読書の秋~スタンド・バイ・ユー

ようやく、ようやく読破できました!

526ページにも及ぶ日本で初めての
便利屋を立ち上げた実話の題名は

スタンド・バイ・ユー

タコ坊

映画でスタンド・バイ・ミーとありましたが、
その内容と同じように、便利屋4人組みが人生の
裏舞台のような仕事を何度も何度も引き受け
そして様々な人間模様を見たり感じたりする訳です

たとえば
今朝もニュースを見れば、辛い事件ばかり

でももし
「この本のような便利屋さんがあれば、辛い
ニュースはおこらなかっただろうなぁ~」と
感じてしまう・・・

それぐらい危ない橋を渡りつづけ、「法に
触れない事であれば何でもやる」という
ポリシーを持つ4人の物語でした

さて
内容以上に読み終えた感想はというと

この便利屋3号こと岡根芳樹さんは
自身と同じ50歳

岡根さん福岡_n

しかし
圧倒的に波乱万丈な人生、そしてどん底時代も
ネタにするアドリブ力と人間力

あきらかに自分は平凡すぎる人生だったと
感じてしまう

そんな気持ちになったのが読み終えた感想
でした

言いかえれば
危ない橋を渡らず、無難な道を選択してきた
ということかもしれません

多分
筆者の岡根さんは

「失敗上等!! 一度だけの自分の
人生、最高におもしろく生きてみないか?」
そんなメッセージが伝わります

この本をプレゼントしてくれた
自身に最も影響力を与えてくれる方も言って
ました

「恥をかくのも、また能力だ」

奇しくも2人のメッセージが、少しずつながら、
今の自分の何かを変えてくれてます

さぁ~
今年度もあと数日で後半戦です

ドラマチックに生きてみたくなってきました

やっぱり読書の秋
この時期だからこそ、本は何かを与えて
くれるようですネ!

コメントは受け付けていません。