花を見て何を思うか 紅葉を見て何を感じるか

連休の最終日
宿泊も少なく、静かなものです

今年の紅葉は早いだの
遅いだのいろいろと
言われましたが

結局、例年並みでした

その見ごたえあった対岸の
大紅葉

(11月13日 撮影)

今は昨日(11/22)の雨で葉は
全て落ちてしまいました

(11月23日朝撮影)

花の盛りは短いのですが
紅葉も又短いものです

花を見て、紅葉を見て
何を思うか?

以前、70過ぎの社長さんに
言われたことがあります

「桜を見て、綺麗だなぁと
思うのではない」

「この綺麗な桜の木の
下には、どれだけ多くの
根がはりめぐっているか」

「見えるモノから感じるのは
当たり前」

「見えないモノにこそ
思いをはせなさい」

深い言葉でした

まだまだ、綺麗なモノを見て
綺麗だと思うレベルですが
意識はしてます

例えば当館へ来られる
お客さん

この日を楽しみに
時間を調整し

相手との都合も合せ

ようやく気に入った
宿を見つけ

電車の時間を調べ
駅に電話をしたりなど

時間をかけ
さらに、お金をかけて

我々、宿側にはわからない
状況があるのです

このような事を想像し
そして来館されたことを
思えるようになれば

一期一会の意味も
深まってきます

「想像は生きることを
豊かにする」

アインシュタインの言葉です

人間に与えられた
最大の英知とも聞きます

(そうでなければ、過去の経験で
将来を判断してしまいます)

見えるモノから
見えないモノを想像する

自然を見てのごくたまにやる
私のトレーニングですけど

やってはいても運動と違い
目に見える成果は難しいです

しなしがら
モノを見て、見えない部分を
慮(おもんばか)る

人を見て何を思うか

合うか合わないか

好きか嫌いか
良いか悪いか

今まで、そして今でも人を
目に映る情報だけで
決めていたように思います

先々月の飲み会時のことでした

大事な会話中に寝入る
友人N

5年前の自分では
許せなかった
このシーン

しかし今、思えるのは
「疲れてるんだなぁ~」

「前日は朝の2時まで
仕事って言ってたなぁ~」

「幹事をやってくれて
ありがとう」と
許せるようになりました

歳を重ねて丸くなったのか?
モノを見て想像力を高める
トレーニングの効果なのか?

少しずつ人を見て
裁かなくなれたのも

自然を見て感じることでの
成果かもしれません

自然も、人も様々な気づきと
そして学びの機会を
与えてくれます

コメントは受け付けていません。