素晴らしき伝統芸能に触れる

神楽というものをご存知でしょうか?

神楽とは元々、神様に奉納される舞楽の
ことを指す言葉です

子どものころから何度も目にして
その煌びやかな衣装、そして迫力は
誰が見ても満足のいくものと言えます

さて

昨日は初めて、ホントはじめて
地元神楽団の練習現場にお邪魔しました

神楽殿

練習といっても場所が場所
なんとここは神楽殿
神妙な空気がスゴイです

歴史ある神楽殿

神楽お面

もちろん本番は一着100万~200万とも
いわれる衣装を着てやる訳ですが本日は練習

しかし
舞う場所が場所だけに、何度も見た神楽と違う
凛と張り詰めた雰囲気が創りだされてました

鬼登場

神楽練習シーン

写真では、全然伝わらない
神楽殿で舞う神楽の何とも言えない
迫力

これは、言葉では表現できないぐらい
引きつけられました

素晴らしい伝統芸能
これぞ語り継がれる無形文化財

最近は、イベントや催事で
舞う事の多い神楽

モチロン、その迫力は見るものを
魅了します

しかし、しかし
肌寒い夜に、静かな神楽殿に鳴り響く
笛と太鼓

たとえ衣装をはおらずとも
その雰囲気はイベントや催事での神楽とは
桁違いでした

一緒に参加した女の子も
はじめて見る神楽に大満足

安村会長と神保咲

会長から話を聞く表情も
真剣です

安村会長と神保咲2

実は、この向峠(むかたお)神楽団
安村会長

この方の語り部も素晴らしいというか
笑いを含ませながら人を引き付ける話術は
りっぱな文化財級なのです

それにしても素晴らしい貴重なものを
見せて頂きました

神楽団の皆さん
遅くまでありがとうございました

神楽衣装

(ちなみに彼女が着ている衣装は
1着100万円で、かつ重さ15㌔ですょ)

コメントは受け付けていません。