金雀のライバル酒(岩国市内)

山口県内のお酒を一同に飲む機会「山口新酒の祭典」や東京で行われる「山口地酒維新」など何回か参加したことがある

その時に必ず心掛けているのが、試飲や利き酒をしながら、金雀のライバルとなるお酒は?と自身の舌と鼻で確かめるのである

そしてこのたびは県内というよりは岩国市内の中で「おぉ~、これは!?」と思う酒をご紹介したい

まずをもって挙げられるのが八百新酒造の「雁木(がんぎ)」
水際に命生まれるのうたい文句で、モダンな外観の蔵で仕込まれる清酒はスッと透き通るような、そして飲み当りがしっかりとしたつくりである

こと岩国、そして県内のお酒の代表格は獺祭(だっさい)だが、とくに首都圏ではこちら雁木を押すファンも多い

かくなる私も1ファンの一人だが、無濾過製法で作られる透き通った、そして重すぎず軽すぎずのいい塩梅の銘酒であることは飲むたびに感じさせられる

ライバル酒1

コメントは受け付けていません。