本日の学び「社長が変われば、会社が変わる、社員が伸びる」山之口良子氏

今回の講和は、日本で初めて電子錠の開発をされた日本電子工業株式会社(新社名:JEI)の社長でもあり、大阪市倫理法人会の相談役でもある山之口(やまのくち)さんに講和を頂きました。

小柄で落ち着いたしゃべり口調の様子とは裏腹に、ガン(癌)の宣告や創業者でもある実父との軋轢(あつれき)など、幾度の困難を乗り越え、そして行きついた一つの答えを本日はお伝えさせて頂きます。

1.創業者である実父との軋轢(あつれき)

日本で初めての電子錠を開発された創業社長のお父さんは、経営者以上に研究者だったとのことです。

ご自身の開発されたシステムで世界中の交通事故を無くすという高い志を持たれてました。

しかし、その一方では会社の売上をほとんど研究費に費やしてしまうという現状の中、娘でもある2代目社長の山之口さんは、会社の株を買い占め、実の父親を会社から更迭します。

2.さらなる苦難、ガンの宣告

父親との軋轢は続き、さらにご自身がガンであることが発覚します。

幼い子供を抱えながら、その子達の将来を見る見ることなく自分は人生を終えるのか・・・と思うと気力がだんだんと失せて行くのを感じたそうです。

さらに会社に行けば、父親との骨肉の争いが尾を引きギクシャク。

プライベートでも仕事でもだんだんと重苦しい雰囲気にのみ込まれていかれます。

3.考え方が変われば現実が変わる

山之口さんは、モーニングセミナーである女性税理士から言われた一言により徐々に変化は起き始めます。

それは
「愛と理不尽は対局にあるようだが、実はつながっているんですょ~お父さんはあなたを愛されますょ」

「頼まれごとは試されごとです」

そして自分自身に素直になられ、実父にも深謝りに頭を下げると徐々に変化は起き始めまてまいります。

4.幸せは歩いて勝手に来ない

歌のフレーズではありませんが「お金、チャンス、そして情報」は勝手に歩いて自分のところへやって来ません。

では、どうすれば???

答えは「人」が連れてきてくれます。

なので、自身が関わる人に接し方が変わると、現実に変化が起きるということになります。

5.リーダーが決心と覚悟を決める

さらに変化は訪れます。

・付き合う人が変わっていく ⇒ 仕入れ先も変わっていく

・自分との約束は必ず守る  ⇒ 自分に自信が持てる。

・倫理の会長を喜んで受ける ⇒ 役員の人間力が上がる

リーダーが方向性をしっかり示すとそれに向かう社員や役員が同じベクトルとなり結果が表れるということです。

このことをトップの仕事に例えるなら、草刈りばかりせず(従業員や役員と同じことをすること)たまに高い木に登り、遠くを見る(将来の見通しをたてる)ことが大事と言われてました。

6.苦難は福門

山之口さん曰く成功の方程式があるそうです。

それは

考え方 × 熱意 × 能力  です。

どんなに情熱があり、スキルがあっても考え方がマイナスだったらマイナスの結果になってしまうということです。

つまり、笑う門には福来るです。

えぇ~となるかもしれませんが、苦難を喜んで笑顔で粛々とこなしていけば、必ず成功への道が開けるということです。

小さなカラダに大きな希望を抱き、着実に夢の階段を上られていかれる山之口さん、ホント倫理には凄い人が沢山いらっしゃいます。

山之口良子氏

人生80歳現役で!

