非常事態宣言で気おつけるべきことは

昨日、ついにというか、首都圏を中心に非常事態宣言が宣告されました。

詳しくはニュース等で報道されてますので、その内容については割愛させていただきます。

小池都知事も言ってましたが「ステイ・ホーム」。
活動範囲が制限されれば、運動不足や体内時計が乱れたりなど気おつけなければならないことがいくつかあります。

健康の3要素である運動・栄養・休養をバランスよく保って行く為にも、これからの一ヶ月近くで気おつけるべきことをサクッとお伝えします。

1.スポーツクラブも多分にもれず臨時休館です

私の前職であり全国に230回所のスポーツクラブを展開してるセントラルスポーツもやはり臨時休館です。

日本は欧米に比べいまだにスポーツクラブの参加率は低いと言われながらも、生活習慣の一部となっている人も多くいらっしゃいます。

その方たちの生活スタイルがこれから崩れる可能性が大きい訳で、散歩やジョギングは近所でできてもプールやマシントレーニングはできません。

それをどう補っていくのか?が大きな課題となってきます。

2.運動することによる本当のメリット

運動する目的で多いのが「運動不足で太るのがイヤだ」「医者に運動するように勧められた」などがあげられます。

ダイエット目的の運動はなかなか長続きしません。

今日まで、スポーツクラブに定期的に通われている人の多くは生活習慣の一部になっているのであり、ある程度はカラダを動かすことでストレス発散効果もあれば運動することの爽快感などもわかっているのです。

それが、ある意味一日のルーティンがなくなってしまうものならどうでしょうか?

逆にストレスは増え続けることが予想されます。

そのストレスのはけ口が健全ならいいのですが、酒・タバコや暴飲暴食などいわゆる不健康の引き金となるような行為は避けたいものです。

そこでおススメしたのがズバリ「朝の散歩」です。

今の時期、暑くもなく寒くもなく過ごしやすい季節です。
神経質になって外へでることを必要以上に警戒する方もいらっしゃいますが、一日1時間も歩かなくてもいいのです。

これもズバリ15分~30分程度で充分です。

身体が目覚め、脳の働きが活性化し、セロトニンという幸せホルモンの分泌も促し良いこと3倍。

まずは身近のできることから始めてみては如何ですか。

コメントは受け付けていません。