社長こそリモートワークをするべし

温泉地でテレワーク

モニタープランなので
いろんな声が聴けます

やってみたいという
人が多いながらも

自宅以外での仕事が
認められてる組織は

まだまだ少ないようです

コロナ過で急速に進んだ
テレワーク

導入にはまだまだ壁がある

そんな印象を受けます

もちろんWi-Fi環境が
あることは必須ですが

当館はロビーや館内は
フリーWi-Fiですけど

各部屋には電波が
届きませんん

なので

希望者にはルーターを
貸し出しての対応

「田舎にいてもネット環境が
あるのはいい」

そのようなお声を頂きながら
一方

ご自身次第ですが

・デジタルデトックスもでき
・ネット環境で仕事もできる

この選べるのがいいとも
言われ、なるほど

かっこよく言えば
二刀流です

また
部屋は和室が主体なので
長く仕事をするには不向き

ですがロビーや
さらにこの度から

テーブル席の仕事部屋も
解放

ルーターを貸し出してるので
もちろんアウトドアでも可能

あらゆるところで仕事が
できます

そんな中
社長が社外で仕事をすれば

任せっきりして
圏外の場所にいることで

現場は社長に頼らず自分達で
考えるようになるので

社員の自立を促進できる

そんな声もありました

私自身が考える
ひとつの理想形は

時間に縛られず
自然に自由に考えられる

その為の時間を持って欲しい

これが想いなのです



私の知ってる方ですが
その方は海が好きですが

考え事をする為だけに

箱根の山中にある
高級旅館に泊まります

海が好きなのに
山を選ぶ??

それも一泊7万~8万

最初その話を聞いた時
???でした

でも理由は深く
うなずけます

それは考え事をする為に
泊まるからです

その方いわく

お風呂に入り遠くの
山並みを見ていると

その山が自分に
話しかけてくる

そんな感覚になるそうです

すると

普段では考えつかないような
大きなアイディアが生まれる

だから一泊当たりが
高額であろうとも

そこで生まれるアイディアは
100万、場合によればそれ以上

つまり金額換算できないような
ひらめきが得られる!

そんな話をされていて
私は大きくうなずきました

わかる人にはわかる
そんな話ではないでしょうか

会社の方向性や
今後を決める

さらに従業員の自立も
促せる

いろいろな声を聞いていくと

まさにトップ・リーダーこそ
温泉でテレワークをすべき

この結論に至りました

でないと社内のテレワークや
リモートワーク

従業員を外に出し社内で
社長が管理する形ならば

従業員の生産性が上がって

クリエイティブな
アイディアなんて

まず生まれてくることなんて
ほぼ無いでしょうから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です