平均寿命がどんどんのびて、日本は間違いなく世界一のというか、世界で初めての長寿国になるハズです。

医療や保険制度の発達ぶりもあるでしょうが、何よりも住みやすさと平和な国であり、他国に比べ恵まれているからです。

私が生まれた頃の昭和39年(1964年)は、第一回目の東京オリンピックもあり、高度経済成長の真っただ中。

このころの平均寿命は、今では考えられません。

・男性67歳

・女性72歳

しかし半世紀以上もたった現在、男性は79歳、女性は86歳と12歳~14歳ものびています。

今後ますます延びる中、定年の在り方も変わっていくと思います。

1.働くことが健康維持

年金制度の崩壊や医療費の負担増など社会問題はあるにしても、働くということ、そして社会と交わるということは年齢問わず必要です。

アメリカでの調査ですが、100歳まで生きた人や、まだ100歳過ぎても元気な方には、共通点があったそうです。

それは
「つい最近まで働いていたか?今だ現役で働いている」ということです。

働くことが健康維持であり、また長寿の秘訣とも言えます。

2.働くとは単に報酬をもらうだけにあらず

お金の為だけで働くのと自分の人生の生きがいや豊かさの為に働くのでは、同じ働くでも少し違ってきます。

できれば、自分の人生の豊かさの為に働き、その結果として対価(報酬)が受けられるのが望ましい訳です。

私も経験ありますが、借金の為、支払いの為に働くのは、精神衛生上あまり好ましいとは言えません。

3.定年の在り方も変わる

そうです。

先日のNHKの特集で、60歳の還暦の祝いをする機会が減っていると放送されてました。

私たちが子供の頃は、60歳といえば老人クラブに入るようなイメージがありましたが、今はその言葉さえ聞くことはありません。

定年や還暦をお年寄りの仲間入りとして捉えるのでなく、これから第二の人生がスタートするという記念すべき節目と捉えて頂きたいと思ってます。

日本コンディショニング協会(NCA)が提唱する「何故、運動中にケガや事故が起こるのか?」

昨日、下関のゲストハウスUZU(うず)で、久々にNPO法人ふるさと山口経営者フォーラムの方と2年ぶりにお会いしました。

そのメンバーの中で、今回の「つながり山口」という山口県内で交流を活発にし、山口を盛り上げて行こう!という発起人でもある有吉さんと再会できました。

彼はハースコーポレーションというコンディショニングの会社の代表でもあります。

私も健康運動指導士でもあるので、彼の事は気にはなっていましたが、この度より詳しくというか、わかりやすくそのメソッドを知ることができました。

何故一流と呼ばれる人間でもケガや故障になやまされるのか?

その答えは驚くほどシンプルで、つまり基本中の基本を忘れている事に原因がありました。

日本を代表するプロのフリークライマー  野口啓代 選手楢﨑智亜 選手と専属契約を交わす程の信頼度は、スポーツシーンに長くかかわってきた私にも目からウロコの内容でした。

1.NCAとは

一般社団法人 日本コンデショニング協会の略称です。

詳しくはリンクをはっておきますが、一般社団法人日本コンディショニング(以下NCA)のホームページを読まれても、その核心の部分は、少しぼんやりしていますので、わかりやすくお伝えさせて頂きます。

2.ほとんどのケガや故障、運動前が原因である。

えっ!ウォーミングアップのこと・・・

もちろん、ウォームアップは大事です。
軽くジョギングやストレッチなど強度の低いものから始めます。

しかし、NCAでは、そもそものジョギングや軽めの動作の前こそが大事と提唱してます。

3.カラダを本来の姿勢に整えてから運動すべし!

ここが、NCAが提唱するメソッドの真髄です。

つまり、強度が低くても、悪い姿勢のままジョギングしたりカラダを動かしたりすると、その本来の姿勢と違う部分へ徐々に負担をかけてしまいます。

そして、最初はわからなくても、何度も何度も悪い姿勢のまま繰返すことによって、やがて故障やケガと言う痛みを伴って気づく訳です。

つまり、本来の姿勢に整える = コンデショニング な訳です。

この本来あるべき姿勢に整える方法こそがNCAのメソッドなのです。

4.一発勝負だからこそ、ケガでパフォーマンスを落としたくない

その通りです。

これから盛んにオリンピックの代表選考などが行われます。

本来の力を発揮するには、メンタルとフィジカル、そして卓越したスキルが必要になります。

そしてこれら3つは、心技体ということばで表現されますが、最高のパフォーマンスを発揮するにはベースである「本来の姿勢」が絶対に不可欠となるのです。

5.トレーニングの世界も日進月歩

例えば、2020年の東京オリンピックでは、数々の世界新記録が生まれるはずです。

そして世界最高の栄誉を与えられた人は、その記録だけでなく、そのトレーニング方法も世界のスタンダードになる訳です。

つまり、世界新記録を樹立したトレーニング法が世界最新で最高のトレーニング方法となる訳です。

我々長くスポーツシーンに携わっても目からウロコのコンデショニング。

私も長年スポーツに関わってきた者として、NCAのメソッドを体感してみたものです。

1月27日(月)18:10からNHK山口局の「情報維新!やまぐち」で放送されました。

NHKの夕方の番組「情報維新!やまぐち」の特集で定年に関する内容の宿泊プランで当館が取り上げれれました。

で当館が取り上げれれました。

会社や組織の一つの区切りである定年。

そして60歳・定年が多い中、還暦を迎える年齢でもある、この年齢を一つの節目として 温泉地で一泊2日 、自分の今までの人生を振り返り、そしてこれからの人生をゆっくり考える為に、自分ととことん向かあって欲しいという想いの新宿泊プランが紹介されます。

