飲食・宿泊業界をしっかりサポートする

本日はハローワークへ

今までは求人を募集する側で何度も
足を運びましたが

今度は求職者として登録の為に訪問

パソコンでいろんな条件で職を
検索してみました

そして

自分の職を探すよりも
不思議と自分がいた業界(飲食・宿泊業)

こちらの求人票に
興味がいってしまいます

飲食・宿泊業は装置産業や労働集約型などとよばれ

それなりの施設規模にそれなりの人員を
必要とします

なので多くの人を必要とするため
一人当たりの生産性は低いとされます

その分、待遇はいいともいえず

なによりも宿泊の場合
365日休みなくの営業が大半

なのでほとんどの従事者の悩みは
「拘束時間が長い」

私もそう思ってた一人です

今は施設に拘束されないことだけでも
肩に荷が軽い

これは偽ざる率直な感想です

一生懸命に働いている現場の人には
「やめたからって何言ってるんだ!」

そう叱られても、思われても
いたし方ないわけですけど

やめたからって私もこれで良しとは
思ってません

宿泊業の大変さ
そして、その苦楽もわかるだけに

これからはこの業界に対し
何らかではなく

具体的にお手伝いをさせていただきたい

その為の準備期間を頂いていると
解釈してます

今までのように錦パレスの
支配人だけであれば

錦パレス、一施設だけの
関わりだけです

しかし

これからは多くの施設に関わっていこう
そう思ってます

具体的な話はこれから徐々にお伝えしていこうと考えておりますが

曲がりなりにも15年間
宿泊業に携わりました

その知見を活かし、新たなスキルを加え
必ず!と言い切ってはいけませんけど

私の思いは飲食・宿泊業で良いものを
持っていながらうまく伝えられない

そんな店舗を正しいやり方で救う

これが私の目指しているとこなのです

本日改めて宿泊業の求人の多さにその思いが増幅された次第だったのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。