金雀(きんすずめ)の海外展開ラベル

村岡県知事の海外に地酒を売り込むトップセールスに併せて、デザインされたのがこのラベルである。

質実剛健というよりは質実合健というような「切れがあり、そしてコクがある」をイメージしたような、かなり気に入ったものとなっている。
堀江酒場の13代杜氏は酒造りのセンスもさることながら、デザインセンスもかなりいけている。

金雀新瓶

 


コメントは受け付けていません。