異業種交流会で本当の人脈ができないその理由とは

先々週の金曜日、下関で交流会がありました。

主催者からすると盛り上がって交流が盛んだったとの感想です。

私も久々に参加させて頂き、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

数々の名刺交換をして、後日お礼のメールが来たりしました。

しかし
ほとんどここで終わりで、なかなかこれより先には発展しません。

様々な異業種交流会があり、私も数々の会に参加させて頂きましたが、なぜ人脈といえるほどの関係性に発展しないのでしょうか?

1.参加しているのは着飾った普段と違う人達が多数

すべての人がそうとは言いませんが、8割以上はそうです。

名刺には会社名や住所と電話(裏にはアルファベットで表記など見かけます。)

相手の話を聞く前に、自分のことを話しはじめる場合が多々。

普段とは違った着飾った(自分を良く見せよう)人が多いのは事実です。

2.損得で相手を見る、選ぶ人

たまに異業種交流会では「保険の営業やネットワークビジネス、宗教関連の勧誘をされる方はお断りします」とあります。

自分のビジネスにつなげようと、手当たり次第に名刺を配る人、あきらかに事前に準備していたと思われるような資料を出す人、さらに話をしていても「次に誰にあたろうか」と目線が他人に向いてる人などがそうです。

会社を見て人を選んだり、自分に都合のいい人脈を求めているひとは、どの会場にも少なからずいらっしゃいます。

3.お約束の名詞交換後のメール

名詞交換をし、その後メールが来ます。

「先日はありがとうございました。出会いに感謝ます。これからもどうぞ宜しくお願い致します。」

年賀状でもそうですが、ごくごく当たり前の文面です。
ほんとにそう思っているのか?どうか?

社交辞令的に送ってくるメールが多いのは事実。
そしてほとんどここで止まります。

4.オンラインからオフラインへ

最近はSNSが盛んになり、SNSで繋がっていて、そしてオフ会などで実際に会う場合の関係性は、ただ単に名刺交換しただけの場合よりは強くなります。

オンライン(SNS上で友達)⇒オフライン(交流会やオフ会で会って名刺交換)⇒さらにオフライン(できればハガキ)が効果的です。

ただ、ここまでやっても本当の人脈ができるかどうか?はわかりませんが、見ず知らずの人と名刺交換をし、フェイスブックで友達申請をし、そしてお礼のメッセンジャーよりは濃いつながりになるでしょう。

5.本当の人脈とは苦楽をともにしてこそ可能

高杉晋作曰く「人は艱難はともにできても、富貴はともにできず」と。
つまり、苦しいことは共有できても、富や財産などは共有できないと言ってます。

名詞交換をしてメールを送ってのごく平凡なやりとりでなく、同じ釜の飯を食って苦楽をともにしてこそ、本当の人脈は形成されていくのです。

大学時代の部活仲間が社会人になっても交友が続いたりするのは、苦楽をともにしたからなのです。

6.ほんとうの人脈形成ができる異業種交流会があります。

令和2年3月28日(土)~29日(日)の一泊2日。

当館で会社のトップである社長や組織のリーダーたちが、本気でトレーニングして本音で交わる異業種交流会があります。

組織のリーダーたるもの、カラダが資本。
健全なる精神は健全なる肉体があってこそ。

自分の限界に挑んで、飾らぬ社長やリーダーが在りのままで交わります。

「すわって半畳、寝て一畳、裸になればみな同じ」

立場はどうあれ、同じ人間同士、苦楽をともにしてこそ本当の人脈が生まれます。


コメントは受け付けていません。