私の温泉の好きな温泉 そして想い

本日のお題は温泉

日本人は
大の温泉好きです

全国の温泉地は
約3,000箇所

これはあくまで天然温泉

人工温泉(健康ランドなど)を
含めればさらに増えます

これだけ多くの温泉が
あるのは需要があるという事

本日は私の好きな温泉

そして温泉への想いを
お伝えします

1.群馬県万座温泉 

群馬と言えば東の横綱
草津温泉があります

(草津温泉の湯畑)

日本初の国民温泉保養地に
選ばれた四万(しま)温泉も

その他

宝川温泉や老神温泉
法師温泉や水上温泉など

あげればキリがありませんが

私がおススメするのは
万座温泉

そしてその中でも
湯の花旅館さん

以前のブログでも
書いております

ほんとあの時は厳しい時
お世話になっただけに

やはりもう一度行きたい

できれば一ヶ月ぐらいは
滞在したい温泉です

そしてその温泉の効果効能
だけでなく思い出が宿る

苦しかった時だけに

より一層記憶に深く残るのです

2.これからのアフターコロナに必要な温泉

温泉がカラダにいいのは
誰もが知るとところです

そしてコロナ終息が見え始め

生活様式も
変わりつつあります

大きな変化の時には
その反動もあるもので

負の部分はカラダにも
心にも影響を及ぼします

2030年に一番増える病気は

ガン、認知症、糖尿病などを
抜いて

うつ病と言われてます

新しい生活様式のもと
メンタル疾患は増えます

AIに仕事を奪われたり
業種業態変更が行わるなど

社会や環境の変化が続く限り

その影響はメンタルに
及びます

もうこうなると医療や薬では
カバーしきれません

となると温泉は今以上に
注目されるべきでしょう

心もカラダも癒すのは
温泉だからです

3.今ある温泉は残るべき

例えば連日、残業続き

終わらない山積みの仕事を
抱えた時

ふと出る言葉は
「あぁ~温泉にでも行きたい」

心身とも疲労困憊すれば
人は無意識に温泉を求めます

スタンダード2食付プラン

先ほどもお伝えしたように
ますます社会は多様化します

そうなると温泉の需要は
高まるハズです

施設が古いから
お客さんが少ないから

いえいえ、違います

これからは増々温泉が
注目される

注目されなければ
いけない状況にあって

今ある温泉は存続すべき

それがアフターコロナの
メンタルケアには

重要な役割を果たすものと
考えるからです

温泉利用指導者


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。