ソーシャル・ディスタンスとコミュニケーションの距離

本日は雨も上がり
ウォーキング教室を
盛況のうちに終えることが
できました

しかしながら、今回は
新型コロナ感染予防の為

とにかく、密になるのを
避け、距離をとっての実施

広いアリーナで
マイクを持って話すものの

後ろの人と私の距離は
約20メートルの遠距離

通常のグループレッスンは
だいたい半径2~3㍍以内

はるかに越えてます(・´ω`・)

さらに、たまに上空を飛ぶ
戦闘機の騒音

マイクを使っても
声が届かなかい・・・

だだ、これらの感想は
充実したドーム・アリーナや
ロケーションに富む遊歩道など

恵まれた環境があるがゆえ
私の中での「よりイイものを」と
思う気持ちからの贅沢なのです

それにしても貴重な経験を
させてもらいました

そして運動指導は楽しい

多分、本日は参加者よりも
私の方が楽しかったかもです

さて、後半の屋外実技ですが
片道約1.5㌔を歩きました

往路はきちんと
ソーシャルディスタンスが
保てても

帰りの復路は、会話のしやすい
距離となってしまいます

皆さんマスクは
しているのですが・・・

コミュニケーションに1.8㍍の
ソーシャルディスタンスは厳しい

人と話すには
それなりの距離間が
大事です

離れすぎず、そして近すぎず
なのです

新しい生活様式ならぬ
運動時の対人距離も変化が
ありそうです

そしてさらに
春先のような外出を控え
家にこもる状況になると

今後、ますます
コミュニケーション不足が
危惧されます

リモートが発達し
オンラインでの
コミュニケーションも
とれますが

やはり、運動指導は
フェイスtoフェイス

相手の表情を見て感じ
こちらの引き出しの内容を
変えていく

これは、サービス業での
接客接遇も同じ

相手から感じるモノが
なければ、こちらは間違った
サービスをしてしまう

それでは押しつけです

コミュニケーションは
双方向

よく言う互いの会話の
キャッチボール

新型コロナ下のこのご時世

オフラインの新しい
コミュニケーションが
求められます

あぁ~ それにしても
本日は楽しかった!

今夜はぐっすり寝れそうです

健康運動指導士
吉本辰夫
齢56にして
初のウォーキング教室でした



天気が悪く 気持ちどんより・・・でも言葉一つで明日は変わる

紅葉もシーズンも見頃が過ぎ

本日の天気のように
どんよりしてると
冬が来るのを感じさせます

温泉が恋しくなる季節ですが
またまた新型コロナが
拡大しそうな予感

そうすると春先の自粛で
人の動きが止まるのか…

不安がよぎります

重たい空模様を見てると
さらに現実味が増すようで

気持ちがネガティブに
なりがちです

いけませんね

少しでも健康情報や
温泉の利用法

保養という宿泊スタイルの
提案をする私のブログ

グチ、不平不満などを
語る内容ではいけませんが

在りのままを書くのも
ブログ

本なんかは、基本イイことしか
書いてませんし

また、失敗しても結果的には
成功したことなどです

でも、このブログは
本ではありません

在りのままを
伝えていきます

気持ちがどんよりした時
ネガティブな時

無理して明るくポジティブに
取り繕う必要はありません

自然体で
あくまであるがままに

心模様ってありますが
人の気持ちも晴れがあれば
雨も、曇りも

そして夏のように
グングン成長を
促す時もあれば

冬のように厳しい時も

そして最近
自分に言ってきかす

いわゆる魔法の言葉というのを
学びました

それは
「○○って、あるよね」

「○○だっても、いいんだょ」

これら2つの言葉です

この言葉は自分を責めることも
無くなれば

相手やその対象を許すことも
できます

「うまくいかないことって
あるよね!」

「失敗しても、いいんだょ」

[今日の気づき]

言葉一つで明日の見え方が
かわってきます

でも、やっぱり
雨よりは晴れがイイですね

脳を鍛えるには運動しかない

いよいよ、20日(金)に
岩国市由宇町で
ウォーキング教室です

やはり、運動指導は
ワクワクします

まっ、一ヶ月に一回
あるかないかの運動指導
ですけど

やっぱり健康増進に
携わりたいのでしょう

ところが今週の
金曜日の天気

な、なんと「雨」の予報

残念、中止か・・・・
と思いきや

そこは岩国市が誇る
大型ドームアリーナなので
雨天でも心配なしです

とはいっても
やはりウォーキングは屋外で!

