自分の名前の由来とは

下関より電車を乗り継いで
わざわざお越しになられた
常連さんと再会

このお客さんとは
思い出があります

それは、朝コーヒーを
出していると時の事

その方は自分の名前の
由来を知りたくて
当館に来れてました

当館の目の前を流れる清流は
宇佐川と言います

その方の名字と同じ名前です

この岩国市錦町に来れば
何か自分の名前の由来が
わかるのではないか?

そう思って来られたとの
ことでした

しかし、その時は
何もつかめず
がっかりされていた時

コーヒーを淹れる私との間で
会話が始まったのです



私「どちらからですか」

お客さん「下関からです」

「実は、名前の由来を知りたく
ここへ来たのに全くわからず・・」

私「それならちょっと待てて
もらえますか?」

「地元に歴史に詳しい方が
いらっしゃいますので
聞いてみます」

「何かわかるハズです」

その話をした時のお客さんの
表情の変わり方が今でも鮮明に
残ってます

もちろんご自身の名前の
由来もわかり満足されて
帰路につかれました

人には皆、姓があり
名があります

思うに自分の名字は
吉本

親は𠮷本と土と口で𠮷と
書いていました

以前によく聞かれてたのは

吉本の吉は下が長いのですか?

それとも上が長いのですか?
なんて聞かれてました

私も20年前までは土と口で
𠮷本と書いてました

しかし前職時代に先輩が
「吉本、お前いい名前だねぇ」
と言われ

はぁ~という感じでしたが
その先輩曰く

「吉本の吉は士が口をきくので
お前の言葉は重みがあるんだょ」

なるほど
それ以来、𠮷を吉に変えて
銀行からすべてを変えました

士が口をきく

自身も士業ではないですが
健康運動指導士

健康に対して発する言葉には
重みがある、その為の名前

これからも、自分の名前の由来に
恥じないよう言葉に責任を持ち

せっかく時間を割いて
読んでくれる人の為にも
有益な健康情報を発信します

一杯のコーヒーが
つくってくれたご縁

一期一会(いちごういちえ)
たった一回の思わぬ会話が
よい方向に広がっていく

やっぱり、この仕事は面白い







場所が変われば宝物

もうすぐ10月 秋本番です

読書の秋
食欲の秋、味覚の秋

過ごしやすい季節となり
一年を通じていい時期です

当館から車で20分程
観光農園で有名な場所

須金(すがね)フルーツランド
あります

梨やブドウ狩りに訪れる人で
週末は賑わいます

台湾や香港では
果物は一番高価な
お土産のようです

言葉は大げさですが
宝物のようなモノです

大事なモノを親しい人に
差し上げる

思えば自分にとって
大切なもの

大事なものとは?何か?と
考えてみると

どうしてもモノ(物質)を
考えてしまいます


家族など

又、時間やお金と言う人も
いるでしょう

私も同じです

では、一番といえば何か
それはやっぱり「健康」です

今まで、当たり前に
思っていただけに

この度、風邪をこじらし
(現在は全快です)
改めてその有り難さを実感

自身の健康が一番の宝物です

これがあれば人の健康も
守ってあげられる

温泉を通じて
豊かな自然環境を通じ

さらに前職も含めれば
31年間で延べ1301人の
健康づくりに関わってきた事実

これからも自分の宝に
感謝し、そして磨き

温泉を通じた健康づくりを
もっともっと形にして行きます



体調の変化がわかる数字

おかげさまで風邪も
大分回復です

失ってわかる健康

忘れていたものを思い出す
いいキッカケとなりました

さて本題

皆さんで毎日継続していることって
ありますか?

例えば
・歯磨き
・入浴
・一日3食 などでしょうけど

毎日、意識している数字って
ありますか

どうでしょう?

・体重
・血圧
・フェイスブックの「イイネ」の数

人によりいろいろですね

この度、私自身忘れていた数字が
ありました

それは風邪を引く前に
必ず数値が上る

血糖値×

ではなくて
脈拍数です

だいたい平均して
一分間に60~80拍と
言われてます

運動をしている人は
スポーツ心臓と言って
普通の人より低い場合が多いです

私も平均すると一分間に53~55拍

それが体調を崩したり
風邪を引く前触れとして

脈拍はプラス10~20拍
ぐらい上がります

(過去に風邪を引いた時は
90拍/分もありました)