尚、今回の放送は、山口県以外の中国他県(広島県、島根県、岡山県、鳥取県)での放送予定となっています。

定活プラン・チラシ(表面)
定活プラン・チラシ(裏面)

( ※放送予定が変更になる場合があります。ご了承ください。 )

講演:究極のリーダーセミナー「成果の出せる本気のチーム創り」 大嶋啓介氏

夢と希望を与える講演家、そして「居酒屋から日本を元気にしたい」という熱い想いでNPO法人居酒屋甲子園を設立。

また、自らが経営する居酒屋「てっぺん」での本気の朝礼は、修学旅行のコースにもなるぐらいの影響力を持つ方。

これ以上は、ご本人のサイトを見て頂ければ詳細は乗っていますが、とにかく「笑顔」が最高の講演家:大嶋啓介さんのお話しの内容をお伝えします。

1.どんな気持ちでやっているか?が大事

プロ野球のメンタルトレーナーや高校野球で本人が関わった19校が甲子園に出場するなど、その才能はスポーツの世界でも生かされています。

御本人曰く 心 × 行動 =結果 と言われてます。

つまり心の在り方が大事ということです。

2.心で大切な3つのポイント

お話された内容で3つの大切なポイントを言われてました。

①自信 強い気持ち

②冷静

③「楽しい」が最強! 最上級がワクワク

この3つの気持ちが成功や勝利を引き寄せるということです。
ご本意曰く「成功脳 =ワクワク脳」だそうです。(わかりやすい!)

3.人間の脳のポテンシャルとは

潜在意識と顕在意識、つまり潜在意識は無意識であり、顕在意識は意識することと分けられます。

では、その無意識である潜在意識は意識を要する顕在意識の何倍でしょうか?

・・・
・・・
・・・

答えは最低でも3万倍だそうです。

さらに
人の頭はコンピュータ(PC)に例えると、パソコン何台分の能力があるでしょうか?

???
???
???

答えは10万台分です。

脳科学や数多くのセミナーに参加し、学ばれそして実践されてきた大嶋さんの言われることは理解できます。

4.倫理との出会い

大嶋さんは渋谷区倫理法人会の会員でもあります。

居酒屋甲子園で上がり目調子の時に、ある方から倫理の経営者モーニングセミナーに誘われました。

居酒屋を深夜というか、早朝3時に退社し、そして朝6時からのモーニングセミナーは、大嶋さんだけでなく誰しもきついところです。

しかし、初めて参加した時、ある光景を目にします。

それは、90歳の男性が熱心に学ぶ姿でした。

その高齢の男性が言われるには「人生これからだ!」「今から、今から」とすでに成功をおさめられている方が気持ち新たに、自らを鼓舞して学ぶ姿でした。

大嶋さんは言われます「人は出会いによって、自分の人生は変わる」と。

5.成功の為の黄金方程式

すでに述べましたが、心の前向きでワクワクする状態が大事な訳です。

そして大切にされていることは、

・ワクワク感
・喜び      ×   感謝
・明るさ 

これだそうです。

そしてポイント
自分が成功した時、結果を出した時、優勝をした時、そのシーンをイメージするのでなく、誰がどんな気持ちで一番、泣いて喜んでくれているか?が最重要だそうです。 

6.予祝(前祝いの法則)とは

皆さんに質問です。
◎神様が喜ぶこととは何でしょうか?

●神様が最も嫌うことは何でしょうか?

