講和「わが社の目指す健康経営」 

一昨日、下関市中央倫理法人会で講和の機会を頂きました。

年内最後のモーニングセミナーでもあり、また県内でも数多くの歴史の転換期となった場所・下関での講和となり気合も入りました。

内容は、いつもと同じ健康経営ですが、優良法人の認定を受けることがゴールではなく健康な職場の雰囲気が、会社の数値を変化させていくことをお伝えさせて頂きました。

1.前職時代に見た従業員が辞めていく本当の理由

健康・人間関係・経済(お金)が人の悩みのベスト3ですが、以前の職場の退職理由のダントツ1位は「人間関係」でした。

退職届には一身上の都合によりとありますが、その8割は実は人間関係であり、見えない理由のダントツだったのです。

そんな意味でも、社内のコミュニケーションをいかに良好にするか?が健康経営の肝になると考えます。

人が辞めない為にも、人間関係・コミュニケーションは大事になってくるのです。

2.優良法人の数が増えれば、健全な会社は増えるのでしょうか?

健康経営の一つのゴールは、財務諸表の健全化にあります。

会社の売上や利益を上げるには、厳しくノルマを課せたりで上げることもできるのでしょうが、それだとメンタルが折れます。

何故、今健康経営なのか?といえばこれは深刻な人手不足です。


一人が一人分の活躍ではなく、1.2倍、1.5倍できれば2倍の生産性を上げることができれば、従業員が10人から8人に減っても生産性は下がらないこととなります。

〇10人×1人前 =10人分の生産性
〇9人×1.2人前 =11人分の生産性
〇8人×1.5人前 =12人分の生産性

人数が減っても、一人一人が一人前以上の活躍をしてくれれば、人手不足は補えることとなります。

しかしその一方で朝食を摂らない、睡眠不足、風邪をひきやすいなど生活習慣からくるコンディションの悪さは、生産性を下げてしまいます。

そしてさらに、職場の雰囲気が重っ苦しく、どこかで誰かが人の陰口を言っているような陰湿な職場なら間違いなく各々のパフォーマンスは落ちてしまいます。

〇10人×0.9人前 =9人分の生産性
〇10人×0.8人前 =8人分の生産性

生産性が下がる原因としては、今の健康経営で言っている生活習慣の乱れ(食事や運動不足からくる場合)もありますが、その一方で職場の雰囲気、コミュニケーションの気薄さが生産性を下げる場合もあります。

3.本当に配慮しなければいけないのは、カラダの健康以上に心の健康

間違いありません。

HbA1CやɤGDPやコレステロール値など健康診断の数値も大事でしょうが、目に見えない数値化できないモノ、いわゆる職場の雰囲気は大事です。

 例えば「元気 やる気、活気」に満ちた職場であれば、間違いなく生産性は上がるでしょう。

4.目に見えるカラダの健康と目に見えない心の健康、どちらが先か?

目に見えない数値化できない職場の雰囲気を改善できれば、生産性は上がり、そして目に見える部分である売上や利益が上がることで財務諸表の健全化へ繋がります。

しかし優良法人認定を先に取ったからといって、また従業員に検診を受けさせたり、運動の機会を与えたりして目に見える部分を整えれば、目に見えない数値化できない職場の雰囲気は改善できるかどうか?といえばできないとは言わないまでも難しいと言えます。

まずは、目に見えない部分(心の健康)への配慮があって、次に目に見える部分となります。

例えば旅行するにも、ハワイと沖縄同時に両方へ行けないように、まずはどちらか先(国内旅行が先でその後海外へ)となるわけです。

5.では、目に見えない部分の改善をする為には?

ミラー現象が分かりやすいです。
鏡の自分は、自分が笑わない限りは鏡に映った自分は笑いません。

人間にはミラーニューロンという細胞があり、赤ちゃんがほほ笑むのも親が笑うからそれに赤ちゃんのミラーニューロンが反応しほほ笑むという訳です。

つまり、職場を雰囲気をよくするにはトップが、リーダーが明るく、元気とやる気で満ちていないと従業員は明るく活気に満ちてこないという訳です。

ウソでもいいのです。最初は「つくり笑顔や空(から)元気」で充分なのです。

6.上がり目と下がり目

これは、私が尊敬する方から教えてもらった言葉です。

この方は、23歳の時からコンサルとしていろんな社長と交わってこられ、経営者には2つのタイプがあるという結論に至ったそうです。(彼は私より1つ下なので、今現在は54歳です)

まず1つ目は、一時凄くっても、その後ダメになった社長を「下がり目」と定義します。

その一方、今は未だ全然だけど徐々にだんだんと、もしくは何かのキッカケでグゥーと上がっていく社長を「上がり目」と呼びます。

つまり、この2つのタイプに分かれるそうです。

そしてそのキーワードは「永続的であるか?どうか?」です。

もっと言うと軸が「今」の下がり目社長は、今どうであるか?今どう見られているか?におもきがあり、すぐ実を取ろうとするそうです。

しかし
軸が「未来」の上がり目社長は、目に見えないところに価値を置き、根っこを張ることにおもきがおかれるから、今どう見られてようが関係ないということなのです。

7.目に見えない心の勉強をする経営者の集まり

それが倫理法人会です。

手前みそのようですが、ホントのことです。

例えばセミナーでも、集客の仕方 売り上げの上げ方、管理会計とは?などほぼ「やり方」ばかり。

一方、そのやり方に対し在り方、つまり心の在り方、気持ちの持ち方を学ぶ会は私の知る限り宗教か倫理法人会しかありません。

なぜなら、どんな立派な家も基礎の弱い場所では立ちません。

同じようにウニ・ホタテ・イクラなど具が素晴らしい海鮮ラーメンもダシが利いてなければ美味しくないように健康経営もまたしかりです。

それは、 優良法人をとった会社が素晴らしのでなく、従業員の心に配慮し、トップ自らの心の在り方を学び、心の健康経営(目に見えない根っこに水をやり育てる)こそがまず大きな土台になることは間違いありません。

倫理で言う「喜働(きどう)」、喜んで働くことこそが健康経営には大切な訳です。
その為には、トップがどんな時でも「作り笑いとカラ元気」で職場の雰囲気を創っていくべきです。

倫理法人会の素晴らしい諸先輩方に囲まれて


コメントは受け付けていません。