なぜ広島、なぜ東京 そして山口にあらず

昨日は講話を聴きに広島へ

どうしてもセミナーや会合
広域の集まり事となれば

広島、福岡そして東京など

なかなか山口で開催は少なく
著名な方は呼べません

行政や商工会議所、NPOが
呼んだりの場合が多いですが

なかなか民間レベルは
自社内の研修だったり

お金をとってのセミナー
開催までに至りません

私が知る限りでは山口市の
日報ステーション

ここは定期的に講師を呼び
有料セミナーを開催してます

山口では稀な活動です

当館も過去に一度だけ著名な
方をおよびしセミナーを開催

100名定員に対して
集まったのは38名

2時間で1人5,000円

収支を見れば
大きなマイナスでした

やはり田舎で、地方で、
そして山口での
著名な方のセミナー開催

収支を考えての実施となれば
難しい部分はあります

そうなるとどうしても
対象人口の多い

広島や福岡そして東京などと
なってしまう訳です

さらに山口県は行政色が
強い県と言われます

参加費無料は当たり前の
場合がほとんどです

そのせいか?お金を払って
話を聞く、学ぶ

そのような人が少ない
状況はあります

そうは言っても折からの
コロナ過にあって

対面でのセミナーは激減し
オンラインでの学びの場や
セミナーは増えました

しかしながらライブで聞く
のと録画配信では違います

私も在京の頃に落語を見に
浅草へ行ったものです

生で聞けば面白い小話も
テレビを通すと何か違う

これがリアルタイムとそうで
ない場合との差なのでしょう

臨場感が違います

オンラインでも著名な方の
話が聴ける機会が増えたのを
良とするか?

イヤイヤ同じ聞くなら昨日の
ように会場でライブで聞くか

そこはやっぱりお金と時間を
かけてもライブになるのです

どうしても人口規模に比例し
行われるセミナーや学びの場

錦パレスが学びの場と
なるよう

この山口でも広島や福岡
そして東京まで行かなくても

リアルで学べる場を今年秋を
めどに実施を考えてます

なんといっても山口は
松下村塾

幕末の時代を変えた志士たの
学びの場があった地ですから

(萩市にある世界遺産:松下村塾)

朝から炸裂する男の生き方

早起きは3文の得とは
言いますが

本日の早起きは3文?

