記録することの大切さ

昨日、知り合いで
整理収納カウンセラー

飯田久恵さんの話を
伺いました

日本ではじめて整理収納で
商標を取られ

まさにその業界の
パイオニアです

整理収納ができてない
私が語るよりは

飯田さんの本を読まれた方が
いいようですが

健康維持・増進

そして
メンタルトレーニングにも

共通する大事な事を
話されていましたので

振り返りと備忘録とし
お伝えします

1.整理は捨てる事 収納は家具

整理整頓はご存じでしょうが

整理:いらないモノを捨てる

整頓:あるべき場所に戻す

飯田さんがいわれるのは
整理はいらないモノを捨てる

ここは変わりませんけど

収納についてはなるべく
少ない工数にする

そしてこの度の
新たな気づきは「家具」

縦、横、奥行きをきちんと
満たすものを選らぶ

値段よりも様々な書類を
収納できることが大事です

2.収納指数=歩数×アクション数

ここがある意味
飯田式収納メソッドの真骨頂

感覚ではなく数字で見える化

そして

その場しのぎの
収納術ではなく

生活習慣になじむ収納メソッド
それを確立するための指数化

話を聞いていて

これってダイエットと
同じ‼と感じました

3.整理収納≒ダイエット

まぁ~ちょっと乱暴なような
飯田さんに怒られそうですが

でも私は似てるように
感じるのです

例えば

【整理】
体の代謝を上げ余分な
モノをため込まない

【収納指数】
体重計で自身の体重を
記録し目標体重と比べる

4.記録することの大切さ

ダイエットの王道は
摂取㌍ < 消費㌍

基本中の基本ですけど
日々の変化を記録する

いわゆるレコーディングです

地味~なようでも
これが確実

コツコツ積み上げてこそ
成果につながるのです

そしてレコーディングと言えば
このブログもそうです

ブログ=WEB+LOG
(ウェブ上の記録です)

YouTubeのような動画が
スポットを浴びる中

このような文字での
情報発信は地味~です

ですが収納やダイエットと
同様です

コツコツと少しずつなのです

その積み上げがやがて大きな
成果となる

流行りすたりではなく
地味~にコツコツ

これからも続けますが
その前に自身の机の整理収納

こちらが今は大事なようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。