この時期ならではの爽快感も
味わっていただきたいとも
思う訳です

そんなこんなで
天候に関わらず

様々な人に参加して頂く
以上は、それなりに何かを
得て頂きたいのです

私が運動指導で大切に
していること

それは「楽しさ」です

楽しくなければ運動で
ありません

例えば1/100秒を競ったり
結果にこだわる
プロの世界ならまだしも

市民レベルなら
「結果」よりも「継続」

継続する為には楽しさが
必要です

結果がでるまでに挫折する人が
どれほど多いことか?

運動指導は結果よりも継続する
キッカケづくりが大事

これが私の持論でしたが

今回の運動指導
雨天の場合は実技30分で
とのこと

この短い時間で
運動の楽しさを伝えるのは
結構、至難・・・

運動というのは継続して
その効果が得られるというモノ

たった一回、30分程度では
如何なものか

ダイエットにしろ短期間では
結果どころか
リバウンドというおつりまで

運動っていうのは継続しないと
結果がでないのだが・・・

しかし、ご安心下さい
最近は運動こそが脳を
鍛えるには最適とのこと

精神科医も薬と同等か
それ以上の効果もあると
言ってます

運動に楽しさは大前提

加えて、たとえ一回の
短時間でも

やれば効果があると
記されてました

①集中力が高まる
②メンタルが整う
③ストレスに強くなる

運動する事で筋力だけでなく
脳も年齢に抗(あらが)う
事ができるのです

ただ、人って欲張りなもので
より効果が得られる
効率的な方法を望むものです

・無理なく
・楽して
・簡単に

誰もが思うところです

ネットにしろ雑誌にしろ
様々な情報が溢れてます

もし、正しい運動指導を
受けたいなら

お近くに専門家はいるはずです

忙しい毎日を送っている方こそ
我流のトレーニングよりは
専門の方のトレーニング指導を
受けてみる事をおススメします


いよいよ秋深まる 紅葉シーズンも名残り惜しい

いろいろあった2020年の
紅葉シーズンもあとわずか

旅行も行くまでは気持ちが
ワクワクするものです

しかし帰る時は、何となく
もの寂しいような

また現実の世界に
引き戻されるからなのか?

行くときと帰る時とのこの
気持ちの違い、このギャップ

誰しも体験したことが
あるのではないでしょうか

対岸にある大紅葉の色も
より深い赤になりました

旬の盛り、見頃の時期から
名残りの時期へとなりました

四季の移り変わり
草木の盛りや名残りを
見ていると

ホント、こと最近は
区切りという節目を
意識するようになりました

歳をとったのでしょうか?

イヤイヤ
当たり前を当たり前と
思わず

日一日を大切にしなければ
いけないこと

自然を見て
そこから学ぶというか
感じるのです

終わりを意識すると
言い換えてもいいでしょう

なんとなくネガティブな
イメージが
伝わるでしょうけど

毎日を当たり前に
過ごしていると

感謝の気持ちも
薄れていきます

人から得られる学びや
気づきがあれば

自然からも同じような
学びや気づきもあります

四季の風景を
見ているだけで

「きれいだ」という思い
だけでなく

終わりを意識でき日一日を
大切に過ごせるように
なってきたと感じます

やっぱり、歳を取ったのでしょう

齢56にして
新たな気づきを得てます

星空のきれいな宿

先日泊られたお客さんに
「ここは星がきれいですね」

「星空がきれいに見える
宿で宣伝したらいいですょ」

話を聞いている時は
そうなのかなぁ~?
ぐらいで聞いてました

そして帰る時に
見上げてみると
確かに!!

お客さんも言われてましたが
山があるので、星空との
コントラストは他では
なかなか見えないとのこと

ここでも又気づきを頂く…

そう言えば、東京生まれの
家内がはじめてこちらに
来た時

「川がきれい!」と言たのを
思い出します

さらに
「この、きれいな川だけで
お客さんが来るょ」と

私は「そんなことないね」と
言い返しましたが

子供の頃から見慣れた清流

大雨や台風で増水し
川の様子が変わることが
あっても

「きれい」「美しい」という
観点で見たことは
ありませんでした

確かに言われてみると
そのように見えます

そう思えばそうなる

そう思ってみれば
そう見える

ここでも人が気づきを
与えてくれます

まだまだ、良いところを
掘り出せそうです

人は鏡
私の見えてない足元を
映し出してくれます

灯台下暗しにならないよう
お客さんとの会話を
大切にして行きます


たった一人でも俺はやる

今年も早いもので
残すところ一ヶ月半

そしてちょうど本日より
一ヶ月後と言えば

明治維新の立役者
高杉晋作が挙兵した日です

自分が高杉晋作の憧れるのは
やはり、自身に無いものを
多く持っているからでしょう

また、彼について書き始めると
熱くなりそれだけで
終わってしまいます

高杉晋作像

(以前のブログで功山寺挙兵に
触れてます
よろしければどうぞ)