神様が喜ぶこととは「毎日喜んで生きる」こと
そして逆に
不平不満を持って生きることが最低の生き方だそうです。

日本人は江戸時代から常に喜んで生きる民族だったそうです。

それが、戦争を境に我々現代人は、結果を見て一喜一憂するようになりました。

予祝という、結果に対して先にお祝いをする、これは日本文化で秋の豊作を祝い「お花見」や「盆踊り」があります。

大嶋さんは、この日本文化を大切に、毎日喜んで過ごされてます。

倫理で言わる明朗・愛和・喜働の「喜働」こそが最強!
これには大いに納得です。

本日の学び「倫理で学んだこと」末冨秀史会長

本日の学びは、宇部市倫理法人会で会長を務められる末冨秀史さんでした。

倫理歴もながい末冨会長。
苦楽を独特の語り口調で語って頂きました。

そして多くの人が、末冨会長の発言を歯に衣を着せないと言います。

しかしながら淡々と話されても何故か引き込まれてしまう、今までに体験したことの無い講和は、新鮮な気持ちにさせてくれました。

1.座右の銘は「素直に生きる」

倫理で一番重んじられていることですが、末冨会長自身が言われるには「自分ができていないこと」だそうです。

なるほど
私も「相手にスポットライトをあてる」を大事にしてますが、振り返ってみれば自分もできていないことが多いです。

さっそく話の前半で気づかされました。

2.朝礼実施で反発をくらう

倫理法人会では、職場の教養という本を元に各自の会社で朝礼を行います。
末冨会長も自社で始めると社内で反発。

さらに、宇部市倫理法人会でも、朝礼をはじめると切り出せば、またも大反発。

しかしながら、なんとか実施にこぎつけて始めると社員や参加者の声や表情や態度で心の様子がわかるようになったという気づきがあったそうです。

3.何もしない人が倫理を辞めていく

そうです。
私もただ、モーニングセミナーに参加しているだけの頃は、気づきもなく、そしてだんだん気持ちが離れていくようになりました。

今はお役も頂いて、積極的に関わっている訳ですが、受け身ではなく能動的に関わることは、倫理に限らず必要な事だと思います。

4.会社は自分の器以上には、ならない

お金に困って苦しい時に、親しくしていた方より「山より大きな猪は出ない」という話を伺いました。

意味がわからなかった私は聞き返しましたが、その人曰く「自分が抱えている問題(イノシシ)は、自分の器量(山)で返せる」ということだそうです。 

つまり、自分の器量(うつわ)以上の大きな問題(イノシシ)は起こらないということです。

末冨会長もおっしゃられていた「会社は自分の器(うつわ)以上にはならない」とは同じようなことであり、自分の成長と会社の成長は同調していると言ってもいいでしょう。

5.体験してみて、はじめて人の痛みがわかる

末冨会長は、足の踵(かかと)の骨折をされ、かなり大変な思いをされ奥さんにも迷惑をかけたと言われてました。

例えば相手に同じ「大変ですねぇ~」という言葉をかけるにも、自分が体験したことがある人と、またそうでない人とでは言葉に込められる感情が全く違うということです。

数々の体験をされた末冨会長、人の痛みが分かる人だからこそ数々の役を受けられしまう、その人の良さと器が感じられます。

宇部市倫理法人会 末冨秀史会長


大っ嫌いな言葉「遺憾の意」ってどういう意味

誰もが知る名門大学で、不祥事というか犯罪行為が行われてます。

一つは慶応大学の元塾長室秘書担当課長の女子トイレ盗撮事件。

そしてもう一つは日大ラグビー部の大麻所持事件のです。

そして大学は違えども、出しているコメントは全く同じ

「事実であれば、誠に遺憾です」と。

はぁ~ ニュースは事実を報道するのではないの???
火の無いところに煙は立たずって言うじゃないですか?

本日は、私吉本が大っ嫌いな言葉である「遺憾(いかん)の意」について述べさせて下さい。

1.遺憾の意の遺憾とは「心残りに思う」や「残念に思う」

あぁ~ 書いていても腹立たしい!

これは、日大のラグビー部や盗撮した課長もそうですが、大学のコメントです。

慶大: 「事実であれば大変遺憾です。今後、本学としても事実関係を確認し、厳正に対処します」とコメント

一方日大「 本学としても事実関係について確認中です。内容が事実であれば誠に遺憾で、今後、事実関係を確認したうえで厳正に対処してまいります」とコメント

「はぁ~」ですょ。

事実なので謝罪が当たり前。
犯罪行為を「残念に思う」や「心残りに思う」とはどういうこと???

100歩譲っても「事実関係を確認中ですが、在学生や関係者に多大なご迷惑をお掛けしていることを心からお詫び申しあげます。」とまずお詫びするべきです。


そしてまた「本校としても、今後このような事が二度とないよう厳正な対応を取ってまいります。」とたとえ本人たちが勝手にやったことでも管理する側は責任を負うべきです。

2.一番多く「遺憾の意」を使っているのが政治家

誠に遺憾であるとか○○国に対し遺憾の意を申すなど、政治の世界で多く使われてます。

我々は遺憾など使うこともなく「申し訳ありません」か「心からお詫び申し上げます」です。

責任を取るか?それとも責任を回避し当事者と距離をおくか?

