に漏れているのです

あんまりいいことでは
ありません

かといって
スマフォを触るな!

TVを見るな!といっている
訳ではありません

中途半端にスイッチONの
状態なので

たまには完全に
少し切ってみる

つまり一人の時間を
意識して持ってみる

そんなことをお勧めします

3.一人の時間は、まず環境から

家にいると無意識に
スマフォやテレビ

ついつい見てしまいます

ならばお勧めなのが

①図書館です

しかし

まだまだまん延防止等で
閉館の状態が続いてます

となると次におススメが

②散歩です

自分で向き合うには
ちょうどいい

車の中も確かに一人ですけど
運転中は運転に意識がいって

自分の内面には向いてません

一人でいる時間を
つくるのも又トレーニングです

意識して、ちょっとの時間でも
持てるようにしてみましょう