さて冒頭の
「たった一人でも俺はやる」

これは高杉晋作が云った言葉です

彼が背負ってきたもの
そして志から発せられた
言葉です

私も含め、一人でできない人は
多いはずです

例えば
社内では全員一致が理想
しかし反対意見が気になる

プライベートでは
フェイスブックの「いいね」の
数が気になり

そして誰がみているのか?も

常に人からどう見られているかを
意識することばかり

他人の評価を気にしていては

リーダーどころか
自分自身とは何なのか?も
危うくなっていきます

「たった一人でも俺はやる」

今までもこのブログで
GO INGマイウェイ
人の行く裏に道あり花の山など

いろいろと書いてはきましたが
これはある意味

自分自身に言い聞かせて
いたのでしょう

誰かがやらなければいけない
ならば、その誰かに自分がなる

一泊豪遊の宿泊スタイルを
連泊保養へ

おもてなしの宿から
おもてなしのない
普段着感覚の接遇

ホテルの支配人でありながら
もう一方では運動指導者の
2足のわらじ

回りの人が何と云おうが
「たった一人でも俺はやる」

それは、この仕事を始めた時から
感じていた事がそもそもでした

他業種からの転向だったので
業界の常識が不思議に思えました

それは職場にいる時間が長く

忙しい時とヒマな時の差が激しく

かと言って拘束時間が長い割には
待遇面があまりよくない

果たして、ホテル業や宿泊業
今の労働条件で

この先、選んでくる人は
いるのかどうか?

その為に、選ばれるためにも
大切なキーワードは

かっこよく ×

おもしろく ◎

あるハズの商品がいきなりの欠品
「全く、誰が担当なんだ!」×
「おもしろい!」◎

突然の機械トラブルも
「あぁ~全くついてない・・」×
「おもしろい」◎

グチ不平不満も「おもしろい」

すべてを裁きでなく
面白くとらえる

そうすると今まで頭にきたこと
我慢していたことが
バカらしく、滑稽に思えます

私の中での合言葉は「おもしろい」

そう言えば、高杉晋作の辞世の句も
「おもしろきことのなき世を
おもしろく」

150年以上の偉人が教えています

下関市長府 功山寺

過去と他人は変えられない 変えられるのは自分と未来だけ

たまに聞く言葉です

私も、この仕事は14年以上に
なります

名刺交換などで前職の話をすると

「あぁ~ そんな感じしますょ」
とたまに言われます

以前はスポーツクラブのトレーナー
今は温泉ホテルの支配人

18年と14年では、前職の方が長く

スポーツクラブのイメージが
まだ、残っているのでしょう

自分としては、仕事もかわり
気持ちを切り替えるべく

前の仕事と区切りをつける為
そして思い残すことのないよう

卒業証書のようなものとして
健康運動指導士の資格を
取りました

取得すれば気持ちも整理できると
思いました

しかし、そうではありませんでした

やはり、変わらないものは
変わらない

ならば、変わらないなら
無理して過去を打ち消すよりも

それを今の仕事で生かそうと思い
健康セミナー&サロンを始めました

過去のスポーツクラブ時代が
あったおかげで

今は自信を持って
温泉地の保養に取り組めます

また、前職時代の交友は
ほとんど社内で完結

交わりは無かったです

それが、今は業種を越えて
数多くの方と出会いが持てます

気の合う人や
楽しい人もいます

その一方で気難しいく
疲れる人など

ほんと様々な人が
いらっしゃいます

いろんな人との出会いが
特にここ最近は学びの機会と
感じられるのです

本を読んで気づきもあります

セミナーを受けても
気づきがあります

しかし、最近は
人を裁かないことで
気づきが得られます

「裁きを興味に」

ようやく7年かかって
その言葉の意味が
わかり始めました

鬼十訓から5S、そして今は3Sへ

5Gならわかるけど
3Sって???

時代を遡るようですが
私も32年前は新入社員

今思い起こせば
遠い昔のようです

私の社会人一年目は
ソウルオリンピックがあった
1988年です

その当時は女性の社会進出や
社内に横文字が盛んに使われ
取り入れられた頃でした

なので、私の入社前の会社は
電通の鬼十訓を参考にした
社員像がありました

ただ、あまりにもゴリゴリの
体育会系の行動規範なので

もっとスマートに
そして横文字へ
というとで5Sにかわりました

スピード(仕事は迅速に)
スマイル(笑顔で)
シンシアリティ(親切に)
スマート(魅せる体形に)
スタディ(学びを怠らない)

と5つも会社から要求され
今でも言葉は覚えてますが
できていたか?どうか?