30万、いやそれ以上の
価値がありました

広島西倫理法人会の
経営者モーニングセミナーで

私が毎日ブログを書く
キッカケをくれた

板坂裕治郎さんの講話を
聞きに広島サンプラザへ

この倫理法人会は経営者の
朝の学びと実践の場なので

通常のお題は
・可能性へのチャレンジ
・徳の貯蓄
・良い結果は準備次第

とこのような内容が多い中

本日のお題は

ブラックマネーに手を付け
ドン底を見て分かった

ザコ客を切り捨てる方法

普通、朝の講話ではあり得ない
ようなお題です

もう~この時点から型破り

さらに私たちと違って
板坂裕治郎という人物に

免疫の無い会員の方々は
エレベーター待ちの時も

「おぃ今日の講師の板坂さん
どんな人か知っちょるか?」

「いったい何しとる人
なんじゃろ?」などの会話

後にも先にも本日のような
お題はありえないでハズです

朝から100人を越える経営者が
集まる凛とした雰囲気の中

本人はブイブイと持論を展開

久々に聴く板坂裕治郎節は
時と場所を選ばず炸裂です

まぁ~人を前のめりにさす
話は上手すぎて面白過ぎ

それも人生のるかそるか?
まさにどん底を見てきた人

だからこそ、それをネタに
伝えるべきことは敢えて鋭く

そして時にきつく伝えるのです

本日、私に一番刺さったのは

「中小は1円でも値上げせぃ」
この言葉です

1円でも他より安くの大手の
戦略云々ではなく

私にはあの言葉は

「しぶとく生きろ」

そのようなメッセージとして
熱く刺さりました

さらに

「お前の抱えている問題なんか
わしのドン底時代に比べたら
屁にもならんわぁ」

そんな風にも聞こえるのです

それにしてもマイクを通した
時の声と

マイクを持たない時の地声の
ボリュームが同じ人も珍しい

それぐらいの本気のメッセージ
だったと感じました

何を伝えるかではなく
何を突き刺すか

上手く話すよりも熱く熱く
魂を揺さぶるぐらい熱く

なので私もこのブログ

たった一人でも読んでくれる
人に届くように刺さるように

そういう思いを持って
書かないと

ただ単なる定のいい作文に
なってしまいます

安全を求めている人には
人を揺さぶるメッセージ

その発信などできません

だからこそ影響力を持つには
日々チャレンジなのです

(板坂さんを囲んでのブログ仲間)

本日の講話者
板坂裕次郎氏

聞くところによれば
倫理法人会へ入会とのこと

そうなれば大嶋啓介氏や
鴨頭嘉人氏に続いての

大物見参となりそうです

人に火傷を負わすような
熱すぎるメッセージ

ぜひ又触れてみたいデス(^^♪


自分らしく自由に地方で働くという選択肢(改正高齢者雇用安定法)

昨日は子供の日

本日は大人の話題です

4月から施行された
改正雇用安定法

ますます60歳定年が過去の
ものとなり

70歳定年がやがて75歳と
徐々に伸びていきそうです

確かに日本の労働人口は
減少傾向です

また、会社組織に属さない
いわゆるフリーランス

この人口もここ数年は
横ばいながら微増の傾向

そうなると企業で働く
サラリーマンは減少し

フリーランスは微増

総労働人口が減少傾向なら

ただ単に平均寿命が上った
だけでなく

60歳⇒65歳定年はもはや
時代の流れと言えるでしょう

ましてやコロナで海外との
往来が制限される中

国内で労働力を賄わなければ
ならない現状踏まえると

喫緊の課題であったと
言えます

もっとも私の場合は
定年などなく

働きたければいつまでも
働ける雇い主側

自由で制約がない立場です

このようなデータがあります

アメリカで100歳まで
生きた人にアンケートを実施

長寿の人の共通点とは何か?

それは100歳過ぎても
働いているか

もしくはつい最近まで
働いていたとの結果

つまり働くということは

健康長寿の面でも
イイということです

ただそうは言っても
サラリーマン生活

会社のコンプライアンスや
ノルマに縛られ

毎日満員電車に
揺られて通勤

このような生活をあと10年
15年と続けるか?どうか?

そう思うと難しい訳です

私自身も雇われの身から
雇う側になり

大変な時もありましたが
それでも大手を辞めて
よかったと考えます

よく「雇われている
方が楽だった」と聞くと

「ホントかぁ~」と
思ってしまいます

大手をやめて定年の
枠が外れ

自分の人生の節目は
自分で決められます

会社に決められるのではなく
自分で意思決定ができます

安定のもと現状維持を
続けるか?

リスクがあっても自分が
やりたい事を選択するか?

私はこれからは自分の
事だけでなく

第二の人生に歩み出そうと
する人を心から応援します

「こんなご時世で人の心配
する余裕があるのか!」

そう言われそうですが

私自身、大手から中小零細へ
首都圏から地方田舎へ移り

迷いなく選んだ道は
正解だったと感じてます

もしそのような人生の
再スタートを考えているなら

ぜひ私と繋がりましょう

何か知らんのお役立ちに
なれるハズです




子供が憧れるかっこいい大人(シルバー)に

本日子供の日

毎年発表される総務省統計の
子供の数は1,493万人

これが多いか少ないかは
言うまでもありませんが

40年連続で減少傾向

私が中学の頃からこの減少
傾向が始まったのです

そして日本はご存じの
ように高齢化

平均寿命は女性が世界第2位
男性が世界3位(2019年調べ)

世界でも稀に見る
高齢化社会へ進んでます

と、子供が主役の日なので
話題を切り替えますが

さて、あなたが子供の頃に
憧れた職業は何でしたか?

