静かなブーム「日本酒」

ブームと言えば、かならず波がきて
そして消えてしまう

注目はされ、そしてやがて飽きられる

上がった株はいつかは下がるではないですが
この静かなブームはぜひ継続してもらいたいです

国酒=日本酒

地酒維新

獺祭(だっさい)に代表されるように
日本酒そして山口の地酒が注目されてます

嬉しいことです

しかし、蔵の人達に話を聞くと
皆手放しでは喜んでおられません

それは、以前に日本酒ブームがあり、
それが過ぎ去り辛い時代があったからだ
そうです

そして歴史は繰り返すではありませんが、
また同じようなことを繰り返すのは
蔵の誰もが、そして自身ものぞんでません

しかしながら今は日本酒ブーム
この流れに乗ろうと
ツアーやイベントが催されます

悪いことではありませんが、ブームという
一過性のもので終わりたくない思いは
先ほど述べたように
蔵の方たちと自身の思いは一緒です

しかしそもそも
何故?自分は日本酒が好きか?

もちろん自分が好きなのは
日本酒でもありますが、もう一つは
「酒蔵のつくり・雰囲気」です

蔵

決してお酒が強い訳でもなく
そして詳しい訳でもありません

ですが、高校生の時
地元の酒蔵でアルバイトをした時
酒蔵の魅力に魅せられました

もちろん、高校生だから
お酒を飲むわけでなく

あの静かな蔵の奥の扉が開き、
朝日が差し込んできた瞬間の光景

自分たちの住む錦町にこんな素晴らしい
場所があるのか?

まさしく「ここは何処?」のような
世界に舞い込んだ光景でした

自分の中では酒蔵は立派な文化遺産の
ようなものです

ぜひぜひ
日本酒+蔵
そして杜氏の蔵人の想いを伝えたい
と強く思っています

最近は
グリーンツーリズムや体験観光
様々な地域資源をつかったものが
あります

これらには、なかなか自身の気持ちが
乗りませんが、しかしこと酒蔵になれば

高校生時代の酒屋のバイトに始まり
その造り酒屋に見せられ
そしてまたUターンで戻り
日本酒と関わる機会が訪れました

自身は日本酒のそして蔵の魅力発信に関われたら
本望かもしれません

お酒の魅力は飲んでうんちくを語る場ではなく
人生があり、ドラマのような匂いがあり

居酒屋

とっても、その魅力はブログでは
書きつくせませんが

静かな日本酒ブームだけに
細く長くでも続いてもらい訳です

そして、微力でもその魅力発信の
お手伝いができるようなことが自身の

もしかしたら
仕事⇒「志事」

志す事になるのかもしれませんね

(ウンチクぽく長い文になってスミマセン・・が
 最後まで読んで頂きホントありがとうございます)

すぎだま

コメントは受け付けていません。