先がみえない状況の中、心とカラダを整える

TVをつければ、新型コロナウイルスのニュースで、感染拡大だけでなくイベント等の中止や自粛が報じられてます。

政府も異例の小中高の一斉休校を打ち出してます。
今までに経験したことがない状態が現在進行中なのです。

情報も錯綜し、事実確認の取れない出何処のわからない情報が、さらに不安をあおります。

昨日はこのブログでマスクやアルコール消毒などの予防に合わせて、カラダの免疫力を高めることの大切さをお伝えしました。

そして
大事なのは「気持ちの持ち方・在り方」です。

こんな時にこそネガティブにならず、明るく心の状態を意識してイイ状態に保つ必要があります。

お勧めしたいのは3つ

①笑う

②プラスの言葉

③深呼吸

です。
必要以上に入ってくるネガティブな情報に、我々の頭や心はやられてしまいます。

明るい先を強く信じて、その為に日々できることを実践していこうではありませんか!

睡眠の質を高め、そして免疫力を高める!

新型肺炎コロナウィルスが猛威をふるってます。
まず、しておきたいのはマスクやうがい・手洗いなど予防対策です。

そして、ほとんど報道されてなくて大切なこととは実は「免疫力」を高めることなのです。

本日は、免疫力を高める為に必要な睡眠について、いままでのおさらいの意味を含めてお伝えいたします。

1.睡眠は質×時間です

睡眠の質が高まれば、短眠(短時間睡眠)でよいという説もあります。

しかし、短眠は遺伝の要素が多いと聞きますし、私も睡眠時間が少ない(4時間半以下)場合は日中の仕事はきついです。

なので、基本6時間以上日々睡眠時間を取っているという前提で、質を上げる方法をお伝えいたします。

2.避けたいもの「その1:ブルーライト」

パソコンやスマフォから発する、まさに青色の光で波長が短く目の奥まで届き、交感神経を刺激します。

日没とともにリラックス状態で優位になる副交感神経が、いきなり寝る前のパソコン、スマフォで交感神経に刺激スイッチが入ると入眠時の深い眠りが浅くなり質を下げてしまう結果となるのです。

2.避けたいもの「その2:寝る前のアルコールと食事」

アルコールを飲むとすぐ寝れるという方がいますが、睡眠の質はブルーライトを浴びた時の状態と同じように下がります。

しかし、仕事終わりのお疲れ様の一杯は労をねぎらう意味でも我慢することはストレスを溜めてしまいます。

ですので、少なくとも入眠前2時間以上を目安にアルコールを摂取することで、分解酵素が働き睡眠の質を浅くすることを防げます。

「飲んだら即寝るな!」

そして食事も又アルコールと同様、やはり食べてスグ寝るのは睡眠の質を悪くしますので、2時間以上はあけたいものです。

「食べたら即寝るな!」です。

3.質を上げる最良の方法こそ「入浴」なのです!

スタンフォード式「最高の睡眠」でも書かれてますが、あの本を一言で言ってしまえば、寝る90分前に入浴しましょう!!!ということです。

カラダの深部体温が下がる時に深い眠りに入るのが基本です。

なので、お風呂に入った後、少しずつ体温が下がることで深い睡眠に入っていくので、食事とアルコール同様、入浴して即入眠はお勧めできません。

やはり、90分というインターバルを空けることで、90分起きてなさい!というわけでなく布団の中に入っていてもいいので、入浴した90分後に自然に入眠にはいるのが理想です。

まとめます

◎食事・アルコール  入眠120分以上前

◎入浴        入眠90分前

風邪、インフルエンザ、そして新型コロナウィルスはしっかりとカラダの免疫力を高め、自分のカラダは自らで守っていきましょう。


本日の学び「みんな大好きな食品添加物が身体に及ぼす影響とは?」 岩田章宏氏

岩田章宏氏

本日のモーニングセミナーは、下関市中央倫理法人会の青年委員長を務める傍ら、無添加の食材を提供する会社も経営される岩田さんにご講話頂きました。

人々の食の関心は高いものの、どうしても値段との相談になれば安いものを求めてしまいます。

健康や食に関心がたとえ高くなくても、身近に食の危険が迫っている現状に対し、我々はどのように賢い消費者となるべきなのか?

