薬は飲んでも依存するな!

厳しい言い方ですが持論です。

私と近しい関係にある人で1日6種類以上の薬を飲んでいるのを見てるとついつい口を出してしまいます。

生まれてから一度も薬を口にしたことがない人はいないハズです。

薬と生活とは切れない関係にあることはわかります。

ですが、ですが薬は飲むな!と言いたいところなのです。本音は
しかしながら飲んでも常用するな!と声を大にして言いたいです。

1.薬はリスク、多かれ少なかれ副作用があります。

以前にもお伝えしましたが、薬をカタカナで書いてクスリと読めますが、クスリを右から(逆から)読めばリスクと読めます。

つまり薬の服用で症状の緩和もできますが、同じように副作用もつきものです。

2.最後の手段として薬はありでしょう。

我々健康運動指導士では「一に運動、二に食事、必ず禁煙、最後に薬」と言っています。

生活習慣病予防では、運動、食事が大事だということです。

しかし
3大死因でもある悪性新生物(ガン)、脳卒中、心筋梗塞は生活習慣病の延長線上にあるのです。

○適度な運動・・・一日20分以上

○バランスの良い食事・・・一日30品目 糖質:脂質:タンパク質は4:3:3で!

ここを押さえておけば、病院の世話になったり何袋もの薬を処方されたりはないはずです。

3.薬や保険、日本人は好きな人が多いです

薬と保険、共通するものは得られる「安心」です。

子供の頃からの教育がそうさせるのか?どうか? とにかく日本人は好きなようです。

そう言う私も日本人なのですが、確かに急性期(激しい痛みなど)の症状には薬は必要でしょう。

しかし
普段と変わらないカラダの状態で常用することはお勧めできません。

薬が必要となってしまったのは、くどいようですけど今までの生活習慣(運動習慣や食習慣)がそうさせたのであって、そこを改善する必要があるのです。

臭いものにふたをするのでなく、臭いにおいは元から立たなければダメというCMもかなり昔にありましたが同じようなことです。

そして強い薬ほど依存が強くなりやすいので気を付けたいものです。

「一に運動、二に食事、必ず禁煙、最後に薬」順番が逆になってませんか?

コメントは受け付けていません。