14年ぶりに初心に返る

久々にサラダを
つくってみました

大学時代の約3年間
レストランでアルバイト

そのおかげで包丁も
そこそこ持てましたが

自炊などほとんどせず

また家では家内の
手伝いなど

まずもってしません

そんな自分が何十年ぶりに
料理にチャレンジ

30年以上も前の記憶を
思い出しながら
やってみました

実は、2006年の12月に
前職を辞め

今の仕事に就く半年間
遊んで暮らしてたのですが

その半年間のあいだ
毎月一回程

飲食の勉強をしてました

今はもう当時の塾はやってない
ようですが

とても新鮮な印象を受けた
ものです

(20時半ですが、22時ぐらいまでやってました)

その塾は料理の作り方を
学ぶところでなく

飲食を通して人間力を
高めるセミナーでした

当時学んだことはその後の
マーケティングや会計

集客や経営という言葉で
上書きされましたが

まだ自分の頭の片隅にあり

そして半年間以上の資料は
宝のようなものです

新型コロナの第3波がきて
飲食業界はさらに厳しい
対応が迫られてます

そんな中

敢えて来年2021年は
「食」から始めてみよう

その気持ちは
この仕事に就いた時の

初心を忘れずに
いつまでも

その想いでもあります

当時、塾を主催していた
中島社長がしょっちゅう
云ってた言葉

「皿の上が勝負」

「皿の上は大手も中小も
関係ない」

本日つくったサラダも
中島社長が言ってたように

「料理はレシピを
覚えるのでなく
イメージでおぼえょ」

大学時代にレストランで
アルバイトした頃

教えてもらったサラダを
思い出しながら

そして食べる人が
喜んでいる姿を

想像しながら
つくってみました

まだまだ齢56歳
評論家でなく

一人のプレイヤーで
ありたいですね

(明日は従業員の
まかないをつくります)

やっぱり人が喜ぶ姿って
嬉しいものです


コメントは受け付けていません。