岩田さん曰く『日本の食品添加物は欧米の10倍以上、さらに1,500種類も認められているこの国の食は安全と言えるのか?』

自らの父をガンで亡くされ、そのことを機に周囲の反対を押し切って食品製造の方針を無添加に切り替えられます。

食の安全とは?食育とは?静かな話口調ながらしっかりと語って頂きました。

1.「犯罪者」と「ぶち切れる子供」に共通する食事

いきなり衝撃的な問いかけから始まりました。

その食とは4つあります。
①スナック菓子 ②ペットボトルのジュース ③コンビニ弁当 ④カップラーメン

又カラダに悪さをするモノとして代表的な3つ
砂糖 質の悪い油 塩(精製塩)

これらを日常生活で当たり前のように摂ると、わずかなモノでも毎日、そして365日、さらに何年ともなればチリも積もればでカラダと心に悪影響を及ぼすことは間違いないようです。

2.飽食の国 日本

今に始まったことではありませんが、日本は賞味期限にこだわり、まだ食べられるモノでも廃棄処理してしまいます。

その一方、ほとんどの食品メーカーでは、保存料などで賞味期限を延ばし商品陳列期間を伸ばし販売ロスを減らしています。

この相反する2つの国とメーカー側の対応。
そして板挟みに合っているのが、我々消費者なのです。
賢い選択が迫られます。

3.食品添加物の功罪

人が便利で安く求めるにはどうしても食品添加物は必要となります。

その原因の一つが大量消費大量生産です。
それを可能とするのが食品添加物でもあるのです。

それ故、我々は安くそして見た目がよく調理するにも下味がついてたりする食品を安易に手に入れ口にすることができる訳です。

しかし、表があれば裏も又ありと良い部分があれば、その逆もまたしかりなのです。

GMO(遺伝子組換え)や中国産の食品、はたまた残留農薬が検出されたりなど、カラダにとっては決して良いものではないとおぼろげながらわかっていてもついつい安さと引き換えに購入し口にしてしまうのです。

4.食はカラダをつくり、心もつくる

冒頭でお話された犯罪者に共通する4つの食(スナック菓子、ペットボトルのジュース、コンビニ弁当、カップ麺)は、短気でちょっとしたことで逆上しやすい性格を形成しがちです。

では、豊かな精神性をつくるには???

答えは無添加無農薬のオーガニック野菜を始め、いわゆる安心安全な食と言えます。

もちろん有機栽培なら、雑草や虫にやられてしまう野菜もあります。
しかし自然の中で育った野菜は形はどうあれ、掛け合わせで大量生産を目的としたモノではなく本来のあるべき野菜と呼べるでしょう。

また他県の小学校ですが、添加物を含んだ食材を学校給食から抜いたら授業中の徘徊や校内暴力などが無くなったという事例も報告されています。

つまり、食はカラダだけではなく精神性も形成すると言えます

人は健康の為に、健康食品をはじめカラダに良いものを取ることにはお金を投資します。

しかし、安さと引き換えにカラダに悪いとわかっていながらカラダに入れてしまう場合もあります。

良いものはカラダに入れても、悪いものはカラダに入れないことは少ないのです。

これだけ情報が氾濫するなか、安心安全な食材を扱っている生産者なりメーカーは社会の人々の健康に貢献していると人であり企業と言えるでしょう。

※今回お話頂いた岩田さんが代表を務められる会社です。

株式会社日本フーズ

[岩田さんが師事された方]

大沼四廊氏

米増昭尚氏

安倍司氏



2020年春 桜の開花予想

2月といえども、もう3月のような感じで、日中は寒さを感じることもありません。

すでに菜の花は咲き、この調子で行けば、気になる桜の開花も早くなりそうです。

ちなみに例年の見頃
3月29日~4月3日のこの時期は、ほぼ満開です。

また3月の下旬から4月の上旬にかけて、風が強かったり雨が降っても3月29日~4月3日の間は間違いなく満開の桜を見ることができます。

では、今年2020年はどうでしょう???