通常国会も始まりました。
自分が日本国を背負って立つという強く、そしてこの遺憾の意を使わないリーダーの存在が待望されます。

3.トップが責任を取る

我々、中小企業の経営者は、不祥事が発生した大手企業のように社長はじめ幹部3人が会見をするようなことは有りません。

責任はいつでも取る覚悟が要求されます。

遺憾などとは口が裂けても言いたくはありません。

ほんとうに組織を守るなら、部下を仲間と思うなら、決してリーダーは遺憾と言う言葉を使うべきではないのです。

もし時代が150年さかのぼり、明治維新の立役者である吉田松陰先生や高杉晋作が「遺憾の意」などという言葉を使うでしょうか?

「人のふり見て我がふり直せ」
私も他人ごととは思わず、もう一度リーダーとしての肚(はら)を決めるということを大学側のコメントから気づかされた次第です。

人工透析を患者が中止を希望した場合のガイドラインについて

今朝のニュースで、東京福生市の病院で人工透析を中止した44歳の女性が一週間後に死亡するという一件に関し、日本透析医学会がガイドラインをまとめたと報道がありました。

これについて、人工透析を受けた経験はありませんが、この件について思うことを述べてみたいと思います。

1.人工透析とは腎臓の代わりに血液の老廃物をろ過すること

腎臓の機能が10%以下になると血液のろ過が充分にできず、人工透析が必要になります。

2.人工透析が必要になる最大の原因は糖尿病

通常は、尿に糖が混ざることはありません。

しかし、糖尿病のような慢性高血糖で腎機能が疲弊し、血液をろ過する役目が先ほど述べたように10%を下回ると腎臓の代わりに人工透析が必要になります。

3.人工透析には年間を通じて、いくらかかるか?

年間ざっくり500万円(毎月30万円~50万円)
癌(がん)の場合もおおよそ同じ金額が必要になります。

こうなると精神的にも経済的にも苦しくなります。

透析をやめようと思う気持ちは、わからなくもありません。

4.透析のガイドラインも必要ではあるが・・・

確かに透析をやめると最悪の場合があるというのは、患者であれば薄々わかっているはずです。

ですが、精神的、経済的、そして将来的に希望を失えば透析を止めることは、ほぼ死を選ぶというか?選ばざるを得ない状況になってしまうと言っても言い過ぎではないでしょう。

5.本当に必要なのは、日々楽しく充実して生きる為のガイドライン

国は膨らみ続ける医療費を抑える為、様々な策を講じています。

代表的なのは「健康日本21( 国民の健康の増進の目標に関する基本事項等を定めたもの )」です。

しかし、この健康増進法について制定された健康日本21は、まず医療費削減が、ありきなのです。

大切なのは、QOL(クオリティー・オブ・ライフ)、つまり生活の質、人生の質など心の豊かさを求める為にはどうすべきか?が必要なのです。

万が一糖尿病になったり、癌(がん)の方が余命を宣告されたりしても、日々充実した豊かな生活を送る為の指針(ガイドライン)こそが本当に求められるべきなのです。

近江商人の「三方よし」に学ぶ

「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」とは、言わずと知れた近江商人の商売哲学です。

2020年、思い立ったが吉日。
この「三方よし」をもう一度肝に銘じ、自身の提供しているサービスを見直していきます。

1.3という数字のチカラ

毛利元就の3本の矢の教えや、ピラミッドや御三家、三冠王、三位一体と数字の3にまつわる言葉は数多く存在します。

そして数学的な話だと四角形、台形、五角形、八角形などすべて三角形から成り立っています。

台形など面積を求める場合に対角線に一本線を引き三角形が2つできれば、台形の面積を求める公式:(上底+下底)×高さ÷2 を忘れていても、三角形の面積を求める公式:底辺×高さ÷2さえわかっていれば、どんな多角形の面積も求められます。

3と言う数字、何か不思議な力がありそうですね。

2.原点回帰、商売の原理原則

世の中には、法則と呼ばれる不変的なものがあります。

2019年は「商道は不変なり、商法は日々新たなり」を座右の銘としてやってまいりました。

そして今年、この商道とは何か?

これが、近江商人が言っている「三方よし」だと解釈します。

売り手よし、買い手よし、そして世間よし、この3つを常に頭に入れ温泉と通じた健康づくりを本年は昨年以上にご提案してまいります。