疲れないカラダを手に入れる

睡眠が不規則に
なりがちです(私事)

昨日は珍しく夜も寝れず
しばらく起きていました

深い眠りでなければ
疲れも抜けず…

なんとか疲れないカラダを
手に入れたいものです

本日はその理想のカラダを
手に入れる!

これについて自らの実践も
含めお伝えします

1.疲れにもいろいろです

①朝起きての倦怠感
②眼精疲労
③肩こり、腰痛

④対人関係のストレス
⑤虚脱感
⑥食欲不振

これらが疲れの諸症状と
言えます

そして
①~③が肉体的疲労

④~⑥が精神的疲労です

2.原因あっての疲労

疲労の原因はいろいろです

頭にしろカラダにしろ
使い過ぎた結果

その症状や具合が
現れます

また休養の代表でもある
睡眠

特にこの質が悪いと
疲れが朝までもちこす

つまり寝ている間に
修復されず朝を迎える

睡眠の質を上げることに
意識を傾けましょう

3.新事実 疲れは頭でつくり出される

自律神経には
2つあります

交感神経(活動時)
副交感神経(リラックス)

このONとOFFが上手く切り
替わる必要は以前触れました

この度の新事実として
お伝えしたいこと

それは

頭(大脳)で考えたことが
疲れとして感じさせます

例えば疲れを知らない子供

遊ぶ時、いちいち大脳で
考えて(有意識)遊ぶのでなく

子供が遊ぶのは、理由なく
面白いから遊び続けます

つまり無意識状態です

4.頭を騙せ 何でも面白い(^^♪

翌日の仕事のことを考え
セーブして遊ぶ大人より

無意識で遊ぶ子供の方が
疲れないのです

ということは

どんなことでも興味を持って
面白い!そう思うことで

子供のように疲れ知らずに
なれるのです

「面白い」はある意味
最強です

5.「やらなければ」は反作用がきます

仕事をやらなければ…

締め切りに
間に合わせなければ

責任と義務が生じると
ストレスを感じます

疲れを知らないカラダを
つくるには

「よし、やろう!」が正解

「面白いから、やっちゃえ」
どこかのCMですがOKです

疲れないカラダを
つくるには

頭を騙(だま)すことから
始めてみましょう



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です