まだ桜は芽吹く様子もありませんが、この陽気だと途中寒波が来たとしても、約1週間は前倒しで開花、そして満開の見頃を迎えると思われます。

【今年の満開予想】3月25日(水)~3月30日(月)

また近くなりましたら、こちらのブログでお伝えさせて頂きます。

2020年、冬の神楽公演は無事終了しました。

今年で数えること11年目。

当館恒例の冬の神楽が2月22日(土)をもって、今シーズンは終了いたしました。

多くの方に、ご来場いただき又数多くのご声援を頂き、ありがとございました。
心からお礼申し上げます。

2月22日の千秋楽は、地元錦町の向峠神楽でした。

八俣大蛇

最終日にふさわしく、演目は塵輪(じんりん)と八岐大蛇でした。

当館の大広間を使った会場は、舞台と観覧席の垣根がなく、会場が一体となる盛り上がり方は、まさに興奮のルツボでした。

須佐之男命と大蛇

今回は演舞が終わった直後、挨拶をさせて頂きましたが、興奮冷めやらぬ会場の中で話すことができるのは、話した者のみが感じることができる最高の喜びです。

これからも、この優れた伝統芸能を末永く続いていくよう、私自身もできる限りの事はさせて頂きたいと改めて思った次第です。

神楽好きの私の半分はわがままで始めたような公演も11年目を無事終了し、少しでも多くの方が地元の伝統芸能の素晴らしさに触れて頂ける事を切に願っております。

本日の学び「感謝の人生」飯塚秀夫氏

毎週火曜日は周南倫理法人会の経営者モーニングセミナーです。

前日の倫理経営基礎講座に続き、2回目のお話を聞けました。

飯塚氏の御年、83歳。

とてもエネルギッシュで、長い人生経験から語られる言葉は、一つ一つ腑に落ちてきました。

1.これからの中小企業はどうあるべきか?

首尾一貫して言われることが「スキルではない、徳である」ということです。

・人間力の高い社員がいなければいけない
・率先垂範 まずはトップがしっかり働いて従業員に背中をみせろ

これからの中小企業は「徳積み経営⇒人を喜ばす経営」でなければなりないということです。

大事なことは3方良しならぬ4方良し(我、従業員、売り手、地域)には納得です。

2.太上(だいじょう)は天を師とし、其次は人を師とし、其次は経を師とす

人は鏡、万象はわが師という章の一番最後に書かれている文です。

何度も読んで言葉にしている「太上(だいじょう=最も優れた人)は、天を師とし、其の次の人は人を師とし、その次は経を師とす」の意味を問われ、そのことについて学ぶことができました。

・天を師とするとは、まずは自然界に学びなさい

・そしてその次は人に学びなさい

・さらにその後には経=本に学びなさい

つまり、まずは自然の摂理が原理原則でありそれに沿った生き方であるのか?どうか?次に人に学んで、最後は書物で学びなさいということなのです。

天はすべての師であるが故、その絶対法則には逆らない訳です。

3.経営とは

経営とは、なんでしょうか?

経とは、不変なものであり会社で言えば理念であり、そして飯塚氏曰く「徳」であると言われます。

では営とは何か? それは才能でありスキルであるといい時代とともに変化するものです。

ここで思い出す言葉があります。

「商道は不変なり、商法は日々新たなり」

先人たちが言われて名言・格言は大切なモノを教えてくれます。

4.後始末とは? 

年に一度の後始末とは、大掃除のこと。

では、その大掃除をする12月を師走と呼びます。

ではここからですが、ここで言う師とは誰か?