さすがに
今回は見落としてました

日々、自分のカラダの具合は
自身の感覚でもわかります

例えば
・食事が美味しくない
・朝、起きられない
・疲れが抜けきらない
・コーヒーが美味しくない など

しかし今回はこれらの
感覚がなかっただけに

やはり、日々の数字は大切です

自分の脈拍の変異はカラダがどれだけ
ストレスにさらされているかが
わかります

ストレス耐性とも言えます
平常より高い場合は要注意です

そして数字と言えば
○家計
○会社の売上収支 など

これらの数字も家庭や会社の健康状態を
示す数値

忘れず日々、チェックをしなければいけませんね

ローマは一日して成らず
健全な心身も一日でならずです
もちろん薬でも ですね

デジタルデトックスのできる場所

スマフォを見れば
いきなり目に入る

女優 竹内結子さんの訃報

朝、スマートフォンで着信を
確認しようと思いきや

やはり気になって竹内さんの
ニュースを見てしまいます

芸能や政治経済
社会情勢やスポーツ

ホント様々な情報が
日々あふれかえってます

好むと好まざるをかかわらず

便利さと引き換えに私たちに
様々な情報が送りつけられます

普段の隙間時間に何げなく
手にするスマフォ

便利ですが
その弊害もあるようです

さて
デジタルデトックスと
いう言葉があります

必要なもの以外の情報も
一方的に受けるデジタル端末

そのスマフォやPCなどを手放し
情報の断捨離をしてみませんか
という内容です

例えば情報化の波に
もまれながら生きる我々と

アフリカの大草原に生きる
原住民

両者を比べた場合どちらが
悩みが多いでしょうか

これは都会に住む人と
田舎に住む人とでも
ほぼ、同じことが言えます

私たちは便利さと引き換えに
様々な情報を刷り込まれ

その影響で不安になったり
悩んだりするのです

だったら
その根源の情報を一旦手放し

頭と心のリセットをする

その場所は、都市部より田舎
できれば静かな場所が
おススメです

スマフォを手放させば
時間が経つのも忘れ

時間に縛られた生き方からも
解放されます

さて、そんなぴったりな場所が
当館周辺にいくつかあります

しかし、近くても遠くても
なかなか行くキッカケが
少ないのが現状でしょう

行きたい
だけれども行けない

デジタルデトックスは
わかっていてもできない

そんなあなたにおススメの場所

それは自宅のお風呂です

独りになれるし
静かな環境

一日のたまった悩みや不安を
洗い流す場所

日本人ならシャワーでなく
やはりお風呂文化

デジタルデトックスのできる
場所として一押です


陰にこもらず 外に出ればイイ出会いも

彼岸花が満開

先週から咲き始めましたが
今週末に見頃を迎えました

山の斜面にまるで赤いじゅうたんを
ひいたようです

まさに、この時期ならではの
風景

さて
写真を撮っていると

遊覧電車とことこトレインで
こられた方とばったり

お互い見ず知らずですが
自然に話がはじまりました

「あんたは、行政の人かね」

「いえ、私は対岸のベージュの
建物の者なんです」

「私らは広島からきたんょ」

「そうなんですか」

そのうちのもう一人の方が
「支配人さんですか!」

初対面なのにまるで私のことを
以前から知っているように
話しかけられ、ちょっとビックリ

また彼は続けます

「同じく広島から来たんですが
名前は岡山っていうんですよ」

スグに名前も覚え
さらに話は弾みます

別れ際に
「今度、泊りに来ますから」

即、楽天トラベルで
探されてました

次に来られお会いできるのが
今から楽しみになってきました

通常私たちは
電話やインターネットで予約を受け

チェックインの時に
初めて顔を合わせます

もちろん、リピーターのひとは
その限りではありませんけど

しかし
今回のように一度会って
そして2回目にお会いする
がチェックインとなれば

そうなると
もうリピーターのようです

人との出会いは
一期一会

陰にこもって仕事ばかりでなく
外にでることも大事です

もし、今日の方に泊ってもらおうと
営業スマイルや下心が見え隠れする
接遇だったらどうでしょうか

多分、話もあそこまで
弾まなかっただろうし

相手の方も泊ろうとは思わなかった
社交辞令的な会話だったでしょう

「何も足さない 何もひかない」


人間関係に損得ばかりだと
いい出会いは難しいでしょう

自然体が一番なのです

ちょうど過ごしやすい時期と
なりました

外にでれば、いい出会いに
巡り合います

良いと言っても、何事もほどほどが肝心

この度、自身が体調を崩して
改めてわかったこと

昨日の続編のようですけど
お付き合い下さい

そして
本日は結論から言います

それは

いい環境にず~といると
どうなるか?

