「補助金」 いいのか?それとも悪いのか?

政治の世界では、また献金、補助金の問題が
起きているようです

お金

TVをほとんど見ないので、ニュースについて
もしかしたら、このブログを
読まれている方の方が、詳しいかもですね

さて、そんな政治の世界ではありませんが、
我々のこの度の未利用資源活用型モニターは、
県より補助金を受けての実施となります

毎回、県の担当者がこられるわけですが、
昨日はこの補助金をめぐって意見が食い違い
ました

一晩あけた今日も、何となくスッキリせず、
お互いの立場が違うから、見解も違って
当然だと思いますが、モヤモヤ状態

補助金についての良しあしは、いろいろと
言われてますし、また聞いてきました

この度の件でわかったことは、
自分は、補助金を受けることについて、
賛成ではない方でしたが、昨日の事で
改めて「受けるべきではないな」と
いう認識 再認識ができました

誤解のないように言えば、補助金が
良い、悪いというのではなく
県の方の補助金の認識と
自分の認識にあまりにも隔たりが
あったということです

ここまで、読まれた方は「何が
何なんだ」と思われるでしょう

思いのすべてを語れば、ブログの
粋をこえてしまうので、このあたりに
しておきますが、

しかしながら一晩あけて思うのは

「県が求めるものと自分たちが
目指すもの」

この互いの成果に向け、事業を
進めなければいけないという
この一点は、ぶれてはいけない
ということです

ここに、もう一度気持ちを
合わせたいと思います

山あり谷あり続きです

しかし来年度の山口県の
未利用資源活用型モニターツアーで
その成果を、私吉本は出しますので!

コメントは受け付けていません。