頭にくる、イライラした時の対処法

緊急事態宣言がでて外出制限がかかり、飲みに行くことも少なくなれば、だんだんとストレスも溜ってくるように思います。

又、ニュースを見ていても、我々を含め飲食業は、今までにない大変な状況に置かれ、先行き不安でこれからの見通しについて様々なことを考えれば精神的にもだんだんとすり減っていくようです。

事実、私自身も日頃、健康などを啓蒙している立場ながら、ちょっとしたことで疲れやすくなり、気が付けば寝ていたということも多々あります。

カラダを動かす機会が減る一方、精神的なストレスが増えれば、だんだんと気持ちの上でアンバランスになりがちです。

そして、そんな時に気おつけて頂きたいのが、他人とのチョットしたことでのトラブルや摩擦が起こりやすい状態に今はあるということです。

人間関係の事故だけは、最小限におさめたいものです。
本日は「かぁ~!」と頭に来た時の簡単な対処法をお伝えいたします。

1.適度なストレスは必要ですが、過度なストレスはよくありません。

ストレスが全くないということはカラダにとってはあまりいいものではありません。

適度なストレスはないといけない訳なのですが、ストレス過多だと糖尿やガンなどの病気の引き金となり、その逆にストレスがなさすぎると免疫性疾患(関節リュウマチやバセドウ病などにかかりやすい)と言われてます。

今問題なのが、先が見えない精神的な不安に、経済的な不安が襲いかかり、外出制限によって活動範囲や運動量が減り、多くの人に見えないストレスが必要以上にかかっている事でしょう。

手前みそながら、私のようにストレスがかかりすぎると勝手に睡眠を多く取って自分自身が解消するようならいいのですが、眠りたくても眠れないような経営者は多く、そしてこれから増える傾向にあります。

少しでも私の知識や経験がきっかけになればとおもっております。

2.アンガーマネージメントというものもありますけど

怒りをコントロールする手法ですが、わかっていてもなかなか感情が先だって難しいものです。

詳しくわからずに述べるのも失礼となるので、こういう対処法があるということのみお伝えさせて頂きます。

(参考)日本アンガ-マネージメント協会

3.簡単なのは深呼吸です

私がよく実践するのは、深呼吸です。

しかし実践すると言ってもできてない時が半分以上なのですが・・・効果はありますのでお伝えさせて頂きます。

頭にくるとアップセットと言って呼吸が浅くなります。
口論などがいい例なのですが、あのまくし立てて話す行為がそうです。

想像してもらえればわかりますが、早口になり呼吸は上ずるので、その逆の行為をする(呼吸を深く、ゆっくり話す)ことで気持ちは徐々に静まっていきます。

世の中、今までの無い状況に入ってきました。

どうか落ち着いてと言っても、そうならない時もある多々あります。
呼吸を深く、さらにより深くすることで気持ちも変わっていくはずです。

気持ちを前向きに目線は斜め45度上へ、そしてゆっくり深呼吸すれば心もカラダも少しずつ変わってきます~ぜひ、実践していきましょう。

コメントは受け付けていません。