・・・
・・・
・・・

ちなみに

こちらも統計ですが
今の子供が大人になった時

65%が現在ない職業につく

つまり新し仕事ができるか

今ある仕事が無くなるか

もしくは
業態が変わっているかです

また、ネガティブな話題と
なってしまいましたが

時代が大きく変化していく
証拠でしょう

そして今の自分の仕事に
ついても考えますが

この先、飲食宿泊業は
どうなるのでしょう?

今回のコロナでハッキリした
ことは

今のままでは
厳しいということです

現状維持は衰退ですが
変化を求められてるわけです

では、我々の変化とは何か

その問いには一泊豪遊でなく
連泊保養と伝えてきました

さらに3S

サイレント(静けさ)
ストリーム(清流)
セカンドライフ(第二の人生)

静けさと清流は既に
ある自然の恵みです

当館が建築されるにあたって

本当の静寂はより山深く
入らないと得れない

その思いがあって
この地に建設されました

それに加えて私の唱える
セカンドライフ

もともと当館で県下の
大手企業の定年前研修

つまりリタイアしたら
どう過ごすか?

そのような研修が58,59の
方に向けて行われてました

今や60歳定年は少なくなり
我々世代(50歳代)なら

80歳までは働くような
そんな世の中になるでしょう

そしてそうなった時
今の子供たちが大人になり

「あんなシニアになって
みたい」と言われるような

憧れの対象となる働き方を
今からする必要はあるはず

その為にも気持ちは若く
見た目も内面も常に現役

職業ではなくその人に
憧れるような

そんな20代、30代が憧れる
かっこいいシルバー

私、吉本はいつも
目指してます


伝統を継承する為に当館がすべきこと

本日お弁当の配達に
標高500㍍の集落へ

当館の場所が100㍍なので
約400㍍の高低差

行った場所は上沼田(うえぬだ)
神楽棚田が有名な場所です

(山口県の棚田20選の一つ沼田の棚田)

この地区にある神楽団には
毎年お世話になっており

例年1月と2月の毎週土曜
冬の神楽に協力頂いてます

(2014年の冬の神楽公演ポスター)

そして本日、神楽団の方と
話す機会を頂きました

昨年からの新型コロナの
影響は神楽団にも及び

例年25~30回の公演が
昨年は1回のみ

未だ集会やイベントの
自粛が続く中

団員も日頃の練習の成果を
試す場所もなく

だんだんとモチベーションが
下がってるとのこと

何とか見てもらえる、披露の
場がないかとの相談でした

(上沼田神楽の得意演目:八岐大蛇)

確かに見てもらうことで
舞い手も乗ってきて

さらに見る側もその迫力に
惹き込まれる

この演じる側と見る側とで
できあがる場の盛り上がり方

これが神楽の魅力なのです

それが見る側がいない今
目標を失った状態どのこと

神楽団の抱える切実な
問題が感じ取れました

(上沼田神楽の稽古場:神楽交流館)

この上沼田(うえぬだ)神楽
歴史をさかのぼると

一度は過疎高齢化が進み
後継者がいなくなり

断絶した時期がありました

しかし地域を思う若者達に
より復活した経緯があります

途絶えてしまったらそこから
復活することは極めて難しい

なので地元の我々も何とか
しなければならない

伝統を途絶えさせては
ならないのです

この岩国市錦町の
観光資源と言ったら

錦川鉄道や道の駅
いろり山賊などですが

私は神楽酒蔵

これのどちらか
無くなったら魅力激減です

その為にも我々が今できる
ことをやるべきなのです

それは神楽を見てもらう
機会のをつくることです

我々、宿泊業の役割は
観光の拠点として

そしてもう一つ

優れた地元の伝統芸能を
知ってもらうことです

厳しい中で何かできること
それを今やるだけです

(錦町のもう一つの神楽団:向峠神楽)

※地元神楽団の公演が決まり
ましたら弊社HPでご案内
させて頂きます


田舎は人情があるか?どうか?

