蛍(ホタル)を見るのにおススメの時間帯は何時頃でしょうか?

ホタル観賞も残すところあと5日。

今年は例年より早く飛びはじめ6月6日から始まった観賞会も昨日は今シーズン一番の見頃だったようです。

私も最近は、ホタル観賞に皆様をお連れすることはめっきり無くなり、もっぱら留守番のみです。

あまりにもお客さんが「よかったわょ~!!」「凄かったんだから」などのお声を聞き、私も仕事を終わって見に行きました。

さていかに?

1.お勧めの時間帯は20時40分~21時10分頃

やはり夜の10時(22時頃)では、少なかったように思います。


私の最盛期の蛍の群舞している様子は山の渓谷一面にイルミネーションを灯したようだったのを記憶してます。

今まで何度もホタル観賞にご案内して、一番見頃な時間帯は、20時40分~21時10分頃のようです。

もちろん、蛍の数を数えてではありませんが、上記の時間帯が一番多多かったようです。

一般的には20時~21時の時間帯が一番の見頃で、その後は23時頃と言われてます。

しかし、20時10分、15分頃だと、こちらの方は未だ空がうっすら明るさが残っている場合もあります。

飛んでいるホタルの数は変わらなくても見る時間が遅くなれば暗くなることでよりハッキリと蛍の明かりも見えるようです。

2.時期的にはやはり6月中旬頃が見頃でしょう。

当館のホタル観賞会は、3つ(錦川・宇佐川・桜木川)の河川の中で一番の見頃の場所へバスでご案内します。

以前は山口県で一番長い「錦川」に何カ所かホタルのベスト・ポイントがありました。

しかし、ダムの建設により鑑賞スポットも減ってしまい残念な限りはあります。

錦川は河川にダムが3つ、そして建設中が1つあり、他の河川より水温が高いようで一番早くホタル観賞をすることができます。

宇佐川の蛍が6月の中旬ですので、初旬が見頃の錦川であまり見れなくなった分、6月15日~20日あたりが例年の見頃時期となります。

3.蛍はいつ頃までみれるのでしょか?

数にこだわらなければ6月末まで、もしくは7月に入っても見ることはできます。

7月過ぎれば、源氏ボタルに変わって平家ボタルや姫ボタルなど田んぼの用水路や草むら当たりで見れます。

しかしながら、光の強さや数では、源氏ボタルに比べ圧倒的に平家ボタルや姫ボタルは劣ってしまいます。

例年6月の25日~26日まで充分な数の蛍を見ることができますが、それ以降は日に日に減っていくのが見てとれます。

やはり初夏の風物詩、静かなホタルの光を見ているとコロナ騒動で翻弄された数カ月前の慌ただしさを一瞬ながらも忘れさせてくれます。

コメントは受け付けていません。