萩に行ってきました

先日は、広島
今週末は萩

それにしても、移動ってある意味
疲れるものです

このブログで場所ニューロンの
話をしました

移動することで、脳の細胞が
活性化するのです

しかしながら
片道2時間以上の移動となると
活性化以上に疲れが残ります

さらに
渋滞となると・・・

やはり移動は
片道1時間半以内でしょう

さて
今回は萩でのナイトセミナーに参加
後に軽く飲んで深夜1時に就寝

日頃の疲れがどっと出たか
朝の8時まで熟睡しました

もちろん、ホテルは機能性充分
露天風呂もあり
マッサージ機は無料

ロケーションもよく
部屋の広さも充分

広島からの帰りは渋滞に
ハマりましたが、今回はなし

片道2時間かけて帰ってきたら
疲れがさらにドッとでて・・・

場所ニューロンとはどこへやら

やはり感じのは

一泊だと疲れがとれない
ということです

確かに人それぞれだとは思います

しかしどんなに泊った宿が
至れり尽くせりでも

やはり一泊は一泊

場合によっては
宿での滞在時間より

往復の移動時間の方が
上回る場合があります

やはり、この疲れをとるには
2泊は欲しいものです

改めて実体験ながら感じました

「えっ、だって広島で一泊
萩で一泊と2泊したでしょう?」

なるほど
木曜日に広島で一泊
土曜日に萩で一泊の計2泊

しかしそれはあくまで2泊以上の
連続してのことです

もちろん
今回は観光でも保養でも
ありません

しかし泊ることで日頃の疲れが
緩和できると期待しました

しかし結果は
疲れが出ただけで終わり

やっぱり、心とカラダが本当の
休息を得るには

2泊以上が必要と実感しました

我々が目指す宿泊スタイルは
連泊型

飲めや歌えやの
一泊豪遊型より

静かに自分と向きあえる時間が
とれる連泊保養型

本当にカラダと心の疲れを
とるには2泊以上をおススメします





コメントは受け付けていません。