話すという事

昨日、年一回の安全運転管理者講習が
ありました

交通安全についての話が朝から夕方まで
いっくら法律で義務付けられているとは
いえ、ほんと長っ!

話方

例えば、私も好きな「カラオケ」
好きな曲を歌ったり、聞いたりなら
まだしも

聞きたくない曲を1時間も2時間も
聞くのはある意味地獄です

さて

昨日もいろんな人が話されましたが、一人だけ
人を引き付ける話し方をされた方がいました

その人と他の人は何が違ったのでしょうか

確かに他の方は、交通や道交法の話
引き付ける話し方の人はコミュニケーション

テーマも違いました

しかし
引き付ける話し方の講師は言われました

「まず、声のトーン」

「そして、語尾を伸ばさない」

「最後に間」

なるほど
キンキンするような喋り方は
ストレスになります

また、「わかりました~」
とか投げすれてるような喋りはNG

そして

間のない人は「間抜け」
うぅ~ん 確かに!!です

会議談笑

そして話すことは伝えること

うまい人の話し方とそうでない
人の話し方

何が違うか?と考えながら
聞いているとわかりました

うまい方は「間」を使いながら
語尾で様々な人に目線を合わせながら
会場の雰囲気を感じとって話してます

しかしその一方
うまくない人は、スライドを見ながら
参加者の方は全くみず喋りまくる

また、ある方は自分の話したいことを
一方的に話し続ける

TVでも双方向の時代
話す事も相互に感じながら話さないと!
ですね

丸一日の長丁場の講習会

話し方のツボとコツを
つかめました ^^!)

コメントは受け付けていません。