田舎は人情があるか?どうか?

私自身も山口に戻り
15年目です

振返ってみると

茨城の水戸で生まれて
5年間
   👇
埼玉の浦和(現さいたま市)
1年間
   👇
小中高と山口で12年間
   👇
広島で一年浪人1年間
   👇
大学は東京へ4年間
    👇
就職は首都圏中心に18年間
   👇
そして再び山口へ14年間で
今に至ってます

山口での生活が26年間
首都圏での生活28年間
広島で1年間と

ほぼ山口と首都圏で過ごした
時間が半々となりました

改めて振り返えれば

私が子供の頃は田舎の
良さが残ってました

それは例えば

ちょっと半日、家を
空ける時は近所に一言

家に戻れば
「雨が降り始めたので」

そう言って洗濯物が
とり込んである

また多く作ったといって
夕食のおすそ分け

田舎には向こう三軒両隣は
当たり前でした

何でこんなことを
書いているのか?

不思議に思われるかも
しれません

先日たまたま横浜に住む方と
話をしていた時

「田舎には人情がある」
そんなことを言われてました

確かに無くはないですが
昔に比べれば気薄になった

そう感じてます

田舎は近所に対して
世話好きな方が多く

都会は周囲に無関心

しかし今は田舎も中途半端に
都会化してます

古きよきもので残さなければ
いけないものと

そして変わらなければ
いけないものと

この2つはいつの時代でも
業種業態や地域を問わず

不変なことと感じます


人情は薄れても
私が今の仕事を続ける限り

失ってはいけないものは

それはやはり「旅情」

消費型の贅沢の限りを尽し
非日常と呼ぶか?

日頃と違った静かな場所で
自分と向き合う時間を持てるか

間違いなく当館が
目指しているのは後者です

また話は戻りますが

人情が薄くなった
地方の田舎も

やはり本音では人が減り
よそへ出て行く

この人が減って行くことを
良としている人はいません

私も茨城の水戸で生まれてから
地方と首都圏を行ったり来たり

なので地方で暮らしてみたい
そう言った方に向けて

それぞれのイイところや
そうでないところ

この部分はキチンとお伝え
することができます

今までの自分の経験が何か
生かせる場所と言えば

長年携わった「健康増進」
この「地方への移住」

2足のワラジならぬ二刀流で
新たな15年目

迷わず進みます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です