私自身も山口に戻り
15年目です

振返ってみると

茨城の水戸で生まれて
5年間
   👇
埼玉の浦和(現さいたま市)
1年間
   👇
小中高と山口で12年間
   👇
広島で一年浪人1年間
   👇
大学は東京へ4年間
    👇
就職は首都圏中心に18年間
   👇
そして再び山口へ14年間で
今に至ってます

山口での生活が26年間
首都圏での生活28年間
広島で1年間と

ほぼ山口と首都圏で過ごした
時間が半々となりました

改めて振り返えれば

私が子供の頃は田舎の
良さが残ってました

それは例えば

ちょっと半日、家を
空ける時は近所に一言

家に戻れば
「雨が降り始めたので」

そう言って洗濯物が
とり込んである

また多く作ったといって
夕食のおすそ分け

田舎には向こう三軒両隣は
当たり前でした

何でこんなことを
書いているのか?

不思議に思われるかも
しれません

先日たまたま横浜に住む方と
話をしていた時

「田舎には人情がある」
そんなことを言われてました

確かに無くはないですが
昔に比べれば気薄になった

そう感じてます

田舎は近所に対して
世話好きな方が多く

都会は周囲に無関心

しかし今は田舎も中途半端に
都会化してます

古きよきもので残さなければ
いけないものと

そして変わらなければ
いけないものと

この2つはいつの時代でも
業種業態や地域を問わず

不変なことと感じます


人情は薄れても
私が今の仕事を続ける限り

失ってはいけないものは

それはやはり「旅情」

消費型の贅沢の限りを尽し
非日常と呼ぶか?

日頃と違った静かな場所で
自分と向き合う時間を持てるか

間違いなく当館が
目指しているのは後者です

また話は戻りますが

人情が薄くなった
地方の田舎も

やはり本音では人が減り
よそへ出て行く

この人が減って行くことを
良としている人はいません

私も茨城の水戸で生まれてから
地方と首都圏を行ったり来たり

なので地方で暮らしてみたい
そう言った方に向けて

それぞれのイイところや
そうでないところ

この部分はキチンとお伝え
することができます

今までの自分の経験が何か
生かせる場所と言えば

長年携わった「健康増進」
この「地方への移住」

2足のワラジならぬ二刀流で
新たな15年目

迷わず進みます

路上飲み 見方変えればそれも良し

最近、新聞やニュースで
目にする

路上飲み

確かに夜8時以降に
酒類の提供がなくなれば

無理もないことでしょう

お酒を飲む理由の一つは
ストレス発散です

その発散ができなくなれば
そのはけ口を求めての行為

コロナ過で発生した
オンラインのZOOM飲み会

これではちょっと
お行儀が良すぎます

なので路上飲みもある意味
しょうがないことです

例えばコンビニの駐車場で
たむろしている若者

彼らはストレスが溜ってる
だから集まるのでしょうか

多分「いいえ」です

彼らはストレスより自分を
認めてくれる、見てくれる

そういった仲間達が欲しく
だから集まるのです

お酒を飲みたいのでなく
話をして認め合いたい

そんな理由で集まるのです

では、路上飲みはどうか?

