酒蔵探訪その2(村重酒造)

第一回目の酒井酒造(8月8日分)に続き
第二回目は自身も懇意にさせて
頂いてるT本部長の「村重酒造」です

20150319_143951

前回より大分空いてしまいましたので
何故、この酒蔵探訪を書くのか?を
少し

岩国五つの蔵のお酒を当館で提供するにあたり
「甘口か辛口か?」「米の磨きが○○で」「酸度が○」
というだけでなく

酒と酒蔵、そして蔵人の心を伝え
そして飲んで頂きたいという想いからのスタートです

さて、今回の村重酒造
以前からの「金冠黒松」と
そして新たなブランド「日下無双」の
Wブランドを展開してます

そして水にもこだわり
2つの成分の違う井戸を保有してます

20150319_141121

とここまでは村重さんのHPに書いて
ありますね

では本題

いきなり質問ですが
みなさんは「日本酒、好きですか?」

如何でしょうか?

T本部長曰く
「日本人に日本酒はちょっと・・・」と
言われるのが一番つらいそうです

つまり
フランス人がワインは苦手といっているような
ものと同質です

この言葉に、自分らの日本酒に関わる
ミッションのような気づきが得られました

特に若い人は日本酒を飲まない・・・
この世代にどのように日本酒の魅力を伝えるか?

さっそく村重酒造さんは工夫されてました

村重木枡

村重化粧箱

お酒で勝負しないで変化球だなぁ~といわれること
なかれ

ここの酒造り、輝かしい実績は五橋に譲れども
輝ける杜氏(とうじ)日下信次氏の存在感は
会えば肌で感じることができます

また、彼の造るお酒はANAの国内線で
山口県を代表するお酒として獺祭や貴、五橋や
東洋美人、山猿や長陽福娘
そして我が金雀を差し置いて紹介されたのは

何を隠そう村重酒造
「日下無双(ひのしたむそう)」です

日の下無双

あの存在感ある日下杜氏がつくるお酒
天下に二つとない無類の銘酒

ずっしりとお酒も又存在感があるだけに
ロックがおススメ!!です

ホントこの村重酒造さん
自社で酒祭りを催したり、日本一(世界一)の
大杉玉があったりと「来てもらう為の蔵造り」に
ここの蔵の努力が見えます

20150319_140244

それもこれもT本部長の
「日本人が日本酒はちょっと×××」という言葉を
無くしたい思いからでしょう

日本酒は焼酎やビールと違って
国酒と呼ばれるが故に

日本人はもとより
まず地域の人に愛してもらいたい
その輪を広げられている蔵でした

(やっぱり日本酒になると熱くなり
 書き足りませんね~ )

コメントは受け付けていません。