それは精神的ストレスを
受ける場合があるのです

以外かもしれませんが
私は経験があります

以前、とあるテーマパークへ
出向してました

そこは、安くて大人数収容できる
従業員食堂「Sカフェ」や

日本で一番売れるコンビニがあり

従業員の宿泊場所は
カプセルホテル並みの機能が完備

週に一回の泊りでしたが
とても満足がいくものでした

しかし
満足ではあるのですが、
一泊して帰路につく時

敷地内から出ると
解放されたような
ホッとした感があったのです

至れり尽くせりなのにです

なぜでしょうか?

例えば星野リゾートが運営する

「星のや」

来年の2月以降でないと予約が
取れないと聞きます

では今年の10月~来年の1月まで
ず~と「星のや」で暮らしたら
どうでしょうか

家にも帰らず、仕事も忘れて・・・

憧れるかもしれませんが
多分ストレスはあるハズです

私の知合いで旅行好きの方がいます

「旅は心のビタミン」と言ってます
確かに旅は忙しい日常に
潤いを与えます

しかしたまの潤いとであるから
イイのでしょう

また美味しいフランス料理も
毎日食べても同じこと

栄養過多で不調を来すはずです

いい!と思ったものも
当たり前となって
やがてストレスとなります

これは森林浴や日光浴
そして温泉入浴にもいえます

何ごとも、ほどほどが大事

度が過ぎると不調をきたすのです


旅は心に栄養を与えます

しかしそれはあくまで
ONとOFFの関係

ず~と、スイッチがONの
状態でもいけないし

またず~とOFFでも
いけません

ちなみに
年中仕事モードでONの人は
糖尿やガンや高血圧

逆にOFFが続く人は
花粉症やアレルギー疾患に
なりやすいようです

カラダは正直

忙しすぎてもいけないし
ヒマすぎてもいけません

そして

たまには静かに自分の
カラダの声を聞いてみるも
いいでしょうね

場所は一人の時間が持てる
自宅のお風呂がおススメです

失ってわかるモノ、気づく事 

どうも体調不良
ホント珍しいです

自身の体調をネタにするには
訳があります

まぁ~ 我々世代と
それ以上の方には
御存じの育毛剤カロヤンのCM

今思っても、秀逸なコピーで
記憶から離れることはありません

ただ、このCMは育毛剤ですが
なにも髪に限ったことだとは
思いません

人が大切にするものの一つ

「健康」

これにも
当てはままります

例えば
「抜け始めてわかる
髪は長~い友達」

これを健康や体調に
置き換えるなら

「失ってわかる健康とは
水や空気のような大切な存在」

健康とは
あるのが当たり前のように
捉えがちです

しかし
その当たり前がもしなくなったら
あるはずの水や空気が無くなったら

大げさかもしれませんが
そんなことです

カラダに無理をきたせば
その症状は信号となって
表れます

黄色信号ならまだまし
赤信号なら危険状態でしょう

思うに今回、体調崩した原因は

・食生活の不規則
・睡眠不足

この2つが挙げられます

いい勉強をしました

忙しい時こそ、自分のカラダの声を
しっかりと聞く

忘れがちですが
大切なことです

そして今回は何度か?注意信号は
出ていたハズですなのです

さらに体調不良の原因を
加えるならもう一つ

・部屋や机の上の乱れ

つまり、整理整頓ができて
いなかったのも
大きな原因の一つでしょう

何事も失ってわかる

それと同時に
日頃当たり前であることを
有り難く思える

自らのカラダが気づきを
与えてくれました

崩した健康は、なかなか一日では
取り戻せないものです

皆さんも季節の変わり目
おカラダどうぞお大事に

休むなら徹底して休んでこそ、疲労回復なのです

この4連休は全国各地の観光名所
どこも賑わったようです


本日は連休の忙しさがウソのようで
静かな日々に戻っています

さて
ここのところ、冷え込むせいか
私自身、若干の風邪気味

珍しく体調不良

思えば、2月の終わりから今まで
休みらしい休みもなく過ごし
その疲れが出たのかもしれません

人にはオンとオフが大事
アクティブ・レストなど

結構、このブログでも
「保養」の重要性を伝えながらも

そこは生身の人間
カラダは正直なものです

私自身
出張や会合など泊りを伴う場合

前日は仕事の切りをつけようと
結構、遅くまで頑張ります

「どうせ次の日はホテルで
ゆっくり寝れる」

そう思い、徹夜に近い状態で
仕事をする場合があります

なので
泊るホテルもそれなりのグレードで
会合が終わったらゆっくりと休める
そんな宿を選びます

そして出張先では
比較的、早めに寝ます

睡眠時間も充分で
疲れもしっかりとれただろうと
思いきや

逆に疲れが出て終わりの