答えはお坊さん、お寺さんです。

昔は祖先を大事にすることから、その年の節目である12月にお坊さんは各家庭を何件も何件も回っていたので、お坊さんが走る程忙しかったので師走と言ったそうです。

つまり飯塚氏曰く「節目は大事にしなさい」と言われてました。

5.人は生かされ、生きとし生けるものに学べ

飯塚氏は「人間は生きているのではなく生かされているのだ」と言い切ります。

人はこの世に生まれたからには、必ず人の役に立つ、立たねばならない役目をもっているのであって、その役目を果たすまでは生を与えられていると言われます。

役目は使命であり、文字通り命を使うことで全うできた時が命を使い切った時でお役御免とも言えます。

また倫理でよく言われる見えない世界と見える世界
見える世界が目の前の現実であれば、見えない世界は人の心の部分です。

例えば桜の花を見た場合でも「きれいだなぁ」と見上げるのではなく、そのきれいな桜の木の下の根っこはどのように広く深く張りめぐっているのか?推し量ることが大事と言われました。

目に見える部分で一喜一憂ではなく、見えない部分、つまり心の部分を推し量ることが大事であると言えます。

もし、ここまで読まれた方で「宗教的でよく倫理なんてやっているよなぁ~」と思われる方もいらっしゃるはずです。

私も最初はかなり抵抗がありました。

しかし、本当に心の学びができるのは、宗教か?倫理法人会しかないと言えます。

まだまだ始めたばかりで、週に一回程度の学びですが、学んでも学んでも尽きることは永遠に無いようです。

見えた!! 健康経営の本質

本日は、柳井市倫理法人会と周南地区健康経営セミナーで一日に2回、お話させて頂く機会を頂きました。

自身が話すことで、より理解が深まり、また相手の話を聞くことでまた気づきがありと充実した一日でもありました。

そして、健康経営は間違いなく次のステージに進んでいることを体感!

さっそく、お伝えさせて頂きます

1.従業員に求めるのでなく、トップが率先垂範(そっせんすいはん)

いつも倫理で講和する時は「喜働(きどう)」の話をさせて頂きます。
喜働とは、喜んで働くことですが、倫理ではこのように定義しています。

『何の期待もなく、予期もせず、ただ黙々と働くことが嬉しい、楽しいといった働き』

つまりこれをトップ自ら実践することで、職場の雰囲気が明るく変わり活気がでてくる。
ようするに健全な職場になっていくということです。

見えない世界(心の持ち方、在り方をプラスに)を変えて、現実の目に見える世界を変えていくという倫理の真骨頂の話しました。

2.平均年齢69歳の職場での健康経営

これは弊社の平均年齢です。

自分では62~63歳ぐらいか と思っていましたが、意外や意外69歳でした。

平均ですから、半数近くが70歳以上
なので、うちの従業員は多分弊社が最後の就業場所になると思われます。
(いい意味で、そうなって欲しい)

つまり、弊社を辞める時は仕事を辞める時であり、できる限り健康でならば何歳になっても働いてもらいたいと思ってます。

しかしそうは言っても、いつかは辞める時が来ます。

その辞める時が、体調を壊して辞めるのか? 会社とケンカして辞めるのか?それとも充分に働ききって「もうやり残したことはない」と思って辞めるのか?だと思います。

人生ギリギリまで働いてもらい、その為にも健康であって欲しいしその為の健康経営であると捉えてます。

3.従業員の「夢実現」の為の健康経営

経営者には理念があり、目標があり、そして夢があります。

健康経営の優良法人取得が、健康経営の目標である場合も多いと思います。

しかしながら「健康」ですから面白くないと継続できません。
継続できなければ結果に繋がりません。

そして従業員
確かに健康経営も大事です。
会社が今まで個人任せであった健康管理に積極的に介入するのはいいことですが、健康診断を受けること、ストレスチェックテストを受けることは、楽しいですか?と従業員に聞きたいです。

人が一番ワクワクするのは、健診を受ける時か?社内で運動会をやっているときか?トレーニング施設ができた時でしょうか?

違います。
人がワクワクするのは、夢に向かっている時なのです。

つまり、健康経営とは健康診断を受けさせ、健診の数値の改善ではなく、あくまでも健康づくりをひとつの手段として、どれだけ日々ワクワク感をもって仕事に取り組めるか?ということと感じております。

気持ちが前向きで盛り上がってくれば、自然と体調もよくなり、そして最終的には会社の売上も上がり、そして従業員に還元されるという、良い循環ができることが健康経営のゴールと気づきました。

