誰の為に 誰の為の錦パレスなのか?

男子バレー 準決勝
進出ならず

確かに強くなりましたが

まだ世界との壁が
あるようです

ヤフーニュースより

本日もオリンピック・ネタ
スポーツや健康、温泉など

どうしても深入りして
しまいます

従業員から

「何で勝てないんですか
ねぇ~」

この答えはわかりませんが
私なりの推測というか

女子のソフトボールと
対比して考えるのです

日本VSアメリカ

選手の体格など比べれば
力の差は否めません

ですが13年前も
そして今回もアメリカに
勝っています

東京新聞より

運だけではない
勝負の裏側

ハッキリしてるのが
メンタル・トレーニング

この効果が大きいのです

ただ、このメンタルは
ガッツや根性などという

そんな精神的なものでなく

「金メダルが目標」は
選手誰もなわけですが

何故、金メダルが欲しいか?
には明確な目的が必要です

彼女の目標
オリンピックで金メダル

彼女の目的
金メダルを目指し頑張ってる
子供たちに夢を与えること

この目標と目的
言葉と行動が一致したのが

あのNo1ポーズなわけです

上野投手は言ってます

「金メダルをとれば日本中が
感動に包まれる」

「サポートしてくれた人へ
恩返しができる」

「そう思うとワクワク感が
とまらなかった」

金メダルの
プレッシャーどころか

ワクワク感

これがまさにオリンピックを
楽しむことと言えるでしょう

では、当館も誰の為に?と
聞かれれば

静かな場所で自分と
向き合いたい人

そう答えます

目的は心とカラダの
お休み処として

保養と言えば一番最初に
当館の名前が浮かぶこと

これが目標です

では目的は?と言えば

旅することで自分と向き合い
新たな何かに気づいてもらう

おいしい料理や温泉
静かな環境や
目の前の清流

遊覧電車や広島から高速に
乗らずに来れるアクセス

これらはすべて
目標達成の為の
当館の資源であり

目的達成は我々スタッフに
かかっています

自分がかつて群馬県の
万座温泉で受けた

あの宿(湯の花旅館)の
おもてなしのように

飾らず自然体で
お客さんの時間を邪魔しない

心地よい距離感を創り
一泊、そして二泊することで

何かの気づきが得られ
明日への糧となるよう

自分でも泊まってみたい
温泉ホテル

そんな宿に日一日と
近づいてます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です