場合が多かったようです

つまり
溜まりにたまった疲れは
一泊だけでは抜けきらないのです

そして一泊だけだと
疲れが出て終わり・・・

なので、時間が許せば
2泊以上をお勧めするのは
そんな理由もあるからです

一泊目は溜った疲れを出し切って

2泊目は回復に転じて英気を養う

改めて、自身の宿泊経験から
感じるところです

寝ても寝てもとれない疲れには
ぜひ、当館での温泉保養

疲れをとるなら、一泊豪遊より
やっぱり連泊保養なのです

古きを温め、将来を思い描く

連休も最終日

忙しかった日も本日をもって
一段落です

そんな中、
かつての常連の方が
訪ねて来られました

以前、よく泊りに来られ

そして
いろんな話をしてくれました

苦労話を聞くのが大好きな
私には興味深い内容でした

その方は兵庫県の西宮の出身
22歳の時、岩国にこられます

それから地元の大型ホテルを
スタートしてから、独立

県内で初めての回転ずしを
展開されます

一時期は従業員370名近く抱え
年商も毎年右肩上がり

まさに西宮から来た一人の
青年の成功物語です

しかし
競合する全国寿司チェーン店の
出店攻勢に業績は次第に悪化

そして2016年に会社を
たたまれます



私は経営者としても
人としても
その方を尊敬してます

なによりも苦労話を
聞くのが大好きでした

私は今でも覚えてます

会社をたたんだ2016年の秋
ちょうど4年前です

私に会いに来られ
その方は言われました

「なぁ~ 社長ょ
会社を潰した社長が現役の社長に
言うのもおかしなもんだけどょ」

「なんでしょうか」

「たとえ会社が厳しくても
元気だけはなくしたらダメだョ」

「よし!とう気持ちさえあれば
なんとかなるもんだょ」

今でもよく覚えている言葉です

以前は毎月泊りに来られたので
その都度、いろんな話を聞きました

そしてまた本日言われた言葉

「どんなものでも終わりは来る」

確かに、自分は今まで終わりを
意識したことは
ありませんでした

しかしどんな形であれ
節目は必ず来ます

たとえその日がいつ来ようとも
自分がやり切ったと思えるような

そんな生き方をしてみたい

静かに思いが込み上げてきました

別れ際にその方が書いた本を
プレゼントしてくれました

御本人曰く
「これはウソ、偽りないことが
書かれてある」

「ぜひ、読んでみてくれ」

嬉しいです
Amazonにも売ってない
もちろん書店にも置いてない

読書の秋にふさわしい
男の生き様がかかれた本です

私もいつかは本を出せるような
人に影響力を与える

そんな生き方をしてみたいデス

一度しかない人生
生きるなら
やっぱりドラマチックに!

平平凡凡な人生より
山あり谷ありの人生を歩きたい

それは自分が人としての
人間力を得たいが為にです

あれからどうなった「イソジンうがい薬」

マスクの欠品にはじまり
トイレットペーパー騒動

そして記憶に新しい
イソジンうがい薬の
売り切れ状態など

「これがイイ!」

「○○に効く」となると
多くの人々は、それを求め
消費行動にはしります

例えば以前に放送されていた
「発掘!あるある大辞典」

・カラダに良い
・痩せる
・血液がサラサラになる


健康に良いと聞くと何故
人々は消費に動くのでしょうか

店頭から
ココアがなくなったり
納豆がなくなったり

EPAだの
コエンザイムQ10だの

10年前も、そして今も
新型コロナを含め

治る、よくなる、予防できると
人々の健康に対してアンテナの
感度は高いのですが

高すぎて、いろんな情報を
ひろいすぎます

特に
「楽して、簡単に、そしてスグ」が
お好きなようです



薬も温泉も健康回復に効果は
あります

しかし
ほとんどの人が薬を選びます

何故でしょうか?

やはり楽して簡単に
結果が欲しいのでしょう

当館は温泉+周囲自然環境
そして私のマンパワーで
健康の維持回復

いわゆる「保養」を提案してます

かっこよく言えば
アクティブ・レスト

家でゴロゴロと過ごすより
自然の中でウォーキング

その方が気分転換にもなります

今の情報過多の時代

デジタル&スピード化に
価値が置かれてます

当館の提案は時代に
そぐわないかもしれません

しかし、自然が一番
自然に勝るものはありません

自然治癒力と言う言葉のように
人は本来、自分で治す力を
持っているのです

それが薬に頼ったり
サプリを常用したり

本来の治る力が
衰えてしまいます

せっかくのお休み

家でゴロゴロも
悪くはありません

でも、たまには
自然の中での積極的な休暇

自分への投資と思って
アクティブ・レストに
時間とお金をつかってみては
如何ですか?