2月19日(水)柳井と周南で、当館支配人の吉本が「健康経営」について話しました

来る2月19日(水)、山口県内の東部地域で、当館支配人の吉本が健康経営の講和とパネラーとして登壇致します。

〇柳井市倫理法人会・経営者モーニングセミナー (6:00~7:00)
 場所:アニバーサリーステージ「ベルゼ」
    〒742-1352 山口県柳井市伊保庄田布路木 ☎0820-23-7777
 参加費:無料(経営者以外の方でもご参加頂けます)

〇周南地区 健康経営セミナー(15:00~17:30/受付は14:30)
 場所:周南市役所2F シビック交流センター 交流室1
 参加費:無料

第一部の講演1でパネラーとして登壇致します。

お時間のある方、これから健康経営を始めてみようと思われている企業の方、また今現在、健康経営に取り組んでいるけど思ったような成果が出ていないなどありましたら、何かのキッカケが掴めるはずです。

尚、周南地区健康経営セミナーの内容は、山口放送の夕方の番組「ニュースLIVE」で放送されました。

簡単にできる免疫力を上げる為の「お金がかからない方法」とは?

温泉、それもラジウム温泉の「入浴」「飲泉」「吸入」の3つがいいとこうことをお伝えさせて頂きました。

そうはいっても温泉までは時間とお金を要するものです。
医療機関に行っても同じことです。

本日は、家でも簡単にできる、それも費用が全くかからない0円で免疫力を高まる方法をお伝えさせて頂きます。

1.パソコンのウィルスソフトと本体の関係がわかりやすいです。

ラジウム温泉に入ったり、医療機関でワクチン接種をしていれば大丈夫か?どうか?といえば、どうでしょうか?

人のカラダをパソコンに例えたらわかりやすいです。

〇ウィルスソフト=ラジウム温泉(ラジウム)・予防接種のワクチン
〇パソコン   =人間のカラダ

パソコンもどんなに性能のいいウィルスソフトを入れても、肝心なOSであるウィンドウズがアップデイトされてなければ意味がないです。

つまり人間のカラダも虚弱で気力や体力が下がっていれば、ストレスにさらされ感染しやすくなってしまうので温泉やワクチン接種だけでは充分とは言えません。

2.無料でできること~その1「笑う」

笑う事はモチロン無料

その効果たるは、恐るべしです。(昨年の11月19日のブログで書いております)

よく言われているのが、一日5回笑う事で、ガンを駆逐するナチュラル・キラー細胞(NK細胞)が活性化されます。

さらに「作り笑い」でも、その効果は同じ。
人の頭は同じ笑うと捉えるので、心から笑おうが、無理やり笑おうが効果は同じな訳です。

3.無料でできること~その2「睡眠」

あなたは一日何時間寝てますか?

免疫力を高めるには、できれば7時間は欲しいところです。

睡眠中に成長ホルモンの分泌で体内の修復が行われます。

ところが、お酒を飲んだり、食べてスグ寝たりすると睡眠の質が悪くなり、充分なカラダのメンテナンスが行われません。

良質の睡眠を得る為には、特にこの時期「寝る90分前を目安に入浴」することにより格段に睡眠の質が上がるのでおススメいたします。

4.無料でできること~その3「プラスの言葉」

感情のまま発する言葉は、相手に言おうが誰に言おうが一番聞いているのは自分です。

自分の潜在意識の中に知らず知らずに刷り込まれて行きます。

それと同時に、よくある実験で花にきれいな言葉をかけると花はイキイキと育ち、バカや畜生め!など汚い言葉を花にかけると萎(しお)れてしまうということがあります。

「ありがとう」という言葉が一番イイようで、特にがん患者などが感謝の言葉を口にすると改善していったという話も聞きます。

波動共鳴という理論で証明できると思いますが、良い言葉を発すればよい人が集まり、悪い言葉や人の悪口を言う人はそういう人で集まってしまうという現実。

言葉は悪いウィルスをも引き寄せかねませんので気を付けましょう!
良い言葉でカラダの中から健康体にしていきましょう!

「笑う事」「質のよい睡眠」「発するプラスの言葉」これら3つの無料でできることを実践すれば健固なカラダに生まれ変わりますね。

(食事も免疫力を高めますが、多岐に渡る内容なので割愛しました。)

まずはしっかりと体力をつけることがベースとなります。