燃え尽き症候群には、やはり温泉

今年度の一番のヤマ場

そういったら大げさかも
しれませんが

一つの大きな仕事のヤマが
本日無事終了しました

8月の終わりごろから
何かと頭を使う状態が続き

知識はいくら詰め込んでも
荷物にはならない

西武ライオンズの黄金期を
築いた森監督の言葉ながら

さすがにこの度は
頭もそうですけど

酷使したつもりです

終わった時はそうでも
なかったのですが

このブログを書く頭の
エネルギーも枯渇気味

でも、せっかくのお時間を
拝借する限り

有益な情報をお届けします

1.人の脳の使用率は10%

つまりほとんど使われてない
そう言われてます

これには諸説あるようです

またパソコン10万台分を
繋げたのと同等かそれ以上

このようにも言われてます

まだまだ解明されない
人間の脳と言えます

2.プレッシャーがかかると鈍る

よく頭のはたらき具合を
頭の回転といってます

しかしながら

機械の油が切れると
動きが鈍くなるように

人の頭もプレッシャーが
かかると回転が鈍ります

いわゆる脳の血流が
悪くなるわけです

対策としては
深呼吸があります

3.オンとオフが必要

トレーニングに超回復の原則
があります

これは筋トレなどのあと
休ませることにより

パフォーマンスが上がる

これと同じことは
頭にも言えます

酷使した後は休ませる

デフォルト
モードネットワーク

いわゆる「ぼ~」とした状態
車で言えばニュートラル状態

必要なのです

4.脳のリフレッシュには仮眠と運動

楽天の三木谷社長は
昼寝をすることで有名です

パワーナップといって
脳のリフレッシュには最適です

同じく

頭をクリーンな状態にするのは
ウォーキングなど適度な運動

カラダを動かすことが
おススメです

5.頭とカラダが休まる温泉

結局ここかょぉ~

そう思われてごもっとも

大海原や遠くの山並みが
見渡せるような温泉

このようなロケーションに
立地する温泉こそ

酷使した頭だけでなく
カラダを休めるには最適です

残業続きでカラダも心も
ストレスにまみれた状態

そこからの解放する
手段としては、やはり温泉

これからの増え続ける情報や
様々なストレス社会には

温泉はこれからも切っても
切れない大切なモノ

温泉ナシのこれからの日常って
やっぱり考えられませんので!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。