美肌の湯とは、本当に美人になれるのか?

群馬県の温泉パンフレットを頂きました

大分県がおんせん県と
商標登録しましたが

やはり、湯量日本一を誇る
群馬県は温泉の多いところです

数ある名湯中で
美肌の湯、若返りの湯、子宝の湯
など呼ばれるお湯は多いです

それらの中で
よく耳にするのが「美人の湯」

美人の湯とは療養泉10種類中の
下記3つを言ってます

・炭酸水素塩泉(別名:冷の湯)

・硫酸塩泉(別名:脳卒中の湯)

・硫黄泉(湯の花が特徴)

そんな中でも一般的な美人の湯は
重曹泉(炭酸水塩泉)です

そうづ峡温泉も平成8年頃までは
炭酸水素塩泉

いまは、単純弱放射能冷鉱泉です
20年前とは泉質が変わってます

なので以前は「美肌の湯」

そして今はアンチエイジングの
「若返りの湯」です

一般的にはお湯の泉質が
肌の角質を落し

ゆで卵の殻をむいたような
「つるん」とした状態

お風呂上がりはこの効果が
期待できるので
「美人の湯」です

では、美肌の湯はホントに
綺麗になれるのでしょうか?

話は長くなるので結論から言うと
「なれます」

泉質で言えば重曹泉や硫酸塩泉
そして硫黄泉に加え

さらに、私のこだわりが
酸性、アルカリ性を示すPH

理想値はズバリ「9.6」の
強アルカリ性泉質です

(浴場入り口などに掲げてある
成分分析表でわかります)

ここまで書くと、温泉本などに
載っていることと同じなので

県内で唯一人の
温泉利用指導者として
言わせてもらうと

美人の湯、美肌の湯は
温泉の薬効以上に睡眠の質が
上がることが重要となります

睡眠の質を上げるには
温泉が最適である

そのことはスタンフォード式
最高の睡眠で書かれてます 

つまり
泉質だけでなく睡眠の質が上がり
肌にプラスの影響を与えるのです

さらに温泉地に行けば
日没とともに寝入る支度

翌日は日の出とともに
目が覚めると言う

温泉地での規則正しい
生活スタイル

このことが肌をはじめ
カラダの各箇所に
好影響を与えるのです

美肌をつくるには
エステやサプリなどあります

もちろん、それらは良いものです

しかしながら
自然の力である「温泉」も
見落とすことなかれなのです

温泉の泉質に加え
睡眠の質があがり

そして
温泉地での規則正しい生活が
日頃、乱れがちな生活を
本来に戻し肌に好影響を与える

そのことは間違いなく美肌効果を
生むと言えます

日頃の肌のケアに加え

一度、肌のリセットに
温泉地で過ごしてみるのは
如何でしょうか?

もちろん
一泊よりも2泊の方が
効果はありなのです



コメントは受け付けていません。