行動規範と言えば
かたぐるしいですが

前職時代の5Sではなく
当館では3Sを掲げてます

どちらかと言えば
行動規範ではなく
品質保証のようなものです

サイレンス  (静寂)
ストリーム  (清流)
セカンドライフ(第二の人生)

静かな場所を提供し、
県内で一番の清流傍に立地

そして、第二の人生のスタートは
ぜひ錦パレスで

これら3Sに関しては当館が
「一番ふさわしいですょ」と

内に外に宣言しているような
そんなことなのです

当館ほど、静かな宿泊施設は
ないでしょうし

また、これだけ透明度の高い
清流もそうはありません

そして、第二の人生への
節目にふさわしい宿泊施設

恵まれた環境を生かすも
ダメにするのも自分自身

3S、これからも
わかりやすくシンプルに
内に外に浸透させます

当館の存在価値 突き詰めていくとゼロ

岩国は錦帯橋でも有名ですが
同時に米軍基地もあります

以前、九州の旅行会社の人を
案内した時

「岩国って基地のイメージが
強いですが、緑も多いんですね」

ちょっと意外でした

私とすれば、基地のイメージが
そんなに強いものであったことに

米軍基地があるるのが
岩国市の最南部

そして、そうづ峡温泉が
あるのが最北部

縦に長い岩国市なので
当館の上空を戦闘機が
飛ぶことはありません

しかし場所によっては、旋回する
騒音に悩まれる地域もあるのです

確かに、その音はお腹まで
響くような爆音です

これを毎日聞けば、慣れる前に
ストレスが溜るハズです

このような、自然アリ、観光地アリ
そして米軍基地アリの
複雑な環境の岩国市

同じ市内にあっても
静かな場所を求めて宿泊される
お客様もいらっしゃいます

(対岸広場そばの瞑想の岩)

我々としては、静かな場所を
求めて選んで頂けるのは
ホント嬉しいことです

観光や美味しい料理を
目的で来られる方以上に

当館がもっとも来て頂きたい
お客さんですから

しかし、突き詰めていけば
騒音に悩まされず

自宅でゆっくりくつろぐことが
できれば、わざわざ当館に
宿泊しなくてもいいのです

せっかく、ご自宅周囲が豊かな
自然環境に恵まれていても

上空を戦闘機が毎日旋回すれば
どんなでしょうか

そんな悩める人達の為に
当館がお役立ちになるのは

嬉しいことで、存在価値もありと
思いたいところですが

本当は、わざわざ静かな環境を
求めなくても

一番くつろげる我家が静かな
環境であればいいわけです

心身ともに疲れている方の
受皿として当館はあります

言い換えれば当館がなくてもいい
そんな社会環境があることが
究極なのでしょうけど

(当館対岸の広場)

我々はお客さんには来て欲しい

しかし、心身にストレスを与える
社会環境は改善して欲しい

相反する目的ですが
そうづ峡温泉・錦パレスは
心とカラダのお休み処として

ストレスを抱えた方の
受け皿として

まだまだ存在価値は
続きそうです



孫は優しい そして敵に近し

まったく何のこと?
と思われるでしょう

健康志向の方は
聞いたことがあるかもです

ま…豆類
ご…ゴマ
わ…ワカメ(海藻)
や…野菜
さ…魚
し…椎茸
い…芋

カラダに良いとされる
意識して摂りたい食物です

その頭文字をならべたのが
「まごはやさしい」です

では
敵に近しってなんでしょう?

これは、話のネタや
初対面の人などと

会話の切り出し方の
頭文字です

て…天気・季節
き…近況
に…ニュース
ち…地域
か…カラダ・健康
し…趣味・仕事

なるほどです

そして話のネタなので
使わないと旬が過ぎます

例えば今の話題は
紅葉、大統領選挙、株価など

これを一カ月先のクリスマスに
使ったらどうでしょうか?

ネタの期限切れ
賞味期限切れです

思い立ったが吉日
旬の時期は短いのです

いよいよ当館の対岸の紅葉が
きれいに色付きました

しかしながら、先ほどの話題同様
見頃は15日(日)まででしょう

花の盛りは短いように
紅葉も又同じ

限りあるから、見て魅せられる
限りがあるから有り難い

温泉も無尽蔵に湧く
補償はありません

限りある資源です

又、従業員もいつまでも働く
わけでもありません

ほとんどのモノに限りが
あることを思えば

自然と感謝の気持ちが
出てくるものです

いつまでもあると思うな親と金

いつまでもあると思うな
お湯と見頃

限りあるものを大切に使う気持ち
今日から早速、実行です