コンビニのたむろの延長と
捉えることもできますが

また、違う意味合いも
あるでしょ

いずれにしもて酒の席は
人には必要です

お酒というのは
神様に備えたりの神事や

結婚式や新年元旦などの
節目の時

またお祭りなどの
お祝い事など

様々なシーンでお酒は
飲まれます

また清めたりする時も
粗塩か清酒

なので様々なシーンで
欠かせません

そして今回の路上飲み

現実逃避で人様に迷惑を
掛けてはいけませんが

私自身、お酒の席で数々の
アイディアが浮んだ経験

これがあるので一概に
悪いと言えないのです

確かにお酒が入って
ない場合

過去の延長線上で
将来を考えます

しかしお酒が入って気持ちも
大きくなれば、また違います

私も115回も続いた
市民健康サロン

また素人が農業に手を出し
33年ぶりに復活の酒米づくり

どちらも地元から反対の声は
ありながら

でも踏み出すことで
継続ができた

それはお酒がキッカケで
さらに仲間がいたからです

社会規範や過去の価値観に
照らし合わせて

イイ悪いの評論よりも

こんな時だからこそ
酒でも飲んで

突拍子もない
アイディアを練る

なので路上飲みは
おススメしませんが

お酒を飲み良いアイディアを
考えることはおススメします

酒の席で生まれる奇想天外な
アイディア

それさえ生まれるキッカケが
無いようでは

面白くないですからね

どうせ飲むなら路上よりも
当館、錦パレスでどうぞ

ゴールデン・ウィークにお一人様で泊れます

新型コロナ過にあって
人の動きが制限されます

当館では一人一室を基本に
なるべく密を避けるよう

かつ、人ごみを避け人目も気にせず
安心して宿泊できるような
工夫を行ってます

新型コロナ対策はもとより
各部屋はオゾン殺気を実施

お一人で泊るに相応しい
環境を整えてます

ゴールデンウィークの割増し料金一切なしの
宿泊プランです

《インターネットより》
▷じゃらんネット:一泊2食で12,000円(税込み)

《お電話の場合》
0827-73-0211
(7:30~18:00)

年収が半減しても、地方の田舎暮らしを勧める理由

5月がスタートです
新緑のまぶしい季節

私は年間を通して山が一番
綺麗な今の時期が好きです

14年前の2007年の本日
今の仕事を始めました

初日はあいさつ回りで
あの当時のと比べれば

従業員数も半減

10年ひと昔ならぬ状況は
大分変わりました

自分としてはけじめをつけて
山口へ帰ったつもりでも

やはり東京への未練は自覚が
ないだけで残ってました

例えば
日が暮れて夕食のお皿を
洗っている時など

周りの景色が
見えないだけに

「自分はまだ東京で仕事を
しているのではないのか?」

そんな錯覚をしたり

忘れようと思えば思うだけ
頭に思い浮かんだりでした

確かに東京は便利で
刺激があって楽しい街です

お金さえあれば
楽しさが買える

私も山口に帰るにあたって
一番の心配事

それは東京の楽しさを
本当に捨てきれるのか?

その一点だけでした

在京の頃、仕事が終われば
他社のスポーツクラブへ直行

軽いトレーニングやヨガ
ピラティスなどを行って

プールで泳いだら、屋外の
ジャグジーで一人のんびり

ちょうど夜の新宿副都心の
高層ビルが見える

今思い出しても最高の贅沢
これが私の仕事のアフター

果たしてこの習慣ともなって
いた楽しさを捨てられるか?

そこが一番の不安でした

また、収入の経済的な
不安もありましたが

私の場合は楽しさを
捨てられるかどうか

これが一番の問題であって

経済的なことはたいした
問題ではありません

確かに在京のサラリーマン
時代より年収は半減

でも地方の生活での支出は
東京より少ないです

家賃や駐車場、移動にかかる
電車代や待ち合わせのお茶代

とにかく東京はチョコチョコ
お金が出て行ってしまいます

ですが、地方の田舎は
使うことがほぼ無しです

なので年収が半減しても
私は今の暮らしがいいです

会社帰りのスポーツクラブの
楽しみは無くなりましたが

大手の頃ではなかった
様々な人との人脈ができます

また、サラリーマンのように
会社に縛られず

やりたいこともできるのです

年収を取り都会の
楽しさにひたるか


   VS

それとも地方の田舎で自由に
やりたいことをやっていくか

確かに公務員と違って
経済的な補償はありません

地方といっても物価は
それほど安くはないです

でも一番はやりたいことを
やれるかどうかでしょう

どうせ一度だけの自分の人生

自分のやりたいことを
やるなら

地方田舎という選択肢が
ある訳です