たまり過ぎたストレスを開放してくれる場所 あたなにはありますか?

3月になり、菜の花も咲き
雪の心配もなさそうです

しかし、そこは自然です
何が起こるかわかりません

昨年は暖冬でスキー場は
大変だったようですけど

今シーズンは
賑わったでしょう

私も久しくスキーなど
行っておらず

行きたい願望があったのか?
たまに滑っている夢を見ます

当時の私にとってスキーは
レジャーという一面と

職場を離れた
そのロケーションは

日頃のストレスをすべて
そこに捨てていける


そんな最高の場所でした

また、上手くなりたいという
思いでスキークラブにも入会

スキー仲間との新たな出会

これもまた
新鮮だったのです


会社以外のもう一つの
気分転換をはかれる場所

その場所がスキー場であり
スキークラブだったのです

会社では部長や課長など
肩書により認められます

会社では平社員だった私

その私がスキークラブでは
一個人として認められる

そのことがとても
嬉しかったのです

今はあの当時よりSNSが発達

様々なフェイスブック
グループに参加できます

しかし、それはあくまで
インターネット上での関係性

同じ釜の飯を食べたような
そんな関係はできにくいです

やはりリアルな対面があって
その人との関係性も深まり

会社以外に所属している感が
生まれるのです

共通の趣味嗜好の人が集まり

さらに共通の目標などあれば
よりイイのでしょうけど

しかしながら

やはり気持ちが休まる

ホッとする居場所や
コミュニティーは

自分の日常
会社以外にも必要です

私自身もサラリーマン時代
人間関係には疲弊しました

そんな時、組織以外に

・居場所がある
・仲間がいる

この2つの選択肢があるだけで
どれだけの息抜きができたか

もし30年前の私のように
人間関係の板挟みで悩み

ストレス過多
息がつまりそうだったりと

そんな重っ苦しい環境に
もしいるのなら

当館ならストレスの解消

できます
やれます
やってみせます

かつて私が苦しんだ時
救われたのが群馬の温泉宿

あのような宿が私が
目指している宿です

自然お湯宿の人
人間関係のストレスを

忘れさせてくれます

当時の自分のような人が
いれば

ぜひ当館を選んでほしい

そして、話を聞いて
みたいのです




   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です