空家探し

田舎へ定住、IJUターンと耳にしますが、
言うは易し、行うは難しとはこのことかも
しれません

岩国市の担当者の方と、空家を探しに
行きましたが、「う~ん・・」です。

空家1

確かに、アパート探しもしかり、
どこかで妥協しなければいけないのですが
住むとなれば慎重になります

なかには、古民家というには、程遠い
廃墟のようなものも・・・

空家2

もちろん、このような物件は、間違っても
出せないわけで、担当者とあきらめ即次へ

田舎の課題は、働く場所がないことと
いいますが、実はこの住む場所も問題です

人の集まる都市部と違って、エイブルだの
アパマンなどもなくどのように探して良いのか?
ここが最初に突き当たる課題です

おまけに、物件が少なく都市部の生活に
慣れた方が、果たして田舎暮らしになじめるか?
なんとも言えないところです

住めば都とは、言われて久しいのですが
物件以上に、近所づきあいや班だのなんだの

自身も都会から戻ってきて、田舎ならではの
わからないことに遭遇したことも思いだしました

今回は、いろんな物件を見させてもらい、光と影の
ようなものも一寸垣間見た感じです

どの地域の田舎にとっても、この空家と
そして休耕田の問題は必ずあるハズです

田舎に住みたい! 農業をして暮らしてみたい
という方は多いハズです

しかし、まず最初の入口がわかりません
どこに尋ねて言っていいのか?

自身の会社でも、この空家問題を含めた
田舎の課題に5~10年かけて取り組んで
いく所存です

しかしながら、あらためて現実を見て
その厳しさも感じました

でも、でも夢は捨てられません
温泉を中心にした古民家再生プロジェクト
息長く取り組んでいきます

空家探しが宝探しになるよう田舎の可能性を
信じて!

空家4

コメントは受け付けていません。