鬼滅の刃って何?アニメの効果

ニュースを見れば
映画「鬼滅の刃」公開3日間で
46億円超

この数字が凄いことは
なんとなくわかるけど

そもそも鬼滅の刃って何・・・

全く興味なし!

見たことのない人間が
イイ悪いを言うつもりは無し

イイと思ってみれば
イイところは見えるし

悪ければ、そもそも見ないだけ

私の知合いで本を選ぶときは
メジャーなものしか選ばない

そんな者もいます

なるほど
それも一つの選び方です

しかし
ブームの影には名作が
埋もれている

そんなことも含め、昨日に続き
読んでおきたいアニメ(漫画)

私選のベスト3をご紹介します

まずは私の中での
ダントツ1位は「1・2の三四郎」

小林まこと著:少年マガジンコミック

これは、私の中では永遠の第一位
笑い多くの中で、ちょぴり泣ける

妹も喜んで読んでいたので
多分、女性が読んでも
面白いハズ

つづて、第2位
「包丁人味平」

牛次郎・ビッグ錠:ジャンプコミック

コンビニ・コミックになったり
TVドラマ化されたり

昭和の漫画が今でも根強い
人気があることがわかります

さて、最後は「暴力大将」

どおくまん:少年チャンピオンKC

嗚呼‼花の応援団で
有名な著者:どおくまん

全23巻を朝までマンガ喫茶で
読んだのも懐かしい思い出です

どのマンガも主人公の環境が
変わり、成長していく様子が
描かれてます

そして惹かれるのは「男気」

この共通するテーマが好きなので
時間あれば読み返します

漫画を読んで成長できるかどうか
それはわかりません

又、当館も泊ったからと言って
人間的に成長できるか?と言えば

・・・・・
難しいでしょう

しかし
本もマンガも当館も

自分の時間が持て
何かの気づきは得られます

そして何より
マンガと当館の共通点は

酷使している頭を休めるには
最適なのです

だからこそ当館のマンガで
頭をしっかりと休めて
頂きたい

子供心へタイムスリップできます

(近く、ご紹介したマンガは
当館に揃えておきます)

コメントは受け付けていません。